ギリアの育て方

ギリアの育て方

種類としてはハナシノブ科になります。別名があり、タマザキヒメハナシノブ、アメリカハナシノブなどの名前が付けられています。草の高さとしては40センチから90センチぐらいになるものもありますが、それ程高くはならないでしょう。耐寒性がありますが、花としては1年草となっています。

育てる環境について

栽培をするのであればどういった場所で管理をしていかなければいけないかですが、日当たりの良い所です。夏はあまり関係ないので、秋から冬、春、夏先と日当たりのいいところを中心に置くようにすればいいでしょう。この花の特徴としてもある冬の強さですが、どのような寒いところでも対応できるかどうかです。

冬といえば霜がおりるようなところもあります。そのようなところでも大丈夫かどうかですが、霜にはあまり強くありません。せっかく成長したのにも関わらず霜に当たった為に枯れてしまって春に芽を出さないこともあります。寒さが強いところ、霜が降りそうなところに関しては霜対策をするなり、室内で冬を越させて春に表に出すなどをする必要があります。

春と言っても寒い季節があります。そのときに安易に出して霜にやられてしまうことがあります。それも非常にかわいそうなことになりかねません。ですからそのようなことにならないように春に外にだすときには十分に暖かくなってきてからの方がいいでしょう。霜以外に注意が必要なこととしては冷たい風、寒風があります。

霜がなくても日本海側などは冷たい風が吹き荒れるようなことがあります。このようなところはあまり適さないと言えるかもしれません。適さないところでは育てることができないですから、最初から何らかの対策を取る必要があるでしょう。軒下で育てるようにするなどしておくことで寒さに対応することができます。

種付けや水やり、肥料について

育て方において用土としては水はけを考えた土にします。特に配合などのことは気にする必要がなく、一般的な花と野菜の土でも十分育てられるとされています。植木鉢で育てる場合においてはあまり気にする必要が無いですが、庭にまく場合において水はけが悪い時においてはさすがにちょっと調整を施します。行うこととしては赤玉土を混ぜたり、川砂を混ぜたりします。

そうすることによって水はけを良くすることができます。そのまま植えるのではなく、少し環境を整えるだけで育ち方をかえることが可能になります。植え方として寒い地域においては裏技があるとされます。通常は秋まきで冬を越させます。しかし寒い地域は霜が降りることがあり管理が難しくなります。そこで春に植えるようにします。

この植物に関しては直根性があり、移植をあまり好まないとされています。一旦植えたらそこで育てる必要があります。そのことからも、春に地植えをする方法もあることを忘れないようにします。水やりについては少し注意をすることがあります。それは花に水をかけないようにすることです。

水が似合う花などがあり、元気よくさせるために花に水をかけることがありますが、この花は水をかけるとしぼんでしまいます。花が咲いている時に水を与えるときは、植木鉢の横の部分から少しずつかけて花に水が当たらないようにします。もちろん雨も影響してくることになるので、雨がふるようなときは当たらないようにします。

増やし方や害虫について

一年草ですから株分けで増やすことはできません。増やす方法は種まきが最もシンプルで確実になります。花が終わったあとに種を取り、それを植え付けるようにします。芽が沢山出てくるようであれば適度に間引きをしながら育てるようにします。あまり混みあった状態で植えると、たくさんあるようで嬉しいですが、花にとっては非常に育ちにくい環境になっています。

その後根が沢山出てきますし、上の部分でも葉っぱ同士が重なったりすると日当たりなどにも影響してくることがあります。適度な間隔を守るようにすると育ちやすくなります。行っておくといいこととしては支柱を立てることです。種類によって花の高さが異なります。高いものは90センチぐらいになりますが、風などが吹いて折れてしまうことがあります。

そうならないためにも支柱にしっかりと支えさせるようにしておきます。台風の時期ではなくてもちょっとした風が吹いて倒れてしまうことがあります。一度倒れると戻せませんから、先に行っておきます。病気や害虫に関しては特にありません。乾燥に強い、過湿に弱いことを頭に入れて育てるのを心がけます。

植木鉢においては移動ができますが、庭植えの場合は移動が難しくなります。雨は必要ですが、花が開いてからの雨はあまり良くありませんから、屋根をつけるなりも必要になります。雨にあたったから腐るわけではないですが、せっかくの花が早くしぼむのはもったいないので注意をします。

ギリアの歴史

多くの学者がいて、自分の専門分野についての研究をしています。どんどん新しいことが見つけ出せるような分野もありますし、すでに過去の学者などが調べているのでなかなか新しいものが見つけられないケースもあるでしょう。科学技術の分野などなら新たに出せることもあるでしょうが、古くからある学問だとすでに多くのものが発見されています。

植物学に関してだとかなり古くから行われているでしょう。新しい種類が見つけられることはそれ程多くないかもしれません。でも今でもいろいろなことがわかります。元々ある種類だったのが研究によって別の種類になることもあります。これは研究の成果といえるでしょう。ギリアと呼ばれる植物があります。

