カモミールの育て方について

カモミールの育て方について

カモミールはハーブの一種です。ハーブというのは、食用や薬用に用いられる植物の総称です。人の手が必要になる野菜とは異なり、もともと山野に自生している野草のようなものなので、とても繁殖力が旺盛で丈夫だという特徴があります。特に育て方のコツのようなものを知らなくても、植えておけば勝手に育ってくれるので、自宅の庭に植えている人がたくさんいます。

カモミールの特徴

しかし、ハーブが増えすぎて他の植物を駆逐してしまう可能性が高いので、増えすぎないように目配りすることが大切になってきます。カモミールはリンゴのような甘い香りを発します。可愛らしい白い花を咲かせるので、とても高い人気を誇っています。

カモミールの有効成分には高い鎮静作用と保温作用があることが知られており、自宅の庭で栽培してハーブティーにしたり、ポプリを作ったりする人が多いです。また、摘んだ花をそのままお風呂に浮かべてフラワーバスを楽しんだりすることもできます。

こちらのお洒落なハーブの育て方も参考にしてみて下さい♪

カモミールの育て方

園芸店やホームセンターなどへ行くと、ポットに入ったカモミールの苗がたくさん売られています。それを買ってきて庭に受け付けるのが一番手っ取り早い育て方ですが、種を直まきするという方法も取ることができます。

先程も述べた通り、非常に繁殖力が旺盛なので、わざわざまき床に種をまいて育てなくても、直まきで十分に育ちます。種まきの時期は冬以外であればいつでもオーケーです。秋に種をまくようにすれば、翌年大株に育てあげることが可能になります。

もちろん、プランターや植木鉢でも問題なく栽培することができるので、マンションのベランダなどでも大丈夫です。もともと山野に自生していた植物ですから、特別な手入れをしなくても大きく育ちますが、見た目の状態を美しく保ちたいと希望しているのであれば、それなりの配慮が必要になります。

カモミールの栽培の注意点

まず、植え付け時と初夏には肥料を施すようにするのが望ましいです。多年草の品種を育てている場合であれば、毎年春から秋にかけての間に、2~3回は追肥するとよいでしょう。また、草丈が10cmを超えた頃に切り戻ししておいてやると、脇芽がたくさん伸びてきますので、花数が増えます。1つ1つの花のサイズが小さいので、なるべく花数を増やしてやるようにした方が、見た目の印象が華やかになります。

また、いくら丈夫な植物だとは言っても、生育環境によっては病害虫が発生します。カモミールに発生しやすいのは、アブラムシやうどんこ病です。特に、うどんこ病は風通しが悪いと起こりやすくなりますので、最初から風通しの良い場所を選んで植え付けるようにしたいものです。病害虫は農薬で対処することができますが、ハーブティーとして利用する予定でいる場合には、農薬の散布量や散布時期に注意する必要があります。

こちらのハーブを種から巻いて大きくしようも参考になります♪

ハーブの育て方など植物の育て方に興味がある方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:ジャーマンカモミールの育て方

pixta_hiougi

ヒオウギの育て方

ヒオウギの名前を聞いて和歌を連想する人、京都の祇園祭を思い浮かべる人、様々ですが、原産国は東アジアとなっています。日本も...

pixta_rindou

リンドウの育て方

リンドウは、リンドウ科、リンドウ属になります。和名は、リンドウ(竜胆)、その他の名前は、ササリンドウ、疫病草(えやみぐさ...

pixta_riefretasu

玉レタスの種まき時期と育て方

レタスは一番馴染みのあるのが玉レタスで、夏に涼しい気候の高原でよく育つ高原野菜といわれています。レタスの栽培方法は、種を...

pixta_perarugonium

ペラルゴニウムの育て方

和名においてアオイと入っていますがアオイの仲間ではありません。フクロソウ科、テンジクアオイ属とされています。よく知られて...

pixta_nanbuinunazuna

ナンブイヌナズナの育て方

ナンブイヌナズナは日本の固有種です。つまり、日本にしか自生していない植物です。古くは大陸から入ってきたと考えられますが、...

pixta_suika11

スイカの育て方

栽培スイカの原産地と言うのは、色々な説が在ります。しかし、最も有力とされるのが、1857年にイギリス医療伝道者がアフリカ...

pixta_kanna

カンナの育て方

原産地は熱帯アメリカで日本には江戸時代前期にカンナ・インディアカという種類のものが入ってきて、現在では川原などで自生して...

pixta_piiman_01

ピーマンの育て方について

ピーマンはナス科の一年草です。ピーマンには、ビタミンAやビタミンC、カロチンが多く含まれており、大変栄養がある野菜であり...

pixta_kobaikesou

コバイケイソウの育て方

この植物は日本の固有種ということですので、原産地も生息地も日本ということになります。わたぼうしのような、まとまった小さな...

pixta_mituba

みつばの育て方

みつばの特徴としてはセリ科に該当します。せりといいますとやはり香りの良い野菜として知られていますから、その系統になってい...

スポンサーリンク

pixta_yatude

ヤツデの育て方

ヤツデは学名がファツシア・ジャポニカということでジャポニ...

pixta_megi

メギの育て方

メギはメギ科メギ属の仲間に入るもので、垣根によく利用され...

pixta_westringia

ウェストリンギアの育...

シソ科・ウエストリンギア属に分類され、別名にオーストラリ...

pixta_miyamahotarukazura_01

ミヤマホタルカズラの...

ミヤマホタルカズラはヨーロッパの南西部、フランス西部から...