植物を栽培する時のコツ

植物を栽培する時のコツ

栽培や植物を育てるにはさまざまなコツがあります。また、栽培や植物の種類によっても育て方が異なってきます。例えばニンニクでは、中央アジアが原産国です。また、18度から20度の温度で育ちます。このように、上手にに育てるためには、気候も大切になります。

ニンニクの育て方

そしてニンニクは、12月から2月と寒い時期には成長が止まってしまいますので、追肥は必要ありません。3月から4月にかけて再び成長がはじまります。成長がはじまると、追肥をしてあげます。ニンニクの植えつけ時期は、9月下旬から10月下旬です。

植え付けを開始する2週間前に、耕しておきます。また、乾燥が激しい時期には、水をたくさんあげるようにします。収穫時期は、5月下旬から6月下旬です。収穫をしたら、広げて乾かすようにします。そして、風通しの良い日陰に吊るして保管するようにします。

というように、ニンニクを育てるためには、さまざまなコツがあります。ただ植えるだけではなく、肥料にもこだわりを持つようにしたり、水をあげる量などにも気をつけて育ててあげるようにします。

こちらの良い植物の選び方と栽培のコツも確認しましょう♪

さつまいもの育て方

次は、さつまいもを育てる時のコツを説明していきます。さつまいもは、ツルがどんどん伸びていってしまうので、広い畑があると最適です。しかし、ツルを手入れしていくという一手間を加えると、狭い所でも育てることが出来ます。

さつまいもは、暑さや害虫などにも強いので、比較的簡単に育てることが出来ます。育てやすいなかにもいくつかのコツがあります。育て方のコツを簡単に記載します。土壌は酸性にして、土壌の養分が多い場合には、肥料を控える。全ての葉が表面にでるように苗を植え付ける。

定期的につる返し作業をする。試し掘りをして、収穫の時期を決める。低温になると腐るので、なるべく天気のいい日で、霜が降りる前に収穫をする。などの育て方のコツがあります。さつまいもは、5月から6月に植え付けをします。そして、収穫は、霜が降りる前の10月下旬ぐらいに収穫をするようにします。

こちらの大きなサツマイモを育て上げるを見て参考にしよう♪

栽培時の注意点など

植え付けをすると、2週間ぐらいでツルが広がってきます。広がってくれたら、定期的につる返しをします。定期的につる返しを行うので、狭い所でもさつまいもを植えることが出来るのです。また、さつまいもは連作をすることが可能です。上記のような理由により、さつまいもを育てる際には注意をして植えます。

このように、にんにくとさつまいもを比較してみても、にんにくを栽培するのは少し手間がかかるため、育て方にも工夫が必要です。さつまいもを育てるときには、さまざまな点に気をつけるだけで、比較的簡単に栽培をすることが出来ます。植物を育てるには、様々なコツがあるので、楽しく栽培をすることが出来ます。

こちらのにんにくの育て方も凄く参考になります♪

SONY DSC

フロックスの育て方

フロックスとは、ハナシノブ科フロックス属の植物の総称で、現時点で67種類が確認されています。この植物はシベリアを生息地と...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガルトニアの育て方

ガルトニアは南アフリカを生息地とする植物で、原産はこの地域になります。ガルトニアはツリガネオモトとも言われる植物で、原産...

pixta_hanatoranoo

ハナトラノオ(カクトラノオ)の育て方

種類としては、シソ目、シソ科に属します。多年草の草花で、草丈としては40センチから高くても1メートルぐらいとされています...

pixta_heriasans

ヘリアンサスの育て方

特徴としてはまずどの種類に属するかがあります。キク科のヘリアンサス属と呼ばれる種類に該当します。ヒマワリ属としても知られ...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

猫が大好きな猫草の育て方

猫が大好きな植物に猫草があります。猫草はペットショップなどでは食べやすい長さに成長したものが販売されていますが、「猫草」...

pixta_urasimasou

ウラシマソウの育て方

ウラシマソウ(浦島草)は、サトイモ科テンナンショウ属の多年草で、日本原産の植物です。苞の中に伸びた付属体の先端部が細く糸...

pixta_nasu_02

植物の育て方で考えるべき要素や種類の選択について

植物の栽培を考える上で考えるべき事は、栽培する植物に合わせた環境を作るという事に尽きると言えます。特に重視したいのは肥料...

pixta_kasumisou

カスミソウの育て方

カスミソウの原産地は地中海沿岸から中央アジア、シベリアなどで、生息地は夏季冷涼なところです。カスミソウの属名ギプソフィラ...

pixta_iceplant

アイスプラントの育て方

元々アイスプラントが日本に取り入れられた理由はこの植物にしかない特徴のためです。その特徴とは塩分、つまりミネラルを吸収す...

pixta_yatorofa

ヤトロファの育て方

特徴としては、被子植物、真正双子葉類に該当します。バラ類、キントラノオ目、トウダイグサ科、ハズ亜科となっています。油の原...

スポンサーリンク

pixta_cattail

キャットテールの育て...

キャットテールは別名をアカリファといい、主にインドが原産...

pixta_kaneshon

カーネーションの育て...

母の日の贈り物の定番として、日本でも広く親しまれているカ...

pixta_newginia

ニューギニア・インパ...

ニューギニア・インパチエンスはツリフネソウ科の常緑多年草...

zukkini_01

ズッキーニの育て方

アメリカ南部付近、メキシコあたりまでが生息地であり原産地...