アスパラガスとスイゼンジナの栽培方法

アスパラガスとスイゼンジナの栽培方法

まずはアスパラガスの育て方を説明します。保健野菜で有名なアスパラガスには、缶詰用のホワイトと生食用のグリーンとの二種類が有ります。家庭菜園では、ビタミンAやCが多いグリーンアスパラガスの栽培が楽で良いです。

アスパラガスの育て方

深根性で根1メートル以上にもなる為に、耕土が軟らかく深い土地で排水の良い所の種まきが適しています。また、腐植物を好むので、前年よりも多量の堆肥を計画的に土の中に入れておくようにします。下準備としては、種まき3週間前に苦土石炭300グラムと、

2週間前に完熟堆肥15キログラムと、マグアンプK4キログラムを土とよく混ぜておきます。1日前には有機液肥を散布しておきます。種まきの際には種は砂ずりして30℃ぐらいの温湯に浸けたものを、60センチ間隔で1箇所にうき3~4粒を点まきにします。

2センチくらいの覆土の上にピートモスをまき、その上から灌水します。発芽まで約4週間かかるので乾燥に注意する必要もあります。苗は細かく小さなものなので、雑草に紛れないように除草をよくして、2週間に1度は追肥を施します。1年間育てると、苗として他へ移植出来ます。

2年目からは、霜が降りるまでに、草丈が1メートルくらいになるように何度も液肥を施し、以後晩秋には茎葉を刈り取り焼却して、春先に堆肥10キログラムとマグアンプK2キログラムを施します。これで収穫は3年目から可能となります。

スイゼンジナの栽培方法

次に、夏の端堺期野菜であるスイゼンジナの栽培方法について説明します。スイゼンジナは熱帯アジア原産の多年生野菜で、霜に会うと寒害を受けて冬季には地上部は枯れてしまいます。草丈は30~60センチで、茎は高温になるに連れて盛んに分岐成長するので、夏の端境期野菜として注目されています。

葉の表面は緑色で裏面は紫色をしており、爽やかな香りがあり、生のまま刺身のつまみにしたり、おひたしや汁の実・吸いものや和え物などにして食べます。結実しない為に種は出来ないので、株分けもしくはさし芽で増やします。

株分けは3月上旬~下旬頃、親株から3~4芽付けて切り離し、30センチ間隔に植え付けます。さし芽は5~9月に芽先を5~6センチに切り取り、下葉2枚程度を落とします。上の葉も半分に切り詰め、葉面積を減らしたものをさし芽床に10センチ間隔でさします。

スイゼンジナの栽培時の注意点

さし芽床は、深さ10センチくらいの箱にピートモスとパーライトを半々に入れたものを使用します。畑の場合は、苗植え3週間前に苦土石灰、2週間前に堆肥、ミミズ糞粒、油粕、鶏糞などの元肥を施し、30センチ間隔に定植します。

苗が根付くまでは乾かさないように灌水し、夏は株間に堆肥類を敷き込んで乾燥を防ぎます。有機堆肥は7日に1度施し、時々灌水もします。冬は株を屋内に入れて凍らせないようにします。なお、収穫は随時可能です。

野菜の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:金時草の育て方
タイトル:アスパラガス(観葉植物)の育て方

pixta_torukogikyou11

トルコギキョウの育て方

長野県は、世界に冠たるトルコギキョウの生産地です。そしてここは、日本で初めてトルコギキョウが栽培された土地でもあります。...

pixta_yamashakuyaku

ヤマシャクヤクの育て方

ヤマシャクヤクは、ボタン科、ボタン属になります。ボタン、シャクヤク、ユリといいますとどれも女性に例えられる事がある花です...

pixta_rakkasei

ラッカセイの育て方

ラッカセイは、マメ科になります。和名は、ラッカセイ(落花生)、その他の名前は、ピーナッツと呼ばれています。ラッカセイは植...

pixta_ichigo_01

イチゴの育て方

イチゴは比較的古くから人間に食されていた果物です。その歴史は石器時代にさかのぼります。農耕技術や養殖などを行う前から野生...

pixta_mokubyakkou

モクビャッコウの育て方

日本では、神の島「久高島」の浜辺に群生していることで知られています。また日本では古くから南西諸島や硫黄島などに自生が見ら...

pixta_katanake

カタナンケの育て方

カタナンケの草丈は約40㎝ほどになります。寒さに弱い性質を持っている為、冬の時期は霜よけをしてあげる必要があります。また...

pixta_marimo

マリモの育て方

また日本以外はどうかというと、球体のものは、アイスランドのミーヴァトン湖やエストニアのオイツ湖などで確認をされているとい...

pixta_fozagira

フォザギラ・マヨールの育て方

フォザギラ・マヨールは北アメリカ東部原産の落葉低木です。北アメリカに自生し、山地や森林などを生息地としています。学名はF...

pixta_benibana

ベニバナの育て方

ベニバナに関しては見ると何の種類か想像しやすい花かも知れません。見た目には小さい菊のように見えます。実際にキクの仲間にな...

pixta_katura

カツラの育て方

カツラは日本特産の植物で大昔である太古第3紀の頃から存在します。日本とアメリカに多く繁茂していましたが、次第にアメリカに...

スポンサーリンク

pixta_kara

カラーの育て方

観葉植物カラーは南アフリカが原産で、8種ほどの自生種の確...

pixta_iwagibousi

イワギボウシの育て方

名の由来として、日本の昔の木造の付ける欄干や橋寺社などの...

pixta_siso11

シソの栽培と育て方プ...

日本人の好むシソは香草であり、料理の添え物や天ぷら、薬味...

pixta_noasagao

ノアサガオの育て方

ノアサガオなどの朝顔の原産地や生息地はアメリカ大陸で、ヒ...