コクタンの育て方

コクタンの育て方

コクタンは、カキノキ科カキノキ属の常緑葉樹ということですが、柿の木自体も非常に硬い木ですので、同じような特徴を持っているということになります。原産地はインドネシアを中心とした東南アジアで、アフリカでも一部で生息しています。今でも生息地としては、そのような地域ということになります。

育てる環境について

コクタンは、カキノキ科カキノキ属の常緑葉樹ということですが、柿の木自体も非常に硬い木ですので、同じような特徴を持っているということになります。原産地はインドネシアを中心とした東南アジアで、アフリカでも一部で生息しています。今でも生息地としては、そのような地域ということになります。性質としては、

非常に重い材質で、あまりにも硬いので加工も困難ですが、その分耐久性に優れているので耐久財として利用されてきたということになります。加工品としては、古代のエジプトのファラオが利用していたものでは、玉座、寝台、椅子、腰掛、櫃、テーブル、化粧箱など様々なものが見つかっているようです。

今の社会でも床柱や框、和机などや飾棚、仏壇、茶だんす、細工物、美術工芸品、楽器などきりがないほどです。またガーデニングなどで楽しむということでは苗木から育てますが、これは全国的にも手に入りやすいので、チャレンジするのにも簡単に始められます。そのような歴史と文化の中で、昔から親しまれた植物ですので、それらの歴史を感じながら、これが黒檀か、

という感じで育ててみるのも面白いということになりますが、成長が遅い木ですので、伸びすぎて困るということがないのも良い所ですし、花も白い花が咲きますが、そのことを知らない人もいるくらいです。主にガーデニングの観賞用としては、緑を楽しむ植物ということになります。また今までの伝統的、文化的なイメージのステータスを楽しむ植物ということもいえるかもしれません。

種付けや水やり、肥料について

また黒檀は家の柱が有名ですが、そこまで育てるのには日本では200年ぐらいかかるのではないかとも言われていて、そのことも面白いですが、柱や家具として利用しようという夢は、子孫に残すということになりそうです。しかしそれも面白いのではないかということですが、そのような長生きの植物をガーデニングとして楽しむということでも、ガーデニング自体を長く楽しめるような気もして、ロマンチックな感じも受けられます。

ガーデニングというと1年草や多年草ですが、さすがに数百年楽しむこともないですから、その点でも毛色が変わっていて面白いということになります。このように歴史を楽しむことができる植物ですが、そのような植物もなかなかないのではないかということです。この植物の花ですが、白いというかクリーム色で、丸っこくて可愛い感じのする花です。

日本人にも案外好まれる花ではないかという感じですが、集団で咲いているという感じの花ですので、咲くぐらい育てば花も楽しむことができるということになります。これが黒檀の花かという感じのかわいい花になります。また好みにもよりますが、多くの人には良い印象をあたえる白い花ではないかという感じです。

ガーデニングでは、やはり成長が遅い木なので、育てるのには良いということで、植える人が多いということでした。そのように緑もですが、花も楽しむことができるということですので、庭の装飾にも良い植物ということが言えます。育て方ということでも、ゆっくり育てられるということですので、そのことも初心者向きかもしれません。

増やし方や害虫について

育て方ということでの環境としては、耐寒性がありますし、耐病性も強く、害虫がつきにくいということで、初心者にも育てやすいということになります。日陰に強いということも、育てるのには長所ということになります。またやせ地に強いということもありますし、成長が遅いので剪定などで苦労しなくても良いということも長所です。

また鉢植えや盆栽で育てている人たちも多いので、そのような育て方ができるということで、庭が狭いお宅やマンションなどでのベランダなどのガーデニングでも楽しめます。また成長が遅いということでも緑を楽しむということでも良い植物ではないかという感じもします。

また苗木なども、手頃な値段で安く手に入るので観賞用として鉢植えなどで育てるのにも良いです。また原産地を見てもわかりますが、熱帯性の植物ですので、日本の場合には、冬がきつい地域もありますので、地植えだと関東以西でのガーデニングに適しているということになります。それ以外の地域では冬に温かいところに移動できるような育て方をするのが良いということです。

鉢植えなどです。また関東以西の場合では越冬も可能ということです。また手間がかからない植物で害虫もほとんどつきませんし、熱帯では大木に育ちますが、日本ではせいぜい2メートルぐらいということですので、初心者向きの植物ということになります。越冬ができる地域の場合には、植えてみると楽しめるのではないかという植物です。

コクタンの歴史

植物の中では、昔から木材は人間が生きていくために欠かせない材料でしたが、それは今でも変わっていません。日常生活を送るのには木材がないと非常に不便になります。特に日本のような木の文化の国では、木材はいろいろな用途に使われています。例えば家を建てるのにも、木材は重要で、基礎的な材料もそうですが、装飾などでも、

