カタナンケの育て方

カタナンケの育て方

カタナンケの草丈は約40㎝ほどになります。寒さに弱い性質を持っている為、冬の時期は霜よけをしてあげる必要があります。また、暑さにも弱いので夏になると枯れてしまう事が多いでしょう。茎には直径約5cmの頭状花をつけます。科属名キク科カタナンケ属になり、ロゼット状の背の低い株から長い花茎を伸ばして成長します。

育てる環境について

暑さに弱く寒さにもそれほど強い植物ではありません。日当たりと水はけのよい場所で育てる必要があります。高温多湿の場所には弱く、暖地で育てる場合は1年草扱いになります。また、寒冷地で育てる場合も、冬の霜にあたっしまうと枯れてしまうこともあります。ただし、地域によっては越冬する事もできます。

酸性土を比較的嫌いますので、植え付けを行う際は苦土石灰をまいて中和しておくと良いでしょう。日当たりを好む植物なので、出来るだけ太陽に光にあててあげる必要がありますが、夏場の直射日光は出来るだけ避けるようにします。夏場は出来れば半日陰の場所で育てた方が良いでしょう。水が溜まりやすい場所などはあまり好みません。

条件さえそろっていれば、それほど手をかけずに育てる事が出来る植物です。水をあげる際は、土の表面が乾いてきたらあげるようにしましょう。育てる場合、つぼみが開かずにそのまま枯れてしまう場合がありますが、育て方というよりはそういう性質なのでそれほど気にする必要はありません。太陽の光加減と水はけのよさが少し気になりますが、

場所さえ良ければ多年草としても育てる事が出来る植物です。なかなか条件を満たす事が出来ない場合も多くなってしまいますが、その場合鉢植えなどで育てれば成功する確率が高くなります。花が萎れてきたら摘み取っておくと、花付きがよくなるので、早めに摘み取るようにしましょう。とてもきれいな植物なので、是非その花を楽しみましょう。

種付けや水やり、肥料について

カタナンケの種をまく時期は春にまくか秋にまく方法がありますが秋口の9月下旬から10月中旬頃に行う方が良いでしょう。種をまく際は直まき又はポットまきで行います。春になるとホームセンターなどで苗が売られている場合があるので、それを利用しても良いでしょう。植え付けを行う場合は、日当たりがよく水はけのよい場所に、

苦土石灰や葉土と堆肥などを混ぜて植え付けをすると良く育ちます。夏場に枯れてしまう事が多い植物ですが、種を容易に採取することが出来るので、翌年も花を見る事が出来るでしょう。暖地で育てる場合は、春まきにすると、花が咲かないうちに夏の高温で枯れてしまう恐れがあるので、秋口に種まきをする方が良いでしょう。

種をまいてから約2週間から3週間で芽が出てきます。ポットに種をまいて芽が出来きて本葉が5~6枚になったら、定植を行います。発芽温度は18℃から20℃くらいになります。定植する場合は株と株の間を20cmくらいあけて植えていきましょう。また、その際、根を傷めないように注意しましょう。過湿をとても嫌うので、

あまり水を多くあげすぎないように注意しましょう。比較的乾き気味に育てた方が良くなります。また、肥料もそれほど必要ありません。元肥をあげたら、栄養が足りなそうであれば追肥する程度で大丈夫です。鉢植えで育てる場合は、緩効性の化成肥料を置き肥する程度で大丈夫です。それほど手をかける必要がないので安心して育てる事が出来る花になります。

増やし方や害虫について

カタナンケを増やす場合は、種で増やすか挿し木で増やす方法があります。挿し木を行う場合は5月頃が良いでしょう。種は花が咲いた後に簡単に採取することが出来ます。それを取っておいて、植えれば簡単に増やす事が出来るでしょう。夏に暑くなる場所や、霜が降りるような寒い場所では1年草になってしまいますが、

種を取る事が出来るのでまけばまた翌年もきれいな花を楽しむ事が出来るでしょう。害虫の心配は特に必要ありません。そてほど虫が付く植物ではないので安心して育てる事が出来るでしょう。増やし方も簡単なカタナンテ。種をとっておけば、どんどん増やす事が出来ます。ガーデニングとしても最適ですし、

たくさん咲いたら切り花としてお部屋に飾っても良いでしょう。青色の花が大変清楚でとても美しい花です。たくさん群生しているのもまた素敵です。それほど手入れも必要としないので花の形も大変可愛らしく、華奢な印象がありますが、お部屋をパッと明るくしてくれる植物です。茎が長いので、ドライフラワーとしても大変美しく見ていて飽きない花ではないでしょうか。

あまり暑過ぎるのも良くありませんが、日当たりを好む植物です。しっかり太陽にあてて育ててあげればしっかり成長することが出来ます。緑の葉の中ですらりと伸びた茎の上に咲くきれいな花。お庭にあるだけで、お庭の印象をガラリと変えてくれます。鉢植えとしても楽しむ事が出来、大変美しく咲いてくれるので、是非その花を楽しみましょう。

カタナンケの歴史

カタナンケ”は原産地が南ヨーロッパになり、日当たりがよく乾燥する場所を生息地としている植物です。別名ルリニガナとも呼ばれる美しい花になります。花の色は青色や白色をしており、透き通るようなその色が大変魅力的な植物です。カタナンケはルニリガナ属の宿根草になりますが、花が終わった後はドライフラワーとして楽しむ事が出来ます。

