ビタミンCの豊富な夏野菜ピーマンの育て方

ビタミンCの豊富な夏野菜ピーマンの育て方

次々と実を付け霜の降りる頃まで長く楽しめるピーマンの育て方を紹介します。ピーマンは放置しててもそれなりに収穫できるのですがより多く美味しいピーマンにするにはそれなりの工夫がいります。

ピーマンの育て方 苗と種まき

家庭菜園でしたら苗を買ってきて育てても十分ですにが、種から育てる場合は培養土を育苗用のポットに準備します。ピーマンの種まきは2月下旬~3月下旬頃までに蒔きます。苗は寒さに弱いので充分暖かくなってから定植します。それまでに畑の畝つくりをします。畝幅は90センチあれば充分です。

無肥料・無農薬での栽培を紹介します。家庭菜園ではのこだわりです。すこぶる濃厚な味のピーマンが収穫できます。畝作りには肥料などは使用しませんが草マルチは十分にします。畝の上に刈った草をたっぷりと被せます。また、敷き藁があればそれも畝の上に被せておきます。

十分に暖かくなってからピーマンの苗を定植します。5月~6月上旬でも遅くありません。株間40~50センチくらいです。定植後水遣りをするのではなく、充分湿らせておいた土に植え付けます。ちょっとしたコツです。そのあとピーマンの苗の周りを草マルチで囲います。

こちらのピーマンの育て方が凄くわかりやすいです♪

支柱について

ある程度苗が育ったら、最初に咲いた花の下のわき芽を2本だけ残して他のわき芽は摘み取ります。わき芽は切り口を乾燥させるために晴れた日に摘み取りましょう。そのあとで支柱を立てます。100~150センチの支柱が適当です。ピーマンの根元から3センチくらい離れたところに立てます。

支柱とピーマンの茎の間は余裕を持って紐で結びます。ピーマンの枝は必ず2本ずつ枝分かれして育っていきます。枝が4本になったらそこから上は細い方の枝をカットして太い方の枝を残すようにしていきます。そうすることで、スッキリと混み合うことなく風通しもよくなり害虫からも守られます。

草マルチについて

また太い方の枝につく実は養分を十分に吸い取ることができるので早く大きくなります。無農薬で育てていますので雑草も活きよいよく育ちます。適宜刈り取り草マルチをします。真夏の時期もこの草マルチのおかげでピーマンは暑さに負けることなく元気いっぱいです。

草からの養分がいきわたるのでしょう。ピーマンに限らずほとんどの野菜をこの草マルチでの栽培法で育てています。雑草の処理にも野菜の養分にも乾燥対策にもと良いことずくめです。土壌改良にも持って来いです。

ところで、ピーマンの収穫時期を2週間遅らせると実は完熟してきて赤黒くなりますが、栄養価は2倍になるそうです。完熟ピーマンを食すのも家庭菜園ならではの楽しみでしょう。ピーマンは寒さにも強く霜の降りる頃まで次々と実ります。ピーマンの株5本もあれば4人家族充分楽しむことができるでしょう。

pixta_rueria

ルエリアの育て方

ルエリアはルエリア属キツネノマゴ科の多年草で生息地はアメリカ、アジア、南アフリカの熱帯地域などです。その名前は、フランス...

pixta_shinbijiumu

シンビジウムの育て方

ランはヒマラヤから中国、日本、オーストラリア、南米など広範囲に分布していますが、その中でもシンビジウムは約50種ほどある...

pixta_soyogo

ソヨゴの育て方

ソヨゴはモチノキ科モチノキ属の常緑小高木です。原産地は日本、及び中国、台湾のアジア圏になります。背丈は1.5〜3メートル...

pixta_oregano

オレガノの育て方

オレガノは、もともとはヨーロッパの地中海沿岸を生息地とする植物です。ギリシャの時代からあり、ヨーロッパの文化の一員になっ...

pixta_tyorogi

チョロギの育て方

チョロギはシソ科の植物です。中国が原産の植物です、日本には江戸時代に伝わった植物です。その名の由来は、朝鮮語の”ミミズ”...

pixta_natuhaze

ナツハゼの育て方

ナツハゼはジャパニーズブルーベリーや山の黒真珠と呼ばれており、原産や生息地は東アジアです。日本はもちろん朝鮮半島や中国な...

pixta_kutenante

クテナンテの育て方

クテナンテは熱帯アメリカ原産の植物で、葉の色や模様などが特徴的な種類が多いことから観葉植物として栽培されています。熱帯ア...

pixta_tatunamisou

タツナミソウの育て方

タツナミソウはシソ科の仲間で世界中に分布している植物なので日本でも全国的に見ることができます。花の形が独特であるという理...

tomato01

トマトの栽培における種まきや植え付けの時期及び育て方について

トマトは世界一の需要量を誇る野菜で、日本でも比較的良く食されています。気候的にも栽培に適する事から、家庭菜園レベルであっ...

pixta_dikkia

ディッキアの育て方

まだまだ我々日本人にとって馴染み深いとは言えない植物、ディッキア。数多くの種を保有する植物群のなかでも、かなり特徴的な形...

スポンサーリンク

pixta_junberi

ジューンベリーの育て...

ジューンベリーの原産と生息地は北アメリカ北東部です。アメ...

pixta_amejiseji

アメジストセージの育...

紫色の美しい花を咲かせるアメジストセージの原産地は、通説...

pixta_abokado

アボカドの種を植えて...

アボカドというと、「森のバター」や「バターフルーツ」と呼...

pixta_onibasu

オニバスの育て方

本州、四国、九州の湖沼や河川を生息地とするスイレン科オニ...