ワックスフラワーの育て方

ワックスフラワーの育て方

花についてはフトモモ科、チャメラウキウム属になります。園芸上の分類としては庭木であったり花木としてになります。草丈に関しては2メートルに達することもありますが、大体は1メートル具合になります。花が咲く時期においては4月中旬ぐらいから6月中旬ぐらいとされます。

育てる環境について

栽培をするときにおいてはどのような環境にするのが良いかとして、春と秋については日当たりに置くようにします。この時期においてはできるだけ戸外に出すようにした方がいいでしょう。室内での管理も可能です。日当たりによって成長の度合いも変わってきます。真夏においても日当たりに置くのが良いのは変わりありませんが、直射日光に関しては避けたほうが良いとされています。

直射日光に当てると葉っぱが焼けてしまうことがあります。変色をしてどんどん落ちてしまうので見た目としてはあまり良くありません。この花としてはろうで塗られたような光沢のある花に、針のような葉っぱが沢山ついている状態が良いようになっています。夏に関しては風通しの良い所で、半日陰、明るい日陰などを利用して栽培するようにします。

比較的乾燥をしているところを生息地としていますが、日本の夏に関してはあまり好まないようで、枯れさせてしまうのは夏の管理の方法が悪かったからのことがあります。冬に関しては必ずしも弱くはありませんが、日本においては全国的に育てられるわけではありません。耐寒温度としては5度ぐらいになっています。

本州の太平洋側であればなんとか外でも管理が可能な範囲です。霜に関しては当てると枯れてしまいますから、霜が降りそうなときには中に入れられるようにした方がいいでしょう。室内においては日当たりの良い所に置きます。窓際などに置きますが、夜に置きっぱなしにしないようにします。

種付けや水やり、肥料について

育て方としては、水はけの良い土、水持ちの良い土のところで育てるようにします。生息地は乾燥したところになりますが、水が必要でないわけではありません。水やりに関しては、春から秋にかけて十分に与えるようにしなければいけません。土が乾いた状態を見つけたらしっかり、たっぷりと与えるようにします。

この時期が生育期間になり、この時期に乾いた状態を作ると枯れてしまいます。枯れる前には自己防衛としてつぼみや葉っぱを落とすようになります。こうなると水が足りない状態ですからしっかりと与えるようにします。そのときにきちんと水を与えればなんとか株自体は元気になります。

つぼみが一旦落ちれば花は咲きませんが、枯れてしまえばそれ以降花を咲かせることができなくなります。回復するように水を与えるようにします。水分が欲しいからといつも水を与えてると過湿の状態になります。これは良くなく、根が腐ることがあります。冬に関しては水はあまり必要としなくなるので、回数としては減らします。

茎の状態、葉っぱの状態などを見ながら、多くなり過ぎないように与えるようにします。肥料については、与える時期は4月から6月、10月から11月頃に与えます。急に効くタイプなどはあまり良くありません。ゆっくりと効くタイプを与えます。液体タイプよりも固形の粒になっているもののほうがよいでしょう。夏に与えたくなりますが夏は必要ありません。冬も同様に必要ありません。

増やし方や害虫について

一旦咲かせることが出来ると次の年もどんどん咲かせることができ楽しくなってくる花とされています。どんどん花が咲くようになると鉢の中で根がいっぱいになることがあります。こうなってくると水の吸収がしにくくなってきます。当然枯れやすくなってしまいます。この時には植え替えをする必要が出てきそうです。

行う時期としては4月の終わり頃です。4月の始めといえば日本では桜の咲く時期です。花見の時期に寒くなることがありますが、そのときに遅霜が降りることがあります。植替えと遅霜が重なるのは避けなければいけません。4月の後半から5月ぐらいであれば問題はないとされます。

植木鉢から抜いた株に関しては少し大きめの植木鉢を用意し、根がきちんと水分を吸収できるようにしておきます。この時の注意は根を傷めないことです。根から土を落とさないように気をつけながら植え替えをするようにします。根を傷めると株が弱ることから、あまり株分けをすることはできません。増やす方法としてはさし木が良いとされています。

5月から6月頃に切り戻しをすることがありますが、その時の枝を使うことができます。枝の先端部分を5センチほど切って、下の葉に関してはとっておきます。湿らせた赤玉土にいれて日陰で管理するようにします。病気としては灰色かび病があります。傷んだ葉や花をそのままにしているとなりやすいです。アブラムシに関しては新芽などにつくことがあるので早めに駆除します。

ワックスフラワーの歴史

子供の時、学生時代などにいろいろな材料を使ってものを作ったり描いたりしたことがあるでしょう。紙粘土と言われる道具を使えば自由に形を作ることができます。その後か固まりますから、それを置いておくことができます。光沢が出るようにニスを塗って完成させることもるでしょう。さすがに子どもの時においては行わなかったかもしれませんが、

