家庭菜園を行う場合の育て方のコツについて

家庭菜園を行う場合の育て方のコツについて

自宅で植物を栽培する場合、その育て方にはいくつかのコツがあります。自宅で植物を栽培する場合、鑑賞用として育てる場合と、食用で育てる場合の大きく分けて2つのものがあります。鑑賞用としては、花や樹木の栽培などがあります。食用としては、トマトやきゅうりなど野菜を育てるということが一般的になっています。

植物の栽培のコツ

植物の栽培のコツとしてまずあるのが、栽培場所の選定になります。一戸建て住宅などに住み、家に庭がある場合には、これらの植物を日当たりの良い場所に植えることが重要になります。日当たりの悪い場所では、生育が悪く育ちにくくなります。その為、1日中日陰になるような場所は避け、できるだけ日当たりの良い場所を選んで植えることが重要になります。

また、土壌も重要になります。栄養分の少ない土壌に植えた場合、生育が悪くなります。その為、家庭菜園などを行う場合には、培養土などの栄養分を含んだ土を敷き、土壌を良くすることもポイントとなってきます。

また、通気性も重要になります。場所の選定においては、日当たりが重要になりますが、加えて通気性の良さも必要です。できる限り、建物に囲まれた場所ではなく、開けた通気性の良い場所に植えることもポイントになります。

こちらの自宅で植物をうまく育てるにはも参考にどうぞ♪

植物の栽培のポイント

さらに、水やりも重要です。水やりにおいては、適度に水を与える必要があります。あまり水を与えすぎてしまうと、植物か腐ってしまうなど生育に問題が出ます。逆に水やりを怠ると、乾燥して干からびてしまいます。その為、定期的に水やりを行い、適度な保水を保つことが必要になります。

その他、肥料を与えることもポイントです。植物の栽培においては、栄養分と水分が大切です。肥料は植物において栄養源になるため、適度に肥料をまき、栄養分を与える必要があります。但し、一度に多くの肥料を与えすぎると、かえって植物を弱らせてしまう原因になります。その為、数回に分け少しずつ肥料を与えることが育て方のコツになります。

ベランダで出来るミニトマトの育て方

キュウリの育て方について

植物の栽培の注意点

また、食用として育てる場合には、化学肥料や農薬などを使用しないことも工夫の1つとなります。化学肥料や農薬には、人体に有害な成分を含んでいる場合もあります。農薬を使用しないことで、虫に食われやすくなるなどの弊害が出ることがあります。

しかし、虫に食われるということは人体にとって安全ということの証拠でもあるため、できるだけ農薬などは使用せず育てることもコツとなってきます。しかし、その場合には虫に食われやすくなるため、虫取りを行うなど虫食いに注意しながら育ててあげる必要があります。

このように、鑑賞用および食用で野菜や花を育てるなどする場合のコツとしていくつかのことがあります。コツを抑えて育てることで、効率よく栽培することができます。

こちらの日本の未来と、植物、食物における無農薬栽培の育て方のあり方も参考になります♪

pixta_barubofiram

バルボフィラムの育て方

バルボフィラムは、とても多くの種類がある、洋ランの一種です。ひとつの地域が原産で、そこにある原種を元に品種改良や交配が繰...

pixta_shefurera

シェフレラ・アルボリコラ(Scefflera arboric...

台湾や中国南部が原産地のウコギ科セイバ属の植物です。生息地は主に熱帯アジアやオセアニアで、およそ150種類ほど存在する低...

pixta_iceplant

アイスプラントの育て方

元々アイスプラントが日本に取り入れられた理由はこの植物にしかない特徴のためです。その特徴とは塩分、つまりミネラルを吸収す...

pixta_teikakazura

テイカカズラの育て方

テイカカズラという名前の由来は鎌倉時代初期にいた歌人である藤原定家です。定家は後白河法皇の娘である式子内親王に恋するので...

pixta_kurematisu

クレマチス(四季咲き)の育て方

クレマチスは、キンポウゲ科センニンソウ属(クレマチス属)のこといい、このセンニンソウ属というのは野生種である原種が約30...

pixta_kanhizakura

カンヒザクラの育て方

通常の花といいますと太陽の方に向いて咲く、つまりは上向きに咲くことが多いように感じられます。スズランなど例外的な花もあり...

pixta_kusanou

クサノオウの育て方

クサノオウは古くから日本に生息している山野草です。聞き慣れない植物ですが、黄色い花を咲かせるヤマブキソウに似ています。ク...

pixta_hannemania

ハンネマニアの育て方

ハンネマニアはケシ科ハンネマニア属の多年草です。別名、メキシカンチューリップポピーとも呼ばれています。名前からも分かると...

pixta_kumamosou

サルビア・レウカンサの育て方

サルビア・レウカンサの原産地はメキシコや中央アメリカです。別名を「メキシカンブッシュセージ」「アメジストセージ」といい、...

pixta_pakira

パキラ(Pachira glabra)の育て方

パキラはアオイ科で、原産や生息地は中南米です。現在は観葉植物としての人気が非常に高いです。原種は約77種ほどあって、中に...

スポンサーリンク

pixta_katorea02

カトレアの育て方

カトレアは、肉厚の葉とバルブと呼ばれるやや太った茎をもつ...

pixta_turumurasaki

ツルムラサキの育て方

ツルムラサキがどこに自生していたのかというのは、詳しくは...

pixta_sprauto

スプラウトの育て方

スプラウトの歴史はかなり古いとされています。5000年も...

pixta_ariakesumire

アリアケスミレの育て...

アリアケスミレは日本原産の本州から四国、九州に自生するス...