リーキ(無臭ニンニク)の育て方

リーキ(無臭ニンニク)の育て方

ニンニクという名称がつけられる場合がありますが、ネギの仲間の野菜であるというのは記述済みです。焼きまんじゅうで知られている都道府県を産地としているネギの品種と酷似していますが、リーキの場合は葉っぱの部分が平たくなっていて筒のような形をしていないという特質を持っています。

育てる環境について

無臭ニンニクとも呼ばれているリーキは涼しい環境を好む野菜だと言われていますが、害虫にも強いプラントであるとも言われています。ただプランターで育てるほうが、害虫が付きにくいというお得な部分が出てくるので害虫に対して不安に感じる方はプランターで育てるという手段が勧められます。

気温が高い環境下でも育てるのは不可能ではないですが、高温にかなり強いというわけではないので、低温での栽培が望ましいです。育て方ですが、種子を植える七日ぐらい前に育てるための土を作るのが大切になってきます。七日ぐらい前に作った土の出っ張りに種子を植えます。苗を植える際には植える14日ぐらい前までに石灰を撒いておくのがベターだと言われています。

種子を植える際には少し間隔を開けて植えるのがベターです。野菜がある程度生長したら、余分な野菜を間引いていく行為を行ない、肥料を与えます。種子を蒔く行為から数カ月以上経過したら、別の場所に植え替えて、そこで育てるようにします。また植え替え先の場所には溝を作ります。しばらく経過したら、今度は肥料を与え、また土寄せを行なうようにします。

植え替えを行なうタイミングはリーキの太さが1センチほどになってから行なうのがベターだとされています。収穫を行なうシーズンですが、前の段落で書いたようにこういう野菜には春に蒔くタイプと秋に蒔くタイプが実在しています。収穫のシーズンは育てる場所によって少し違いがありますが、春に蒔くタイプは秋、秋に蒔くタイプは冬の終わりのシーズンが収穫に適しているとされています。

種付けや水やり、肥料について

肥料は前に書いたように、余分な野菜を間引く行為、植え替えてしばらく経過したタイミングに与えるのがベターだとされています。苗を植えるために土を作る際には、植える七日ほど前にあらかじめ肥料を与えるという行為も大切ですし、野菜が盛んに生長を行なっている場合でも、肥料を与えます。リーキを植え替えた後は土寄せの行為を行なうのが大切になってきますが、

土寄せを行なう際には葉が分かれている部分を埋めるという事態にならないようにするのが大事です。土寄せを行なったタイミングで肥料を与えたほうがベターです。収穫を行なう30日ほど前には終了するようにします。ちなみに、こういう野菜を越冬させると、ニンニクのような形をした組織が出現する場合があると言われています。

ニンニクとは全く別の品種の野菜ですが、組織を土に植えればニンニクとほぼ変わらない感覚で栽培するのが可能だとされています。また、某質問サイトからの内容ですが、収穫を行なわずほったらかしにしていると、葉の部分がやがて細くなっていき枯れるようになります。

そういう様子でしばらく経過すると子球と呼ばれている球根が出てきますが、そういう球根を育てるお得な部分はさほどないようで、種子から育てるほうが、手間がかからなくて済むとされています。土を作るだけではなく、育てるための土を選ぶというのも大切であり、長い間使われていない、排水の機能が高い土を選ぶのがベターだと言われています。

増やし方や害虫について

リーキは基本的に害虫が付きにくいプラントだとされていますが、疾患に関してはなる場合も否めないので育てる際には気を付けておくのが大切です。リーキがなる疾患のタイプとして、葉っぱの部分に鮮明ではない斑のような点々の疾患が列挙されています。こういうタイプの疾患はリーキだけではなく、

玉ねぎ、にらなどのネギの仲間のプラント、チューリップなどユリ科のプラントにも発生する疾患だとされています。こういう疾患が進行していくと、葉っぱが下へ垂れるといった現象が発生します。もっと進行すると葉っぱが白色になり枯れてしまうという結果につながるとされています。

疾患になりやすいと言われているシーズンは春だとされていますが、冬の終わりから春の初めのシーズンでは葉っぱが枯れる現象が目立つと言われています。こういう疾患を引き起こす要因となっているのはカビの仲間とされている、フィトフトラポーリであり、土からの伝染などによって発生するとされています。涼しい環境を好む部分においてはリーキと変わらないです。

こういう疾患にならないようにするためには、要因になりやすい土に種子または苗を植えないようにしたり、土をきちんと消毒したりするといった行為を行なうのが大切です。また前の段落で記述通り、排水の機能が秀でている土で栽培するようにするというのも、感染しないための一つの策です。薬を散布するのも手ですが、そういう疾患に酷似した疾患も実在しているので、きちんと疾患を判別して薬を選ぶのが大事です。

リーキ(無臭ニンニク)の歴史

リーキというプラントはネギの仲間に分類されるプラントであり、パスタで名が知られている国、花の都と呼ばれている都市が実在している国、砂漠地帯が広がっている国を周辺としている海の沿岸を原産としている野菜です。パル田で名が知られている国、花の都と呼ばれている都市が実在している国、

