ゴンズイの育て方

ゴンズイの育て方

この植物はミツバウツギ科の植物で、落葉樹でもあり、樹高は3メートルから6メートルぐらいということです。庭木としても見栄えが良くなるのではないかという木ですが、特に特徴的なのが花と実です。赤い実の中から黒い種が出てきますので注目されやすい実でもあります。

育てる環境について

その他の特徴として樹皮が白黒の縞模様になるということもあり、この縞模様が魚のゴンズイに似ているということですが、そのような幹での特徴もあります。また花は黄白色ですが、その花と入れ替わりに、実がみのる姿も独特の美しさがあります。特に実は袋のようになっていて、それは赤いのですが、その袋が破れて、真っ黒な実がみのるので、

その過程も特に盆栽や鉢植えでは、近くで常に見られることからも、魅力になっているように感じます。時期としては花は5月から6月で、円錐花序ということで、まとまって咲きます。そして9月から11月頃に実が熟して、中から黒い光沢のある種が生まれてくるということになります。種はひとつの場合もあれば、ふたつ入っている場合もありますが、

見れば見るほど面白いので見飽きることがないような植物ということになります。またこのような植物ですので、盆栽などでも、うまく作ると素晴らしい盆栽の作品ができそうな気もします。そのように考えると、地植えも良いですが、盆栽とまではいかなくとも、鉢植えで育ててみたいということになりますが、鉢植えの場合には、

木が育つということなので、毎年植え替えなければならないということでしたが、そうなると気候の良い地方では地植えのほうが面倒がなくて良いということになります。しかし見れば見るほど興味深い植物です。白と緑と赤と黒の色彩が魅了するのかもしれません。また注意点としては柔らかくて折れやすいので、植える場所や置く場所を考えて栽培するほうが良いということになります。

種付けや水やり、肥料について

また葉は、周りにぎざぎざがあり玉型ということですが、大きさは4センチから9センチぐらいで光沢があり、やや厚くなります。また若葉は、食用にされている地方もあるようです。また魚の方は毒がありますが、植物の方は毒はないので安心して育てられます。また実はすぐにはできず数年後に実るようです。育てたのですが、他の植物とだいたい同じで、春は毎日朝に与えて、夏は暑いので2回ぐらいにします。

そして寒くなりだしたら2,3日に1回ぐらいで良いということです。また害虫の駆除は殺虫剤で行い、剪定は枯れた枝を根本から切るぐらいにしておきます。肥料なども様子を見て適当に与えるようにします。また場所は似の当たる風通し良い場所にします。鉢植えも同じような場所で育てます。夏の場合には移動できるのならば半分に影のような場所にして、

冬はできるだけ温かいところに移してあげるようにします。また日が当たらなくてもいけないので、冬の場合は温かい日などに日の当たる場所に移動してあげるということも必要になります。そうすると元気に育つようになります。また名前ですが、クロクサギ、ハゼナ、キツネノチャブクロなどとも呼ばれることがあるので、

その点も気をつけて、同じ植物ですので間違わないようにします。その他この植物には花言葉もあり、一芸に秀でたという言葉だそうで、そのようにイメージした人もいたということなのでしょうが、そのようにイメージさせる植物ということでもあります。

増やし方や害虫について

色々と面白い特徴がある植物ですが、庭木としても、植木や盆栽としても有力な候補ということになります。やはり赤と黒の実も見てみたいということになります。また自分で育てた木が、実をつけるという過程も喜びにもなります。そのことも、また違った感じで受け止められるでしょうから、そのようなことも楽しみにしながら、

ゆっくり育てていけるということも、この植物の面白さではないかとも言えそうです。ということで、育て方をまとめてみると、開花は5月から6月、実は9月、10月、11月、場所は日向、植え付けは11月から3月までの冬から初春、剪定は不要な枝だけを切るような感じで、12月頃から2月頃の間、肥料は1月と2月というような感じで育てていくということになります。

この植物も、もともと日本の気候にあっているからこそ、自生しているのでしょうから、その意味では育っている環境の範囲でならば、初心者でも育てやすいのではないかということですが、後は庭の状況などで、足りない面を補強しながら育てていくということで、この面白い実も見ることができるということになります。

また落葉樹ということは、植える前には確認しておくということも注意点です。落葉の掃除も必要になるということですので、特に都会ではお隣さんに迷惑がかからないように、注意して育てる場所を決めるということも大切になります。その点、盆栽ならば、その心配もないので、盆栽で楽しむのも方法かなとも考えてしまいますが、やはり大きな木で見てみたいという興味もあります。ともかくとても魅力的な植物です。

ゴンズイの歴史

ガーデニングでは、色々な植物を育てるということで楽しむことができますが、中には非常に面白い名前の植物や、美しい植物があり、その美しさも花であったり、実であったり、葉であったり、また全体の姿であったりするので、その興味や面白さも尽きることはなく、続けることもできるということですが、趣味としても高尚なもののようにも感じますし、また身近なようにも感じられます。

