ブルーキャッツアイの育て方

ブルーキャッツアイの育て方

ブラジル原産の多年草である”ブルーキャッツアイ”。日本では観賞植物として栽培されています。別名はオタカンサスと呼ばれる花になります。このブルーキャッツアイという名前の由来は、猫の目のような青紫の花が咲く事からそう呼ばれるようになったと言われています。耐寒性はあまりありませんが、とても丈夫で育てやすい花になります。

育てる環境について

このブルーキャッツアイは夏には強い植物ですが、寒さには弱い植物です。耐寒性がないので、冬は室内など入れて育てる必要があります。また、日当たりが良い場所を生息地としている植物なので日光を好みます。また、水はけのよいところを好む傾向にあるので植える場所には注意が必要です。室内で管理をする場合は、窓際など明るい場所で育てるようにしましょう。

また、過湿に弱い植物なので、あまり水をあげすぎないように注意が必要です。土の表面が乾燥してきたら、たっぷりの水をあげるようにしましょう。花が咲き終わったら、切り戻して草姿を整えるようにしましょう。庭に植える際も、日当たりのよい場所で栽培するようにしましょう。冬は鉢を凍らせないように注意が必要です。

多年草ではありますが、霜が降りたり凍ってしまうと一年草になってしまいます。冬場は部屋の中で管理した方が良いでしょう。また出来るだけ乾燥気味に育てる方が育つ傾向にあります。酸性の土を嫌い、あまり肥料が多くても良くありません。肥料や水やりが頻度でないので、割と育てやすい花ではないでしょうか。乾燥気味に育てるようにしますが、

花が咲く時期だけは水が必要になるのでたっぷりと水をかけてあげると良いでしょう。鉢植えの場合は大き目の鉢に植えて育てる方が良いです。それほどお世話をしなくてもしっかり育ってくれる丈夫な花になります。是非青紫色のきれいな花を観賞用として育ててみましょう。冬さえ持ちこたえればきれいな花を長く楽しむ事が出来るでしょう。

種付けや水やり、肥料について

一般的に植え付けを行う場合は、秋に花の咲いた株がホームセンターなどで販売されるのでそれを育てるのが良いでしょう。多湿に弱い性質なので、過湿にならないようやり育てます。あまり頻度の水やりは適していません。ただし、夏場は花を咲かせる為に十分な水が必要になるので切れないように注意が必要です。

草丈が意外と高い植物になるので、花が終わったら切り戻しをしておくと良いでしょう。施肥は緩効性肥料をあげると良いでしょう。酸性土を好まない植物なので、花壇などに植え付けを行う際は酸度を調整する為に苦土石灰などを最初に混ぜておくと良いでしょう。夏場は水が不足してしまうと花付きも悪くなってしまいます。

夏場は半日陰のような場所に鉢を移動させると良いでしょう。逆にあまり日が当たらない場所で育ててしまうと花付きも悪くなってしまうので、半日陰程度の場所で育てる方が良いでしょう。水あげがとても厳しい花になるので、夏場の水やりには注意が必要です。出来るだけ乾燥させないように育てていきましょう。

その為には、鉢やプランターの土が少なめだと水分も少ない状態になってしまうので、出来るだけ大きめの鉢で育てるようにしましょう。生育を良くする為には、たっぷりの太陽の光が必要になります。明るい場所を好むのでしっかり日に当てながら育てていきましょう。ただし日陰では育たないわけではありません。生育が弱まるだけですがやはりせっかくのきれいな花なのでしっかり咲かせてあげましょう。

増やし方や害虫について

ブルーキャッツアイを増やす場合は5月から6月頃にかけて挿し芽で増やす事が出来ます。ただし過湿による立ち枯れに注意が必要です。比較的増やすのが簡単な植物です。春先に出てきた新芽を、三節くらい残して挿し木をし、2週間くらい日の当たらない場所で保存しておき徐々に日の光に慣れさせていきます。

その後、一月くらいしたら鉢に植えなおすと立派な苗になってくれます。植え直しをした後、約1週間くらいたったら十分に肥料を与えるとしっかり成長してくれます。大きめの鉢で育てる方が、水切れの心配をしなくても良いですし、その分大きく育ってくれるのでお勧めです。寄せ植えにして花を楽しむのも良いですね。

青紫色の花が大変美しく見応えたっぷりに育ってくれます。長く開花を楽しむなら、こまめに花がらを摘んであげるようにしましょう。また、置肥程度でも育てる事が可能なので、面倒くさがりの方でも安心して育てる事が出来ます。害虫は特に心配する必要はありません。薬など使用しなくても育てる事が出来るので安心してください。

葉に香りがあるので、ハーブとしてパスタやスイーツに飾って楽しむのも良いでしょう。見た目も涼しげな印象なので、夏場などに花を見るのもとても癒されます。群生させてたくさんのブルーキャッツ合いを楽しんで見るのも良い物です。珍しいネーミングの花になりますが、その名の通り可愛らしいブルーの花を咲かせてくれるので、是非育ててみましょう。

ブルーキャッツアイの歴史

ブラジル原産の多年草である”ブルーキャッツアイ”。日本では観賞植物として栽培されています。別名はオタカンサスと呼ばれる花になります。このブルーキャッツアイという名前の由来は、猫の目のような青紫の花が咲く事からそう呼ばれるようになったと言われています。耐寒性はあまりありませんが、とても丈夫で育てやすい花になります。

