植物の栽培によるビジネス

植物の栽培によるビジネス

農業の次世代化は、これまでの従来型の農業からの改革案として、農家離れによる休耕地をいかに活用していくか、食糧難に対応させていくか、対自然災害に有効な手段はないか、というさまざまな観点から研究が取り組まれています。

新しい植物の育て方

農業の次世代化のひとつとして、新たな野菜や花などをまったくの工業ラインで、工場で栽培し生産性をあげて稼ごうというハイテク技術を使ったビジネスが注目されています。植物の成長を促す光源が開発されたことで、室内でも生育管理ができるようになり、野菜や花などを自然環境に影響されずに育成する育て方が可能になったのです。

これによって、パソコンによって生育を管理し、少ない人員で効率的な収穫ができるようになりました。植物栽培の形態も、バイオテクノロジーによって、現在では土を必要としなくなったのです。これにより、土を感染源とする病気になることもなくなり、未来型の農業のひとつの在り方として、これからも発展が期待されています。

植物を介した新しいビジネス

別の観点からは、土作業をを愛する人たちに対して、土地を貸してあげて、野菜を育てたい、植物を栽培したいという人たちの労働力を活かさせてもらおうという取組もあります。これらの人たちに、専門家が育て方の栽培の技術の指導をして、生産物を卸して、収益を上げて、稼ごうという新しいビジネスもあります。

もともと、担い手を失って、休耕地とされていたところに着目して、植物の野菜、花を育てたいという人たちを募って働いてもらう。そして、収穫・出荷を楽しんでもらうという形態のものです。農業の担い手が減っていく中、有望な労働力の活用方法としても期待がされています。

農業界への今後の期待

もともと農業に興味があったという人たちを対象に花の栽培や野菜を育てるという農業への教育制度も各地で実験的に進められています。脱サラして、農業につこうという人たちへの本格的な支援の取り組みにも期待が寄せられているのです。

農業法人が認められるようになって、非農業者でもビジネス参入ができるようになり、やはり休耕地に目を付けて、これを活用していこうという農業用地のリノベーションへの取り組みはその成果が試されているときです。

狭い国土でありながら、われわれの歴史風土を支えてきたのは、まぎれもなく、農業であり、農家の人たちです。かれらの継承者がいなくなるのは避けなければなりません。世襲である必要もありませんので、これに積極的な支援をしながら、日本の農業を守っていかなければなりません。

ひと昔前は当たり前だった田園風景もかなりの数が姿を消していきました。わたしたちはもう一度、花とか野菜に対する接し方を身近に感じながら、なんとか文化としての農業を守っていきたい。そのためには、ビジネスとして成功させる必要があるのです。

pixta_okura_01

オクラの育て方について

夏になれば栄養満点のオクラの栽培方法のコツです。オクラは北海道など一部の地域を除きかなり育てやすい野菜の一つです。スーパ...

pixta_furijia

フリージアの育て方

フリージアは南アフリカ原産のアヤメ科の植物です。ケープ地方に10種類あまりが分布していますが、現在よく栽培されているもの...

pixta_isutakakutasu

イースターカクタスの育て方

ブラジル原産の多肉性植物で、4月初旬の頃のイースター(春分後の最初の満月の後の日曜日)に開花するカクタス(サボテン科)で...

pixta_keshouboku

ケショウボクの育て方

ケショウボクはダレシャンピアという名前で流通していることも多い、トウダイグサ科ダレカンピア属の常緑低木です。メキシコから...

pixta_beet

ビート(テーブルビート)の育て方

ビートの歴史はとても古く、紀元前より利用されています。始めは野生種の先祖型にあたる植物を薬草として利用されていて、ローマ...

pixta_yagurumagiku

ヤグルマギクの育て方

この花の特徴としてはまずは菊の種類であることです。キク目キク科の花になります。野生の状態で青色の状態になっています。です...

pixta_lemonbarm

レモンバームの育て方

レモンバームとはメリッサとも呼ばれるハーブの一種です。南ヨーロッパが原産で、地中海近くが生息地とされています。レモンバー...

pixta_pepino

ペピーノの育て方

日本的な野菜の一つとしてナスがあります。他の野菜に比べると決して美味しそうな色ではありません。紫色をしています。でも中は...

pixta_difenbakia

ディーフェンバキアの育て方

ディーフェンバキアは原産と生息地は熱帯アメリカで、名前の由来はドイツの植物学者であるエルンスト・ディッフェンバッハです。...

pixta_himeryukinka

ヒメリュウキンカの育て方

ヒメリュウキンカの原産はイギリスで、生息地は山野の湿った草原や川沿いの林床などです。原産はイギリスではありますが、自生地...

スポンサーリンク

pixta_urasimasou

ウラシマソウの育て方

ウラシマソウ(浦島草)は、サトイモ科テンナンショウ属の多...

pixta_fukusia

フクシアの育て方

フクシアという植物はアカバナ科の低木ですが、アカバナ科の...

pixta_shakuyaku

シャクヤクの育て方

シャクヤクの最も古い記述については、中国で紀元前五世紀に...

pixta_sprekeria

スプレケリアの育て方

スプレケリアは別名「ツバメズイセン」と呼ばれる球根植物で...