レイランドヒノキの育て方

レイランドヒノキの育て方

この木の種類としてはヒノキ科になります。園芸上の分類としては、庭木、花を楽しむ木、コニファーとしての利用があります。木の高さとしては結構高くまで成長することがあり、25メートル近くまで高くなることがあります。

育てる環境について

人工交配で作られたものなので特に生息地があるわけではありません。自然に生えているところもありません。現在においては各家庭などで栽培されているものが多くなりそうです。人工交配として作られたのはアメリカ地方です。アラスカヒノキが入っていることから、寒さには強そうな木といえるでしょう。

まずは日当たりですが、しっかりと当たるところで問題ありません。木の場合、一般の植物と異なって日陰で育てようとしても難しくなります。半日陰のところを探すのも苦労します。木で日陰をつくろうとするくらいなので容易に日陰を作ることはできないでしょう。一応はその心配はなく、日当たりにしっかり当てても大丈夫です。

直射日光にあたって葉が焼けたような状態になるわけでもありません。種類として葉色が黄色っぽい種類がありますが、こちらに関しても日に当てたほうがよりきれいな黄色になるのでできるだけ日当たりの良い所にします。小さい状態から植えようとするときは最初は半日陰の状態のこともあるでしょうがそれが問題になるわけではありません。

日当たりがいいからといって、完全に日に当たるところでないといけないわけでもありません。暑さに対しては特に問題はありませんが、寒さはどうかです。一般的な日本の地域であれば問題ありませんが、少し寒い、寒冷地となると少し問題も出てきます。最低気温がマイナス8度ぐらいとされています。北海道などになると少し厳しいかもしれません。

種付けや水やり、肥料について

育て方としてはどのような用土から管理をしていくようにするかですが、ある程度成長すればあまり土のことも気にする必要がなくなるでしょう。しかしそのある程度までにしっかりと根付く必要があります。そのための土が必要になります。まずは水はけを考慮した土です。そして有機物がそれなりに入っている土が良いとされています。

赤玉土の中粒タイプが7割ぐらいで、その他を完熟腐葉土、樹皮堆肥などを混ぜて作った土を利用します。市販の培養土も水はけ、栄養分共に十分ありますからそちらを利用する方法もあります。水やりに関しては土の表面が乾いたらしっかり与えるタイミングで行います。基準としては植えてから2年未満かどうかです。

2年近く育っていればそれなりに根もついていますから、土から水分をしっかり吸収できます。しかし未満の場合はまだ土から水分を吸収する能力等が欠けていることがあります。そのようなときは水をたっぷり与えることで、吸収しやすい環境を作る必要があるでしょう。あくまでも目安ですから、状態によってはそれ前後において水やりの頻度を変えてもいいでしょう。

根付きがしっかりしているのであれば、日本であれば雨が十分降るので水やりの必要性が減ります。肥料に関しては、1月ごろに寒肥として有機肥料を株元周辺に埋めます。これは植え付け時における元肥としても同様になります。3月に化成肥料を株元に追肥することによって、成長を促すことができます。人には特に害はありませんが、食害されるので駆除が必要になります。

増やし方や害虫について

一本をうまく育てることができればもう一本、またもう一本と増やしていきたいと考えるでしょう。自宅以外にも別の家から増やすための方法を教えてほしいと言われるかもしれません。増やし方としてはさし木で行うことができます。2月から3月にかけてが行う上での適期とされています。さし木を行うときに必ず必要になってくるのが枝選びになります。

どのような枝を選ぶかによって成長の度合い、根の付き方などが異なります。この木においては昨年伸びた枝を利用します。長さとしては10センチぐらいで、先端から取ります。この時手で無理やり折るのではなく、カッターナイフなどを用いて行います。真っ直ぐ切るのではなく斜めに切るようにします。これは次の作業に影響してきます。

この後に水をあげることになります。まっすぐ切った状態だとあまり水が吸い込めません。でも斜めであれば比較的吸い込む部分が多くなります。これは更に用土にさしたあとにおいても影響してきます。さし木をした後においては乾燥しない管理が必要です。寒い時期に行うことから、植木鉢ごと袋などにいれて管理をすることがあります。

この場合においては直射日光は避けるようにします。明るい日陰が最適です。病気については特にありませんが、寒さ対策は適度に行うとよいでしょう。害虫としてあるのがスギドクガです。交配により杉の部分も入っています。人には特に害はありませんが、食害されるので駆除が必要になります。

レイランドヒノキの歴史

クリスマスであればクリスマスツリーに色々と飾り付けをすることがあるでしょう。この時にはどのような木を使うかですが、日本においてはほとんど作り物の木を使うようです。作り物の木と飾りなどがセットに成って売られていて、それらを毎年同じように飾り付けます。海外においては実際の木を毎年購入してきて、毎年新しい飾り付けをします。

