カリフォルニア・デージーの育て方

カリフォルニア・デージーの育て方

科名はキク科であり、学名はライアであり、別名にライア・エレガンスという名を持つのがカリフォルニア・デージーであり、その名の通りに生息地としてカリフォルニアが挙げられており、生息地が限定されているため原産地以外では苗での流通量が少ない希少な植物です。

育てる環境について

カリフォルニア・デージーの育て方として、環境がもっとも左右されます。苗での販売が難しいため、タネから育てる必要があり、栽培に適した環境は原産地と同じく、日当たりと風通しが良い場所が適しています。一年草であり、秋蒔きでの環境では耐寒性に強いために春先に花付きが良く、露地栽培でも問題なく育てることが可能です。

冬越しも問題はないものの、高温多湿を苦手とするために水ハケの良い場所での管理が適しています。昼間に花を開かせるために日当たりがもっとも左右され、日陰などの日光不足の環境下でも枯れることなく育つものの、花つきが悪くなりやすいために日当たりの良い場所で育てます。

秋蒔きによる栽培においては茎が長く伸びるため、風の通り道となる環境下では支柱を立てることで茎折れを防ぐことが可能で、密集させた寄せ植えや地植えでは風通りも計算する必要があります。耐寒性があるカリフォルニア・デージーは、冬越しの際に霜除けを基本必要としないのですが、寒地で秋時期に定植した際には霜除けが必要となります。

冬の間も水ハケに配慮し、用土環境としては赤玉土を混ぜ、庭植えでは土に石灰を混ぜて土壌を中和させることで厳しい環境下でも成長を促すことが可能です。花が咲きはじめると次々に開花するため、花がらが落下し、そこに雨が降ることで湿り気を帯びるなど、カビなどの病気を誘発させる要因になるため、花がらはこまめに摘み取り、梅雨時期は水ハケを重視します。さらに株は横に広がるため、株間を適度に開けることで湿度に対応できるため、植え方も重要です。

種付けや水やり、肥料について

カリフォルニア・デージーは、上記でも挙げた通りに苗で出まわることがほとんどない植物でもあるため、タネを蒔いて育てる栽培法が一般的です。種付けは通常であれば9月中旬からの秋口に蒔きますが、寒地での場合には春蒔きによる種付けが適しています。秋口から育てる場合のコツとなるのが、寒気が到来する前に十分に根をまわし、

安定した丈夫な株にしておくことにあり、タネ撒き時期が遅くならないように配慮する必要があります。育苗箱やピートバンにタネを撒きますが、用土は市販の草花用の土を利用し、タネが重ならないように捻り蒔きを行い、覆土は浅くも深くもない2mm程度が最適です。約一週間から二週間程度で発芽し、その後、本葉が2枚から3枚程度に増えた後、

小さめの鉢やポットに植え替え、薄めた液体肥料を与えながら株を育てる方法になります。鉢の中の根付きを確認した後、花壇またはプランターなどに定植しますが、用土は培養土で十分です。水やりでの注意点としては、高温多湿を苦手とすることから水を与え過ぎることにより、根腐れや葉枯れの要因となるため、

表面の土が乾いた頃合いで湿らせる程度で管理するのが適している育て方です。乾燥の目安としては、土だけを観察するのではなく、水分を保持する葉を観察するのも適しており、葉が萎れ気味の際に適度に土へ水を与えます。さらに肥料では花が咲いている時期に液体肥料を与え、開花時期以外では緩効性肥料を根元に与えます。

増やし方や害虫について

ライア・エレガンスとも呼ばれ、希少価値の高い一年草であるために増やし方としては一年草で苗が出まわっていないため、タネ蒔きで増やす方法が適しています。タネ蒔きで増やす場合には、根付きの悪い物に関しては花付きなどの成長や冬越しができないため、根引きすることも重要です。さらに観賞用となる植物にとっては病害虫による被害がネックとなり、予防や対策は必須です。

カリフォルニア・デージーの場合には葉や茎部分にアブラムシがつきやすいため、粒剤ではなく一年草であることから手っ取り早い殺虫剤を散布する方法が適しています。アブラムシを駆除するにはガムテープなどで見つけ次第、粘着駆除する方法も適していますが、茎の成長具合によって駆除時に折れてしまいやすく、スプレーなどの薬剤による駆除が適しています。

カリフォルニア・デージーは、花や葉の部分に独特の香りを持ち、その香りを放つために様々な虫を呼び寄せやすく、寄せ植えなどで二次被害に繋げないためにも定期的な駆除は必要です。さらにアブラムシが発生している場合、同時に共生関係となるアリにも注意が必要で、

植物の汁液を吸い取るアブラムシと共に葉や茎、また根までにダメージを与えてしまいやすく、鉢植えやプランター植えによる新芽時には注意しておきたい害虫です。万が一、大量発生による被害が大きい場合には、カリフォルニア・デージーは切り花として利用可能ですので、茎や根に被害が出ても楽しめる植物でもあります。

カリフォルニア・デージーの歴史

科名はキク科であり、学名はライアであり、別名にライア・エレガンスという名を持つのがカリフォルニア・デージーであり、その名の通りに生息地としてカリフォルニアが挙げられており、生息地が限定されているため原産地以外では苗での流通量が少ない希少な植物です。デージー同様のキク科であり、昼に開花した後、日の暮れと同時に就眠花するために昼の目が語源です。

