植物の育て方について

植物の育て方について

今年はガーデニングで野菜を育ててみようと思っている初心者の方におすすめな野菜の1つがプチトマトです。今まで植物を育てたことがないという方でも苗を買ってくれば簡単に栽培することができます。

プチトマトの育て方

家に畑が無いという人でも、プランターで育てることが可能なので、手軽に挑戦することができる野菜といえるでしょう。そのプチトマトの育て方ですが、まず土を用意しましょう。必要になるのはプランターで育てる場合は鉢底石、赤玉土、腐葉土、野菜用肥料、そして石灰です。

プランターは底が深い物を使うと成長しても安定します。畑で育てる場合に注意したいのは、植えようとしている場所に去年ナス科の植物を植えていないかということです。同じナス科の植物を続けて植えてしまうと連作障害になり、よく育たなくなるので別の場所に植えましょう。

ちなみに種類としてはジャガイモやピーマンなどがあります。植え付ける時期は地域によって異なりますが、春に植えるといいでしょう。育てる場所としては日当たりが良く、風通しや水はけもいい場所にしましょう。

植え付けですることはプランターの場合、まず鉢底石を2cmか3cmくらい入れ、その上に土を入れます。そして植え付けるのは最初の花が咲いた後にしてください。植える時はあまり深くしないで浅く植えて根本の土を少し盛るようにしましょう。

プチトマトの支柱の立て方

支柱の立て方ですが、支柱はつぼみの反対側に立てましょう。与える水の量ですが、少しの量にしましょう。脇芽はたまに手で取り除き、風通しが悪くならないようにしてください。特に株元には注意が必要で、大量の葉で風通しが悪くなるとそこが害虫が住んでしまったり、病気になってしまいます。

脇芽を取り除くときはハサミを使わず手で摘み取ってください。追肥するタイミングは1つめのトマトが大きくなったら最初の追肥をしましょう。早くに追肥を行ってしまうとあまり実がならなくなってしまうので注意しなくてはいけません。

プチトマトの栽培時の注意点

窒素肥料が多すぎると葉が多くなって害虫の発生が増加したり、生理障害が起こる原因になるので気をつけてください。その後は1か月に1回くらいの頻度で追肥をします。与える肥料は多すぎてもおいしいトマトは出来ないので、少なめにするのがいいでしょう。

実が赤くなって食べれるようになるのは花が咲いてから1か月くらいです。収穫するのは朝の涼しい時間帯で、真っ赤に熟した実を1つずつ取りましょう。もしマンションなどの高い場所でプランターを使って育てている場合は、

棒で支柱を軽く叩いて人工授粉をしてください。プチトマトは病気や害虫に気を付けていればとても簡単に育つので、ガーデニングに興味があるという方はぜひ今度の春に栽培してみてはどうでしょう。

こちらのミヤマホタルカズラの育て方の記事も興味深いです♪

pixta_sennou

センノウの育て方

センノウは鎌倉時代の末か室町時代の初めごろ、中国から渡来したと言われている多年草です。中国名は「剪紅紗花」と書き、センコ...

pixta_akanesumire

アカネスミレの育て方

特徴としてはバラ類、真正バラ類に該当します。キントラノオ目、スミレ科、スミレ属でその中の1種類になります。スミレの中にお...

pixta_daizu111

ダイズの育て方

ダイズの歴史を調べてみると、はっきりとした起源がわからず、いくつかの説によって現代に伝えられていることがわかります。つま...

pixta_kitunenobotan

きつねのぼたんの育て方

きつねのぼたんはキンポウゲ科の多年草です。分布は幅広く北海道、本州、四国、九州、沖縄や朝鮮半島南部にも存在します。原産は...

pixta_kerone

ケロネの育て方

この花の科としてはゴマノハグサ科になります。オオバコ科とすることもあります。花の草丈は70センチ位から120センチぐらい...

pixta_yagurumagiku

ヤグルマギクの育て方

この花の特徴としてはまずは菊の種類であることです。キク目キク科の花になります。野生の状態で青色の状態になっています。です...

pixta_augasuta

部屋をいろどる観葉植物

私は5年ほど前から観葉植物を買いました。昔から興味はあったのですが、なかなか手が出せずにいたのですが、友人からおすすめさ...

pixta_alium

アリウムの育て方

原産地は北アフリカやアメリカ北部、ヨーロッパ、アジアなど世界中です。アリウムは聞きなれない植物かもしれません。しかし、野...

pixta_pakifitumu

パキフィツムの育て方

パキフィツムは、メキシコ原産の多肉植物です。ベンケイソウ科パキフィツム属の植物は、多肉植物の中でも、肉厚な種類として有名...

pixta_suzuran

スズランの育て方

春を訪れを知らせる代表的な花です。日本原産のスズランとヨーロッパ原産のドイツスズランがあります。ドイツスズランは、草姿お...

pixta_wasabi

ワサビの育て方

ワザビの色は緑色をしており、香りは大変爽やかになっていま...

pixta_konfuri

コンフリーの育て方

コンフリーは、日本では様々な文化が海外から入り、人々に受...

pixta_inutade

イヌタデの育て方

イヌタデの特徴としては、タデ科の植物であり色のついた花が...

pixta_ginbaika

ギンバイカ(マートル...

ギンバイカはフトモモ科ギンバイカ属の低木常緑樹です。ギン...