家庭菜園を行う場合の育て方のコツについて

家庭菜園を行う場合の育て方のコツについて

自宅で植物を栽培する場合、その育て方にはいくつかのコツがあります。自宅で植物を栽培する場合、鑑賞用として育てる場合と、食用で育てる場合の大きく分けて2つのものがあります。鑑賞用としては、花や樹木の栽培などがあります。食用としては、トマトやきゅうりなど野菜を育てるということが一般的になっています。

植物の栽培のコツ

植物の栽培のコツとしてまずあるのが、栽培場所の選定になります。一戸建て住宅などに住み、家に庭がある場合には、これらの植物を日当たりの良い場所に植えることが重要になります。日当たりの悪い場所では、生育が悪く育ちにくくなります。その為、1日中日陰になるような場所は避け、できるだけ日当たりの良い場所を選んで植えることが重要になります。

また、土壌も重要になります。栄養分の少ない土壌に植えた場合、生育が悪くなります。その為、家庭菜園などを行う場合には、培養土などの栄養分を含んだ土を敷き、土壌を良くすることもポイントとなってきます。

また、通気性も重要になります。場所の選定においては、日当たりが重要になりますが、加えて通気性の良さも必要です。できる限り、建物に囲まれた場所ではなく、開けた通気性の良い場所に植えることもポイントになります。

こちらの自宅で植物をうまく育てるにはも参考にどうぞ♪

植物の栽培のポイント

さらに、水やりも重要です。水やりにおいては、適度に水を与える必要があります。あまり水を与えすぎてしまうと、植物か腐ってしまうなど生育に問題が出ます。逆に水やりを怠ると、乾燥して干からびてしまいます。その為、定期的に水やりを行い、適度な保水を保つことが必要になります。

その他、肥料を与えることもポイントです。植物の栽培においては、栄養分と水分が大切です。肥料は植物において栄養源になるため、適度に肥料をまき、栄養分を与える必要があります。但し、一度に多くの肥料を与えすぎると、かえって植物を弱らせてしまう原因になります。その為、数回に分け少しずつ肥料を与えることが育て方のコツになります。

ベランダで出来るミニトマトの育て方

キュウリの育て方について

植物の栽培の注意点

また、食用として育てる場合には、化学肥料や農薬などを使用しないことも工夫の1つとなります。化学肥料や農薬には、人体に有害な成分を含んでいる場合もあります。農薬を使用しないことで、虫に食われやすくなるなどの弊害が出ることがあります。

しかし、虫に食われるということは人体にとって安全ということの証拠でもあるため、できるだけ農薬などは使用せず育てることもコツとなってきます。しかし、その場合には虫に食われやすくなるため、虫取りを行うなど虫食いに注意しながら育ててあげる必要があります。

このように、鑑賞用および食用で野菜や花を育てるなどする場合のコツとしていくつかのことがあります。コツを抑えて育てることで、効率よく栽培することができます。

こちらの日本の未来と、植物、食物における無農薬栽培の育て方のあり方も参考になります♪

pixta_osiroibana

オシロイバナの育て方

日本に入ってきたのは江戸時代に鑑賞用として輸入されたと言われており、当時この花の黒く堅い実を潰すと、白い粉が出てきます。...

pixta_rosemarry

ローズマリーの育て方

その歴史は古く、古代エジプト時代の墓からローズマリーの枝が発見されているように、人間との関わりは非常に古くからとされてい...

pixta_hibisukusu

ヒビスクス・アケトセラの育て方

ヒビスクス・アケトセラが日本に入ってきた年代は詳しく知られていないのですが、本来自生しているものは周種類であるとされてい...

pixta_himeougizuisen

ヒメヒオウギの育て方

現在の日本国内で「ヒメヒオウギ」と呼ばれる植物は、正式名称を「ヒメヒオウギズイセン」と言います。漢字では姫の檜の扇と書き...

pixta_gennoshouko

ゲンノショウコの育て方

この植物の原産地と生息地は東アジアで、中国大陸から朝鮮半島を経て日本全国に自生しているということですので、昔から東アジア...

pixta_goya11

緑のカーテンの育て方

ゴーヤのグリーンカーテンの育て方についてご紹介です。もともとお花を育てることが好きだった私ですが、去年の引越しをきっかけ...

pixta_puterisu

プテリスの育て方

プテリスはシダの仲間です。イノモトソウ科の常緑多年性シダ類に入ります。世界ではおおよそ300種類が分布しています。観葉植...

pixta_marubatakebuki

マルバタケブキの育て方

マルバタケブキはキク科メタカラコウ属の植物です。原産が日本です。漢字による表記は、丸葉岳蕗です。生息地は日本と中国に分布...

pixta_bluefanflower

ブルーファンフラワーの育て方

ブルーファンフラワーはクサトベラ科スカエボラ属で、別名はファンフラワーやスカエボラ、和名は末広草といいます。末広草と名付...

pixta_fuji

フジの育て方

藤が歴史の中で最初に登場するのは有名な書物である古事記の中です。時は712年ごろ、男神が女神にきれいなフジの花を贈り、彼...

スポンサーリンク

pixta_wasurenagusa

ワスレナグサの育て方

そのような伝説が生まれることからもわかりますが、原産はヨ...

pixta_asidansera

アシダンセラの育て方

花の特徴としてはアヤメ科になります。草の大きさとしては6...

pixta_hibisukusu

ヒビスクス・アケトセ...

ヒビスクス・アケトセラが日本に入ってきた年代は詳しく知ら...

pixta_matunonakama

マツの仲間の育て方

マツの仲間の特徴としては、環境や種類によって様々に異なっ...