リムナンテスの育て方

リムナンテスの育て方

この花における特徴としては、比企植物の双子葉植物綱となります。バラ亜綱なのでバラに近い花になります。フウロソウ目になります。属名としてはリムナンタ科とされることがあります。園芸分類としては草花になります。咲く形態は1年草になるので毎年咲いては枯れを繰り返すことになります。草の丈は15センチ前後です。

育てる環境について

栽培の時には環境としては日当たりの良い場所が良いかどうかですが、花のイメージ通り日当たりが好きなようです。卵のようにも見えますが、太陽のようにも見えます。花自体が太陽を欲しがっているように見えるくらいです。春になって暖かくなってくるとどんどん生えてきます。するとどうしても密生するようになります。

たくさん茂ってそこにたくさんの花が咲くのは喜ばしいことです。しかし密生してくると蒸れやすくなることがあります。隣同士がくっつきすぎるので風通しを得ることができなくなってしまいます。株にとっても良い状況ではありません。まず置く場所としては日当たりです。この時には将来的にそれなりに増えてくる、

密生してくるのを想定して最初から間隔をあけるようにするのがいいでしょう。そうすれば多少たくさん生えたとしても隣との間隔を開けることができます。日照不足になると伸び方、花つきに影響することがあります。この花は咲いて初めて価値があるくらい珍しく美しい花です。葉っぱだけがでている状態ではあまり価値が感じられません。

日照不足にならないように日向管理をします。冬や夏に対する対応はどうすればよいかです。耐寒性はそれなりにあります。北アメリカは暖かいところもありますが涼しいところもあります。寒くなるところもあるとされています。そのことから日本の寒さであっても耐えることができます。霜が出そうなときは霜よけを設定するようにします。

種付けや水やり、肥料について

育て方としては土の状態、植え付けの環境についてどのようにしたほうが良いかがあります。この花は一株で一つの花を咲かせるのではなく、一花においてたくさんの花をつけます。一株のみなら良いですが、複数株育てようとするときには株と株の間については15センチから20センチぐらい空けたほうが良いとされています。

そうしないと株同士がくっつきます。くっついても花は咲きますが、風通しが悪くなってそのうち両方共悪い状態になってしまいます。土の質としてどのような土を好むかではやや湿り気のある土です。かと言ってあまりじとじとしすぎているおは問題になります。適当に水はけがあり、適当に水持ちがある土壌にしておくとよいでしょう。

水やりとしては、適度にあげるタイプの花になります。やや湿ったところを自生地としているので、強い乾燥があると枯れてしまいます。植物によっては乾燥気味にしたほうが良いものがありますが、乾燥気味にするのが良くない場合があります。水切れをされた状態としては、茎や葉っぱが弱々しく折れ曲がったりします。

通常イキイキしている花がそのようになっているのはあまりよい状態でないことがわかります。土の表面が乾く前ぐらいに早めに水を与えるくらいのほうがいいでしょう。花の状態を見ながらになると少し遅れてしまうことがあります。肥料に関しては、開花中に与えます。液体肥料を2週間に1回程度です。量としては少なめにしておきます。

増やし方や害虫について

増やし方としては種をまいて増やす方法が行い易いです。まく時期としては9月下旬から10月中旬です。よく増やす方法として植え替えのときに株分けなどをすることがあります。これは植え替えによって土を変えたりすることで株を元気にさせるために行います。一方で植え替えに弱いタイプの花もあります。それがこの種類の花です。

植え替えの時はどうしても根を触ります。そのときに傷めてしまい、それ以降根付きにくくなることがあります。そのこともあって種まきを優先するとされています。植木鉢においては、鉢に直接種をまきます。発芽したら、混み合っているところを適度に間引きをして間隔をうまくあけながら育てます。

大きめの箱のポットなどに植えるときにおいては、苗が大きく成長することがあるので注意します。ポット入りの苗を購入して植えつける時においても、買ってきたままをそのまま土に埋めるくらいの方法が良いとされています。春に種をまいて秋に楽しむ方法がアメリカなどでは行われます。

しかし日本の夏は厳しいのでそれだと秋にきれいに楽しめない場合があります。夏を越さないタイプのまき方を選んだほうがいいこともあります。気温が低いところでは特に気にすることなく夏を越すことができます。かかりやすい病気としてはアブラムシが発生しやすいことがあります。薬剤散布などを行って駆除します。花をどんどん楽しむためには花がらをどんどん摘み取ったほうが良いとされています。

リムナンテスの歴史

日本の国旗としては日の丸が知られています。白地に赤い丸が印象的です。このような国旗については他にもあるようです。色は異なりますが、円が真ん中に描かれているだけの国旗になっています。マークなどとしては非常にわかりやすいかもしれません。幾何学的な模様が自然に描かれているとまるで人が描いたように見えることがありますが、

