スクテラリアの育て方

スクテラリアの育て方

この花については、シソ科に該当します。花の大きさとしては20センチぐらいから1メートルぐらいになることもあります。花が咲く時期としては6月から10月くらいになっています。中央アメリカが生息地であることからあまり育てやすそうでないと感じますが、同種が日本にもありますから決して難しく無いともされています。

育てる環境について

育て方としては環境はどのようなところが良いかですが、日当たりを好む花とされています。日当たりに当てないと見事な花があまり見られなくなってしまいます。ですから日当たりの良い所を選ぶようにします。南国の夏の直射日光でも特に葉っぱがやられるとか、花が傷むようなことがないので、あまり遮光などについては考える必要のない花と言えるかもしれません。

必ずしも直射日光で何も起こらないわけではなく、葉っぱが焼けてしまう場合があります。その時には葉っぱが赤っぽくなってしまうことがあります。その時には弱っていることもあるので、場所を変更するなどの対処が必要です。午前中の少しの期間だけ日当たりが当たるようなところで管理をするようにしてみましょう。

コスタリカーナの場合には非耐寒性になります。この種類に関しては夏の暑さであったり強い日差しを好みません。6月くらいから9月の中旬ぐらいまでは半日陰に置くようにします。夏においては半日陰だけでなく風通しも良くするようにします。横においている植物があるために風通しがあまり良くなくなることがあります。

少し鉢をずらすなどしなければいけません。冬においては室内管理が基本と考えたほうがいいでしょう。庭植えをしたいところですが、頻繁に移動をして管理しないといけません。日本において1年を通しておいておける環境があまり見つかりません。そのことから植木鉢で管理すると移動がしやすくなるでしょう。

種付けや水やり、肥料について

栽培においては用土をどのようにするかですが、腐植質に富んだものが良いとされています。それに加えて水もちと水はけも備えているとなおいいとされています。よくあるタイプとしては赤玉土が7割、腐葉土が3わりです。この割合については環境に応じて多少変更してもいいでしょう。雨が振りやすいならもう少し水はけを良くしてもよいでしょう。

多湿を好む花で乾燥は好みません。花が咲く時期に水切れになるとせっかく咲こうとしているつぼみが落ちてしまうことがあります。これは非常にショックになるでしょう。ですからそのようなことがないように水やりについては気を配るようにします。春から秋にかけての生育期においては、水をしっかりと与えるようにします。

夏場などになればどんどん蒸発もしますから1日に1回は必ず与えるくらいがいいでしょう。秋や春に関しては土の表面を見ながら濡れていれば不用ですし、乾いていれば挙げるようなタイミングを守るようにします。冬の水やりについてはそれ程必要無くなります。冬は気温が低下してきます。

生息地では1年を通して同じような気温でしょうが、日本では四季があります。室内に入れるとしてもそれ程高くなるわけではありません。生育も鈍ってくるので、その分水分も吸いにくくなります。水やりの回数は減らし気味にします。自宅内に入れて、その部屋の温度が常に20度を超えているなら成長することがあるので水を与えないといけないかもしれません。

増やし方や害虫について

増やし方としてはさし木があります。気温が20度以上のときに行うことができます。冬が寒いと枯れてしまうことがありせっかくの株を失うことがあります。そのようなことがないように、早めに苗を作っておくことがあります。準備としては9月頃に行うと良いとされています。さし芽をすることでも増やすことができます。

6月頃にバーミキュライトと鹿沼土を混ぜた用土にさしておくと、1箇月ぐらいすると根をはるようになります。そうなれば新しい株として植えることができるので、その後も増やしていくことができます。病気であったり害虫に関してはあまり心配する必要はありません。ただし種類によって特性が異なるので、そのあたりをしっかり把握しながら育てる必要がありそうです。

この植物に関しては一応最低温度が10度ぐらいとなっています。10度前途になるとどうなるかですが、葉っぱが落葉します。そして株が弱ってきます。一応弱りながらも冬を越せると次の年はきちんと芽吹いてくれます。しかし一旦弱ってしまうと、花の咲く期間が短くなったり、花の量が減ってしまったりすることがあります。

最低温度は10度とはありながら、もう少し高めの設定をして管理をした方がいいことがあります。目安としては15度ぐらいであれば傷むことなく冬を越すことが出来るようです。20度を超えていれば一般の季節同様に成長もするとされています。自宅のどこで管理するかによって変わるでしょう。

スクテラリアの歴史

世界においては王国と言われる国があります。そういった国では国王がいます。国王が政治的にどのような役割を持っているかはそれぞれの国で異なります。歴史を刻む尊重のような存在のこともあれば、政治などに絡むような国王もいます。基本的に国王といえば男性でしょうが、女性といえば女王になります。

