グリフィニアの育て方

グリフィニアの育て方

原産国がブラジル連邦共和国原産の”グリフィニア”はヒガンバナ科の植物です。和名”ミニブルーアマリリス”とも呼ばれており、青色のきれいな花を咲かせる植物になります。ブラジル西海岸にのみを生息地としている大変希少価値のある植物です。淡いブルーの花が大変美しい球根植物になっています。

育てる環境について

グリフィニアを栽培する場合は水はけの良い場所で育てる必要があります。また、肥沃な用土を使う事でぐんぐん成長させる事が出来るでしょう。暑さには比較的強い植物ですが、寒さにはそれほど強くない植物なので、冬の時期は注意が必要です。最低温度が10℃くらいまであれば育てる事が出来ますが、

それ以下になる様な場所ならば出来るだけ部屋の中で育てた方が良いでしょう。年間を通じて温暖な気候の中で育てた方が良い植物になります。夏の暑さには比較的強くなりますが、出来るだけ夏場は半日陰の場所で育てた方が良いでしょう。ある程度の温度があれば、しっかり育てる事が出来ます。初夏に一度休眠をし、その後また開花する植物です。

あまりに強い日差しを浴びてしまうと葉焼けを起こしてしまう場合があるので注意が必要です。夏場は出来るだけ直射日光を避けるようにしましょう。生育中は日当たりの良い場所で育て、土の表面が乾いてきたら水をあげるようにしましょう。冬季休眠中は10℃以上の場所で管理します。

外で管理する場合は出来るだけ風通しの良い日陰で断水管理しましょう。日当たりはある程度あれば育てる事が可能です。寒くなるようであれば、冬場も屋内に取り込んであけば問題なく冬越しする事が出来るでしょう。育て方も比較的簡単で、管理もしやすい植物になります。また、風通しの悪い場所で育ててしまうと葉の枚数が増えにくくなってしまうので、風通しには十分注意が必要です。

種付けや水やり、肥料について

栽培方法は冬場の温度管理をしっかり行えば比較的簡単な植物です。あまり出回っていない品種になるので、苗をインターネットなどで取り寄せて育てるようにしましょう。植え付けを行う際は、水はけの良い場所で肥沃な用土のある場所で育てていきましょう。肥料をたくさんあげるとぐんぐん成長していきます。成長期にはしっかり肥料を与えてあげましょう。

植え付けを行う際は、球根の先端が少し顔を出す程度の位深さに植え付けを行います。植え付けを行った際は水をたっぷりあげるようにしましょう。冬季は出来るだけ乾燥気味に育てましょう。夏場は、あまり加湿にならない程度に水をあげます。肥料は切らさずに定期的にあげていきましょう。栄養が豊富な用土を好むので化学肥料をたっぷり与えていきます。

栽培方法は比較的容易です。水はけと肥料に注意をすれば初心者でも育てる事が出来ます。庭植えで育てる場合は深さ5cm程度にし、鉢植えで育てる場合は深さ2cmから3cm程度に植え付けをしていきます。用土は通気性があるものを好みますのでしっかり与えていきましょう。あまり店頭では見かけない花になります。

希少価値が高い花ですから、比較的値段も高くなっています。生育温度など十分に注意をすればきれいな淡い青色の花を咲かせてくれるでしょう。とても美しい花なので、お部屋に映える植物です。なんとも言えない美しさを放つこのグリフィニアを是非上手に育ててみましょう。

増やし方や害虫について

グリフィニアは肥沃で排水の良い土に植えつけを行えば、どんどん勝手に分球て増えていきます。害虫は花にアザミウマが付く場合があります。その為、事前に浸透移行性殺虫剤を土に混入して予防しておくと良いでしょう。また、ハダニが付きやすくなるので、見つけ次第しっかり駆除していきましょう。

せっかくきれいな花を咲かせるグリフィニアですから、是非きれいな状態で育てていきたいですよね。青色と白色のコントラストが大変美しく、葉にも模様があり、見ていて飽きない植物です。とてもきれいな花を咲かせる植物なので、近年では日本でも育てたいという人が増えつつあります。

しかしまだあまり流通していない植物になるので、なかなか見つけるのが困難になってしまうかもしれません。寒さだけ注意すれば比較的育て方が簡単な植物です。冬の寒さなどに注意しながら上手に育てていきましょう。大きめの葉と、細長い花びらがとても印象的で、また涼しげな印象を与えてくれます。見ているだけでなんだか癒されてしまう植物ではないでしょうか。

たくさん鉢植えにして育てても良いですし、庭先に咲かせても良いですね。あまり寒くなる様な地域で育てる方は、鉢植えで育てた方が管理がしやすくなります。またある程度の温度があれば軒先でも十分育てる事が出来ます。成長も早い植物です。きれいな青色の花が咲くととても感動するのではないでしょうか。育て方をしっかりマスターして、是非きれいな花を咲かせましょう。

グリフィニアの歴史

原産国がブラジル連邦共和国原産の”グリフィニア”はヒガンバナ科の植物です。和名”ミニブルーアマリリス”とも呼ばれており、青色のきれいな花を咲かせる植物になります。ブラジル西海岸にのみを生息地としている大変希少価値のある植物です。淡いブルーの花が大変美しい球根植物になっています。

