植物の育て方について

植物の育て方について

今年はガーデニングで野菜を育ててみようと思っている初心者の方におすすめな野菜の1つがプチトマトです。今まで植物を育てたことがないという方でも苗を買ってくれば簡単に栽培することができます。

プチトマトの育て方

家に畑が無いという人でも、プランターで育てることが可能なので、手軽に挑戦することができる野菜といえるでしょう。そのプチトマトの育て方ですが、まず土を用意しましょう。必要になるのはプランターで育てる場合は鉢底石、赤玉土、腐葉土、野菜用肥料、そして石灰です。

プランターは底が深い物を使うと成長しても安定します。畑で育てる場合に注意したいのは、植えようとしている場所に去年ナス科の植物を植えていないかということです。同じナス科の植物を続けて植えてしまうと連作障害になり、よく育たなくなるので別の場所に植えましょう。

ちなみに種類としてはジャガイモやピーマンなどがあります。植え付ける時期は地域によって異なりますが、春に植えるといいでしょう。育てる場所としては日当たりが良く、風通しや水はけもいい場所にしましょう。

植え付けですることはプランターの場合、まず鉢底石を2cmか3cmくらい入れ、その上に土を入れます。そして植え付けるのは最初の花が咲いた後にしてください。植える時はあまり深くしないで浅く植えて根本の土を少し盛るようにしましょう。

プチトマトの支柱の立て方

支柱の立て方ですが、支柱はつぼみの反対側に立てましょう。与える水の量ですが、少しの量にしましょう。脇芽はたまに手で取り除き、風通しが悪くならないようにしてください。特に株元には注意が必要で、大量の葉で風通しが悪くなるとそこが害虫が住んでしまったり、病気になってしまいます。

脇芽を取り除くときはハサミを使わず手で摘み取ってください。追肥するタイミングは1つめのトマトが大きくなったら最初の追肥をしましょう。早くに追肥を行ってしまうとあまり実がならなくなってしまうので注意しなくてはいけません。

プチトマトの栽培時の注意点

窒素肥料が多すぎると葉が多くなって害虫の発生が増加したり、生理障害が起こる原因になるので気をつけてください。その後は1か月に1回くらいの頻度で追肥をします。与える肥料は多すぎてもおいしいトマトは出来ないので、少なめにするのがいいでしょう。

実が赤くなって食べれるようになるのは花が咲いてから1か月くらいです。収穫するのは朝の涼しい時間帯で、真っ赤に熟した実を1つずつ取りましょう。もしマンションなどの高い場所でプランターを使って育てている場合は、

棒で支柱を軽く叩いて人工授粉をしてください。プチトマトは病気や害虫に気を付けていればとても簡単に育つので、ガーデニングに興味があるという方はぜひ今度の春に栽培してみてはどうでしょう。

こちらのミヤマホタルカズラの育て方の記事も興味深いです♪

pixta_kakiodosi

カキドオシの育て方

カキドオシは草地に生息する年中草です。特徴としては茎はまっすぐと伸びるのですが成長するにつれて地面に倒れます。開花すると...

pixta_soba

ソバの育て方

この植物の歴史では、奈良時代以前に栽培されていたということは確実で、700年代前半の書物に関係の内容が書かれているという...

pixta_tosamizuki

トサミズキの育て方

トサミズキの生息地は、四国の高知県です。高知県(土佐)に自生することからトサミズキ(土佐水木)と呼ばれるようになりました...

pixta_chokokosmos

チョコレートコスモスの育て方

チョコレートコスモスは、キク科 コスモス属の常緑多年草です。原産地はメキシコで、18世紀末にスペインマドリードの植物園に...

pixta_tokkuriran

トックリラン(Beaucarnea recurvata)の育...

トックリランは、スズラン亜科の常緑高木でトックリランという名前は、幹の下部が徳利のような形に膨らんでいることが由来してい...

pixta_odamaki

オダマキの育て方

この花は、キンポウゲ科オダマキ属で、多年草です。北半球の温帯地方を中心に、生息している花でもあります。この花の歴史は古く...

pixta_okuna

オクナ(ミッキーマウスツリー)の育て方

南アフリカ一帯に分布する樹木で、正式名称をオクナセルラタと呼び、ミッキーマウスツリーとして現在では親しまれている植物の特...

pixta_rakkasei

ラッカセイの育て方

ラッカセイは、マメ科になります。和名は、ラッカセイ(落花生)、その他の名前は、ピーナッツと呼ばれています。ラッカセイは植...

pixta_nasu_01

ナスの育て方

インドが原産の植物といわれ、中国でも古くから伝わる植物でもあります。栽培の歴史は数千年を超え、農業に関する世界最大の古典...

pixta_tamanegi_01

玉ねぎの育て方

中央アジアが原産といわれていますが、野生種は確認されておらずこの地域がもともとの生息地であったかどうかも定かではありませ...

スポンサーリンク

pixta_tomato02

日本の未来と、植物、...

日本の自給自足率が一向に上がらない今日です。国は農協解体...

pixta_simobasira

シモバシラの育て方

学名はKeiskeaJaponicaであり、シソ科シモバ...

pixta_suikazura

スイカズラの育て方

スイカズラの学名はロニセラ・ジャポニカということで、ジャ...

pixta_seiyouninjinboku

セイヨウニンジンボク...

学名はビテックス・アグヌス・カストゥスといいます。シソ科...