日本のように単にプレゼントを渡すようなイベントではなく、祝日にもなっていて神聖な儀式を行うような日として知られています。新しい木を購入するだけでなく、庭などにそれなりの木があればそれを利用して飾り付けをすることもあるようです。もし庭にこのような気が生えていれば飾り付けをしてみたい木としてあるのがレイランドヒノキと呼ばれる植物です。

こちらにいては見た目としてはクリスマスツリーに非常に似ています。実際のところはそのような目的で使われることはなく、海外においてもこの木が売られているわけではありませんが、比較的栽培をしたりするのがし易いことから庭などに植えられているケースは多いです。

この木の歴史としては、実は原種があるわけではありません。ですから原産地もありません。こちらの木は人工交配で作られた種類とされています。イトスギと呼ばれる木とアラスカヒノキと呼ばれる種類同士で交配させることによって生まれた木になります。スギとヒノキ自体は日本でもよく知られている種類ですが、交配されたものとしては数も限られるでしょう。

レイランドヒノキの特徴

この木の種類としてはヒノキ科になります。園芸上の分類としては、庭木、花を楽しむ木、コニファーとしての利用があります。木の高さとしては結構高くまで成長することがあり、25メートル近くまで高くなることがあります。耐暑性についてはそれなりにあり、耐寒性もありますから冬を越すのも特に問題ではありません。

元々がアラスカヒノキと交配していますから、寒さに対する強さはそれなりに持っていそうです。常緑性なので1年を通して緑の葉っぱを見ることができます。生け垣などとして植えられることもあり、マンションの外側に目隠しなどとして植えられることもあるでしょう。カラーリーフとしての利用もあります。

葉に関しては1年を通して濃い緑色を保ってくれます。樹形としては円錐形ですからまさにクリスマスツリーにピッタリと言えます。ただしクリスマスツリーにするにも一定の限度があります。それは生育が旺盛なのでかなり高くなることがあるからです。最も高いタイプになると25メートルぐらいになり、そうなるとさすがに飾り付けをすることはできないでしょう。

10メートルくらいであれば電飾などでの飾り付けができそうです。小型のものもあり、そちらに関しては葉色が黄色っぽくなっているものがあります。同じ色のものばかりを植えても面白く無いと感じるのであれば、少し違った種類を選んでみてもよいでしょう。黄色っぽいと言ってもそれなりに緑色を感じることが出来る色になります。

pixta_siraitosou11

シライトソウの育て方

シライトソウとは、日本や朝鮮半島を原産としているユリ科シライトソウ属の多年草です。その名の通り、真っ白な糸を束ねたような...

Planting tree in blooming garden

植物の栽培を充実させる道具と努力

植物の栽培においてどうしても必要であるとは言い切れないものの、あれば育て方が充実する道具を、以下に記述することとします。...

pixta_nemofira

ネモフィラの育て方

北アメリカで10数種類以上分布し、花が咲いた後に枯れる一年草です。草丈はあまり高くなることはないのですが、細かく枝分かれ...

pixta_rupinas

ルピナスの育て方

特徴の1つは寒さに強く、暑さに弱い事があります。具体的には寒さであればマイナス5℃程度まで耐えられます。外に置いておいて...

pixta_chokokosmos

チョコレートコスモスの育て方

チョコレートコスモスは、キク科 コスモス属の常緑多年草です。原産地はメキシコで、18世紀末にスペインマドリードの植物園に...

pixta_takanebiranji

タカネビランジの育て方

タカネビランジはナデシコ科マンテマ属に分類される高山植物で、花崗岩帯などが主な生息地と言われています。日本が原産の植物で...

pixta_touwata

トウワタの育て方

トウワタ(唐綿)とは海外から来た開花後にタンポポのような綿を作るため、この名前が付けられました。ただし、唐といっても中国...

pixta_prektransas

プレクトランサス(観葉植物)の育て方

プレクトランサスは、シソ科、ケサヤバナ属となります。プレクトランサスの生息地はアジア・アフリカ・オーストラリアの熱帯や亜...

pixta_erangis

エランギスの育て方

エランギスとは、アフリカ東部原産で、ラン科に所属するエランギス属の植物の総称です。品種的にアングレカム属に近いとされ、長...

pixta_manryou

マンリョウの育て方

江戸時代より日本で育種され、改良も重ねられた植物を古典園芸植物と称しますが、マンリョウもこのような古典園芸植物です。 ...

スポンサーリンク

pixta_yutyaris

ユーチャリスの育て方

ユーチャリスという名前はギリシア語でかなり目を惹く、とい...

pixta_ofarium

レティクラツム・オウ...

この花についてはキツネノマゴ科、プセウデランテムム属とな...

pixta_oruhigi

オヒルギの育て方

オヒルギはマングローブを構成する植物の種類のうちの一つで...

pixta_sterunbergia

ステルンベルギアの育...

ステルンベルギアの名前の由来は19世紀に活躍したオースト...