ヤマブキソウの育て方

ヤマブキソウの育て方

特徴としては多年草であることが挙げられます。根がついていて毎年花を咲かせてくれるようになっています。色はなんといっても鮮やかな黄色です。まさにヤマブキイロの花です。葉っぱに関しては奇数羽状複葉になっています。葉っぱにおいては三つ葉などがこの形式を取ることとして知られていて、幸せを呼ぶとされる四つ葉は変異形とされます。

育てる環境について

育てるための環境としては、まずは日本においてはあまり北の方では難しそうです。北海道などでは見ることができません。暖かい九州、四国などであれば広く見ることが出来るようになっています。自然の中に咲いている時には山の中にひっそりと咲いていることがあります。まっすぐ前を向いているとわかりません。

少し下を見ながら歩いていると見つけることが出来るような花になります。原産は日本で、生息地に関しては日本でも関東から南が中心になります。栽培をしようとするのであれば、一応は朝日の当たるところが良いとされます。かと言ってカンカンに朝日が当たるようなところは避けなければいけません。朝日が当たるけども、日陰が良いとされます。

あまり強い日差しがあったりすると弱ってしまいます。多年草ですから夏も葉が残ります。その時に夏の暑さにやられてしまうかもしれません。春に関しては一日中日の当たるところでも良いとされます。春は日差しもそれほど強くありませんし、暑さもそれほどではありません。

夏になった時に日陰のところにずらすようにしてあげると花にとっても過ごしやすくなります。庭植えをするときは移動をすることができませんから、予め夏の日差しを避けられるところなどを選びます。良いのは落葉広葉樹の近くです。夏は葉があるので日差しを遮り、それ以外の季節は日差しを受けることができます。わざわざ移動させたりする必要がないので苦労もありません。

種付けや水やり、肥料について

栽培をするときの育て方としては植え付けをどのようにするかです。季節としては2月から3月ぐらいに行うようにします。その年の寒い時期から行うようにします。一度植え付けを行えば多年草ですから次の年はどんどん花が咲いてくれます。そのままにしておくのではなく、1年おきぐらいで植え替えをしてあげるようにします。

植え替えの時には根を引っ張りだすようにしてしまうことがありますが、必ずしも強い根ではありません。ここから傷んでしまうことがあるので十分注意するようにします。用度に関しては草花用の培養土を利用するようにします。これに赤玉土小粒タイプのものを4割から5割いれておきます。そうすることで水はけの良い土を作ることができます。

特に肥沃な状態でなくても良いですが、あまり痩せすぎている場合には栄養分を補給してあげるとよいでしょう。水やりに関してはこまめに行います。水分は比較的欲しい植物になります。鉢植えの場合においては乾かないように毎朝あげるようにするといいでしょう。夏場なら朝と夕方に行うと水分が切れることが少なくなります。

夏の間の工夫としては二重鉢にする方法があります。また砂床に置くことによって暑さからも乾燥からも守ることができます。肥料としては植え替えの時に必要分を与えるようにします。元肥としては緩効性化成肥料を利用します。3月から夏にかけて液たり肥料を薄めて与えることがあります。数千倍に薄めたものを利用します。

増やし方や害虫について

増やし方としては種まきをすることで行うことができます。花が咲いた後に花の部分に種ができます。いつ種をまく家ですが、今です。すぐにまくのが良いとされています。よくあるのは次の年の春頃にがありますが、この花の場合は多年草であることからもすぐにまいたほうが効果を得ることができます。

まいたからといってすぐに発芽するわけではなく、土をかぶせておきます。そして翌春まで待つようにします。乾燥があまり良くないのでこのようにしています。本格的に蒔く時期になったら、水やりなどをして成長の準備をしてあげます。種取りの方法は少し工夫が必要です。ケシ科と言いますと種が飛び散ることで知られています。

ですからそのままにしているといつの間にか種が地面に落ちてしまっていることがあります。そうならないように果実になった時に袋をかぶせておきます。そして飛び散っても袋の中にたまるようにしておきます。そうすれば確実に種を取ることができます。幾つもの花があると大変になるかもしれませんが、

これをしないと次の年まで保存をすることができなくなります。一方でこの作業をしないこともあります。自然に任せる方法です。散らばった種から次の年に発芽することがあります。そうすることでどんどん増える場合があります。この花についてはあまり病気については気にすることがないとされています。しかし害虫にやられてしまうことがあるので、出てきた時は対処するようにします。

ヤマブキソウの歴史

花の名前などが付けられるときは形などが似ていることがから付けられることが多いです。サクラなになになどにおいてはサクラのような花の付き方をしているだけでそのように言われることがあります。また、サクラのようにピンク色だから付けられることもあります。色も重要な要素になることがあります。

