カッコウアザミ(アゲラータム)の育て方

カッコウアザミ(アゲラータム)の育て方

アゲラータムは別名カッコウアザミという和名を持っています。アザミに花はとても似ていて、その関係からカッコウアザミという名前がついています。キク科で育て方も簡単なので、初心者にでも簡単に栽培することができます。原産地は熱帯アメリカで、比較的暑い日ざしでも生息地として育てることができます。

育てる環境について

アゲラータムは夏の暑さに強い植物です。そして夏に強くても普通は日ざしには弱いという植物も多いですが、アゲラータムの場合は日差しにも強いです。そして冬に近づく時期まで長く咲き続けてくれるのでとても長い期間花を楽しむことができます。霜が降りるころまで育てることができますので、とても長持ちします。

しかしアゲラータムは多年草で毎年咲く植物ですが、どうしても冬の寒さには弱くなってしまいます。だから春まきの一年草といて扱われることが多いです。植えるときには、日当たりのいいところで水はけがしっかりとなってるところであればどこでも育てることができる丈夫な植物です。

しかしあまり真夏の直射日光に当ててしまったりすると、弱ってしまうこともあります。それに過湿になってしまうことも多いです。だからできるだけ日当たりのいいところがいいですが、真夏の直射日光に当たるところに置くよりは真夏は半日陰になるような場所においたほうがいいです。そして日の光によく当ててあげることによって、たくさんの花を咲かせてくれます。

そしてかなり密集してきて、蒸れてしまいそうになってきたら、おもい切って刈り込んであげるといいです。そして刈り込んであげるときに、さし茎にするものを育てるのもいいです。種まきでも十分育てることができる植物ですが、種まきの場合は時間がかかってしまいます。だからさし茎にすることによって、簡単に増やして育てることができます。

種付けや水やり、肥料について

アゲラータムは庭植えをすることができます。そして庭植えの場合に関しては、植え付けをしたとき以外はほとんどの場合は水やりはいらないです。水やりをし過ぎないように注意して、夏の暑い日ざしで何日も雨が降らない状態が続いたときには水やりをして後はほとんどそのままにしておいてもいいです。しかし鉢植えの場合に関しては水やりは必要になってきます。

鉢植えになってくると乾燥しやすくなりますので、しおれやすくなります。だから乾いてきたらたっぷりと水を与えます。水やりをする際には鉢植えからたっぷりとたれるぐらい水やりをするといいです。明かり過湿になってしまったりするのはよくないので、水はけのいい土に植えるのがいいです。

鉢植えでどうしても水を与えすぎて、いつも土が濡れている状態が続くことがあります。濡れた状態になっていると茎ばかりが伸びてしまってなかなか花が咲かなかったりします。そうなったら水を控えます。そして肥料に関してはあまり与えすぎないようにしないといけないです。しかし花が咲く期間の開花時期になったら、

肥料をたくさん必要といますので、よく咲くと肥料が切れてしまうますので、そのときは開花時期は肥料をおおめに与えてあげるといいです。どうしても肥料が足らなくなってきてしまうと、花は止まってしまうので、そのつど肥料の調節をしてあげると、丈夫できれいな花がたくさん咲いてくれます。そして花の時期以外はあまり与えすぎないようにします。

増やし方や害虫について

アゲラータムは病気や害虫について気をつけないといけないのは、梅雨の季節などは気をつけておかないといけないです。梅雨の時期になると、じめじめと雨が続いてしまったりします。そうなってくるとかびの病気が出やすくなってしまいます。だから梅雨の時期にじめじめとしないように混みあってしまってる状態を避けてかびが生えないように事前に予防をしておくことが大事になっています。

そして害虫に関しては夏の暑い時期は花も乾燥してしまいます。乾燥してくると葉っぱなどに小さな害虫が発生しやすくなってきます。だから乾燥を防ぐために、葉水などをして害虫が付くことを防ぐことが大事です。真夏の場合は蒸れてしまったり水が少なくなってしまったりして、害虫が発生しやすくなってくるので、薬剤で予防しておくのもいいです。

そして増やし方に関しては、さし芽で簡単に増やすことができます。種まきなども出来ますがさし芽のほうが簡単に育てることが可能になっています。さし芽をする場合は気温が15℃以上になっていると行なうことができます。そして土に直接植えなくても水に挿しておくだけでも簡単に根がでてきたりします。

そして普通は清潔な土に挿して直射日光を避けます。その状態で管理しておいて、10日ぐらいすると根がでてきます。夏にさし芽をするのは難しいと感じる方は秋に近づいてきたぐらいのときに行なうと簡単に根がでてきます。そして冬越しも出来る植物になっていますので簡単です。

カッコウアザミ(アゲラータム)の歴史

アゲラータムは別名カッコウアザミという和名を持っています。アザミに花はとても似ていて、その関係からカッコウアザミという名前がついています。キク科で育て方も簡単なので、初心者にでも簡単に栽培することができます。原産地は熱帯アメリカで、比較的暑い日ざしでも生息地として育てることができます。

