部屋の中でも簡単に栽培することが出来る観葉植物

部屋の中でも簡単に栽培することが出来る観葉植物

都市部の生活というのは公共交通機関が発達していたり、様々なお店が立ち並んでいたりと地方と比べてずっと快適だと感じている人が大半でしょう。確かに一般的には都市部の方が過ごしやすいと思われますが、都市部には都市部ならではの生活の悩みというものがあります。そんな悩みの一つが都市部ならではの住宅の問題です。

育て方が簡単な観葉植物

地方と比べるとどうしても都市部の住宅は狭いのが一般的であり、庭付きの住宅に住んでいるという人はそれほど多くはありません。一軒家とは違い、集合住宅ともなると気軽にペットを飼うようなことも簡単ではありません。それでも何とかして部屋に潤いが欲しいという時にありがたい存在なのが観葉植物です。

殺風景な部屋でも何か植物があるというだけで部屋の雰囲気ががらって変化します。何かを育てるというのも生活にメリハリが生まれることにもなるでしょう。しかし、いくらペットなんかよりはずっと育て方が簡単だとは言えど全くの初心者にとっては不安になることもあるでしょう。

こちらの部屋をいろどる観葉植物が参考になります♪

観葉植物の特徴

毎日規則正しい生活が出来ている人ならともかく、生活が不規則な場合は植物の管理も出来ないのではと不安になるのは当然のことです。ですが、観葉植物の中には初心者でも簡単に栽培することが出来るものも数多く存在しているのです。オリヅルランは初心者にも人気ですが、その理由は寒さに強いのとある程度暗くても育つということです。

都市部に住んでいると必ずしも日当たりの良い部屋とは限りませんし、留守の間はカーテンなどで部屋の中を暗くしてしまうということも多いでしょう。オリヅルランはむしろ直射日光が苦手なので、そういった環境でも栽培することが出来るのが人気の理由となっています。

こちらのマンションやアパートでの植物栽培参考にして下さい♪

初心者にオススメな観葉植物

アイビーなども初心者にとても向いている観葉植物です。アイビーが初心者に向いている理由は、寒さにとても強いので温度管理の心配をしなくても良いというところです。日本は寒暖差が激しいので寒さに弱いものはどうしても育て方が難しくなってしまうのですが、アイビーは寒さに強くてどんどん増えるので初心者にも人気となっているのです。

こちらのアイビーの育て方についてを見て下さい♪

南国テイストで育てやすいセロームも初心者におすすめの観葉植物です。見た目からはどうしても寒さに弱いのではと心配になりますが、意外と寒さにも強いので安心して育てることが出来ます。また、セロームは乾燥に強いというのも重要なポイントの一つです。

忙しくてついつい水やりを忘れてしまうということがありますが、そういった場合でもセロームは大きな問題はありません。部屋の中に土があると虫などが心配という方もいるかと思いますが、観葉植物の中には水だけで栽培可能なものも多いのでそういった植物を選んでも良いかもしれません。

観葉植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:キフゲットウの育て方

pixta_shuukaku

我が家で行っている家庭菜園のコツを紹介します

我が家では、猫の額ほどの庭ではありますが、自分たちの食べるものは自分たちで出来るだけ作ろうというモットーで家庭菜園を営ん...

pixta_dikkia

ディッキアの育て方

まだまだ我々日本人にとって馴染み深いとは言えない植物、ディッキア。数多くの種を保有する植物群のなかでも、かなり特徴的な形...

pixta_porishasu

ポリシャスの育て方

特徴としてはまずはウコギ科になります。その中のタイワンモミジ属になります。原産地、生息地においては2メートルから8メート...

pixta_urasimasou

ウラシマソウの育て方

ウラシマソウ(浦島草)は、サトイモ科テンナンショウ属の多年草で、日本原産の植物です。苞の中に伸びた付属体の先端部が細く糸...

pixta_iresine

イレシネの育て方

イレシネは、熱帯アメリカやオーストラリア、ブラジル南部、エクアドルなどを中心に温帯地方に約40~70種類ほど自生している...

pixta_indogomunoki

インドゴムノキ(Ficus elastica)の育て方

日本でも一部の温暖な地域では戸外で育ちますが、寒冷地では鉢植えで育てます。ミニサイズの鉢から大型のものまで、様々な趣のあ...

pixta_himeyuzuriha

ひめゆずりはの育て方

この植物は被子植物で真正双子葉類となります。その中でもコア真正双子葉類にも該当します。ユキノシタ目、ユズリハ科、ユズリハ...

pixta_ingen_01

さやいんげんの育て方

中南米が最初の生息地であり、中央アメリカが原産といわれています。16世紀末にコロンブスが新大陸を発見した時に、さやいんげ...

pixta_shungiku_01

シュンギクの育て方

キク科シュンギク属に分類されるシュンギクは、20cmから60cmの草丈となる一年草植物であり、春には花径3cmから4cm...

pixta_ajisai

アジサイの育て方

アジサイは日本原産のアジサイ科の花のことをいいます。その名前の由来は「藍色が集まった」を意味している「集真藍」によるもの...

スポンサーリンク

pixta_monsutera

モンステラ(Mons...

モンステラはサトイモ科に属するつる性の植物です。アメリカ...

pixta_misebaya

ミセバヤの育て方

特徴として、バラの種類であることがわかっています。バラ亜...

pixta_hanakanzasi

ハナカンザシの育て方

原産地はオーストラリア西南部で、砂地でよく育ち乾燥を好み...

pixta_adromiskusu

アドロミスクスの育て...

アドロミスクスの特徴といえばやはり豊富な形とフォルムでし...