ニワゼキショウの育て方

ニワゼキショウの育て方

特徴としては、被子植物、単子葉類の植物となります。キジカクシ目、アヤメ科になります。花の季節としては5月から6月とされます。花の大きさとしては直径5ミリから6ミリ位ですからそれ程大きな花ではありません。花びらは6枚にわかれています。花の色としては、白、紫、青などがあります。

育てる環境について

育て方としてどのような所が良いかです。まず生息地においては元々は北アメリカとされていました。今はといえば日本においてはかなり広がりを見せている花になります。日本には今や雑草のように生えているとされています。そのことから日本のどこでも育てる環境が揃っていると言えるかもしれません。まずは日当たりの良い所を好みます。

この花はあまり高い植物ではありません。ですから周りに木々があるようなところは困るでしょう。1年を通して日当たりの良い所であればグングン育って花を咲かせることができそうです。水分に関してはどのような状態が良いかですが、アヤメ科であることから考えるとあまり乾燥したところは良くないと言えそうです。

あやめといいますと水辺に咲いている花です。梅雨の時期にきれいな花を咲かせます。土壌としては常に湿っているようなところで咲いています。この花についてもそれがある程度言われていて、やや湿り気のある土壌を好むとされています。雑草の環境を庭に作るのは決して簡単ではありませんが、

庭などにおいてそのような環境があるのであればそれをうまく使うようにすればいいでしょう。庭土においてはある程度湿った状況が多いくらいです。そのままでも育てる環境にすることができます。寒さに関してはそれ程問題をしないとされています。暑さに関しては枯れて後なので強いかどうかについてはあまり関係ありません。夏の初めの暑さなどは特に問題にしません。

種付けや水やり、肥料について

栽培において使う土について植木鉢などを使うときにはどのようなものを用意すると良いかです。水はけを良くしたもので、適当に湿気が含まれている土がいいようです。少し考えた配合土としては、鹿沼土にあるものを混ぜると良いとされてます。それは細かく刻んで粉状にしたミズゴケを混ぜることです。ミズゴケは水もちがいいです。

鹿沼土はそれなりに水はけが良いです。メインとしては鹿沼土ですが、ところどころに水が残されるので、両方の面をもった土となります。ミズゴケについて少し量が多くなって大変な場合は無理をする必要はありません。鹿沼土だけを使って植えつけることも可能です。水やりに関してはしっかり目に与える方法を取っていきます。

表面については常に濡れている状態が好ましいです。1日に何度も与える必要はありませんが、毎日定量の水分を与えるくらいは必要になってくるでしょう。夏になると強い乾燥があります。また冬になると水をあげすぎることで過湿気味になることがあります。そうなると株が傷む原因になります。

冬に強いと言っても冬になると休眠になると水分を取らなくなるので、上げてもあまり意味がありません。逆に水が残ることによって水分過剰状態になります。量を他の季節よりも減らすようにする管理をしていきます。肥料を与えるのは春に開花をする時です。その他に秋に液体肥料や固形肥料を与えます。夏と冬は与える必要はありません。大きくしたいならどんどん与えます。

増やし方や害虫について

増やし方としてはまずは株分けをすることがあります。1年草の部分もありますが、根が残ることによって次の年も咲くことがあります。夏の暑いときに根のままで越すことが出来ると秋辺りに出てくることがあります。植替えとして1年に1回はしたほうが良いとされます。真夏と真冬を除く季節に行えますから、3月から5月、9月から10月などを目安にして行います。

このときに株分けをすることができます。株分けをする時の目安としては、葉っぱが沢山ついている状態のものになります。ナイフなどで切る必要なく、手で引きちぎるような方法で簡単に分けることができます。根っこはどちらにおいてもつけるようにします。均等にすることはありません。少しずつ根っこがついていればそこから育てることができます。

あまり細かく分け過ぎないようにします。種まきがメインになるかもしれません。花のあとに果実が熟してきたときに種を取り出します。取った種についてはすぐにまくようにします。まいたあとは乾かさない管理をしておきます。早ければ2週間ぐらいで芽を出すようになります。地植えで植えていると自然に種が落ちて自然に増えることがあります。

管理をしないとその辺り一面に増えることがあるので増えすぎに注意しなければいけません。害虫としてはネジラミがあります。ネコナカイガラムシと呼ばれることもあります。これは根につく綿のような虫とされます。植え替えをする時の状況を確認して除去します。

ニワゼキショウの歴史

梅雨といいますとジメジメしているためにあまりいい気分では無いこともあります。低気圧が近づくと体調を崩す人が多いとされていますが、梅雨の時期となるとそれが停滞しますから余計に気分が良くないでしょう。雨がふるだけでなく、暑さも重なります。それも不快指数を押し上げますが、

