バラ(バレリーナ)の育て方

バラ(バレリーナ)の育て方

バレリーナの特徴としてはまずはつる性で伸びていくタイプになります。自立してどんどん増えるタイプではありません。ガーデニング等においては門であったり塀などにどんどん這わせるようにすることがありますが、そういった時にちょうどいい花になるかもしれません。

育てる環境について

バレリーナの生息地に関しては比較的広い範囲になります。更にこの花は四季咲きとして知られています。一般的なものは春と秋の2回咲くタイプが多いですが、四季咲きの場合は季節を通して花をつけてくれるタイプになります。さすがに小さい株の状態では1年中きれいな花を咲かせるのは難しいこともありますが、

ある程度株が大きくなってくると咲かせることも可能になります。良い環境としては日当たりが良くて風通しの良い所とされます。自宅などにおいてガーデニングを行うときにおいては広いところに這わすところを作っておきそちらにどんどん伝わるようにすると良いかもしれません。柵のようなものを作っておくとより風通しが良くなりますから、

成長させるにあたってはちょうどいい環境を作ることが出来るかもしれません。住宅によっては庭の部分が建物の影になることがあります。その時には育てる場所を南向きにするなどの工夫が必要になってきます。庭植えにすることが多くなりそうですが、その時には肥沃な土を好みます。水はけも良い所が好まれます。

必ずしも自宅の庭については条件にあっているとは限りませんから、そのあたりはホームセンター等の担当者などに聞いて土地づくりから行ってみてもよいでしょう。一般的な住宅においては水はけは良くなっていますが肥沃とは限りません。土質に関してもその住宅によって異なりますから、どのような土が良いかについても考える必要があります。

種付けや水やり、肥料について

栽培をするときの育て方において、植え付けに関しては11月から2月の冬の間に行うようにします。これは大苗について言えることで、新たに植える場合には夏前の5月から6月辺りが良くなります。鉢苗で行うときにはとりあえずは真夏は避けたほうがいいでしょう。夏は非常に暑く植物にもダメージがあります。

植えた当初はまだ慣れていないこともありますから、そこで弱ってしまうことがあります。弱りきらないように真夏は避けたほうがいいでしょう。地植えの場合はそのままにしておくことができますが、鉢植えの時には1年に1回葉鉢替えをします。もちろん植木鉢は同じで中の土だけを変えるだけでもよいです。

行う時期としては11月から2月辺りが良いとされています。水分に関しては非常に欲しがる植物になります。つる性なので先のほうまで水が行き渡らせる必要があります。そのことから1年を通して水やりには気を遣うようにします。生えている部分の土が乾いているようであれば水をしっかり与えて常に土が濡れているようにしてあげます。

庭植えに関しては保水がそれなりにあるでしょうから鉢植えよりは気を遣う必要はありませんが、それでも真夏などになると水分が足りなくなることがあるのでそれに対応するように水を与えるようにしてあげます。肥料については、鉢植えの場合は液体肥料であったり発酵油かすの固形肥料などを施します。最初に行うだけでなく、定期的に行います。冬にも固形肥料などを与えます。

増やし方や害虫について

増やし方としては、単純な方法としては苗を増やす方法があります。最初にガーデニングをする時に一気に庭一面に行いたいのであればそれに相応する苗を用意すればいいでしょう。ただし最初から準備し過ぎると面倒が見きれなくなって枯らせてしまうこともあります。その場合は最初は少しずつ、徐々に増やしていく方法も考えます。

さし木を行うことができます。緑枝ざしを行うのであれば花が咲いた後の6月であったり10月などに行います。春に行っても秋に行っても良いです。休眠枝ざしを行うときは花が咲かない時期を選ぶことがあります。2月下旬から3月上旬の少し寒い時期を選ぶようにします。接ぎ木によっても増やすことができます。

芽接ぎをするのであれば夏から秋にかけてです。と言っても残暑が残るような時期は避けます。10月以降になってくるでしょう。切り接ぎに関しては冬に行うようにします。少し難しい方法になるので、一般的ではないですが、挑戦してみてもよいでしょう。バラについてどうしても病気がつきものになります。

うどんこ病については、風通しが悪いことで発生することがあります。増やすのは良いですがあまり込み入るようになると病気になりやすいので適宜剪定を行うことでこの病気を防げるようになります。害虫は春から秋にかけて注意が必要になります。新しい芽や蕾につくことがあります。ハチなどが害虫になることがあり注意が必要です。対策をしっかりと取るようにします。

バラ(バレリーナ)の歴史

プレゼントなどにおいて花束として渡さされることが多いのがバラかもしれません。刺があることで知られていますが、その刺を忘れさせてくれるくらい鮮やかな花を咲かせてくれます。それが人を魅了するのかもしれません。しかしバラにはいくつかの種類があります。プレゼントに使われたり、一般によく見られるタイプに関しては木立性のものになるでしょう。