宿根草で、ブラジル原産の”snapdragon=キンギョソウ(金魚草)”ということから、またの名を”ブラジリアン・スナップドラゴン(Brazilian-snapdragon)”と呼ばれています。このブルーキャッツアイの葉や茎には独特の香りがあり、ハーブとしても扱われます。ただし使用される際は食用としてではなく、装飾用として使用されます。

青紫色のきれいな花が印象的です。花の中心には猫の目に似た班があり、とても可愛らしい花になります。長い期間花を咲かせてくれるので、その美しさを十分満喫することが出来るでしょう。お庭に植えても楽しむ事が出来ますし、鉢植えやプランターでも栽培することが出来ます。

多年草として扱われていますが、寒い場所で栽培する場合は1年草になってしまいます。とても澄んだ青紫色をしており、どことなく繊細な印象を与えてくれる花になります。見ているだけで吸い込まれてしまう様なきれいな色合いを楽しむ事が出来、比較的育て方も用意なのでガーデニング初心者の方でも十分に楽しむ事が出来るでしょう。

ブルーキャッツアイの特徴

ブルーキャッツアイの特徴といったら、何と言ってもその独特の猫の目の様な花ではないでしょうか。草丈は50cmから70cm程度になり、花弁は上下に広がっています。花の大きさは3cm程になり、きれいな青紫の花の色をしておりで中心部分が白色をしているのが特徴です。茎や葉は意外と硬めになっています。

触ると全体的にべたべたとしており、手が黄色く色づきます。薄青色の花が咲きます。秋にきれいなブルーの花を咲かせてくれ、上手に育てれば翌年も花を咲かせてくれるでしょう。冬に枯らさないようにする為には耐寒温度が5℃以上の環境が必要になります。葉は対生で、披針形をしており、長さは3cmからcm程になります。

葉先は鋭く尖っており、緑色をしています。寒さには比較的弱い植物なので、家の中で育てると管理しやすくなるでしょう。切り花としてや花壇やプランターなどでも育てる事が出来、パッときれいな青紫色の花が目を引く植物です。ブルーキャッツアイという可愛らしい名前が付いた花。青い目の猫を連想させるかのような可愛らしいネーミングですね。

中心部の白い色がとても印象的で、大変可愛らしい花といった印象ではないでしょうか。夏には強い植物なので冬の寒い時期さえ注意すれば大丈夫です。熱帯性の植物ですが、どこか涼しげな印象を与えてくれる花になります。やはり印象的な青紫色がとてもきれいでお部屋の中に飾っているだけでも目を楽しませてくれる花になります。

pixta_ojigisou

オジギソウの育て方

オジギソウは非常に昔から日本人に好かれてきた植物です。そもそものオジギソウの名前の由来を見ると、触ると葉を閉じてしまって...

pixta_mansaku

マンサクの育て方

マンサクの名前がついた由来といわれるものは3つあります。1つは豊年満作というところからきたという説です。マンサクは樹木い...

pixta_putitomato

植物の育て方について

今年はガーデニングで野菜を育ててみようと思っている初心者の方におすすめな野菜の1つがプチトマトです。今まで植物を育てたこ...

pixta_nasu11

失敗しない植物の育て方または野菜の栽培の方法

植物や野菜の育て方は、難しいと思われがちですが、植物や野菜の栽培が初心者だという人には、家庭菜園をお勧めします。プランタ...

pixta_yorugao

ヨルガオの育て方

ヨルガオというものは朝顔の仲間でもあるもので、熱帯アメリカ原産であり寒さに弱いものですので、一年草として扱われているもの...

pixta_noazami

アザミの仲間の育て方

アザミの仲間の種類は多く、科属はキク科アザミ属です。生息地で言うと、日本に多く見られるのは、日本が原産国であるためです。...

pixta_amerikatemarisimotuke

アメリカテマリシモツケの育て方

アメリカテマリシモツケは、北アメリカが原産だと考えられており、現在テマリシモツケ属の生息地はアジア東部や北アメリカ、メキ...

pixta_nosepol

ノースポールとハナナの育て方

クリサンセマムは可愛いキク属の花です。クリオスに金という意味が、アンセマムには花という意味があります。クリサンセマムと呼...

pixta_nabana

ナバナ類の育て方

ナバナ類と人類との歴史は古く、その関わりは現代でも続いています。地中海沿岸が原産の野菜であり、最初の利用は麦畑を生息地と...

pixta_satuki

サツキの育て方

日本が原産のサツキの歴史は古く5世紀から8世紀頃の万葉集にも登場します。江戸時代に多くの品種がつくられました。盆栽に仕立...

スポンサーリンク

pixta_hatuyukikazura

ハツユキカズラの育て...

ハツユキカズラはキョウチクトウ科テイカズラ属で、日本の本...

pixta_shibazakura

芝桜の育て方

たくさん増えると小さな花がまるで絨毯のように見えることか...

pixta_mukuge

ムクゲの育て方

ムクゲはインドや中国原産とされる落葉樹です。生息地は広く...

pixta_chaibu

チャイブの育て方

チャイブは5000年ほど前から中国で食用として利用された...