ヨツバシオガマの育て方

ヨツバシオガマの育て方

ヨツバシオガマ(四葉塩竈)学名Pedicularisjaponicaは、初夏から夏の、北海道から本州中部の高山の湿地を生息地とする、シソ目ハマウツボ科シオガマギク属ヨツバシオガマ種の多年草の高山植物です。氷河期に日本列島へ南下して来た種が、氷河期に北へ戻れなくなって取り残され、高山などの比較的寒い場所に何とか生存適地を見つけ出して現在に至っていると言われています。

育てる環境について

高山植物は標高の高い涼しい環境で育てる場合意外は、その栽培環境を整える事がとても重要になっています。また、ヨツバシオガマは湿気を好みますので、常に湿った環境にし、時には日光を浴びせなければなりませんし、夏の暑い日には涼しい環境にしてあげなければなりません。

季節や環境によって移動させる事ができるように鉢植えなどに植えたほうが育てやすく、できれば専用の環境を整える必要があります。とくに夏の高い気温にさらしますと根腐れをおこして、貴重な芽が枯れてしまう原因になりますので、なるべく涼しい環境に置いてその育成をじっくりと気長に見守ります。

また、シオガマギク属であるヨツバシオガマは半寄生植物ですので、他の植物と一緒に栽培しなければ育つ事が難しく、栽培は不可能とも言われています。寄生植物は他の植物に寄生し栄養分を吸収して生育する植物の総称で、寄生根と呼ばれる特殊化した根で宿主の植物組織と結合して栄養分を吸収して初めて育つ事ができます。

半寄生植物のヨツバシオガマは、光合成によって炭水化物を自分で合成することができますが、宿主となる植物と一緒に栽培しなければ発芽する事はとても難しく、宿主の植物を持たない栽培に成功した例は見られていません。栽培するときはシオガマギク属が主に宿主にするイネ科の植物などと一緒に栽培し、イネ科の植物が常に元気に育つ環境にしておくと、ヨツバシオガマ自信もその養分を吸収して元気な芽を出して成長してくれます。

種付けや水やり、肥料について

ヨツバシオガマは、コスメススキやムツノガリヤスなどのイネ科の植物と一緒に育てていきます。高山植物の多くは根をいじられることを嫌いますので、まずはイネ科の植物が育ちやすい環境に整えて、イネ科の植物が元気に育ってから種をまいたほうが安心です。どうしても植え替えが必要な場合は鉢を抜き取るようにしてあまり根を触らないように行います。

湿気を好むヨツバシオガマですが、水を与えすぎますと、今度は一緒に育てているイネ科の植物が根腐れをおこして枯れてしまいます。ミズゴケなどを置いて乾燥を防ぐ方法もありますが、土の中にピートモスを混ぜますと、保湿しながら通気性のよい環境にする事ができますのでお勧めですし、腐葉土を一緒に入れても良いかもしれません。

化学肥料や植物由来の肥料は一般的な環境で育つ植物に適しているので高山植物には合わない場合があります。液肥なら成長に合わせて利用できますし、根から吸収しやすいですので点滴を打ったように元気に育ってくれます。標高の高い場所に生息する植物が気温の高い環境で育つためには従来の2倍~4倍ものエネルギーが必要となります。

夏場に放置しておくとエネルギーが足りずに根腐れをおこしてしまいますので、たっぷりと肥料を与える事も栽培する上では重要な要素です。栄養となるイネ科の植物も元気に育たなければなりませんので、新しい芽が次々に出るように小まめに手入れをし、新しい種も撒いておきます。

増やし方や害虫について

標高の高い環境では病気や害虫が少ないため、高山植物の多くは害虫などに弱く、一般植物の育つ環境で育てる場合には害虫、病気にも注意が必要です。アブラムシを始めナメクジや小さな青虫、梅雨の次期になるとハダニやアカダニ、カイガラムシが大量発生しますし、湿気を好むダンゴムシやヤスデなど季節ごとに害となる虫が発生するので、見つけ次第すぐに駆除を行なわなければなりません。

駆除するよりも発生する前に定期的に予防措置をとってなるべく根に負担を掛けないようにしたほうが育ちやすいですので、アカダニなどどうしても専用薬剤でなければ駆除できないものにのみ予防措置として使用するとかなり効果があります。また、殺虫剤を使用しすぎると免疫力のある害虫になってしまいますので、適度な量が望ましいとされています。

立ち枯れ病や白絹病などには殺菌剤を季節の変わり目に使用すると病気の拡大を防ぐ事ができます。もしも病気のものを見つけた場合は残念ですが他に移る事を防ぐために処分します。ヨツバシオガマ自体栽培するのが困難ですので、増やしていくのもかなり気を使わなければなりません。

失敗する事が当たり前ぐらいの気構えで、時間をかけてゆっくりと今の環境に適した栽培方法を見つけていきます。気温や湿度の変化、栽培方法などを記録しておくと問題点も見えてきますし、新しい発見があるかもしれません。発芽しない場合は寄生するイネを変えてみたり、水の量を調整する事も必要です。

ヨツバシオガマの歴史

ヨツバシオガマ(四葉塩竈)学名Pedicularisjaponicaは、初夏から夏の、北海道から本州中部の高山の湿地を生息地とする、シソ目ハマウツボ科シオガマギク属ヨツバシオガマ種の多年草の高山植物です。氷河期に日本列島へ南下して来た種が、氷河期に北へ戻れなくなって取り残され、高山などの比較的寒い場所に何とか生存適地を見つけ出して現在に至っているといわれ、