伝統工芸などでは、ろうを使っていろいろなものを作ることがあります。ガラスのような光沢があって非常にきれいです。それでバラの花などを作ることもあるかもしれません。さすがに実際の花としてはそのようなきれいなものはないかといえばそうでもありません。ワックスフラワーと呼ばれる花が知られています。

オーストラリアが原産の小さい木の花になります。ワックスと名前についている通り、花びらにおいてろう質になっていて光沢があります。オーストラリアの固有種とされていて、それ以外の地域において同じような花を見ることができません。西オーストラリア州の中部から南部にかけて21種類が分布していると言われています。

この地域は比較的乾燥した地域として知られています。日本においてはどのような種類が流通しているか出会うが、ウンキナツム種、ウンニカツム種と呼ばれる種類がよく知られています。これらについてはジェルとランワックスと呼ばれることもある種類になります。ジェラルトンに関しては生息地における地名から付けられました。

ワックスフラワーの特徴

花についてはフトモモ科、チャメラウキウム属になります。園芸上の分類としては庭木であったり花木としてになります。草丈に関しては2メートルに達することもありますが、大体は1メートル具合になります。花が咲く時期においては4月中旬ぐらいから6月中旬ぐらいとされます。

花が特徴的で、5枚の花びらがついています。名前の通り光沢があり、非常にきれいな色に開きます。花の色としてはピンクであったり紫色、白などです。中央部分は黄色の部分がありますが、通常は白っぽい色からピンクや紫になっていき、外に行くほど濃い色に変わっていきます。花びらはきちんと開ききるタイプになります。

多くのものは上を向いて咲いてくれますが、きれいな状態を見ることができます。枝葉については細かく枝分かれをします。花の大きさとしては2センチぐらいです。一つの茎から咲く花としては一つのみです。花の真ん中に雌しべがまっすぐ立っていて、それを取り囲むように雄しべがついいています。雄しべの部分だけを見ると王様の冠のようにも見えなくはないです。

葉っぱについては一般的な幅のあるタイプで把握針のような葉っぱがいくつもついているタイプになります。円柱状になっていて、茎にまんべんなくついています。葉っぱの大きさはそれ程大きくありませんが、先の方は少したれたような状態になっています。非常に綺麗で珍しいですが、育てるのが難しい種類になるからかあまり流通していないとされます。

pixta_nasutachiumu

ナスタチウムの育て方

ナスタチウムはノウゼンハレン科ノウゼンハレン属の一年草です。ブラジルやペルー、コロンビアなどが生息地となり、葉と花と種に...

pixta_arktotisu

アークトチスの育て方

アークトチスはキク科の可愛らしい植物です。とてもかわいらしく可憐な雰囲気のある花ですが、キク科という事もありとても身近に...

pixta_perarugonium

ペラルゴニウムの育て方

和名においてアオイと入っていますがアオイの仲間ではありません。フクロソウ科、テンジクアオイ属とされています。よく知られて...

pixta_nioisumire

ニオイスミレ(スイートバイオレット)の育て方

ニオイスミレは、別名でスイートバイオレットとも呼ばれています。スミレ科のスミレ属に属しています。耐寒性多年草で、原産地は...

pixta_oorikyura

オーリキュラの育て方

オーリキュラは、本来はヨーロッパのアルプスに自生する植物です。高山植物として扱われていて、日本でも栽培されています。原産...

pixta_fukinotou

フキ(フキノトウ)の育て方

植物というのは古来より、食用として育てられてきました。食べ物としてとることによって、人間の栄養になり体を作っていくことが...

pixta_hotokenoza

ホトケノザの育て方

一概にホトケノザと言っても、キク科とシソ科のものがあります。春の七草で良く知られている雑草は、キク科であり、シソ科のもの...

pixta_gomana

ゴマナの育て方

ゴマナは胡麻の菜と書きますが、胡麻の葉っぱに似ていることから、この名前がついたと言われていて、キク科ですので、花も菊に似...

pixta_keitou

ケイトウの育て方

ケイトウの原産地は、アフリカやアジアの熱帯地方であるとされており、主な生息地としても熱帯アジアインド方面です。日本へわた...

pixta_taniutugi

タニウツギの育て方

タニウツギはスイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木です。スイカズラ科の多くは木本で一部はつる性や草本です。タニウツギは田植...

スポンサーリンク

pixta_botan

ボタンの育て方

牡丹の原産は中国の西北部だと考えられています。この地域で...

pixta_tyekaberry

チェッカーベリーの育...

チェッカーベリーは原産地や生息地が北アメリカ東北部で、グ...

pixta_tanji

タンジーの育て方

タンジーはキク科の多年生草本で、和名はヨモギギクと言いま...

pixta_sweetpi

スイートピーの育て方

スイートピーは西暦一六九五年に、カトリックの修道僧で植物...