ヘリアンサスの育て方

ヘリアンサスの育て方

特徴としてはまずどの種類に属するかがあります。キク科のヘリアンサス属と呼ばれる種類に該当します。ヒマワリ属としても知られています。見た目からしてひまわりの印象が非常に強い花になります。

育てる環境について

栽培をするのに育て方としてどのような環境を用意するかです。生息地は日本においては全国に広がりつつある花と知られています。繁殖力が強いため、河川敷や草地にどんどん広がっているとされています。あまりに広がりすぎて他の花を駆逐してしまうのではないかとの器具がされるほどです。そう考えると今のところ日本においてはどのように育てないといけないか、

場所などはあまり意識する必要はないかもしれません。これだけしぶとい花ですから、耐寒性、耐暑性、ともにあるとされています。日本は厳しい暑さの夏、寒さの冬がありますがそれでも負けずに花を咲かせたり根を残したりします。一応イチから育てて増やそうとするときにどのような環境を用意すればいいか参考に知っておくのがいいかもしれません。

日当たりと水はけの良い土地を探せばそれなりに育っていくとされています。もっと言えば土さえあれば良いかもしれません。荒れているところなどでも強く咲いているタイプもあります。ただしあまり増えないところもあります。日陰はあまり好まないようで、建物の陰になるようなところでは育ちにくくなります。

また河川敷でもあまり水に近くなると咲くのが難しくなります。土手のあたりまで来ると湿気も少なくなりますから、このような場合においてはある程度育てることができます。庭においてもまずは日当たりが取れるかどうかを確かめます。その上で湿度が高すぎないかを見れば育てられるかがわかります。

種付けや水やり、肥料について

育てるために土をどのようにしたらよいかですが、日当たりが良くて水はけがそれなりに整っているのであれば問題なく育てられることが出来るとされます。地植えにすることが多くなりそうですが、特に新たに土を用意する必要はないかもしれません。植木鉢で少しずつ育てようとするときには多少意識をして土を用意します。

赤玉土と腐葉土を入れると良いとされますが、腐葉土でなくても庭の土などを使っても育てれられる場合があります。市販されている草花用の培養土などを使うこともありますが、こちらも庭の土などと混ぜて使うようにすればいいでしょう。植え付けをするにあたっては3月から4月ぐらいに行います。

これによってその夏から秋にかけて花をつけるようになってくれます。花が終わったあとの10月から11月において株分けをする場合があります。この時を利用して苗を植えるようにすることがあります。庭植えをするときには間をしっかりとあけるようにします。そうしないと大きく育ち増えていくことがあります。

植木鉢において育てるときにはいつでも植えることができます。株が増えてきたときどのようにするかの対策も考えておく必要があります。自然においてはどんどん増えているのが問題になるくらいなので、こちらもある程度それを考えておく必要があります。これ以上増やさないとするのであれば一定期間ごとに間引きなどをする必要もあります。きれいですが、こればかりでも困ります。

増やし方や害虫について

増やし方としては、庭に植えていれば自然に増えていくことがあります。ですから間をあけてうえるようにすればいつの間にかその間が埋まることがあります。意識的にどんどん増やしたいなら株分けを行います。植え付けなどをする春や秋などの時期に行うと調度良いとされています。種を利用して増やそうとするときは時間がかかることがあります。

でも花を育てる楽しみとしては種から増やしたいこともあるでしょう。種が実ったものを残しておき、春先にまくようにします。面白いところとしては、個体差が出ることです。花の色の濃淡に違いが出ることがあり、それが良いのか、悪いのかはそれぞれの人によって違うでしょう。同じ色で統一したいなら株分けをした方がいいでしょうし、

幾つもの濃淡を楽しみたいなら種から増やすことも考えるようにしてみます。病気や害虫に関してはほとんどない、それらに対しては強さがあるとされています。ですからあまり気にすることはありません。水のやり方においてもあまり気にすることがありません。自然においても増えるくらいなので自然の雨で十分育てることができます。

庭植えならある程度水分が保持されているので、与える必要はなさそうです。植木鉢においては全く雨が降らない状態が続くと水分が抜けてしまうことがあります。そうなるとさすがに枯れてしまいますからあまり乾いているようであれば水を与えることを忘れないようにします。肥料に関しても特に必要ありません。

ヘリアンサスの歴史

季節によって似合う花、その季節を印象づける花があるかもしれません。春といえばなんといっても花見をするのにサクラを楽しむことがあるでしょう。ピンク色の花がより春らしく感じることがあります。では夏になるとどのような花があるでしょう。まずは朝顔などのような涼しげな花を連想することがあります。

一方夏の激しい暑さにおいてその暑さに負けないように光り続ける花も楽しませてくれます。その代表としてひまわりがあるでしょう。このひまわりに非常に似ている花としてヘリアンサスがあります。似ているのは当たり前で同じ属になりますから種類としてはひまわりと同じになります。