あまり知られていない植物もいろいろありますが、面白いものとしては、ゴンズイなどもあります。ゴンズイというと魚をイメージする人も多いかもしれません。ナマズの一種で大きくなるとナマズなので食べられるということですが、背中に刺があります。この魚のゴンズイと植物のゴンズイが関係があるのではないかということで、

名前の由来ということですが、この魚のように利用価値がないことから、この名前がついたとも言われています。その他には権現杖のなまった呼び方という説もありますが、樹の幹がこの魚のように縞になるからとも言われています。しかし歴史的にもよくわかっていないということが本当のところのようです。

あまり注目されてこなかった植物でもあるのでしょう。この植物はミツバウツギ科の植物で、落葉樹でもあり、樹高は3メートルから6メートルぐらいということです。庭木としても見栄えが良くなるのではないかという木ですが、特に特徴的なのが花と実です。赤い実の中から黒い種が出てきますので注目されやすい実でもあります。

ゴンズイの特徴

この植物は、原産地が日本や東アジア全般ですが、生息地も同じです。ですので日本でも育てやすいという植物で、庭木としてのガーデニングでも楽しむことができますが、盆栽や鉢植えなどでも人気が高い植物です。また姿も綺麗で育ててみたいと思えるような植物でもあります。いつも感じることですが、同じ植物でも、これほど違うのかと感じるほど違うことでよく驚かされたりします。

この権萃もそうで、この実も鮮やかさに比べて、花は緑色で、それもきれいですが、目立たない美しさという感じもします。普通は花を目立たせて、実はあまり目立たさないようになっている植物も多いのですが、これは反対です。花を目立たせるのは、受粉のためでしょうが、この植物はどうして、このようになっているのかということも興味がつきません。

何らかの事情から、それが生き残るのには一番良い戦略だったのでしょうが、そのようなことも面白いです。多分、実を鳥などに遠くに運んでもらうためということなのでしょうが、非常に目立つ実でもあります。また日本では、関東以西から四国九州地方に生息していますので、

育てる時にもそれらの地方の気候の条件に合うような状態にして育てるのが良いということになります。また学名でもジャポニカという部分もあるので、特に日本で目立つ植物ということなのでしょう。鉢植えなどでも美しい姿で販売されているので、育ててみたいと感じますが、地植えよりも鉢植えや盆栽などのほうが向いている植物なのかもしれません。

pixta_kumomasou11

雲間草の育て方

日本の園芸店で市販されている雲間草は、一般的に「西洋雲間草」、「洋種雲間草」と呼ばれているヨーロッパ原産のものです。元々...

pixta_momo111

モモ(桃)の育て方

桃はよく庭などに園芸用やガーデニングとして植えられていたりしますし、商業用としても栽培されている植物ですので、とても馴染...

pixta_rosianseji

ロシアンセージの育て方

ロシアンセージはハーブの一種です。名前からするとロシア原産のセージと勘違いされる人も多いですが、それは間違いです。原産地...

pixta_mitubatutuji

ミツバツツジの育て方

枝先に3枚のひし形の葉をつける落葉する種類を、一般的なミツバツツジの種類と呼んでいます。紫色の野趣あふれる花を咲かせます...

pixta_edamame

エダマメの育て方

エダマメは「枝豆」と書きますが、ビールには欠かせないおつまみとして人気が高い野菜です。そもそもエダマメと言うのは未成熟の...

pixta_satoimo

サトイモの育て方

サトイモの原産地はインド東部からインドシナ半島にかけてだと考えられています。少なくともインドでは紀元前3000年ごろには...

pixta_siso11

シソの栽培と育て方プラス収穫後の楽しみ

日本人の好むシソは香草であり、料理の添え物や天ぷら、薬味、漬物などに使用されています。大きく分けると青シソと赤シソの2種...

pixta_yaseigiku

野生ギクの育て方

特徴としてはキク目、キク科の植物になります。のじぎくと呼ばれるキクに関しては非常によく見られるタイプかも知れません。こち...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タイリンエイザンスミレの育て方

多年草で、すみれ科すみれ属に分類されています。日本海側には生息数が少ないので、主に太平洋側の山岳地帯のほうが見つけやすい...

pixta_turunitisou

ツルニチニチソウの育て方

夾竹桃(きょうちくとう)科に属しているツルニチニチソウは、学名を「Vinca major」「Vinca」といい、ツルニチ...

スポンサーリンク

pixta_tigaya

チガヤの育て方

この植物に関しては、被子植物で単子葉植物綱になります。イ...

pixta_dokudami

自宅で植物をうまく育...

自宅、特にアパートなどで一人暮らしをしていると、部屋の中...

pixta_tiriayame

チリアヤメの育て方

チリアヤメ(チリ菖蒲/知里菖蒲 Herbertia la...

pixta_karasuuri

カラスウリの育て方

被子植物に該当して、双子葉植物綱になります。スミレ目、ウ...