クリダンサスの育て方

クリダンサスの育て方

クリダンサスの特徴としてはやはり見た目と香りでしょう。鮮やかな黄色の花を咲かせて香りは花のフレグランスとも呼ばれているように、柑橘系のさわやかなとても良い香りを匂わせます。クリダンサスは温かい地域で栽培されていた球根でもありますからやはり温かい環境で育てるのが一番とされています。

育てる環境について

育て方は一般的な球根と大差はないのですが、まず環境として温かい季節が最適です。夏に開花する品種でもありますから、植えるのは3月から4月の春が一番ベストです。その時期に植えることによって夏に発芽することが出来ます。寒い土地や温かい土地によっても若干変わってきますが、原産が温かい気候でしたから育てるのにも適度に温かさを保つことが大切と言えるかもしれません。

プランターもしくは鉢で育てるのが最適と言われています。庭などに直接植えても育てることが出来るのですが、水やりなどを行っているといつの間にか球根がなくなってしまうということもあるようですから、出来るだけプランターか鉢で育てるようにしてください。球根を植える時は深く植えるよりも球根の先が埋まる程度の浅さでも十分良いとされています。

浅埋めの方が育ちやすいとも言われていますので深く植えすぎないように気をつけましょう。室内ではなくてやはり温かい日差しが入る屋外で育てるのが良いかもしれません。土の表面が渇いたら水を与えて湿らせるようにしてください。水分を与えすぎても開花の妨げになるとも言われているので注意しましょう。

芽が出てつぼみが出て実際に開花するまでには時間はあまりかかりません。開花している期間もとても短く、長くても三日程度ですからつぼみが出てから開花までは目を離さないように観察したほうがよいかもしれません。成長のチャンスを見逃さないようにしましょう。

種付けや水やり、肥料について

育てる土地の温かさにもよりますが、一般的には春に種付けをするのが最適と言われています。3月から4月を目安にしましょう。肥料につきましては有機物を多く含んでいるものが好ましいので、有機物を含んだ培養土と水はけのよい砂質土を用いるようにしましょう。

そして水やりに関してはポイントがあるのですが、発芽する前までは土の表面が渇いたら水やりをする程度で構いません。この段階で水を豊富に与えすぎても逆効果になってしまう可能性がありますから注意してください。そして発芽した成長期になりますので土の表面が渇いたら十分に水やりをするようにしてください。

この水やりは開花して葉が枯れるまで行いましょう。葉が枯れてきたら水やりはいったん止めてください。開花したあとは二週間に一度程度液体の肥料を与えて栄養を補いましょう。水やりは行わなくて大丈夫です。球根に関しましてはそのまま土の中で保管するのが一番とされています。凍らない場所で土の中で保管して冬を越すようにしましょう。そうすることでまた夏に開花することが可能になります。

基本的にはこの作業を行っていれば良いのですが、三年に一度くらいはプランターや鉢を変えてあげるようにした方が球根の為でもあります。最初の夏には開花しやすいとも言われていますが、翌年からはなかなか開花しない品種でもあります。まだしっかりと育て上げる方法が解明されていない部分があるのも事実ですので試しながら育ててみるのも良いかもしれません。

増やし方や害虫について

増やし方のコツとしてはしっかりと冬眠させることかもしれません。春に種付けをして夏に開花する品種です。成長期にはたっぷりと水分を与えることが大切なのですが、成長期を過ぎたら基本的に水やりは行わなくても良いでしょう。球根自体に成長する力があるとされていますから、水を上げすぎても逆効果になってしまうことがあります。

夏に開花して開花し終わったら適度なペースで肥料を与えてあげる程度で大丈夫です。そうすることによってまた翌年開花させることが出来ます。管理の方法としては開花し終わってすべて枯れてしまった後は土の中にそのまま保管しておいて大丈夫です。気候によっても若干変わってきますが、温かい場所を好む球根ですから極寒の土地などで管理するときは

冬は屋外に置いておくと凍ってしまう可能性もありますから気を付けてください。その場合に関してはまた別の保管方法を考えたほうが良いでしょう。基本的には凍らない程度の気候ならばそのまま鉢植えの中に球根をおいておきましょう。この際にお手入れは基本的に行わなくて良いです。数年に一度程度のペースでプランターや鉢変えをすれば十分です。

害虫駆除に関しては市販の害虫忌避剤などを使用してください。十分効果を発揮することが出来るはずです。クリダンサスは元々温かい気候で育ったのでやはり育てる時にも温かく日差しがある場所の方がすくすく育ちますので環境についても場所を選んで育てましょう。

クリダンサスの歴史

クリダンサスの原産はペルーなのですが、ペルーのどの地域に生息していたのかはハッキリしていません。咲きにくい花としても有名であり、咲きにくいからこそ咲かせたいと育てる愛好家が多いほどです。ペルーで生息していたのですが、熱帯雨林なのか、砂漠地帯なのか、山岳帯なのかはっきりしておりません。