少しでも気分を和らげてくれるものなどがあるとそれによって気分が変わることもあります。その一つとしては花があります。花がきれいに咲くのは通常は晴れた時ですが、梅雨の時期に咲く花は雨に濡れてきれいなことがあります。あじさいであったりあやめなどは雨に濡れるときれいに見えることがあります。

そのあやめの仲間の一つとしてニワゼキショウと呼ばれる花があります。この花については、原産は北アメリカになるとされています。日本に渡来してきたのは明治時代頃とされています。この頃に輸入してきてその後に観賞用として広まったようです。一方で日本においては日常的に見られるものもあります。

こちらについてはアメリカのテキサス州に置いて分布するタイプで、雑種的な種が帰化植物として育って広まったものとされています。花の名前としてはシシリンキウムであったり、ナンキンアヤメと呼ばれることもあります。

セキショウと名前がつくとサトイモ科の植物のように感じられることがありますがそうではありません。でも一応サトイモ科のセキショウが名前の由来で、葉っぱの形が似ているからそのように付けられました。

ニワゼキショウの特徴

特徴としては、被子植物、単子葉類の植物となります。キジカクシ目、アヤメ科になります。花の季節としては5月から6月とされます。花の大きさとしては直径5ミリから6ミリ位ですからそれ程大きな花ではありません。花びらは6枚にわかれています。花の色としては、白、紫、青などがあります。中央部が黄色になります。

花についてははそれほど長く咲いているわけではなく、受粉をすると1日でもしぼんでしまうとされてます。通常の花といえば数日は楽しむことが出来るでしょうが、1日しか咲かないとはなんともはかない花と言えるかもしれません花については1年草になります。日本でも自然に見られる花です。

雑草のように生えていることもありますから、育てやすい種類といえるでしょう。耐寒性としてはそれなりにあります。耐暑性についてもあるといえるかわかりませんが特に問題はありません。花を終えるのが夏前なので夏には枯れてしまいます。ですから耐暑性があるかないかについてはよくわかりません。

海外にある品種においては人気があるものが知られています。ベルムと呼ばれていたり、カリフォルニアンスカイズと呼ばれるものがあります。草の丈が30センチほどと少し大きくなります。チリにおいても大型の花を咲かせるストリアツムと呼ばれる種類もあります。その辺りの草原で簡単に生えているものより、園芸店などで種を購入して育てたほうがいい人にはそれらの種類が好まれるかもしれません。

pixta_yatorofa

ヤトロファの育て方

特徴としては、被子植物、真正双子葉類に該当します。バラ類、キントラノオ目、トウダイグサ科、ハズ亜科となっています。油の原...

pixta_nefurorepisu

ネフロレピスの育て方

ネフロレピスはシダの仲間に属する植物で、亜熱帯地方や熱帯地域を主な生息地として世界中に分布しています。中米を原産とし、現...

pixta_iokuroma

イオクロマの育て方

多くの国でさまざまな花の種類を見かけることができますが、その国の特色にあった植物が生息しています。そのなかでイオクロマと...

pixta_watermashroom

ウォーターマッシュルームの育て方

ウォーターマッシュルームは本来ウチワゼニクサという名前になります。生息地は湿地や河川などの水の多い場所で育つ特徴がありま...

pixta_kinkan

キンカン類の育て方

柑橘系果物の一つにキンカンが有ります。一言でキンカンと言っても複数の種類が有り、キンカン類としてはキンカン属が4~6種類...

pixta_rikunisubisukaria

リクニス・ビスカリアの育て方

リクニス・ビスカリアの歴史はそれほど解明されていません。実際語源はどこから来ているのかははっきりしていませんが、属名のリ...

pixta_rukkora_01

ルッコラの育て方

ガーデニングブームとともに人気になっているのが家庭菜園です。自宅に居ながらにして新鮮な野菜をたべられるというのも人気の秘...

pixta_saboten11

サボテンの栽培や育て方について

私はサボテンを育てた事があります。サボテンは植物の中でも育て方としては、比較的栽培しやすい方だと思われているかと思います...

pixta_tigoyuri

チゴユリの育て方

チゴユリはチゴユリ属の多年草で生息地としては、東アジアの日本・中国・朝鮮などが挙げられます。チゴユリ属というのは、イヌサ...

pixta_kukiretasu

茎レタスの育て方

紀元前6世紀頃、ペルシャ王の食卓に出されていたと言われている野菜にレタスが有ります。現在では、結球するタイプの玉レタスが...

スポンサーリンク

pixta_gabera

ガーベラの育て方につ...

ガーベラは、キク科の花であり、毎年花を咲かせる多年草です...

pixta_ezomisohagi

エゾミソハギの育て方

エゾミソハギの特徴について言及していきます。原産地はヨー...

pixta_yuriopsuteji

ユリオプスデージーの...

特徴として、キク科、ユリオプス属になります。南アフリカを...

pixta_kokabu_01

コカブの育て方と種ま...

コカブは球の直径が4から5センチのカブで、葉にはビタミン...