春の風物詩 チューリップの育て方について

春の風物詩 チューリップの育て方について

桜の花に次いで春の風物詩となる植物がチューリップです。独特のふっくらとした形が特に女性に人気があります。卒業式や入学式など各種セレモニーの際に活用されることも多く、幅広いシーンで活躍している花なのです。

チューリップの育て方

チューリップは海外では特に人気の高い時代もありました。珍しい品種を中心にかつては現在では考えられないほどの高値で取引をされていたのです。こうした珍現象を取り上げた本も現在出版されています。

チューリップは一般的に球根で育てます。秋ごろ球根を入手し、土に埋める訳です。最近ではあらゆる種類のチューリップが出回りますので、好みの一品も選びやすいと言えます。ミックス球根などを選べば花壇をさらに華やかに彩ることも可能でしょう。

植える際には予め土に適量の肥料などを加えておきます。植木鉢の場合でもこうした一手間がやはり良い花を咲かせる育て方のポイントとなる訳です。球根の下方に球根とは直接触れないようにして肥料を仕込みます。

地面に植える場合には球根は地中に植えますが、植木鉢の場合には球根の先端が少し見える程度の位置に植えましょう。標準的には植え付けに適しているのは10月頃です。開花は春になりますが、冬頃までには球根からすでに根が生じて土の中で成長しています。

冬がくると一旦成長はお休みモードになります。ですが、この時期にも春の開花に向けて着々と球根は準備を続けているのです。春になり芽が出てくれば後の成長はスムーズです。この花は気温によって開閉を繰り返します。

こちらのチューリップの育て方の記事も詳細で参考になります♪

チューリップの球根の育て方

チューリップは、植物の中でも栽培方法が簡単であり、家庭の花壇でも広く取り入れられている花なのです。花が終わった後は、球根を育てることも出来ます。出来るだけ大きく球根を成長させるためには途中で子房を切り落とします。

こうすることで、より栄養分が球根にいくようになるのです。その後、葉の部分が黄色く色づき始めたら、そろそろ掘り起こしても良い時期となります。晴れた日が続く時期を見計らって堀り上げることが一つのコツとなるのです。

チューリップの特徴

このような方法で球根を確保しておけば翌年以降も再び花を楽しむことが出来ます。このチューリップは化粧品などの原料に使用されることも時にあるのです。幅広い品種のうち、特定の種類に限ってこういった利用の仕方が可能となります。

チューリップには、球根も含めて一定の毒素が含まれているため、家庭で外用や食用に利用することは時に危険な行為となるのです。このように主に鑑賞に適しているのがチューリップの大きな特徴です。

そうしたメリットを生かして、現在では日本各地で様々なチューリップのイベントが開かれています。各植物公園やフラワーパークなどでもチューリップは催しの大きな目玉となっているのです。

pixta_edamame_03

枝豆の育て方

枝豆は大豆になる前の未成熟な豆のことです。大豆は東アジアが生息地で、自生していた野生のツル豆が中国の東北部で進化したこと...

pixta_ezogiku

エゾギク(アスター)の育て方

中国や朝鮮が原産の”アスター”。和名で「エゾギク(蝦夷菊)」と呼ばれている花になります。半耐寒性一年草で、草の高さは3c...

pixta_fuirigetou

フイリゲットウ(Alpinia sanderae)の育て方

ニューギニアが原産や生息地です。フイリゲットウとはフイリとは斑入りという意味ですが、ゲットウという名前がついていてもゲッ...

pixta_gonzui

ゴンズイの育て方

この植物はミツバウツギ科の植物で、落葉樹でもあり、樹高は3メートルから6メートルぐらいということです。庭木としても見栄え...

pixta_ajiantam

アジアンタムの育て方

アジアンタムはワラビ科の観葉植物ですが、そのほかにも造花やプリザーブドフラワーとしても使用され、フラワーアレンジメントを...

pixta_ajuga

アジュガの育て方

薬草や園芸観賞用の花として、アジュガはヨーロッパ、中央アジア原産で江戸時代に伝来した歴史があります。また、日本でも数種類...

pixta_hanegi

ネギとミツバの栽培方法

ネギは中央アジア原産のユリ科の多年草で、白ネギ(長ネギ)と青ネギ(葉ネギ)・ワケギに大きく分かれており、古くから薬味とし...

pixta_odamaki

オダマキの育て方

この花は、キンポウゲ科オダマキ属で、多年草です。北半球の温帯地方を中心に、生息している花でもあります。この花の歴史は古く...

pixta_himarayayukinosita

ヒマラヤユキノシタの育て方

ヒマラヤユキノシタとは原産がヒマラヤになります。おもにヒマラヤ山脈付近が生息地のため、周辺のパキスタンや中国やチベットな...

pixta_grapefurut

グレープフルーツの育て方

グレープフルーツの生息地は亜熱帯地方になります。ミカン科・ミカン属になり、原産地は西インド諸島になります。グレープフルー...

スポンサーリンク

pixta_turumurasaki

ツルムラサキの育て方

ツルムラサキがどこに自生していたのかというのは、詳しくは...

pixta_suzumenoendou

スズメノエンドウの育...

生息地は日本となっていますが、マメ科のソラマメ属に分類し...

ピラミッドアジサイ(...

ピラミッドアジサイは別名ハイドランジア・_パニュキュラー...

pixta_kariburakoa

カリブラコアの育て方

カリブラコアは南米原産です。1825年にメキシコの植物学...