チューリップ(アラジン)の育て方

チューリップ(アラジン)の育て方

チューリップにおいては日本に来たのは江戸時代とされています。その時にはほとんど普及することはなかったようですが大正時代になってから新潟において球根栽培が始まります。1963年には新潟県の県花に指定されるようになります。チューリップにおいて有名なこととしてはデリバティブ取引として行われたとされます。

育てる環境について

栽培をする時の育て方としては、比較的寒いところでも植えることが出来るのが良い所です。雪国として知られる新潟県や富山県で盛んに栽培されていますから、日本であれば比較的どのような地域においても育てることが出来ると言えます。基本的には夏の暑さはあまり関係ありません。花が咲いたらそのまま枯れてしまって球根のみが残ります。

それを次の年に咲かせるために利用します。暑い期間にそのままにしておくことはありません。球根として少し休ませるぐらいで、秋ぐらいになってまた植えることになります。あまり季節的なことを考える必要はありません。アラジンに関してはユリ咲きの種類とされています。新潟県などで栽培されている様子の写真を見ることがありますが、

一面の畑になっていることがあります。そこには何の遮りもない状態で咲いています。つまりは日当たりのいいところを選ぶようにします。家庭においても、庭であったり玄関などで育てようとするのであれば南向き、東向きなどいい日光がつきやすいところを選ぶようにした方がいいでしょう。庭に植えるときには水はけの良い土のところを選ぶようにします。

球根はあまり水が多すぎると腐ってしまうことがあります。適度な水分を好みます。家庭での環境において気をつけたいこととしては連作はあまりしないほうがいいところです。あるところで育てたなら、その次の年はその土地は休ませます。別のところで植え、次の年には休ませるを繰り返します。

種付けや水やり、肥料について

種付けに関してはどのようにいつ頃行うかがあります。球根なので種ではありません。季節としては10月中旬から11月の暑さが収まってきた季節となります。庭植えの時に注意することとしては深さをどうするかです。表面に先が見えるように植えてしまうことがありますがそれでは問題になります。

球根2個分ぐらいの深さを用意しなければいけないとされています。間隔としてはあまり詰め過ぎるのはよくありません。この時にも球根の2個ぐらいの間隔をあけるようにすると良いとされています。鉢植えの場合においては密集させることによって見栄えを良くしたい場合があるので、その時は多少密集をさせて植えても問題はありません。

球根は非常にデリケートです。少し傷がついてしまうと次の年には芽を出さないことがあり、それ以降は全く出てきてくれないことがあります。土に押し込んだりするのはあまり良くありません。しっかりと土を掘るようにして、優しく土をかけるようにします。水やりについてはそれほど大量に与える必要はありません。

球根を植えた時に水をたっぷりあげるようにします。それ以降については雨に任せて十分です。鉢植えの場合においては表面が乾いた時に水を与えるを繰り返すようにします。水やりによって次の年の花の咲き方が変わることがあります。花が枯れた後つい水を怠りがちになりますが、葉が枯れてしまうまできちんと水を与えるようにします。土が乾かないように気をつけます。

増やし方や害虫について

肥料の与え方としては暖効性化成肥料を植えるときに混ぜておきます。これは秋ぐらいにおこなうもので、12月ぐらいになったら再び暖効性化成肥料を与えます。肥料については間違えると球根を腐らせてしまうことがありますから十分に注意しなければいけません。どのように増やすかについては球根をどうするかになります。

球根が充実しなければいくら球根が残ったとしても次の年に使うことができない、花を咲かせることが難しくなります。しっかりと球根を太らせることが必要です。花が枯れた後に葉だけに生った時にしっかりと水を与えることで球根を太らせるようにします。そして葉が枯れたたあとに太らせた球根を取り出します。

関東地方ぐらいであれば球根を太らせるのに十分な時間をとることができますが、南の地域の場合は花が咲いた後に気温が急上昇します。せっかく球根を太らせようとしてもその前に葉が枯れてしまって太らせることができない場合があります。そうなると球根を購入して増やすしか方法としてはなくなります。

きれいな花を咲かせてくれますが病気になることがあります。初が直後に病気がわかるものがあります。このままおいていても花は咲きませんし、場合によっては周りに影響を与えてしまうことがあります。そのために初期の段階で抜いてしまうようにします。害虫としては春に多く出てくるアブラムシがつくことがあります。駆除のための方法を持っておく必要があるでしょう。

チューリップ(アラジン)の歴史

チューリップといいますと世界においてはオランダがよく知られています。お祭なども行われているようです。日本ではある地域がよく知られています。それは富山県や新潟県といった北信越の地域です。こちらでもお祭りが行われています。イラスト等でもよく見かける事が多い花ですが、比較的可愛らしい形の花として知られています。

