アークトチスの育て方

アークトチスの育て方

アークトチスはキク科の可愛らしい植物です。とてもかわいらしく可憐な雰囲気のある花ですが、キク科という事もありとても身近に感じるのではないでしょうか。見た目だけだと日本的な感じのする植物です。ただこの植物の場合、原産は海外になります。

育てる環境について

アークトチスの育て方としては日当たりやはり必要になるでしょう。一日を通して日当たりが確保できる場所に置いてあげるようにしたいです。この植物の場合は日当たりが不十分だと成長にも影響がでてきてしまいますので注意しましょう。株が貧弱になってしまいますし、そのせいでお花のできも悪くなってしまいます。

ですから日当たりに気をつけて栽培するようにしましょう。また寒さには強く耐寒性がありますので冬場などは屋外でも大丈夫でしょう。ただ寒冷地などは別ですが、それ以外の場所なら冬場でも寒さに耐える事ができますのでそれほど心配する必要もないでしょう。植物によっては冬場は室内にいれたり日当たりの確保など手間がかかるものもありますが、

アークトチスはそういった事をしなくてもいいので育てる方としても楽なのではないでしょうか。ただ種類によっては寒さに弱い物もありますので、自分が育てている物がどういった性質を持っているのかあらかじめ調べておくといいでしょう。霜がおりたり冷たい風にあたると株にも悪い影響が出ることもあります。

その他、寒さには強いのですが高温多湿にはとても弱いので注意が必要です。特に梅雨時あたりからは弱りやすく場合によっては枯れてしまう事もありますので気をつけた方がいいでしょう。湿度が高い上に夏に向けてどんどん温度も上がっていきます。蒸れたりなどしないように水やりなどでうまく調節してあげるようにしましょう。

種付けや水やり、肥料について

アークトチスは寒さには強い植物ですが、高温多湿にとても弱いのが特徴です。ですからそうした事も頭に置いておく必要があるでしょう。特に水やりはそういった部分に直接影響を与えることもあるため気をつける必要ありそうです。水やりをする際は植物の状態をみながらするようにしましょう。

土の表面をみて判断しますが、表面が乾いているようなら水をあげるといいでしょう。普通の植物の場合はあまりにも乾いていると心配になるのですが、これの場合はそれくらいでもちょうどくらいです。他の植物とくらべて少し乾燥気味なくらいで保つようにしてみましょう。水をあげすぎると蒸れたりして湿度があがってしまいます。

そうすると株にもよくありませんし弱める原因となってしまいますので気をつけましょう。水をあげすぎるとひょろひょろとした茎になってしまいます。また肥料についてですが、それほどたくさんあげる必要もないでしょう。最初に植えつけをする際に少しだけ使いますが、この時にはゆっくりとした効果がある粒状肥料を用いてあげます。

またその後は花を咲かせるくらいの時期に再び肥料を与えますが、粒状肥料ではなく液体肥料を使うようにしましょう。植えつける時にもエネルギーを補ってあげたのですが、花を咲かせる時にもまた必要になりますのでそのタイミングを見計らって肥料を補給してあげます。植物によっては毎週必要になるものもありますが、アークトチスの場合は回数も少なめですのでお世話もしやすいでしょう。

増やし方や害虫について

アークトチスの場合はあまり害虫などもつきませんので育てやすいでしょう。いろいろな害虫がつく植物もありますが、これはそういったことはあまりないようです。害虫がついてしまうと何かと手間もかかりますしお世話も大変ですが、楽に栽培できるのではないでしょうか。また増やし方としては種をまいて育てるというのが基本となっています。

株から分けるという場合もありますが、アークトチスは違います。一般的に秋頃に種をまき、その後春頃には花を咲かせてくれるでしょう。梅雨時が苦手ですのでこうした流れが一番やりやすいのではないでしょうか。ただ地域によっては涼しい場合もあります。そういった地域では春頃に種をまいて夏を過ぎた頃に花を楽しむことも可能になりますので、場所に応じた種まき時期を考えなくてはいけません。

高温多湿が苦手ですので、確実に花を咲かせたければやはり秋頃に種をまいた方が無難でしょう。春に蒔けるのは寒冷地などに限定されます。大丈夫だろうと思って春に蒔いても、梅雨時などに弱ってしまうと枯れたりしてしまいます。水はけのいい土を選び、蒸れたりしないように気を配りましょう。

うまく花をさかせるためには種まきの時期選びも重要です。せっかく芽をだしてもその後の管理ができないようだと花も咲きませんし、元も子もありません。栽培しようとしている地域がどういった場所なのか、温度や湿度なども含めよく考えてからの方がいいでしょう。

アークトチスの歴史

アークトチスはキク科の可愛らしい植物です。とてもかわいらしく可憐な雰囲気のある花ですが、キク科という事もありとても身近に感じるのではないでしょうか。見た目だけだと日本的な感じのする植物です。ただこの植物の場合、原産は海外になります。アークトチスは南アフリカから熱帯アフリカのあたりに広く分布し生息地としていますが、