こちらに関しては北アメリカの西部、カリフォルニアやオレゴンが原産地、生息地の中心となっています。種類としては20種類から30種類近くあるとされています。その中でも主なものとしてはカピタータ、トリコロル、ルテアなどが知られています。この花の名前においては、18世紀のスペインの植物学者の名前が使われているとされています。

その人はギルと言われる人です。ギルが発見などをしたのでそのように付けられたのでしょう。この花については可愛らしい花言葉が付けられています。気まぐれな恋などとなっています。花としては非常に可愛らしい物を咲かせるのでぴったりかもしれません。誕生花の設定もあり、2月の後半から3月の初めに2日設定されています。

ギリアの特徴

種類としてはハナシノブ科になります。別名があり、タマザキヒメハナシノブ、アメリカハナシノブなどの名前が付けられています。草の高さとしては40センチから90センチぐらいになるものもありますが、それ程高くはならないでしょう。耐寒性がありますが、花としては1年草となっています。花が咲くのは5月から7月ぐらいになります。

基本的には秋まきをして、冬を越し、春から夏にかけて咲きます。春まきで咲かせようとすることも種類によってはあります。花の大きさとしては3センチから4センチぐらいになります。発芽をするための温度としては20度ぐらいとされるので、春の4月を超えてくる頃になるでしょう。

育てる上での難易度ではそれほど高くないとされていますからだれでもそれなりに育てることが出来る花と言えそうです。耐寒性があるので冬越はし易いでしょう。耐暑性についてはあまりありません。基本的には花が終わったあとに枯れますからあまり夏越えについては考える必要はないとされています。カピタータと呼ばれる種類はタマザキヒメハナシノブと呼ばれることもあります。

花の色は青、白、紫色などがあります。この種類は比較的高く成長しやすいです。先端に小さな花をたくさんつけることで知られています。トリコロルと言われる種類はアメリカハナシノブと言われることがあります。花茎の先端に1.5センチぐらいの花を数輪咲かせます。同じ種類でも咲き方がかなり異なります。

pixta_rikyubai

リキュウバイ(バイカシモツケ)の育て方

リキュウバイは別名バイカシモツケと言われています。育て方も簡単で、原産地は中国北中部が生息地になっています。栽培して大き...

pixta_kyabetsu_01

きゃべつの育て方を教えます。是非、挑戦してみて下さい。

きゃべつは涼しい所を好み低温に強い作物です。また、冬を越して作られる品種は甘みが強く、生食でも加熱しても食べる事が出来ま...

tropical flower pink adenium. Desert rose

アデニウムの育て方

アデニウム/学名・Adenium/キョウチクトウ科・アデニウム属です。アデニウムは、南アフリカや南西アフリカなど赤道付近...

pixta_kumomasou11

雲間草の育て方

日本の園芸店で市販されている雲間草は、一般的に「西洋雲間草」、「洋種雲間草」と呼ばれているヨーロッパ原産のものです。元々...

pixta_saboten12

植物の育て方の楽しみについて

家の中で育てる植物には、いわゆる観葉と菜園の2種類があります。いずれについても多様な種類が存在しますが、ある程度成長した...

pixta_kabu11

カブの育て方

カブはアブラナ科アブラナ属の越年草で、アフガニスタン原産のアジア系と、中近東〜地中海沿岸が原産のヨーロッパ系の二種類に分...

pixta_denfare

デンファレの育て方

日本で洋ランと言えば、コチョウランと同じくらい有名なデンファレですが、この呼び名は実は略称で、正式名はデンドロビウム・フ...

pixta_bazil_02

ハーブで人気のバジルの育て方

近年、ハーブは私達の生活に身近な植物になってきています。例えば、アロマテラピーなど香りで癒しを生活に取り入れたり、食事に...

pixta_momijikaramatu

モミジカラマツの育て方

モミジカラマツの特徴について書いていきます。その名前の由来からして、葉っぱは紅葉のように切れ込む葉が特徴的です。実際に見...

pixta_nezumimoti

植物栽培と育て方について

最近、植物の栽培が趣味として人気になっています。昔は植物を育てる趣味というのは、主に高齢者のものでした。その代表が盆栽で...

スポンサーリンク

pixta_cattail

キャッツテールの育て...

キャッツテールの原産地はインドで、ベニヒモノキにも似てい...

pixta_panzyzeranium

パンジーゼラニウムの...

パンジーゼラニウムはフロウソウ科のテンジクアオイ属の植物...

pixta_ryoubu

リョウブの育て方

両部の特徴においては、まずは種類があります。ツツジ目、リ...

pixta_yamashakuyaku

ヤマシャクヤクの育て...

ヤマシャクヤクは、ボタン科、ボタン属になります。ボタン、...