様々な植物の育て方の違いを知る

様々な植物の育て方の違いを知る

生き物を育てる事は、人間にとって大切な時間をもつ事でもあり、自然と癒しの時間になっている場合もあります。

植物の育て方のコツを知ることとは?

生き物を育てる事は、人間にとって大切な時間をもつ事でもあり、自然と癒しの時間になっている場合もあります。中でも、植物と向き合う時間は、静かな中にも一時の憩いを与えてくれる事になっている場合も多くあります。

私たちに酸素を与えてくれる存在であり、人間の生活にとって欠かせない存在でもあります。普段は都会で仕事をしながら、週末畑を借りて野菜を栽培するなどは、現在では当たり前の光景となっています。

植物の育て方のコツとしては、温暖な気候でよく育つ植物であったり、寒い日本の冬にも適しているなど、それぞれの特性を掴んでおく事が重要なポイントになります。人間と違って、植物の場合には、寒いからといってお洋服を重ねて着る事などができません。

寒い気候が苦手な場合には、人間が手をかけて越冬させてあげる必要があります。人間の手をかけずにいると、やがて枯れてしまうものも多く存在します。一度育て始めると、植物も生きている命である事に変わりがありませんので、その点を頭の片隅に入れておくと、一緒に寝起きを共にする感覚になって、愛着がわきます。

パンジーの育て方

例えば、色とりどりの花を咲かせる一般的なパンジーなどの苗の場合、鉢やプランターに植える際に、少しだけ専用の肥料などを与えてあげると、冬の間は少し静かになる事もありますが、特に春には多くの花を咲かせてくれます。

そして、よく見受けられる事として、パンジーなどの苗を植える際に、土の押し方が甘い場合があります。庭の一角に地植えした際に、ペットの犬が簡単にそれを引っこ抜いてしまう様な場合は、土の押さえが不足しています。

ちゃんと土を押さえていれば、犬がくわえたとしても、花や茎の上の部分でちぎれるはずです。ちゃんと土を押さえていない場合には、根っこから引き抜けて、犬が苗全体を振り回して遊んでいますので違いがわかります。

軽くではなく、結構な力で土を押してあげても、苗を傷つけないのであれば特に問題はありませんので、周囲の土なども押し込む様にしてみてください。茎がグラグラしない程度のしっかりした植え方が必要です。この一番最初の作業をしておくと、毎日水遣りをして、風通しの良い陽のあたる場所に設定すれば、育て方としても十分な内容になります。

バラの育て方

バラなどを植えた場合の育て方としては、剪定作業が次の花を咲かせるに当たっての重要なポイントになります。バラの場合には、ハサミを入れた場所から新しい芽が出る、といわれる位ですので、この剪定作業が花に繋がると考える事ができます。

虫などがつき易い場合もありますが、鉢植えや数本植えている程度ならば、虫除けの薬などを使用しなくても、割り箸で虫を取り除いたり、虫がついてしまった葉っぱを切るなどすれば、十分に育ちますので、心配いりません。剪定の時期は種類によって多少の違いがありますので、育て方のラベルなどを見て、作業を行う様にしてください。

pixta_nazuna111

ナズナの育て方

植物分類としては、アブラナ科のナズナ属となります。高さは20から40センチで、花の時期は2月から6月にかけて。ロゼッタ状...

pixta_natuzuisen

ナツズイセンの育て方

このナツズイセンですが、面白いのは植物の系統ではヒガンバナ科のヒガンバナ属ということで、彼岸花の親戚でもあります。また別...

pixta_ichigo_01

いちごの育て方

いちごの歴史は古く、すでに石器時代から食べられていました。南米や北米が生息地になり、野生の果実は甘味が少なく大きさも小粒...

pixta_matukazesou

マツカゼソウの育て方

松風草は、一般的には、マツカゼソウと表記され、ミカン科マツカゼソウ属に属しており、東アジアに生息するマツカゼソウの品種と...

pixta_oobahabusou

オオバハブソウの育て方

オオバハブソウはオオバノハブソウとも言われ、古くから薬用として珍重されてきた薬草です。江戸時代に渡来した当時は、ムカデ・...

pixta_banana11

バナナの育て方

バナナの歴史は非常に古く紀元前10000年前には既に人間に認知されており、栽培もされていたと言われています。現在我々が口...

pixta_beronika

ベロニカの育て方

特徴として何の種類かですが、シソ類、シソ目、オオバコ科となっています。ルリトラノオ属に該当するともなっています。多年草と...

pixta_merareuka

メラレウカの育て方

この植物は、フトモモ目、フトモモ科、メラルーカ属とされています。園芸として楽しまれるときは庭木、花木以外にもハーブとして...

pixta_dazy11

デージーの育て方

ヨーロッパおよび地中海原産の草花です。自生の生息地であるヨーロッパでは野草として、ごく自然に芝生に生えています。デージー...

pixta_tyorogi

チョロギの育て方

チョロギはシソ科の植物です。中国が原産の植物です、日本には江戸時代に伝わった植物です。その名の由来は、朝鮮語の”ミミズ”...

スポンサーリンク

pixta_trenia

トレニアの育て方

トレニアはインドシナ半島原産の植物で、東南アジア・アフリ...

pixta_arumeria

アルメリアの育て方

歴史的にみてもヨーロッパでは古くから親しまれ、愛されてき...

pixta_kibusi

キブシの育て方

キブシは日本の自然の中では、山の中でよく見られる木ですが...

pixta_sumire

スミレの育て方

スミレの原産国は、北アメリカ南部になります。種類が豊富で...