歴史の中においては数々の女王がいますし、イギリスなどにおいても女王がいます。つまりは女王といえばより位の高い後期な人であることがわかります。そんな名前が付いている花があるとすればすごいことかもしれません。実際にはあります。スクテラリアと呼ばれる花があります。

いくつかの種類がありますが、その中のコスタリカナに関しては別名としてジョオウノキ、オウサマノキと呼ばれることがあります。スクテラリアに関しては小皿を意味するとされています。丸い部分があるためにそのように付けられたとされています。この種類の原産としてはコスタリカとなります。

その他の呼び方としてコスタリアン・スカルカップ、スカーレット・スカルカップなどと言われることがあります。コスタリカと言いますと中央アメリカあたりになります。日本とはあまり縁のない国のようですが、花に関しては日本にも同じ仲間の花があるとされています。それはタツナミソウと呼ばれていてこれは日本で自生しています。場合によっては同じとしていることもありますが、細かく分けると別の種類になるのでしょう。

スクテラリアの特徴

この花については、シソ科に該当します。花の大きさとしては20センチぐらいから1メートルぐらいになることもあります。花が咲く時期としては6月から10月くらいになっています。中央アメリカが生息地であることからあまり育てやすそうでないと感じますが、同種が日本にもありますから決して難しく無いともされています。

比較的育てやすい部類の花になるとされます。ただし耐寒性はあまり強くありません。最低温度としては10度ぐらいとされるので、日本においても暖地と言われるところでないと屋外では栽培できないでしょう。冬を越させようとするなら自宅内などになるでしょう。耐暑性に関しては、比較的暖かいところですからそれなりにあるとされています。

熱帯性花木の部類になりますから、暖かいところで育てるのが基本になります。葉っぱは一般的は葉っぱである楕円形ですが、先が少し尖っています。表面がでこぼこになっています。茎に関しては黒っぽい色をして、枝分かれをして増えていくことがあります。花は少し通常のものとは異なります。

筒状に長く伸びた花が一箇所から多数生えているように見えます。コレが花びらのようでもあり、一つの花のようでもあります。この筒状の部分の長さは4センチから5センチぐらいで、真ん中の方は直立していますが、周りになると少し垂れた状態になります。それがより花らしく見せてくれます。花の色としてはオレンジ、ピンク、紫などが知られます。

pixta_epissia

エピスシアの育て方

エピスシアはメキシコの南部からブラジル、コロンビア、ベネズエラなどを原産地としている植物で生息地は基本的には熱帯地方なの...

pixta_kangarupo

カンガルーポー(アニゴザントス)の育て方

ハエモドルム科の植物で、生息地はオーストラリア南西部です。別名「アニゴザントス」とも呼び、咲いた花の形状がオーストラリア...

pixta_akanesumire

アカネスミレの育て方

特徴としてはバラ類、真正バラ類に該当します。キントラノオ目、スミレ科、スミレ属でその中の1種類になります。スミレの中にお...

pixta_mansaku

マンサクの育て方

マンサクの名前がついた由来といわれるものは3つあります。1つは豊年満作というところからきたという説です。マンサクは樹木い...

pixta_ionopsis

イオノプシスの育て方

イオノプシスとはメキシコ〜南アメリカなどを原産地とする多年性草本です。ブラジルから西インド諸島へと分布し、ガラパゴス諸島...

pixta_siroyamabuki

シロヤマブキの育て方

バラ科ヤマブキ属、シロヤマブキ属のような区別がなかった時代には、それが白山吹のことを示すのか、山吹のことを示すのかはわか...

pixta_kazania

ガザニアの育て方

ガザニアはキク科ガザニア属で勲章菊という別名を持っています。ガザニアという名前はギリシャ人が語源とされており、ラテン語の...

pixta_goya_02

グリーンカーテンの栽培方法。

地球は温暖化の一途を辿っています。日本では、温暖化対策の1つとして、グリーンカーテンを導入している家庭や市区町村が増えて...

pixta_kurbanaroubai

クロバナロウバイの育て方

クロバナロウバイは北アメリカ南東部原産の低木で、原産地全域の山林や人里周辺を生息地としています。漢字では黒花蝋梅と書き表...

pixta_kyuuri

キュウリの育て方のポイント

水分を豊富に含むキュウリは、原産地はインドやヒマラヤであり、そのあたりが生息地と考えられています。栽培されていたのは、さ...

スポンサーリンク

pixta_primuraanajisuta

ブリメウラ・アメシス...

「ブリメウラ・アメシスティナ」は、南ヨーロッパを原産とし...

pixta_janohige

ジャノヒゲの育て方

ジャノヒゲはユリ科ジャノヒゲ属の多年草植物です。アジアが...

pixta_bazil_02

バジルの育て方

原産国や生息地はインド地方といわれ、ヒンドゥー教の神に捧...

pixta_rantanakamara

ランタナ・カマラの育...

ランタナ・カマラは通称ランタナで、別名をシチヘンゲやコウ...