花といいますと色においては非常に重要な意味合いがあります。花の色がそのまま色に使われていることもあります。さくら色は決して一般的ではありませんがピンク色っぽい色を指すのでしょう。植物の中で色が付いているものとしてはヤマブキ色があります。春に黄色のきれいな花を咲かせます。通常の黄色に比べると鮮やかな色合になっています。

こちらの花は八重の花がさくことで知られています。この花の名前と非常によく似ているのがヤマブキソウと呼ばれる花になります。後にソウとついているだけですからヤマブキと同じ種類、似ているかと考えがちですが形は全く異なります。何故言われるかといえば色がヤマブキ色だからです。原産としては今のところは日本の独特の種類として知られています。

北海道では見ることができず、東北においても宮城県が北限とされています。南部においては広く九州まで見られるようになっています。同じような種類、似ているものとしては中国やアメリカなどにもあります。アメリカで見つけられたものに関してはアメリカヤマブキソウとして別の花として種類分けされています。

ヤマブキソウの特徴

特徴としては多年草であることが挙げられます。根がついていて毎年花を咲かせてくれるようになっています。色はなんといっても鮮やかな黄色です。まさにヤマブキイロの花です。葉っぱに関しては奇数羽状複葉になっています。葉っぱにおいては三つ葉などがこの形式を取ることとして知られていて、幸せを呼ぶとされる四つ葉は変異形とされます。

葉っぱは花の下に広がるようについています。この花についてはケシ木ケシ科になるのでケシの仲間になります。確かに見た目としては同じ種類のポピーなどにも雰囲気が似ています。花の付き方に関しても似ているところがあります。葉っぱに関しては5枚から7枚で、少し変わった形をしている葉っぱが特徴的です。

少し広がっているような、楕円形のような形をしています。先端は少し尖った葉っぱになっています。茎については高さが30センチから40センチですからあまり高くはありません。花びらに関しては4枚になっている事が多いです。ちょうど上下左右に向くようについています。花が咲く時期としては4月から6月ですから、

名前の要因になったヤマブキと同じ時期に咲くことになりそうです。一つの茎に対して数個の花をつけることがあります。花の大きさは5センチ位で、きれいに開ききった状態で咲きます。ですからヤマブキとはかなり形などは異なります。遠くから見ると色が同じなので同じように見えるかもしれませんが、近くで見ると大きく異なることがわかります。

pixta_barubofiram

バルボフィラムの育て方

バルボフィラムは、とても多くの種類がある、洋ランの一種です。ひとつの地域が原産で、そこにある原種を元に品種改良や交配が繰...

pixta_baikakaramatu

バイカカラマツの育て方

バイカカラマツとはキンポウゲ科の植物で、和風な見た目やその名前から、日本の植物のように考えている人も少なくありませんが、...

pixta_aberia

アベリアの育て方

アベリアはハナゾノツクバネウツギのことで、ラテン語の属名アベリアで呼ばれています。公園などで植え込みとしてよく植えられて...

pixta_rantana

ランタナの育て方

一つの花の中にとても多くの色を持つランタナは、とても人気の高い植物で多くの家の庭先で見かける可愛らしい花です。ランタナ(...

pixta_hourensou_01

ほうれん草の育て方について

ほうれん草は日常の食卓にもよく出てくる食材なので、家庭菜園などで自家製のほうれん草作りを楽しんでいる人も少なくありません...

pixta_prouretaris

プレウロタリスの育て方

プレウロタリスの原産地は、アメリカ大陸であり、主に中央アメリカと南アメリカです。そのなかでも熱帯アメリカと呼ばれる地域に...

pixta_arekayasi

アレカヤシ(Dypsis lutescens)の育て方

アレカヤシという観葉植物をご存知でしょうか。園芸店などでもよく見かける人気のある植物です。一体どのような植物なのでしょう...

pixta_karaminsanepeta

カラミンサ・ネペタの育て方

カラミンサ・ネペタはレッサー・キャットミント、レッサー・カラミントなどとも呼ばれる南ヨーロッパ原産のシソ科の芳香性多年草...

pixta_murasakigoten

ムラサキゴテンの育て方

この植物については、サトイモ目、ツユクサ科、ムラサキツユクサ属となっています。観葉植物として育てられることが多いです。多...

pixta_kianera

キアネラの育て方

キアネラの特徴について書いていきます。キアネラの原産地は南アフリカを生息地としています。ケープ南西部に9種のうち8種が生...

スポンサーリンク

pixta_biwa

ビワの育て方

ビワは中国原産のバラ科の常緑高木で、淡いオレンジ色の果実...

pixta_noasagao

緑のカーテンに最適な...

ここ数年毎年猛暑が続き、今や日本は熱帯よりも熱いと言われ...

pixta_riatoris

リアトリスの育て方

北アメリカが原産の”リアトリス”。日本には、大正時代に観...

pixta_boogenvilia

ブーゲンビレアの育て...

今ではよく知られており、人気も高いブーゲンビレアは中央ア...