ニガナの育て方

ニガナの育て方

ニガナはキク科の多年草で、原産地及び生息地は日本や東アジア一帯ということで、広く分布している植物でもあります。日本でも道端や田畑などや山や平野などでも普通に見ることができます。親しみやすい植物ということですが、名前がわからないながらも見たことのある人も多い植物でしょう。

育てる環境について

またこの植物の仲間はたくさんあり、どれも似ているので、なかなか素人には区別がつかないのですが、シバリという名前が付いているものや、ニガナの上にシロバナとかホソバとかノとかカワとかついた名前で生息していたりします。変種ということのようですが、それぞれの環境に合わせて形態を変えていくことができる順応性の高い植物とも言えるようです。

また姿はまったく似ていませんが、ムラサキニガナという植物もあるようで、こちらは食べるとよくないようですので注意する必要があります。最も形がまったく違うので間違えることもない植物ですが、名前にニガナとついているので、その点は注意する必要があるかもしれません。

またシバリという花の場合には、非常に繁殖力が強く、いくら取り除いてもまた生えてくるということで、花は美しいのですが、農家にとっては厄介な雑草ということのようです。育てるということでは、鉢植えなどで育てて、庭には植えないようにするのが良い植物です。取り除くのが大変になりそうな植物ということです。このシバリ系の植物では、ジシバリとオオジシバリがあり、多くはオオジシバリのようで、

農家にとっての強害雑草ということでは、このオオジシバリが多いということでした。美しい花でも雑草ということですが、美しければ人に好かれるということでもないのも皮肉です。そのように色々な種類の植物があるのが、この系統の植物ということになります。また雑草に共通している注意点としては、やはり繁殖力を注意するということのようです。

種付けや水やり、肥料について

また花も白いものもありますので、栽培をしたいような時にも、色々な種類を調べてから、栽培するということが良いようです。また観賞用に育てる場合には、カラスバニガナが良いかもしれません。花は同じように黄色なのですが、茎が黒いということで、名前もカラスとなっているだけあります。

カラスのような色の葉ということでしょうが、この植物をみると誰でも驚くのではないかというような植物です。またもともと雑草なので育てるのにも楽で、強いということでも初心者向きですし、色もシックなので、面白さもあるという植物です。よくこのような植物が存在するものだという感じで驚く植物です。

この植物は4月から7月に花が咲き、最初は鮮やかな黄色ですが古くなると緑に変色するということです。またもともと雑草なので、雑草化しないように花を摘み取るようにします。そのような点も注意点です。環境はもちろん雑草だったので、選ばず、とても育てやすい植物ということです。また育て方ということでは、耐寒性もある植物なので、関東以西では問題なく育つということでした。

このカラスバの場合には、土はこだわらないようですが、日当たりが良くないと、このシックな黒の色が出にくいということもあるようなので、できるだけ日が当たるような場所で育てると良いということです。また病害虫も心配なく、肥料も無理に与えなくてもよいという事で、放任してもよい植物ということです。そのような植物も栽培では珍しいです。

増やし方や害虫について

このカラスバは育てるのは簡単ですが、どこに植えるかとか、どこに置くかとかが難しい植物ではあります。珍しい黒いということ以外には、なかなか観賞用ということでも、あまり勧める事ができないということで、黒と黄色ということでも難しい配色です。これが黒と白でしたらまた違うのでしょうが、ファッションでも黒と黄色の衣服は殆ど見ません。

ですのでガーデニングでの、この植物は珍しさだけが特徴ということになります。その他の種類では、沖縄の食べられるホソバワダンという植物がありますが、こちらは葉を食べますので、サラダや和え物、また味噌汁に入れても良いということです。葉も若いほうが柔らかいので、できるだけ若いうちに葉を摘み取っておくということで美味しく食べることができます。

こちらはインターネットなどでもレシピがありますので、楽しみながら栽培できる簡単な苦菜ということになります。このようにガーデニングや家庭菜園でも利用できる面白い植物群ということですので、それぞれの用途で利用すると楽しめるとも言えます。また人に育てやすいということは、繁殖力が旺盛ということの裏返しということも、これらの雑草からは学ぶことができます。

ガーデニングでも初歩としては、それらの繁殖力が旺盛な植物から育てて、経験を積んでいくというのもテクニックのひとつかもしれません。その点でもこれらの植物も一度試してみるのも面白いということになります。ただ繰り返しますが、雑草化だけは注意する必要がある植物でもあります。

ニガナの歴史

ガーデニングでは、色々な植物を育てることができるということが魅力ですが、育てられる種類は日本でも豊富にあり、どれを選べばよいかも迷いながら、その時に育てたい植物を育てていくうちに、庭の整理がつかなくなるということもあります。そのような時にも区分けをして色々な育て方をしてみるというのも面白いですが、