アゲラータムは最近はいろんな色の花が増えてきましたが、基本的には青色のものが主流です。そして花も特徴的で綿毛のようなふんわりとした雰囲気の花になっています。蒸れには少し弱くなるので気をつけないといけないですが、長い間花を楽しむことができますので、寄せ植えなどに最適な植物です。

いろんな植物との相性がよくて、強い育てやすいものになっています。熱帯アメリカが生息地で数も40種ほどありますが、沖縄などで野生化しているものもあります。地植えなどの場合は植え付けのときぐらいに水を与えてあげればその後は自然に任せることができます。だからお手入れをしないといけないということもなく、簡単な植物です。

開花期が長くて初心者でも育てやすい上、最近では花色も多くなってきていて、寄せ植えに入れても映えてきれいな植物です。毎年育つ多年草ですが、日本の場合は冬になってしまうと、寒さで枯れてしまいます。だから一年草として扱うほうがいいです。暖かいところの場合はそのまままた春に花が咲いたりしますが、普通は一年草として扱って植えなおしたりするといいです。

カッコウアザミ(アゲラータム)の特徴

アゲラータムは夏の暑さにも強く、丈夫でうまく育てることができたら、かなりの長い間花を楽しむことができる植物です。花の時期はとても長く、5月ぐらいから11月ぐらいまで咲かせることができます。植え付けや種まきも4月ぐらいからできるので、長い時間楽しむことができます。

そしてお手入れに関しては、特に何もしなくてもいいぐらい丈夫な植物です。ほとんど手がかからないで、そのままにしておいてもいいですが、もし混みあっていたり、伸びすぎて密集してしまっていたら、刈り込んですっきりとさせてあげるのがいいです。また鉢植えなどをする際に、間引きをしてあげるとすっきりとして育てることができます。

そしてアゲラータムは多年草になりますが、冬の寒さには弱い性質を持っていますので、どうしても冬を越すのが難しかったりします。だから一年草の扱いになってしまいます。もし冬であっても15℃以上を保つようにしておくと、ずっと花が咲き続けたりします。だから大事に育てることができる人は、冬は室内に入れたりとしっかりと冬の管理をしてあげると、長持ちします。

そして花が枯れてしまったものや、枯れた葉っぱがある場合は、こまめに摘んであげるといいです。そしてその枯れた花や葉っぱをこまめに摘んで、株をきれいに整えておくと、長い期間花をきれいな状態で楽しむことができます。だからあまり手間をかけなくても育てていくことができますが、お手入れは定期的にするといいです。

pixta_hourensou_01

おいしいほうれん草の育て方

野菜の育て方を覚えれば、誰でも美味しい野菜を誰でも育てることが出来ます。そこでほうれん草の栽培について説明します。ほうれ...

pixta_ninjin13

ニンジンの育て方

ニンジンはセリ科の一種であり、この名前の由来は朝鮮人参に形が似ていることからつけられたものですが、朝鮮人参はウコギ科の植...

pixta_aeonium

アエオニウムの育て方

アエオニウムはアフリカ大陸の北西の北アフリカに位置するカナリー諸島原産の植物です。生息地は亜熱帯を中心に多くく見られる植...

pixta_katoreakoku

カトレア・コクシネアの育て方

カトレア・コクシネアは、ブラジルの中でも、標高1,000mから1,500mという高地の中の雲霧林に自生している樹木に着生...

pixta_germailis

ジャーマンアイリスの育て方

ジャーマンアイリスは1800年代にヨーロッパで品種改良がされました。もともとヨーロッパから中東にかけてはアヤメ類やアイリ...

pixta_cattail

キャットテールの育て方

キャットテールは別名をアカリファといい、主にインドが原産地で、熱帯や亜熱帯地方を生息地としている植物でおよそ300種類か...

pixta_melon

ミニメロンの育て方

メロン自体の歴史は古く、古代エジプトや古代ギリシャでも栽培されていたことが知られています。メロンは暖かい地域で栽培するこ...

pixta_ninniku

ニンニクの育て方

ニンニクの原産地は中央アジアと推定されていますが、すでに紀元前3200年頃には古代エジプトなどで栽培・利用されていたよう...

pixta_kumomasou11

雲間草の育て方

日本の園芸店で市販されている雲間草は、一般的に「西洋雲間草」、「洋種雲間草」と呼ばれているヨーロッパ原産のものです。元々...

pixta_goya_02

ゴーヤーの育て方のポイント

ゴーヤーというと沖縄原産のような気がしますが、実際はインドを中心とする東南アジアです。それが中国に伝わりそののちに日本に...

スポンサーリンク

pixta_musukari

ムスカリの育て方

ムスカリは、ユリ科ムスカリ属の球根植物で、ヒヤシンスの近...

pixta_ninjin_01

ニンジンの上手な育て...

ニンジンは、春まきと夏まきとがあるのですが、夏以降から育...

pixta_boriji

ボリジの育て方

この花については、シソ目、ムラサキ科、ルリジサ科に属する...

pixta_gamazumi

ガマズミの育て方

ガマズミはその名前の由来がはっきりとわかっていません。一...