ソーセージの国などが属している州は言うまでもなく、国内総生産第一位の国、我が国などでも栽培され、生息地としています。我が国の場合は栽培されている生息地がかなり限られていて、納豆で名が知られている都道府県、いなごを佃煮にした料理がある都道府県の各都市の一部などで生産されています。

ニラネギなどといった別称で呼ばれる場合もありますし、無臭ニンニクとも呼ばれています。しかし、ニンニクと名前が付いていますが、前に述べているようにネギの仲間に分類されているので、ニンニクの仲間ではないという部分に気を付けておきたいところです。こういう野菜にまつわるヒストリーに関してですが、

紀元前にさかのぼるほどの大昔に実在していた都市国家ではリーキという野菜は名が知られている野菜であり、暴君として恐れられていた皇帝が美しい声を出せるように、油で漬けたリーキを食べていたというエピソードが実在すると言われています。1500年代になって、そういう野菜の栽培がおこなわれるようになり、我が国へは武家政権が終わった後の近代の初めに伝来したとされていますが、さほど用いられなかったとされています。

リーキ(無臭ニンニク)の特徴

ニンニクという名称がつけられる場合がありますが、ネギの仲間の野菜であるというのは記述済みです。焼きまんじゅうで知られている都道府県を産地としているネギの品種と酷似していますが、リーキの場合は葉っぱの部分が平たくなっていて筒のような形をしていないという特質を持っています。また近縁種として、ジャンボニンニクと言う品種が実在しています。

ジャンボニンニクもニンニクという名称が付けられていますが、ネギの仲間の野菜です。ジャンボニンニクの場合は、種子によらない繁殖の仕方が行なわれていますが、無臭ニンニクの場合は種子から育てる手法で栽培されると言われています。なお、ジャンボニンニクを無臭ニンニクとして売っているところも実在しているようです。

味はと言えば、甘みがあって特有のにおいがしないとされています。タイプも複数実在していて、春に蒔くタイプと秋に蒔くタイプが実在していて、秋に蒔くタイプは香りが強いとされていますが、一般に見られるのは春に蒔くタイプの野菜であり、3月から4月のシーズンに蒔かれます。こういう野菜は花の都と呼ばれる都市が実在している国、

ソーセージの国などが属している州などで育てられて、我が国へやってきたタイプが圧倒的であり、我が国で育てられたタイプはごく一部にとどまっていますが、地方の特産品として生産を行なっているところが実在しています。なお、4つの国から成り立っている国のうちの、ある国ではこういう野菜を国の花などとしています。

pixta_siroyamabuki

シロヤマブキの育て方

バラ科ヤマブキ属、シロヤマブキ属のような区別がなかった時代には、それが白山吹のことを示すのか、山吹のことを示すのかはわか...

pixta_dioskorea

ディオスコレアの育て方

観葉植物として栽培され、日本でも人気を集めているのがディオスコレアであり、特に普及しているのがディオスコレアエレファンテ...

pixta_sutebia

ステビアの育て方

ステビアは、パラグアイをはじめとする南アメリカ原産のキク科ステビア属の多年草です。学名はSteviarebaudiana...

pixta_katura

カツラの育て方

カツラは日本特産の植物で大昔である太古第3紀の頃から存在します。日本とアメリカに多く繁茂していましたが、次第にアメリカに...

pixta_jaga

シャガの育て方

シャガは中国から古代に渡ってきた植物ですが、学名を日本語訳すると日本の虹と言い、とてもロマンチックな名前です。原産国の中...

pixta_remannia

レーマンニアの育て方

観賞用として栽培されているエラータは葉っぱの形が楕円のような形をしていて、5月ぐらいか暑いシーズンになると、花茎が長い花...

pixta_epidendoram

エピデンドラムの育て方

エピデンドラムはラン科の植物であり、日本においては観葉植物としてその地位を安定させています。この植物の本来の生息地はメキ...

pixta_kusagi

クサギ(ソクズ)の育て方

こちらは被子植物、真正双子葉類です。シソ目、シソ科に該当します。クマツヅラ科に該当するとの話もあります。栽培上においては...

pixta_rantanakamara

ランタナ・カマラの育て方

ランタナ・カマラは通称ランタナで、別名をシチヘンゲやコウオウカ、コモン・ランタナといいます。クマツヅラ科ランタナ属の常緑...

pixta_mituba111

ミツバの育て方

ミツバは、日本を含む東アジアが原産地の、せり科の自生植物です。生息地は、日本原産のものでは、全国の産地の日陰に育ちますが...

スポンサーリンク

pixta_emadaginaru

エマルギナダ(ヒムネ...

この花についてはマメ科、カリアンドラ属となっています。和...

pixta_nira

にらの育て方

にらの原産地は定かにはなっていませんが、中国西部から東ア...

pixta_hiougi

ヒオウギの育て方

ヒオウギの名前を聞いて和歌を連想する人、京都の祇園祭を思...

pixta_taisanboku

タイサンボクの育て方

タイサンボクはモクレン科モクレン属の常緑高木で、北米中南...