例えば野草なども花の美しいものも多いので興味も持ちやすくなります。また日本に自生している植物なので、自然に育つという初心者には特に扱いやすい植物です。繁殖力がある場合注意するということですが、そうでない場合には、庭で育てるのも面白いということになります。鉢植えでもプランターでも育てられるのでガーデニングを楽しめます。

そのような野草の中ではニガナも興味深い野草です。この名前はいろいろな植物の名前になっていて、苦い菜ということなので、本来のこの植物ではなく、味が苦いからそう呼ばれているものもあり面白いのですが、本来のニガナは、歴史的にみると江戸時代ぐらいから、文献でも見え始めている植物で、それ以前からあったのでしょうが、

目立たない雑草として扱われていたのでしょう。しかし黄色い可憐な花を咲かせるので、ガーデニングでも楽しめそうな野草ということになります。苦菜とあるので食べられそうですが、食用としては別種の沖縄の植物ぐらいで、本来のこの植物はあまり食べられるような植物ではないということのようです。食べた人がいたから味もわかるのでしょうが、食用にも利用できるようです。

ニガナの特徴

ニガナはキク科の多年草で、原産地及び生息地は日本や東アジア一帯ということで、広く分布している植物でもあります。日本でも道端や田畑などや山や平野などでも普通に見ることができます。親しみやすい植物ということですが、名前がわからないながらも見たことのある人も多い植物でしょう。

高さは40センチから70センチぐらいで、名前の通り白い苦い汁が出てきます。また根から長い茎が出てきて、そこに黄色い5弁の花が開きます。実際には舌状花ということですが、タンポポやひまわりなども舌状花ということのようです。花は5月から7月頃咲くということですので、その頃楽しめるということになります。

環境としては日当たりの良い草地や林などのはずれなどの場所で見られますが、それほど繁殖しているという感じはなく、慎ましく咲いているという花でもあります。あまり目立たないので今までも文化的にもとりあげられなかったのでしょう。そのような意味では少々気の毒な野草でもあります。

また食用ということでは、茹でて水にさらして、胡麻和えなどに使うと、ほろ苦くて美味しいということのようですが、また漢方薬ということで健胃や鼻詰まりにも使う地域もあるようです。苦味の成分が効果的なのかもしれません。

いずれにしろ食べられる菜ということになります。よくニガナのレシピということであるのは沖縄のニガナの場合が多いようで、こちらはキク科の多年草のホソバワダンという植物のようで、同じキク科ですが本来のニガナとは別の種類です。

pixta_panpasuglasu

パンパスグラスの育て方

パンパスグラスの原産地はアルゼンチン・ブラジル南部とされていて、南米のパンパと言われる地域に自生している事からこの名前が...

pixta_siknotyes

シクノチェスの育て方

シクノチェスはラン科の植物で独特の花を咲かせることから世界中で人気となっている品種で、15000種以上の品種があるとされ...

pixta_aptenia

アプテニアの育て方

この花については、ナデシコ目、ハマミズナ科となっています。多肉植物です。葉っぱを見ると肉厚なのがわかります。またツヤのあ...

pixta_nasu11

なすびの栽培やナスの育て方やその種まきについて

夏野菜の中でもひときわ濃い紫が特徴なのがなすびです。日の光をたくさん浴びて、油炒めにとても合う野菜ですが、家庭でも育てる...

pixta_itigonoki

イチゴノキの育て方

マドリードの旧市街の中心地には、「プエルタ・デル・ソル」(太陽の門)と呼ばれている広場が有ります。この広場はスペイン全土...

pixta_saboten

多肉植物の育て方のポイント

初めての人でも比較的簡単に栽培することが出来る多肉植物の育て方のポイントについて記述していきます。まず、多肉植物は、乾燥...

pixta_satsumaimo_01

植物の栽培や育て方の知識と体験

植物の育て方について、十分な知識を持った上で栽培するのがオーソドックスな方法です。この方法だと、失敗が少なくなります。本...

pixta_inkarbirea

インカルビレアの育て方

花としては、ノウゼンカズラ科とされています。草丈は高いものなら60センチぐらいに達することがあります。花をつけるのは4月...

pixta_sukabiosa11

スカビオサの育て方

スカビオサは別名西洋マツムシソウとも呼ばれるもので、同じ系統のマツムシソウは日本を生息地としていて古くから日本人に親しま...

pixta_ichigo_01

イチゴの育て方

イチゴは比較的古くから人間に食されていた果物です。その歴史は石器時代にさかのぼります。農耕技術や養殖などを行う前から野生...

スポンサーリンク

pixta_niwazekishou

ニワゼキショウの育て...

特徴としては、被子植物、単子葉類の植物となります。キジカ...

pixta_barbena

バーベナの育て方

バーベナは、クマツヅラ科クマツヅラ属(バーベナ属とも)の...

pixta_bazil_01

ハーブを種から巻いて...

ハーブは日本語で香草といい、ハーブの種類によって香りの高...

pixta_reukofiram

レウコフィラムの育て...

レウコフィラムという花は一昔前は珍しい花の一つでした。も...