ワイングラスのようになっていて上部は少しギザギザのような雰囲気があります。しかしこういった種類とは少し異なる種類があります。それがアラジンと呼ばれるチューリップになります。一目見るととても見えませんが、確かにその中の一種類であることはわかります。

原産地としては中央アジア、北アフリカなど比較的乾燥している地域において見られる花として知られています。大元についてもトルコあたりが原産とされていますから、だいたいこの花についても同じようなところが中心になるようです。歴史としては元々はトルコが原産地で板が、16世紀頃にオランダに伝わったそうです。

現在の生息地としてはオランダが非常に多いとされ、球根の輸出量においてもオランダは非常に多いとして知られています。日本において利用される球根においてもオランダから輸入される物が多いです。日本においては元々この花は存在しませんから、何らかの形で入ってこなければ残ることはできません。北信越などの地域においては気候などがうまくあったので栽培がされるようになったのでしょう。

チューリップ(アラジン)の特徴

チューリップにおいては日本に来たのは江戸時代とされています。その時にはほとんど普及することはなかったようですが大正時代になってから新潟において球根栽培が始まります。1963年には新潟県の県花に指定されるようになります。チューリップにおいて有名なこととしてはデリバティブ取引として行われたとされます。いわゆる先物商品の取引です。

自然の作物に関しては気候等によって大きく作付けが異なります。当時非常に人気があったので、業者が一定の価格で仕入れるために先に大量に買う約束をしたのでしょう。このようにしてどんどん広まっていきます。花といえば食べることが出来るものもあるとされています。しかしこの花については毒があるとされています。

球根の糖度については高めになっているので一部の地域では食用として用いられる事があるようですが、一般的には毒性が強かったり、農薬を使っていることもあるのであまり食べないほうが良いとされています。現在は美味しい物もたくさん出回っていますから、わざわざこれを食べる必要はないかもしれません。

なんといっても観賞用としての人気が非常に高いとされています。アラジンに関してはその中でも人気がある種類の一つになります。花びらが非常に大きく大胆になっています。可愛らしいイメージではなく、大人のイメージのする花になります。プレゼントして渡すときにも、少し大人っぽい花が必要なときにいいかもしれません。

pixta_shibazakura

芝桜の育て方

たくさん増えると小さな花がまるで絨毯のように見えることから公園などにも植えられることが多い芝桜は北アメリカ東海岸が原産で...

pixta_hanatoranoo

ハナトラノオの育て方

ハナトラノオは北アメリカ東部を原産地とする植物であり40センチから1メートル程度の大きさに育つ多年草の草花です。かわいら...

pixta_cassava

キャッサバ(マニホット)の育て方

キャッサバ(マニホット)はブラジル南部からパラグアイの辺りを原産地とする植物であり、茎の根元に付く芋は良質な食料となるた...

pixta_iwagibousi

イワギボウシの育て方

名の由来として、日本の昔の木造の付ける欄干や橋寺社などの手すりには飾りがあり、この欄干の先端にある飾りのことを擬宝珠と呼...

pixta_konofitumu

コノフィツムの育て方

コノフィツムは、アフリカ南部(南アフリカ・ナミビア南部)が原産の生息地の多肉植物です。また、ハマミズナ科コノフィツム属に...

pixta_agapansasu

アガパンサスの育て方

生息地の南アフリカから明治時代の中ごろに日本に伝わりました。最初に伝わったのはアフリカヌスという品種だと言われています。...

pixta_nanbuinunazuna

ナンブイヌナズナの育て方

ナンブイヌナズナは日本の固有種です。つまり、日本にしか自生していない植物です。古くは大陸から入ってきたと考えられますが、...

pixta_staperiansas

スタペリアンサスの育て方

サボテン系での育て方の注意点ということでは、他の植物と同じで、日当たりの良い風通しの良い所を好みます。ですので反対に風通...

pixta_murasakigoke

ムラサキサギゴケの育て方

ムラサキサギゴケは、ハエドクソウ科のサギゴケ属になります。和名は、ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)でその他の名前は、サギシバな...

pixta_putitomato

家庭菜園の栽培、野菜の育て方、野菜の種まき

家庭菜園ではプチトマトやゴーヤなど育てやすい野菜を育てるのが人気です。ですが、冬野菜でもある大根の栽培でも、手軽にするこ...

スポンサーリンク

pixta_pepino

ペピーノの育て方

日本的な野菜の一つとしてナスがあります。他の野菜に比べる...

pixta_zeranium

ゼラニウムの育て方

ゼラニウムの主な原産地は南アフリカです。南アフリカを中心...

daiansasu

ダイアンサスの育て方

ダイアンサスは、世界中に生息地が広がる常緑性植物です。品...

pixta_pangy

パンジーの育て方

パンジーの原産はヨーロッパで、生息地は世界世界各国に広が...