学名Catananchecaeruleaになり、耐寒性多年草です。比較的花の時期は短かくなります。ドライフラワーの他に、鉢植えや切り花としても楽しむ事が出来ます。学名の”Catananche”はギリシャ語で「強い刺激」という意味になります。古代ギリシャの婦人が惚れ薬として使用していたと言われており、それが由来になったと言われています。

カタナンケの茎を切り取ってみると、白い液が出ます。切り花などにする場合は、この白い乳液をしっかり洗い流してから使用します。独特の香りは香り付けの材料としても利用されています。英名では”キューピットダーツ(Cupid’sDart)”と呼ばれており、なんとも言えない可愛らしい名前が付いている花になります。

ルリニガナ(瑠璃苦菜)は和名になりますが、ニガナの花にとても似ており、また青い花を咲かせる事からこの名前が付けられています。カタナンケの葉は細長くなっています。本来は多年草の植物になりますが、高温多湿に弱い為、夏には枯れてしまうので一年草扱いになってしまう場合もあります。

カタナンケの特徴

カタナンケの草丈は約40㎝ほどになります。寒さに弱い性質を持っている為、冬の時期は霜よけをしてあげる必要があります。また、暑さにも弱いので夏になると枯れてしまう事が多いでしょう。茎には直径約5cmの頭状花をつけます。科属名キク科カタナンケ属になり、ロゼット状の背の低い株から長い花茎を伸ばして成長します。

花は少し特殊な形をしており、花先が割れたような形をしています。花の色は青色や白色をしており、とても涼しげな印象を与えれくれる花になります。茎が長いのが特徴です。その為、茎から切り取って、ドライフラワーや切り花としても楽しむことが出来ます。葉はとても細長く、深緑色をしています。株はロゼットで背が低くなっています。

季節になるとつぼみをたくさんつけますが、その中には花を咲かせずにそのまま枯れてしまうものもあります。夏さえしっかり越すことが出来れば多年草として育ちます。青い花の色が大変魅力的な花ではないでしょうか。お庭にガーデニングとして育てても、お部屋で鉢植えで育ててもとても映える花になります。

切り取ってお部屋に切り花として飾って、ドライフラワーにするのも良いですよね。花びらをたくさんつけるカタナンケは大変きれいな色合いをしており、とても繊細な印象を与えてくれる植物です。花の大きさは3cmから4cmとそれほど大きくはありませんが、とても印象に残る花ではないでしょうか。日本では1年草として扱われますが、上手に栽培すれば翌年も咲いてくれるでしょう。

pixta_naitofurokusu

ナイトフロックスの育て方

ナイトフロックス(nightphlox)とは属名に「ザルジアンスキア」という名前を持ったゴマノハグサ科の植物です。原産国...

pixta_satuki

サツキの育て方

日本が原産のサツキの歴史は古く5世紀から8世紀頃の万葉集にも登場します。江戸時代に多くの品種がつくられました。盆栽に仕立...

pixta_wata

ワタ(綿)の育て方

その後インドでは、この植物の栽培が盛んになり、それは最近まで続いていたということですが、世界に広がったのは意外に遅く、ア...

pixta_ine

植物の栽培によるビジネス

農業の次世代化は、これまでの従来型の農業からの改革案として、農家離れによる休耕地をいかに活用していくか、食糧難に対応させ...

pixta_utugi

ウツギの育て方

ウツギは、ユキノシタ科の植物です。生息地は北海道から九州、奄美大島までの日本の山野や、中国原産のものもあります。落葉性の...

pixta_komatirindou

コマチリンドウの仲間の育て方

コマチリンドウの仲間は、30種ほどあります。もとはヨーロッパ産で、山野草として、自然の中で、そのかわいらしい小さな花を咲...

pixta_mizunakyouna

ミズナ(キョウナ)の育て方

ミズナは関西では”ミズナ”、京都では”キョウナ”と呼ばれる山菜です。原産地は京都になり日本固有の野菜になります。ビタミン...

pixta_streptka

ストレプトカーパスの育て方

イワタバコ科のストレプトカルペラ亜属は、セントポーリアも有名ですが、その次に有名とも言われています。セントポーリアは、東...

pixta_kodemari

コデマリの育て方

コデマリは中国中部原産の落葉低木で、「コデマリ(小手毬)」の名はその漢字が示す通り、小さな手毬のように見える花の姿に由来...

pixta_tamanegi

たまねぎと夏野菜の育て方

たまねぎは秋に植えて、春に収穫します。一方、夏野菜は春に植えて夏に収穫します。畑を作るときには、この春野菜と夏野菜を両方...

スポンサーリンク

pixta_tororiusu

トロリウスの育て方

”トロリウス”とは、ヨーロッパや北アジアを原産とした宿根...

pixta_datyura

ダチュラの育て方

ダチュラといえば、ナス科チョウセンアサガオ属、あるいはキ...

pixta_niwatoko

ニワトコの仲間の育て...

ニワトコの仲間は、ヨーロッパや中国や朝鮮にもありますが、...

pixta_senpelbium

センペルビウムの育て...

センペルビウムはヨーロッパの中部や南部、コーカサス、中央...