カリフォルニア・デージーは古来は弁数の多さから、恋占いの花としても利用されていた歴史が残されており、ライア・エレガンスとして神秘性の高い名で親しまれています。さらに茎や葉には独特なニオイがあることから薬草としての活用法をはじめ、花部分はポプリとしての利用が古来から受け継がれています。

原産地では、庭植えや鉢植えとして古くから栽培されてきたものの、栽培環境に柔軟に対応できないために花付きが乏しく、そのため、世界各国に普及するには長い月日を要しています。流通期となる4月の春時期と11月からの冬時期を除き、希少な花の栽培方法を研究し、現在ではライア・エレガンスやプラティグロッサという原種で販売されるなど、

栽培と流通に歴史的変遷が挙げられています。カリフォルニア・デージーはその芳醇な香りから切り花として花づみを行い、乾燥させてポプリやシオリとして加工を行い、上流階級への方々の流通物資として有効利用されてきた歴史もあり、一年草で繁殖率の低さをカバーする目的でこうした栽培が行われてきた特徴も持ちあわせています。

カリフォルニア・デージーの特徴

原産地は名前の通りにカリフォルニアであり、花期は5月から6月の春蒔き一年草と、9月から11月の秋蒔き一年草であるのが特徴です。鉢植えや地植えで楽しむことが可能で、花は2色に咲き分ける小さめの花弁であり、中心部分は鮮やかなイエローカラーですが、花弁はホワイトカラーでフチ取られているのが特徴的であり、切れ込みの多い葉は独特の香りを放ちます。

ですが稀に2色のフチ取りの花を付けるのではなく、イエローカラーやオレンジカラーの単色で花を付ける場合も報告されている特徴を持った植物でもあります。カリフォルニア・デージーはキク科であるために、痩せた地でも育つ比較的丈夫な植物であり、基本は秋蒔きで育てますが、春蒔きを可能とするのもこの植物の特徴です。

春蒔きでは背丈に違いがあり、秋蒔き時の背丈が約70cmから100cm程度であるのに比べ、約40cmから60cmと低く、切り花としての栽培に適しています。花径は約5cm程度であり、次々に花を付け、耐寒性では寒さに強いのが魅力の1つで、0度以下の環境にも耐えることができるまでに品種改良されています。

現在、国内への苗での流通がほとんどないためにタネからの栽培となるのが特徴的で、その結果、管理方法もまだまだ模索中でもある一年草です。ですが、自生しやすいタネの普及により、比較的手入れが行いやすく、タネも入に入れやすい魅力も持ち合わせており、ガーデニング向けとして人気を集めている品種です。

pixta_kinrobai

キンロバイの育て方

キンロバイの科名は、バラ科 / 属名は、キジムシロ属(キンロバイ属 Pentaphylloides)です。キンロバイは漢...

pixta_ominaesi

オミナエシの育て方

オミナエシは多年草で無病息災を願って食べる秋の七草の一つです。原産や生息地は日本を始めとした東アジア一帯です。草丈は20...

pixta_nioihiba

ニオイヒバの育て方

ニオイヒバはヒノキ科 の ネズコ属に属する樹木です。原産国は北アメリカで、カナダの生息地です。日本では「香りがあるヒバ」...

pixta_kyuuri

きゅうりの育て方を学びましょう。

今回はきゅうりの育て方について説明していきます。ウリ科であるきゅうりは水分を多く含み、それでいて水はけの良い土壌を好みま...

pixta_yamabudou

ヤマブドウの育て方

ヤマブドウは低木落葉樹です。日本では、古くからエビカズラと呼ばれてきました。古くから存在している日本原産のブドウです。日...

pixta_mikania

ミカニアの育て方

こちらについては比較的身近な花と同じ種類になっています。キク科でミカニア属と呼ばれる属名になります。育てられるときの園芸...

pixta_islandpopi

アイスランドポピーの育て方

ポピーというケシ科はなんと26属250種も分布しており、ケシ科ケシ属でも60種の仲間が存在します。ケシ科は麻薬成分モルヒ...

pixta_mitubasimotukesou

ミツバシモツケソウの育て方

ミツバシモツケソウは北アメリカ南東部原産の宿根草です。高地の広い範囲を生息地とし、アメリカ合衆国では野山を中心に自生して...

pixta_aramanda

アラマンダの育て方

アラマンダはキョウチクトウ科 Apocynaceaeのアリアケカズラ属 Allamanda Linn. の植物です。原産...

pixta_koyoba

コヨバ(エバーフレッシュ)の育て方

マメ科コヨバ属の植物である、コヨバ(エバーフレッシュ)は日本においては、原産地である南アメリカのボリビアから沖縄の生産者...

スポンサーリンク

pixta_himawari_01

ひまわりの育て方

ひまわりはきく科に属し、日輪草(ニチリンソウ)や日車(ヒ...

pixta_ariakesumire

アリアケスミレの育て...

アリアケスミレは日本原産の本州から四国、九州に自生するス...

pixta_daikon_01

大根の栽培方法を教え...

日本人の食卓に欠かせない大根は、酢漬けや煮物などで美味し...

pixta_cassava

キャッサバ(マニホッ...

キャッサバ(マニホット)はブラジル南部からパラグアイの辺...