ですから球根を育てるのにもどのような環境が一番合っているのか判明していないという部分もあります。情報が不足がちなクリダンサスですが、開花するまでは早いとも言われています。温かい環境で育ってきた球根でもありますから、やはり開花させるためには温暖な気候が必要であるとも言われています。現在ではオランダのある一部で生産されているのですが、

生産しているのにもかかわらず詳細が明らかにされていないという謎の部分を持つ品種でもあります。色々憶測はされていますが、球根のみに育つ力があり、水が無くても育つことが出来るとされている点から、砂漠地帯や山岳地帯で育ったという話が有効になっています。花のフレグランスとも呼ばれるくらい香りがものすごくよくその見た目と香りに魅了されている方もすくなくありません。

香りに関しては柑橘系の良い匂いがするのが特徴ともされています。生息地では年中育てることが出来たのかもしれませんが、やはり温かい季節ではなければ育つことができません。冬は基本的に球根の冬眠の時期になるでしょう。そのまま寝かせておくことでまた育てることが可能です。

クリダンサスの特徴

クリダンサスの特徴としてはやはり見た目と香りでしょう。鮮やかな黄色の花を咲かせて香りは花のフレグランスとも呼ばれているように、柑橘系のさわやかなとても良い香りを匂わせます。クリダンサスは温かい地域で栽培されていた球根でもありますからやはり温かい環境で育てるのが一番とされています。基本的に春に球根を植えて夏に開花する品種です。

そして育てることが難しいとも言われている球根でもあります。つぼみが出てから開花するまではとても早いとしても有名ですが、何しろ育てるのが難しいとも言われていますので、しっかりとお手入れしていたとしても発芽しないで終わってしまうことも多いようです。手間がかかりしっかりと管理すること重要でしょう。

育てるのにはプランターや鉢植えが最適ともされていますから、庭などに直接うめるのではなくて、プランターや鉢を利用して育てるようにしてください。クリダンサスは謎に包まれている部分も多い品種ですから、育て方の正しい取扱い書のようなものがないと言っても良いかもしれません。

簡単に花を咲かせることが出来ないからこそたくさんの人に愛されている球根なのかもしれません。水を与えすぎても逆に悪影響になってしまうこともありますから、成長に合わせて水やりのパターンも変える必要があるでしょう。栄養と水分の両方が豊富にあると葉の成長が優先されるという特徴をも持っています。水やりには十分気を付けたほうが良いでしょう。

pixta_oogahasu

オオガハスの育て方

オオガハスは2000年以上も昔の種から発芽した古代のハスです。「世界最古の花」として知られ、世界各国に友好の証として贈ら...

pixta_difenbakia

ディフェンバキアの育て方

ディフェンバキアはサトイモ科ディフェンバキア属で原産地や生息地は熱帯アメリカです。和名にはハブタエソウやシロガスリソウと...

pixta_rosemarry

ローズマリーの育て方

その歴史は古く、古代エジプト時代の墓からローズマリーの枝が発見されているように、人間との関わりは非常に古くからとされてい...

pixta_natutubaki

ナツツバキの育て方

ナツツバキの原産地は日本で、主な生息地は本州から九州にかけての山の中です。ナツツバキはシャラ、あるいは沙羅の木として寺院...

pixta_seri

セリの育て方

特徴としては種類がどのようになっているかです。キキョウ類、セリ目となっています。別名としてシロネグサとの名前がついていま...

pixta_tobera

トベラの育て方

”トベラ”は日本や朝鮮半島、中国を原産とする植物です。名前の由来は、昔、節分の日に悪除けの為にトベラの枝を扉にはさんだこ...

pixta_naganegi_01

誰でもできる植物の栽培法、育て方

植物を初めて栽培すると言う事は、育てたことがない人 にとっては育て方もわからずなんだかハードルが高く感じるものです。そん...

pixta_himeyuzuriha

ひめゆずりはの育て方

この植物は被子植物で真正双子葉類となります。その中でもコア真正双子葉類にも該当します。ユキノシタ目、ユズリハ科、ユズリハ...

pixta_kara

カラーの育て方

観葉植物カラーは南アフリカが原産で、8種ほどの自生種の確認がされています。生息地はもともと湿地で、中でも「エチオピカ」は...

pixta_momijikaramatu

モミジカラマツの育て方

モミジカラマツの特徴について書いていきます。その名前の由来からして、葉っぱは紅葉のように切れ込む葉が特徴的です。実際に見...

スポンサーリンク

pixta_shungiku_01

シュンギクの育て方

キク科シュンギク属に分類されるシュンギクは、20cmから...

pixta_daboesia

ダボエシアの育て方

ダボエシアは学名でDaboeciacantabrica’...

pixta_hisakaki

ヒサカキ(実)の育て...

ヒサカキは、日本でもよく見られる低木ですが、よく神社など...

pixta_nihonzuisen

ニホンズイセンの育て...

特徴において、種類はクサスギカズラ目、ヒガンバナ科、ヒガ...