種類も多く65種類ほどあります。この中でも日本に最初に入ってきたのはグランディスという種ですが、昭和の初期にやってきたといいます。今でも寄せ植えなどに使われており、花の色は白っぽく、中心の辺りが少し青い色をしています。とてもシンプルな形をしていますが、寄せ植えにすると他とのバランスもとりやすく使いやすいでしょう。

またこの他にもアカウリスという種もありますが、こちらはオレンジを基本としたとても色鮮やかな花をつけるので知られています。グランディスと比べると雰囲気などもかなり違うのではないでしょうか。オレンジ以外にもたくさんの色の花がありますので好みに応じて使えるでしょう。

またこの他にもかけ合わせるなどしてたくさんの種類のものがつくられています。日本に最初に伝わったのはシンプルなグランディスですが、今では色とりどりのアークトチスをみる事ができるでしょう。色が選べるので寄せ植えにも使いやすいですし、部屋の雰囲気に合わせたり好みに応じて観賞用としてもいいでしょう。とてもかわいらしい植物です。

アークトチスの特徴

アークトチスは南アフリカから熱帯アフリカに生息している植物です。その種類も65種類と多く、色についてもたくさんのものを見る事ができるでしょう。また外観は50センチから70センチと小さく、素朴で可憐な花を咲かせてくれる植物です。花弁のつき方などはガーベラに少し似ており、花の大きさは約5センチから10センチ程度となっています。

茎自体はそれほど長くのびませんが、スーッと延びた先に一輪の花をつけるのが特徴です。また茎も細く葉っぱは低い場所で放射状についている程度でしょう。全体としては細い茎から一輪の花が咲いていますので、とてもか弱いイメージになるのではないでしょうか。日中には長くのばした茎からたくさんの花を咲かせ、夜になると閉じるといった具合で過ごします。

その他、花が咲くのは春から夏にかけての間で、ギリシア語では「クマの耳」という意味をもっているといいます。この「クマの耳」についてですが、花の形がそれに似ているという訳ではなく、種に生えている毛から連想されたものという話もあります。

基本的には多年草として好まれているのですが、高温多湿に弱いという事もあり一部地域では枯れてしまう事もあるようです。そういう事もあり一年草として扱われることもあるでしょう。色がとてもカラフルな種もありますので園芸用としては人気があるのではないでしょうか。周りの色に合わせたりなどできますので、寄せ植えなどにも使いやすいでしょう。

pixta_maturika

マツリカの育て方

特徴としてどのような分類になるかですが、シソ目、モクセイ科、ソケイ属と呼ばれる中に入るとされます。常緑半蔓性灌木になりま...

pixta_banreiisi

バンレイシの育て方

バンレイシは果実の皮の突起の形が仏教を創設した者の頭に似ているのでシャカトウとも呼ばれているプラントです。ちなみに英語で...

pixta_hinasou

ヒナソウの育て方

ヒナソウは、北アメリカ東部が原産の草花で毎年花を咲かせる小型の多年草です。日本に入ってきたのは昭和時代の後期に園芸植物と...

pixta_murasakigoke

ムラサキサギゴケの育て方

ムラサキサギゴケは、ハエドクソウ科のサギゴケ属になります。和名は、ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)でその他の名前は、サギシバな...

pixta_byakusin

ビャクシンの仲間の育て方

ビャクシンはヒノキ科の常緑高木で、日本の本州から沖縄県で栽培されています。その他の原産地には朝鮮半島や中国などが挙げられ...

pixta_mayumi

マユミの育て方

マユミはニシキギ科に属しますが、ニシキギという名称は、錦のような紅葉の美しさから名づけられたと言われています。秋になると...

pixta_purun

プルーンの育て方

プルーンは、スモモの近縁種であり、水溶性の食物繊維を多く含む果実であり、中心部分には大きな種が入っているのが特徴です。

pixta_okinagusa

オキナグサの育て方

オキナグサはキンポウゲ科に属する多年草です。日本での歴史は、万葉集の随筆から江戸時代中期後期にかけて書かれた書物の中にも...

pixta_apios

アピオスの育て方

アピオスは食材で、北アメリカは北西部が原産地のマメ科のつる性植物で肥大した根茎を食べます。アピオスは芋でありながらマメ科...

pixta_rodansemamu

ローダンセマムの育て方

ローダンセマムの開花時期は春から初夏の間です。一般的な色は、薄く淡いピンク色やホワイトなどがあります。ひまわりのように丸...

スポンサーリンク

pixta_artychoke

アーティチョークの育...

アーティチョークの原産地や生息地は地中海沿岸部や北アフリ...

pixta_sakura11

サクラの育て方

原産地はヒマラヤの近郊ではないかといわれています。現在サ...

pixta_sotetu

ソテツの育て方

この植物に関してはソテツ目の植物になります。裸子植物の種...

pixta_violla

ビオラの育て方

ビオラの生息地は世界中に広がっており、温帯地帯に500種...