植物の育て方で考えるべき要素や種類の選択について

植物の育て方で考えるべき要素や種類の選択について

植物の栽培を考える上で考えるべき事は、栽培する植物に合わせた環境を作るという事に尽きると言えます。特に重視したいのは肥料と土壌です。まず肥料については、窒素・リン・カリウムの3つの物質が肥料の3要素と呼ばれています。

植物の栽培で重要なポイント

何でも植物の種類を問わずに充分且つ正常な生育の為には供給が必要となるものですが、求められる3つの物質のバランスは種類毎に異なる側面があります。従って、其々の種類に合わせた銘柄・製品を手配して与えてやる必要がある訳です。

また、量の加減も充分に検討する必要があります。また土壌については特にph値が重要であり、概ね弱酸性~アルカリ性の状況で生育状況が良い、ここから外れると寄生虫等が発生し易い・障害が起き易いといった特徴があります。

一方で範囲内でのベストな状態については植物の種類によって異なると共に、育つ種類によって土壌の方が影響を受けるという性質があります。従って適正なph値を保つ為、場合によっては土壌改良の為の薬剤等の使用を検討する必要もあります。

その他のポイント

この他にも、水はけ・温度といった問題もあります。水はけについては極端に合わないケースでは土の入れ替え等を検討してあげる必要がありますし、温度についてはそもそも栽培地の自然な気候に合わない種類の植物を育てる場合には、ビニールハウス等の設備を整える必要があります。

こうして見て行くと、実はかなり多くの要素が複雑に絡んでいる事が解かります。そしてそこから、育てる植物の選択肢も見えてくる面があります。まず商品作物の栽培を除けば、温度が合わずに大型の設備を要する状況というのはあまり適切とは言えません。コストも手間も高くなる事から、基本的にはより育てやすいものの生育を指向した方が賢明と言えます。

また土壌や肥料から考えると、比較的ベストと思える条件が近しいものも見えて来ます。栽培においては限られた範囲で行う事になりますから、複数の植物を同時に育てたいという考えがある場合にはその上手い組み合わせを事前に把握して置くと、管理の面でも行き届き易くなると言えます。

初心者の方はこちらの栽培が簡単な植物の育て方を参考にしてみて下さい♪

植物の栽培の注意点

更にポイントを挙げるならば、同じ種類を何度も引き続き栽培する連作は避けた方が良いと言えます。その理由は土壌等に齎す影響が一方的に偏る事や、同じ種類のものがあり続ける事で関連する寄生虫等の発生も起き易くなり、問題が起きた際の改善が困難になりがちな為です。

そして比較的条件が幅広く植物もある事から、特に経験が浅い初心者の内はそうした種類に目を付けて経験を積んで行くというのが、栽培全般に関するスキルを高める上でも良いと考えられます。何の目的で栽培を行うかも加味して、検討をすると良いと言えます。

こちらの植物を栽培するに当たって注意しなければならない事も参考にどうぞ♪

pixta_ninjin_01

簡単な人参の栽培の仕方について

野菜作りなどの趣味の範囲でも、人参の栽培は簡単に作る事ができます。ベランダなどでのプランター栽培でも作る事ができるのでお...

pixta_kokabu_01

小カブの育て方

カブは煮物、サラダ、漬物など色々な食べ方が出来る野菜であり、煮込む事で甘みが増すため、日本料理には欠かせない食材となって...

pixta_umemodoki

ウメモドキの育て方

ウメモドキは、日本の本州、四国、九州、そして中国原産の落葉低木です。モチノキ科モチノキ属に分類され、生息地は暖帯の山間部...

pixta_sandasonia

サンダーソニアの育て方

サンダーソニアは南アフリカのナタール地方で発見された花で、1851年に発見されたイヌサフラン科の多年生植物として伝えられ...

pixta_kazania

花の栽培を通して喜びを感じる

手作りの物を口にしたり、目の保養をする事ができたら、こんなに素晴らしい事はないと考えている人は多く、実際に実行に移す人の...

pixta_egonoki

エゴノキの育て方

日本全土と中国、朝鮮半島を生息地とするエゴノキは、古くから日本人の生活になじみ深い樹木です。チシャノキやロクロギなどの別...

pixta_himejaga

ヒメシャガの育て方

ヒメシャガはアヤメ科アヤメ属の多年草でシャガよりも小型になります。シャガとよく似ており絶滅危惧植物に指定されている耐寒性...

pixta_benkeisou

ベンケイソウの育て方

ベンケイソウは北半球の温帯や亜熱帯が原産の植物です。ベンケイソウ科の植物の種類は大変多く、またその種類によって育て方は多...

pixta_korizema

コリゼマの育て方

オーストラリア原産の”コリゼマ”。まだ日本に入ってきて間もない植物になります。花の色がとても鮮やかなオレンジ色をしており...

pixta_nantenhagi

ナンテンハギの育て方

ナンテンハギはマメ科でありますが、他のマメ科の植物がツルを使って他の植物に頼ることで立つ植物であるのに対して、そうしたツ...

スポンサーリンク

pixta_toritonia

トリトニアの育て方

トリトニアはアヤメ科トリトニア属の多年草になり、南アフリ...

pixta_turuhananasu

ツルハナナスの育て方

ツルハナナスの名前の由来は、つる性の植物であるために「ツ...

pixta_tamaretasu11

玉レタスの育て方

サラダの食材に欠かせないレタスには幾つかの種類が在ります...

pixta_wata

ワタ(綿)の育て方

その後インドでは、この植物の栽培が盛んになり、それは最近...