モナデニウムの育て方

モナデニウムの育て方

モナデニウムは日当たりのいいところで栽培をします。そして育て方は土が乾いたらたっぷりの水を与えてあげます。塊根タイプの植物でケニア周辺が主な原産地になっていて、暖かい場所で育っている植物になっています。標高の低い乾燥した草原などが生息地になっています。そしてモナデニウムはユーフォルビアの仲間になっています。

育てる環境について

モナデニウムは日当たりのいいところが好みの植物です。ですのでできるだけ日当たりがいい場所で保管することが大事になってきます。そしてモナデニウムは根張りが弱い植物です。ですので、冬の季節は断水をしたりしますが、あまり与えないでいると、細根が枯れてしますことが起こってしまったりします。

そうなると再生をするにも時間がかかってしまいます。だからできるだけ断水するとしても月に一回ぐらいは水を与えてあげると根が枯れる心配がないです。そして水を与えるときには、土を軽く湿らせる感じに与えるといいです。また肥料を与える時は、不足しない程度に成長期の夏などには気をつけておかないといけないです。

与える肥料に関しては、液肥などがよくて薄めたものなどがいいです。また土に混ぜ込んでおくなども効果的です。そして気温に関しては、モナデニウムは夏には強いですが、どうしても寒さには弱くなってしまいます。それに休眠中などになるので、できるだけ寒い時期になってきたら、室内で管理してあげるといいです。

室内の暖かい場所で管理してあげて、また暖かくなってきたら、室外で育てるといいです。そして冬場は室内に移動させますが、それでも日の光を当ててあげるのも大事です。日の光を当てることによって、強く丈夫になります。だから冬の休眠中であっても時々は、昼間など気温が比較的高くなるときに、日の光をしっかりと与えてあげることによって、強い植物に育っていきます。

種付けや水やり、肥料について

モナデニウムの水やりに関しては、基本的には乾いたらたっぷりとした水を与えてあげます。あまりまだ乾いてない状態で与えすぎてしまうことだけは気をつけてあげるといいです。そして成長期の時はモナデニウムの場合は夏になります。だから夏になったら、土が完全に乾いた状態になったときに水をたっぷりと与えてあげることが大事です。

しかしもしも日光の光がたくさん当たるところであれば頻繁に水を与えてあげてもかまわないです。だから置く場所はモナデニウムは明るい日当たりのいいところが好みですので、明るいところに置いてあげて水分を与えてあげるようにします。そしてどんどん気温が下がってきて、夏が終わりに近づいてきたら、今度は水の量や回数などを減らしていってあげます。

減らしたり、回数を少なくしたりしないと、今度は与えすぎになってしまったりします。だからできるだけ気温の下がりはじめから徐々に減らしていきます。そして寒くなってくると、葉が枯れ落ちてきます。枯れ落ちてきたときには、あまり水を与えないで、春までは断水気味にしていきます。

完全に断水をしてしまったりすると、どうしても根が枯れてしまいます。だからまったく与えないのではなく、月に一回程度水を与えたりして時々は様子をみてあげるといいです。根が枯れてしまったりすると、なかなか再生するのにかなり時間がかかってしまったりします。また肥料に関しても不足しすぎないように気をつけてあげます。

増やし方や害虫について

モナデニウムはさし木にして増やすことが可能な植物です。大きくなってきてしまって、そろそろ切りそろえたいと思ったときにさし木にするといいです。時期的には6月ぐらいに行なうのがちょうどいい感じになっています。そして6月ぐらいにカットしたときに、切り口から液がでてきます。この液は触ってしまったりするとかぶれの原因になったりしてしまいます。

だから切り口は触らないようにして、洗い流すのが大事になってきます。そして肥料分をほとんど含まない土で通気性や保水性が高い鹿沼土に植えるといいです。そして挿した直前には水をたっぷりと与えて、その後は乾いてきたら水をあたえるようにしておけば大丈夫です。できるだけ発根をしてしっかりするまでは管理をきっちりとして、乾燥しすぎないようにしてあげるといいです。

そして乾燥してしまう前に水を与えますが、また与えすぎてしまうと根ぐされをして発根できない状態になってしまいますので、気をつけないといけないです。そしてモナデニウムは風通しのよい一年中、日光の光があたる場所で育てることが大事です。だからしっかりと日の光があたる場所に置いておくことが大事です。