一本の木があってそこからどんどん伸びていくタイプになります。その他にはつる性と呼ばれるタイプがあります。こちらは自立してどんどん伸びることができず、何らかの木などに巻き付くようにしてどんどん増えていくことになります。バレリーナと呼ばれる種類に関してはつる性のタイプになります。原産については特に決められていないとされています。

それは園芸種として近年になって開発された花になります。非常に可愛らしいタイプの花になりますが、どこかで自生したわけではないようです。どのようにして広まるようになったかですが、英国式のガーデニングが流行するときに使われるようになったとされています。

フラワーアレンジメントにおいてもよく使われるタイプになります。それが日本にもどんどん入ってくるようになり、今は日本でもよく見られるようになっています。一見別の種類に見られることもありますが、たくさんの花を見ると確かに豪華さも見られることがあります。これからどんどん歴史を作っていく花になっていくのでしょう。

バラ(バレリーナ)の特徴

バレリーナの特徴としてはまずはつる性で伸びていくタイプになります。自立してどんどん増えるタイプではありません。ガーデニング等においては門であったり塀などにどんどん這わせるようにすることがありますが、そういった時にちょうどいい花になるかもしれません。一般的なバラといいますと八重咲きのことが多いですが、

こちらにおいては一重咲きが特徴的になっています。色の雰囲気としては情熱的な赤よりも淡いピンク色のものがよく知られています。花の真ん中あたりは白っぽくなっていますが、周りがピンク色になっていて非常に可愛らしい花です。フラワーアレンジメントとして作られたとされているので、それに合うようになっているのでしょう。

伸びるときにはどれくらい伸びるかがありますが、2メートル近く伸びることがあるようです。大きな木などにどんどん巻き付いて伸びていってくれるようです。花の直径としては3センチぐらいです。一般的なバラといえば10センチ以上あるものもありますから、そういったものに比べるとかなりこじんまりとしています。

でもその小さな花が密集して咲くのでかなり鮮やかに咲いてくれるとされています。満開の時などは一気にピンク色が広がることになるので、見事な印象を与える事ができます。ピンク色のものが多いですが、中には薄いピンクのものがありそういったものは真っ白に見えることもあります。白とピンクのコントラストを楽しむことが出来る花です。

pixta_mandevila

マンデビラの育て方

メキシコやアルゼンチンなどの中米から南米などが生息地のつる性の植物です。ディプラデニアという名前で呼ばれていたこともあり...

pixta_mango

マンゴーの育て方

マンゴーは、ウルシ科のマンゴー属になります。マンゴーの利用ということでは、熟した果実を切って生のまま食べるということで、...

pixta_matubaran

マツバランの育て方

マツバランの特徴といえば、やはり面白いその形でしょう。江戸時代には競うように面白い形を作っていたのですが、形を変える事が...

pixta_sugi

スギ(杉)の育て方

スギが日本に登場したのは200万年前頃で、縄文時代や弥生時代には、すでに日本全国に広く分布していました。日本人が日本人に...

pixta_tanpopo

タンポポの育て方

道端などで春先に良くみかける”タンポポ”。キク科タンポポ属の総称になります。地中海沿岸・中央アジア原産になり、日本には外...

pixta_megi

メギの育て方

メギはメギ科メギ属の仲間に入るもので、垣根によく利用される背の低い植物です。メギ属はアルカロイドという成分を含んだ種類が...

pixta_turugumi

ツルグミの育て方

ツルグミの特徴はその名の通り、枝がツル状に伸びていきます。常緑になりますので、生垣にするお家にあります。フェンスに巻きつ...

pixta_aserora

アセロラの育て方

アセロラの原産国は西インド諸島や中央アメリカなど温かい熱帯気候の地域です。別名「西インドチェリー」とも呼ばれています。そ...

pixta_okahijiki

オカヒジキの育て方

オカヒジキの原産地は日本や中国、シベリア、ヨーロッパ南西部です。「ヒジキ」と言いますが海藻ではなく海辺の砂地などを生息地...

pixta_shouga11

ショウガの育て方

現在では日本人の食生活にすっかりと定着しているショウガですが、実は原産地は熱帯性の動植物の生息地である熱帯アジア(インド...

スポンサーリンク

pixta_nichinichi

ニチニチソウの育て方

ニチニチソウに日本に渡来したのは1780年頃のことだとい...

pixta_wakegi

ワケギの育て方

原産地については西アジアから地中海東部であるいう説やユー...

pixta_bonsai01

初心者からはじめるミ...

少し前に流行ったミニ盆栽。若者にもひそかに人気があります...

pixta_ichigo_01

イチゴを種から育てる

甘酸っぱい味わいが特徴のイチゴの栽培方法として、市販され...