様々な植物の育て方の違いを知る

様々な植物の育て方の違いを知る

生き物を育てる事は、人間にとって大切な時間をもつ事でもあり、自然と癒しの時間になっている場合もあります。

植物の育て方のコツを知ることとは?

生き物を育てる事は、人間にとって大切な時間をもつ事でもあり、自然と癒しの時間になっている場合もあります。中でも、植物と向き合う時間は、静かな中にも一時の憩いを与えてくれる事になっている場合も多くあります。

私たちに酸素を与えてくれる存在であり、人間の生活にとって欠かせない存在でもあります。普段は都会で仕事をしながら、週末畑を借りて野菜を栽培するなどは、現在では当たり前の光景となっています。

植物の育て方のコツとしては、温暖な気候でよく育つ植物であったり、寒い日本の冬にも適しているなど、それぞれの特性を掴んでおく事が重要なポイントになります。人間と違って、植物の場合には、寒いからといってお洋服を重ねて着る事などができません。

寒い気候が苦手な場合には、人間が手をかけて越冬させてあげる必要があります。人間の手をかけずにいると、やがて枯れてしまうものも多く存在します。一度育て始めると、植物も生きている命である事に変わりがありませんので、その点を頭の片隅に入れておくと、一緒に寝起きを共にする感覚になって、愛着がわきます。

パンジーの育て方

例えば、色とりどりの花を咲かせる一般的なパンジーなどの苗の場合、鉢やプランターに植える際に、少しだけ専用の肥料などを与えてあげると、冬の間は少し静かになる事もありますが、特に春には多くの花を咲かせてくれます。

そして、よく見受けられる事として、パンジーなどの苗を植える際に、土の押し方が甘い場合があります。庭の一角に地植えした際に、ペットの犬が簡単にそれを引っこ抜いてしまう様な場合は、土の押さえが不足しています。

ちゃんと土を押さえていれば、犬がくわえたとしても、花や茎の上の部分でちぎれるはずです。ちゃんと土を押さえていない場合には、根っこから引き抜けて、犬が苗全体を振り回して遊んでいますので違いがわかります。

軽くではなく、結構な力で土を押してあげても、苗を傷つけないのであれば特に問題はありませんので、周囲の土なども押し込む様にしてみてください。茎がグラグラしない程度のしっかりした植え方が必要です。この一番最初の作業をしておくと、毎日水遣りをして、風通しの良い陽のあたる場所に設定すれば、育て方としても十分な内容になります。

バラの育て方

バラなどを植えた場合の育て方としては、剪定作業が次の花を咲かせるに当たっての重要なポイントになります。バラの場合には、ハサミを入れた場所から新しい芽が出る、といわれる位ですので、この剪定作業が花に繋がると考える事ができます。

虫などがつき易い場合もありますが、鉢植えや数本植えている程度ならば、虫除けの薬などを使用しなくても、割り箸で虫を取り除いたり、虫がついてしまった葉っぱを切るなどすれば、十分に育ちますので、心配いりません。剪定の時期は種類によって多少の違いがありますので、育て方のラベルなどを見て、作業を行う様にしてください。

pixta_ekeberia

エケベリアの育て方

エケベリアはその学名を「Echeveria sp」といい、バラ目ベンケイソウ科エケベリア属の植物です。常緑の植物で、多肉...

pixta_fuirigetou

フイリゲットウ(Alpinia sanderae)の育て方

ニューギニアが原産や生息地です。フイリゲットウとはフイリとは斑入りという意味ですが、ゲットウという名前がついていてもゲッ...

pixta_kobaikesou

コバイケイソウの育て方

この植物は日本の固有種ということですので、原産地も生息地も日本ということになります。わたぼうしのような、まとまった小さな...

pixta_tomato03

トマトの育て方について

自宅の庭に花が咲く植物を植えてキレイなフラワーガーデンを作るというのも一つの方法ですが、日常的に使う野菜を栽培することが...

pixta_sakoufuji

サッコウフジの育て方

サッコウフジは、マメ科のナツフジ属に属している花になります。学名がMillettiareticulataになりますので、...

pixta_youshukobannoki

ヨウシュコバンノキの育て方

日光を浴びる事で、成長を促進させないと、葉っぱの白い斑が消えてしまう事があります。白い斑は新芽の間の事なので、しっかりと...

pixta_oregano

オレガノの育て方

オレガノは、もともとはヨーロッパの地中海沿岸を生息地とする植物です。ギリシャの時代からあり、ヨーロッパの文化の一員になっ...

pixta_hourensou_01

ほうれん草の育て方

中央アジアから西アジアの地域を原産地とするほうれん草が、初めて栽培されたのはアジア地方だと言われています。中世紀末にはア...

pixta_karendyura

カレンデュラの育て方

カレンデュラは、キク科カレンデュラ属またはキンセンカ属の植物で世界中で栽培されています。和名はキンセンカ、別名はポットマ...

pixta_shoujoubakama

ショウジョウバカマの育て方

ショウジョウバカマは日本から南千島、サハリン南部を原産地とするユリ科ショウジョウバカマ属の多年草です。北は北海道から南は...

スポンサーリンク

pixta_turugumi

ツルグミの育て方

ツルグミの特徴はその名の通り、枝がツル状に伸びていきます...

pixta_tyanoki

チャノキの育て方

そのように非常に日本でも親しまれているチャノキですが、元...

pixta_hetima

ナーベラー(ヘチマ)...

ヘチマ(学名:Luffa cylindrica (L.)...

pixta_nogeitou

ノゲイトウの育て方

ノゲイトウはインドが原産の植物です。日本で見かけることも...