木材がないと魅力に欠ける家になりますし、癒やしが欠けているという感じもします。その他家具でもそうですが、生活必需品でも木材が使われています。またガーデニングなどでも、庭に木がないと、花だけでは何かが足りないという感じになりますし、ベランダなどでの植物の栽培でも木があると落ち着きます。

また室内の観葉植物でも木が多く使われています。そのように人間の社会では、今でも木が必需品ですが、その場合にどの木でも良いということでもありません。昔から使われてきた伝統的な木が人気があります。それは、それらの昔から使われてきた材料は、利用した時に色々な好印象を与えてきたからで、それが今でも変わっていない材料は、

今でも人気が高いということになります。有名なところではコクタンなどがあります。コクタンは、漢字では黒檀と書きますが、この言葉の通り黒い木ですが、昔からとても利用価値が高い素材でした。その理由は硬いからで、非常に硬い木なので耐久性が高かったということで、長い間使うことができたということがあります。利用価値がとても高い植物ということです。

コクタンの特徴

その他の特徴としては黒いということですが、使えば使うほど黒光りがして、独特な美しさがあるということも理由のひとつです。歴史的な利用ということでは、ピラミットの副葬品も黒檀のものがあり、日本の正倉院の宝物でも黒檀のものがありました。世界中でも色々な使われ方をしていて、挙げればきりがないほどです。

また加工職人が磨き上げると、とても植物とは思えないほどの光沢を生み出し、また金属のような硬さもあるので、その点でも利用価値が高くなります。日本では家具などにも利用されていて、非常に高価な家具もあります。また耐久性があり長持ちをするということで、例えば仏壇などでも高級品に使われたりしますし、身近なところでは、

箸なども黒檀のものは色あせもせず、長持ちであり使えば使うほど美しくなるので、高価な製品としても利用されています。またこの黒光りする理由は、植物に含まれる成分のうち脂分が含まれているので独特の光沢があります。また木は水に浮きますが、この植物は水の中でも沈むという面白い木でもあります。

また漢方薬としても使われているということで、色々な使われ方をしている貴重な材料ということになります。そのような植物ですが、最近は日本でも手に入れることが困難になっている材料ということでした。しかしガーデニングなどでは育てることができるので、木としても面白いのではないかということになります。そのような歴史と特徴がある植物ということになります。

pixta_momobagikyou

モモバギキョウの育て方

この花の特徴としては、キキョウ科、ホタルブクロ属となっています。園芸においては山野草、草花としての利用が多くなります。形...

pixta_erinjium

エリンジウムの育て方

エリンジウムはセリ科のヒゴタイサイコ属の植物です。同じヒゴタイサイコ属の植物にはE.maritimum やオオバコエンド...

pixta_tougan

トウガン(ミニトウガン)の育て方

トウガンは漢字で書くと冬瓜と書きますが、冬の瓜と言う事からも旬が冬のように感じる人も多いものです。しかし、冬瓜と書く理由...

pixta_minikabotya

ミニカボチャの育て方

ミニカボチャをはじめとするカボチャの原産地は、インド地方やナイル川の沿岸地域、南米大陸北部のペルー、アンゴラなど様々な学...

pixta_benibanatumekusa

ベニバナツメクサの育て方

ベニバナツメクサの一番の特徴は、鮮やかな赤色の花です。成長すると茎はまっすぐに伸び、赤い小さな花がまっすぐな茎の先に、円...

pixta_sikimi

シキミの育て方

シキミはシキビ、ハナノキ、コウノキなどとも呼ばれる常緑の小喬木です。以前はモクレン科でしたが、現在ではシキミ科という独立...

pixta_mokuren

モクレンの育て方

中国南西部が原産地である”モクレン”。日本が原産地だと思っている人も多くいますが実は中国が原産地になります。また中国や日...

pixta_himeyuzuriha

ひめゆずりはの育て方

この植物は被子植物で真正双子葉類となります。その中でもコア真正双子葉類にも該当します。ユキノシタ目、ユズリハ科、ユズリハ...

pixta_fukujusou

フクジュソウの育て方

雪に覆われたり、冬の間は殺風景な庭に、どんな花よりも早く顔を出して春の訪れを知らせてくれる、それがフクジュソウです。フク...

pixta_flkuraea

フルクラエアの育て方

フルクラエアはリュウゼツラン科の植物で原産地は熱帯や亜熱帯地方の乾燥地帯なので日本には自生していません。またこの品種には...

スポンサーリンク

pixta_okinawasuzumeuri

オキナワスズメウリの...

この植物は被子植物に該当します。バラ類、真正バラ類のウリ...

pixta_benisarasadoudan

ベニサラサドウダンの...

ベニサラサドウダの大きさは、2メートルから大きいもので5...

pixta_yorugao

ヨルガオの育て方

ヨルガオというものは朝顔の仲間でもあるもので、熱帯アメリ...

pixta_yamahotarubukuro

ヤマホタルブクロの育...

キキョウ目キキョウ科キキョウ亜科ホタルブクロ属の植物で、...