ヒガンバナ科の植物では大変珍しい青花種です。梅雨明け頃と夏の終わり頃に花を咲かせ、花が終わった後に葉を大きく展開します。庭植えや鉢植えで栽培される事が多い花ではないでしょうか。ユリ科の球根植物です。花びらの中心の方は白色をしており、花先にかけて青色に変わっています。

その青と白のグラデーションがとてもきれいな植物です。希少価値が高く、あまり園芸品種としては出回っておりません。その為、手にいれるのであればインターネットなどを利用した方が手に入れやすいでしょう。このグリフィニアは和名でアマリリスと名前についていますが、アマリリスとは別の品種になります。

近年では海外でも非常に人気が高まっており、需要が多くなってきている植物です。日本でもこの大変きれいに咲くグリフィニアを手に入れたいという人が多くなっており、近年では価格が高騰しつつあり、入手困難な植物の一つです。

別名でブラジルの皇后とも呼ばれ、大変希少価値の高い珍しい花になります。ブラジルのリオデジャネイロ近くの岩山に自生しており、花が咲くまでは10年かかってしまうとも言われています。

グリフィニアの特徴

グリフィニアの特徴は、何と言ってもその美しい淡い色をした青色の花ではないでしょうか。どことなく切なく、淡い色をした青色がなんともいえない美しさを醸し出している植物ではないでしょうか。そんなグリフィニアのファンも多くなっており、入手も非常に困難になっています。このグリフィニアの花は、夏頃に花を咲かせ、熟すと勝手にはじけて落ちます。

草丈は15cmから20cm程まで成長します。日向を好む傾向がありますが、夏の暑い時期は半日陰で育てた方が良いでしょう。弱葉に白いまだらの点斑が入るのが特徴です。このグリフィニアの球根はとても良く分球します。その為いつの間にかたくさん増える事があるでしょう。上手に育てれば年に2度花を咲かせるこのグリフィニアは、

一つの花茎で数輪花を咲かせる植物です。花の大きさは3cmから5cmの青色の花を咲かせます。冬になると落葉して休眠させます。耐暑性がある植物なので、夏の暑さには強いですが、冬場は室内で管理した方が良いでしょう。葉よりも先に花茎が立ち上がるのが特徴です。一輪一輪は小さい花ですが、まとまって咲くと大変美しい花になります。

また大きな葉っぱが存在感があり、とても見応えのある花ではないでしょうか。非常に強健で、比較的生育の早い品種になります。茎の先にとても華奢な花を咲かせます。夏に花を咲かせますが、とても涼しげで庭やお部屋にあると、見ているだけで癒されてしまう植物ではないでしょうか。

pixta_yaburegasa

ヤブレガサの育て方

葉っぱから見ると種類が想像しにくいですが、キク目、キク科、キク亜科となっていますからキクの仲間になります。通常は葉っぱの...

pixta_shibazakura

芝桜の育て方

たくさん増えると小さな花がまるで絨毯のように見えることから公園などにも植えられることが多い芝桜は北アメリカ東海岸が原産で...

pixta_jigitarisu

ジギタリスの育て方

ジギタリスの原産地は、ヨーロッパ、北東アフリカから西アジアです。およそ19種類の仲間があります。毒性があり、食用ではない...

pixta_hototogisu

ホトトギスの育て方

ホトトギスは、ユリ科の花になります。原産地は日本になり、特産主として、主に太平洋側に自生する、多年草になります。主な生息...

pixta_sekkoku

セッコクの育て方

セッコクは単子葉植物ラン科の植物で日本の中部以南に分布しています。主な生息地は岩の上や大木で、土壌に根を下ろさず、他の木...

pixta_kurisansemamu

クリサンセマム・ムルチコーレの育て方

クリサンセマム・ムルチコーレの生息地は、ヨーロッパ西部と北アフリカなどの地中海沿岸です。アルジェリア原産の耐寒性または、...

pixta_aguraonema

アグラオネマ(Agleonema)の育て方

アグラオネマはアジア原産の熱帯雨林が生息地のサトイモ科の多年草です。インドから東南アジア、中国南部にかけて約50種類が生...

pixta_goya_02

ゴーヤーの育て方のポイント

ゴーヤーというと沖縄原産のような気がしますが、実際はインドを中心とする東南アジアです。それが中国に伝わりそののちに日本に...

pixta_daimonjinadesiko

ダイモンジナデシコの育て方

ダイモンジナデシコの歴史や由来をたどってみると、ダイモンジナデシコはナデシコ科に属しますが、ナデシコはトコナツの異名をと...

pixta_hakusanitige

ハクサンイチゲの育て方

花の高さは約15センチから30センチで、上記でも述べたように大群落をつくります。その姿は絨毯を敷き詰めたようで圧巻です。...

スポンサーリンク

pixta_rikyubai

リキュウバイ(バイカ...

リキュウバイは別名バイカシモツケと言われています。育て方...

pixta_fozagira

フォザギラ・マヨール...

フォザギラ・マヨールは北アメリカ東部原産の落葉低木です。...

pixta_kamassia

カマッシアの育て方

カマッシアの原産は北アメリカ合衆国の北西部です。生息地も...

pixta_hideriko

ヒデリコの育て方

ヒデリコは高さが20~60cmの小柄な植物で、秋には種子...