それが効率的な図形であることがあります。ですからきれいな円が描かれていることがあります。花の中でリムナンテスと呼ばれるものがあります。原産としては北アメリカを中心にしているようです。この辺りを生息地としています。日本においては栽培植物として入ってきています。この花においては真ん中にきれいな円が描かれているのが印象的です。

かなりきれいな円です。ゆがみ等がほとんどありません。この花の名前の語源としては、まずはギリシア語のリムネがあります。これは日本語では沼の意味になります。アントスは花のことになります。沼周辺にこの花が自生することからこのように言われるようになったとされています。非常にきれいな花ですが、

アメリカにおいては別の目的でこの花を栽培されているようです。それは種子を利用して化粧品用の油を取るためのようです。メドウフォーム油を取るのにはこの植物が最適になるようです。恐らく栽培しているところにおいて花の季節になるとこの花がいっぱいに咲き誇るのでしょう。それも見物になりそうです。

リムナンテスの特徴

この花における特徴としては、比企植物の双子葉植物綱となります。バラ亜綱なのでバラに近い花になります。フウロソウ目になります。属名としてはリムナンタ科とされることがあります。園芸分類としては草花になります。咲く形態は1年草になるので毎年咲いては枯れを繰り返すことになります。

草の丈は15センチ前後です。花が咲くのは4月から7月ぐらいで、梅雨の終わりぐらいまで咲くことがあります。この花の特徴としてはなんといっても卵に似ていることでしょう。それも調理後の卵です。ゆでたまごを半分に切ったところ、目玉焼きの卵の部分を見ているかの様子をしています。そのために俗称として落とし卵草と言われることがあります。

まさに見た目はそのような花になります。バラの仲間となれば桜の仲間でもあるでしょう。桜と同じように5枚の花びらをつけています。花びらはそれぞれ中心から外側にきれいに広がります。垂れ下がったりすることはありません。なんといっても模様が特徴的で、白地に黄色い円が描かれているようにも見えますし、末期色のところの縁を白で描いているようにも見えます。

でも黄色の部分に関してみるとかなり正確な円であることがわかります。花びらと花びらの間に隙間がありますが、それをうまく継ぎ合せるとやはり円のように見えます。どの花でも円の部分は大体同じです。花が小さいと黄色の円の部分は同じで、その分その外の白い部分がかなり少なく見えます。真っ黄色に見えることもあります。

pixta_komatsuna

小松菜の栽培に挑戦してみよう。

今回は、小松菜の育て方について説明していきます。プラナ科である小松菜は、土壌を選ばず寒さや暑さにも強いので、とても作りや...

pixta_yotubasiogama

ヨツバシオガマの育て方

ヨツバシオガマ(四葉塩竈)学名Pedicularisjaponicaは、初夏から夏の、北海道から本州中部の高山の湿地を生...

pixta_sarubia14

サルビア(一年性)の育て方

サルビアの正式名称はサルビア・スプレンデンスであり、ブラジルが原産です。生息地として、日本国内でもよく見られる花です。多...

pixta_kurbanaroubai

クロバナロウバイの育て方

クロバナロウバイは北アメリカ南東部原産の低木で、原産地全域の山林や人里周辺を生息地としています。漢字では黒花蝋梅と書き表...

pixta_wederia

ウェデリア(アメリカハマグルマ)の育て方

ウェデリアは地面を這いながら成長が特徴の這い性のキク科の植物であり、常緑の多年草になります。原産地は中央アメリカから南ア...

pixta_kyabetsu_01

きゃべつの育て方を教えます。是非、挑戦してみて下さい。

きゃべつは涼しい所を好み低温に強い作物です。また、冬を越して作られる品種は甘みが強く、生食でも加熱しても食べる事が出来ま...

pixta_sennitikobou

アルテルナンテラ‘千日小坊’の育て方

園芸店や生花店などでは千日小坊という常緑多年草が売られています。これはペルーやエクアドルといった中米原産の植物です。アル...

pixta_kaederui

カエデ類の育て方

カエデ類はカエデ科カエデ属の木の総称で、さまざまな品種が存在しています。日本原産の品種も20種類以上がありますし、生息地...

pixta_rakkasei

ラッカセイの育て方

ラッカセイは、マメ科になります。和名は、ラッカセイ(落花生)、その他の名前は、ピーナッツと呼ばれています。ラッカセイは植...

pixta_sasage

三尺ササゲの育て方

三尺ササゲは別名ジュウロクササゲ、長ササゲともよばれるマメ科ササゲ属ササゲの亜種で見た目はインゲンのようですが別の種類に...

スポンサーリンク

pixta_fukinotou

フキ(フキノトウ)の...

植物というのは古来より、食用として育てられてきました。食...

pixta_ichigo11

観葉植物としても人気...

イチゴは収穫が多く病気や虫に強いので、家庭菜園で人気です...

pixta_banreiisi

バンレイシの育て方

バンレイシは果実の皮の突起の形が仏教を創設した者の頭に似...

pixta_pakifitumu

パキフィツムの育て方

パキフィツムは、メキシコ原産の多肉植物です。ベンケイソウ...