別の名前においては宿根ひまわりと言われたりキクイモと言われることがあります。原産としては南北のアメリカとされています。日本においてはいつ頃渡来してきたかですが、江戸時代末期においてやってきたとされています。その時の目的としては飼料用の作物として入ってきたそうです。こちらについては花が非常にきれいですが、

キクイモと言われるとおりに根の部分に芋のようになっていてそれを食べることができます。第二次大戦中においては食糧難からこちらがかなり栽培されるようになったようです。その後食糧難が解消された後においてもこの花が残ってその後野生化して今もいろいろな頃で見かけることが出来るようになっています。いろいろな名前を持っているので、地方によって呼び名が異なるかもしれません。

ヘリアンサスの特徴

特徴としてはまずどの種類に属するかがあります。キク科のヘリアンサス属と呼ばれる種類に該当します。ヒマワリ属としても知られています。見た目からしてひまわりの印象が非常に強い花になります。ひまわりの仲間で、他の名称においてもなになにひまわりなどと名付けられることが多い花になります。こちらにおいては多年草になっていますから、

毎年花を咲かせることができます。この部分についてはひまわりとは少し異なるかもしれません。花については、草丈が1.5メートルぐらいですが、背が高いものになると3メートルぐらいまで成長することもあります。非常に高くなる花です。キク科、ひまわりの仲間とのことで、基本的には花の色は黄色です。花がさくのは真夏に咲くこともありますが、

どちらかと言えば夏が終わった後がメインになってくることもあります。どことなくコスモスに似ていることもあり、場合によってはコスモスと共演をするような場面も見られるかもしれません。10月末に地中に根茎を作るとされ、これが芋のようになります。これ自体は食べることができ、資料として使われたり、

食料として使われる事もあったようです。茎や葉の特徴としては小さな刺がついています。触って痛みを感じるようなものではないですが、普通の花などを触った感触とは異なりますから少し気をつけたほうが良いかもしれません。花が似ているものとしてキクイモモドキと言われるものがあり、それとは種類なども異なります。

pixta_mimikakigusa

ミミカキグサの仲間の育て方

ミミカキグサは控えめな花を咲かせる植物で色々なこの植物にしか無い特徴があることで有名です。そんなミミカキグサの仲間の原産...

pixta_noasagao

ノアサガオの育て方

ノアサガオなどの朝顔の原産地や生息地はアメリカ大陸で、ヒマラヤやネパール、東南アジアや中国南部という説もあります。日本に...

pixta_himarayasugi

ヒマラヤスギの仲間の育て方

ヒマラヤスギはヒンドゥー教では、古来から聖なる樹として崇拝の対象とされてきました。ヒマラヤスギの集まる森のことをDaru...

pixta_sterunbergia

ステルンベルギアの育て方

ステルンベルギアの名前の由来は19世紀に活躍したオーストラリアの植物学者であるシュテルンベルク氏に因んだものです。他にも...

pixta_seiyoumurasak

セイヨウムラサキの育て方

セイヨウムラサキの特徴について書いていきます。日本を本来の生息地とするムラサキと比較してみると、茎に特徴があります。茎が...

pixta_hasikanboku

ハシカンボクの育て方

ハシカンボクは日本が原産とされる植物です。漢字で書くと波志干木となりますが、その名前の由来はわかっていません。また別名を...

pixta_hirayamahanisakkuru

ヒマラヤ・ハニーサックルの育て方

ヒマラヤ・ハニーサックルは、スイカズラ科スイカズラ属の植物です。落葉性の低木です。原産はヒマラヤ山脈で、中国西部からチベ...

pixta_iigiri

イイギリの育て方

イイギリは日本原産の落葉高木です。昔から人々に親しまれてきた木ですが、それはイイギリという名称からもわかります。別名とし...

pixta_rubabu111

ルバーブの育て方

ルバーブはタデ科カラダイオウ属に分類されている、シベリア南部が原産のハーブです。ボルガ河の辺りは、野生種の生息地でもあり...

pixta_nasutachiumu

ナスタチュームの育て方

黄色やオレンジの大きな花をつぎつぎと咲かせるため、ハーブの利用だけでなく観賞用としても人気のナスタチューム(ナスタチウム...

スポンサーリンク

pixta_bdou

ブドウの育て方

ブドウはブドウ科ブドウ属に分類し、種類はヨーロッパブドウ...

pixta_sennitikobou

アルテルナンテラ‘千...

園芸店や生花店などでは千日小坊という常緑多年草が売られて...

pixta_natamame

なたまめの育て方

中国では古くから漢方と用いられてきました。中国の歴史的な...

pixta_satoukibi

サトウキビの育て方

サトウキビはイネ科の多年草で、東南アジアや、インド、ニュ...