それぞれの高山で遺伝子を交換することなく、独自の進化を遂げていった中の一つとして、日本原産の種と考えられています。北海道や東北地方に分布している大型の種をキタヨツバシオガマと呼び、以前は同属のエゾヨツバシオガマの変種ともされていましたが、DNAなどの比較から別種であることが分かり、現在は分離されています。

ヨツバシオガマの名前の由来は、塩を作るために海岸に立ち並んだ塩釜が浜を美しく彩っている景観を「浜で美しい」と言うことから「葉まで美しい」にかけて名づけられたと言われていますが、地名としての塩竈の浜のどこか寂しげで趣のある景色の事を美しいとして、美しさと趣のある葉の姿から名づけられたとも言われています。

ヨツバという名どおり四枚の葉を輪のように生じさせることでも知られていますが、時おり5~6枚の葉を茂らせている事もあります。変種としてレブンシオガマ、クチバシオガマなどが挙げられますが、はっきりとした位置づけがされておらず、詳しい研究がされています。

ヨツバシオガマの特徴

ヨツバシオガマは高山植物に詳しい方でも他の種との判別が難しい植物です。シオガマ属の中でも多くの場合に四枚の葉を茂らせ、花の色が薄紫色であるのも特徴として挙げられます。よく似た種類のミヤマシオガマなどが岩場などに生えるのに対し、ヨツバシオガマはやや湿った風当たりの強い、高山植物の生息地の中でもやや低い場所を好みますので、

自生している場所も判断材料になります。高さは20~50cmに育ち、名前の由来のとおり、シダのような葉が茎の節ごとに4個ずつ輪を描くように生じます。花期は6月から8月頃に見られ、7月下旬から8月上旬に開花のピークが訪れるので、夏季休暇の間、ハイキングに訪れる登山者の目を楽しませてくれます。

花びらが薄紫色なのもその特徴として挙げられ、花びらは2唇形、上唇の先の部分は濃い紅紫色で鳥のくちばしの様に長く先が垂れ下がり、下唇は大きく3裂して上唇を支える下顎のように広がって垂れ下がります。このくちばし部分の長い種類はクチバシシオガマと呼ばれ、葉が5~6枚となっている礼文産の種はレブンシオガマと呼ばれます。

よく似たタカネシオガマは全体的に少し小さく、花の部分もミヤマシオガマに似ていてヨツバシオガマとは異なるために見分けがつけられます。高山植物ですので気温の高さや害虫に弱く、一般家庭での育て方が難しいとされていますが、自宅で高山と同じ環境を作ることができれば栽培できるため、高冷地ではなくとも栽培に挑戦して見事に花を咲かせることに成功した例もあります。

pixta_repttes

レプトテスの育て方

この花はラン科になります。園芸上においても通常は草花などとなりますが、ランの場合はランに分類されるぐらい特別な存在になり...

pixta_moroheiya111

モロヘイヤの育て方

今の日本人は栄養過多で、人類の歴史が常に飢餓線上にあった状況とはまったく違う日常生活になっています。そうなると飢餓に慣れ...

pixta_tyurip02

春の風物詩 チューリップの育て方について

桜の花に次いで春の風物詩となる植物がチューリップです。独特のふっくらとした形が特に女性に人気があります。卒業式や入学式な...

pixta_wakegi

ワケギの育て方

原産地については西アジアから地中海東部であるいう説やユーラシア南部を生息地とする説もあればアフリカやヨーロッパが原産地で...

pixta_keeru

ケールの育て方

ケールはベータカロテンやルテイン、ビタミンCやカルシウム、食物繊維と言った非常に多種多様な栄養素を含むことから緑黄色野菜...

pixta_yabujirami

ヤブジラミの育て方

分類はセリ科でヤブジラミ属ですが、原産地及び生息地ということでは中国から朝鮮半島、台湾、日本言うことで東アジア一帯に生息...

pixta_ritops

リトープスの育て方

この植物についてはハナミズナ科とされています。同じような種類としてメセンがあり、メセンの仲間としても知られています。園芸...

pixta_goya_01

ゴーヤーの育て方

苦瓜とも呼ばれるものですが、沖縄地方で主に育てられている野菜です。比較的育てやすいものでありますが、好みがはっきりと分か...

pixta_satsumaimo_01

さつまいもの育て方

さつまいもは原産が中南米、特に南アメリカ大陸やペルーの熱帯地方と言われます。1955年にさつまいもの祖先に該当するイポメ...

pixta_kurinamu

クリナムの育て方

クリナムとは世界の熱帯・亜熱帯に分布する大型球根植物です。その種類は約160種にも上り、大半の種はアフリカに分布していま...

スポンサーリンク

pixta_hereborshetidas

ヘレボルス・フェチダ...

特徴としてはキンポウゲ科、クリスマスローズ属、ヘルボルス...

pixta_kyuuri

キュウリの育て方につ...

キュウリは、夏を代表する野菜であり、カリウム・ビタミンC...

pixta_niwazekishou

ニワゼキショウの育て...

特徴としては、被子植物、単子葉類の植物となります。キジカ...

pixta_nantenhagi

ナンテンハギの育て方

ナンテンハギはマメ科でありますが、他のマメ科の植物がツル...