あまり日の光があたらない場所にあると、細く長く伸びていってしまいます。また他にも害虫の心配が出てきてしまいます。あまり日の光にあたらないで育てていると、風通しもあまりよくない状態になってしまって、害虫が発生してしまいます。害虫の発生を防ぐためにも日当たりにはきをつけます。

モナデニウムの歴史

モナデニウムは日当たりのいいところで栽培をします。そして育て方は土が乾いたらたっぷりの水を与えてあげます。塊根タイプの植物でケニア周辺が主な原産地になっていて、暖かい場所で育っている植物になっています。標高の低い乾燥した草原などが生息地になっています。そしてモナデニウムはユーフォルビアの仲間になっています。

だから個性的な形をしています。あまり有名な植物ではないので、変ったものを育ててみたいという方にとってはぴったりの植物です。そしてユーフォルビアの仲間ですので、葉や幹を切ったり、傷つけてしまったりしたときに、白い液がでてきます。この白い液は触ってしまったりするとかぶれてしまう原因になります。

だからお手入れをする際には手袋などをして触るようにするといいです。さし木などをしたり切り戻しをしたりする際には、白い液を直接触らないようにして、またすぐに洗い流すといいです。そして夏などは野外で日当たりのいいところに育てることがおすすめですが、冬になってきたら、室内に移動させることがいいです。

野外でも育てることができる場合もありますが、あまり寒くなってしまう場合は外に出さないほうがいいです。冬は暖かい室内で管理してあげることが大事です。そして気温も上がってきたら、モナデニウムの成長期になりますので、しっかりと日の光をあててあげて、害虫の被害を合わないようにしっかりと風通しのいいところに保管してあげるようにするといいです。

モナデニウムの特徴

モナデニウムは日当たりがいい環境で育てます。一年中日当たりのいいところに置いておくのがよくて、また風通しのいいところで育てるのがいいです。だから日の光を浴びて育っているのかどうかによって、成長がかなり変ってきてしまいます。あまり日の光を浴びないで育ってしまうと、茎が長く伸びて成長してしまいます。

だからあまり長く伸びて成長してしまったりすると、細く長くで弱々しかったりしますので、伸びすぎてしまったときには気って分岐させてあげてもいいです。そしてあまり伸びすぎないように日光の光が十分当たる場所に変更してあげるといいです。また風通しも大事になってきます。

風通しが悪くなってしまったりすると、どうしても蒸れてしまったりしますので、害虫の被害にあいやすくなってしまいます。植物が弱ってしまったり、また枯れてしまったりする原因になってしまうので、風通しも一年を通じてしっかりとできる環境で育てることが大事になってきます。そして水やりに関してはあまり与えすぎてはいけないです。

与えすぎてしまうと、根腐れの原因になってしまったり枯れてしまいますので、水分は上げすぎは注意が必要です。だから夏場などの成長期になってくると、土が乾いたらしっかりと水を垂れるまで与えておきます。そして水はけのいい土に植えておくことも大事になってきます。また今度は冬場になってきたら、あまり与えないで、ほとんど断水状態にして管理をしていきます。

pixta_putiasuta

プチアスターの育て方

キク科カリステフ属のプチアスターというこの花は、中国北部やシベリアを原産国とし1731年頃に世界に渡ったと言われておりま...

pixta_wasurenagusa

ワスレナグサの育て方

そのような伝説が生まれることからもわかりますが、原産はヨーロッパで、具体的には北半球の温帯から亜寒帯のユーラシア大陸やア...

pixta_soba

ソバの育て方

この植物の歴史では、奈良時代以前に栽培されていたということは確実で、700年代前半の書物に関係の内容が書かれているという...

pixta_sedam

セダムの育て方

セダムとは、ベンケイソウ科マンネングサ属(マンネングサぞく、学名: Sedum)に属する植物の総称で、園芸の世界では、学...

pixta_kifugetou

キフゲットウの育て方

キフゲットウは東アジアとインド原産のショウガ科ハナミョウガ属の高さ1メートル以上になる熱帯性多年草です。日本でも沖縄県か...

pixta_seiyouhiiragi

セイヨウヒイラギの育て方

クリスマスなどによく見られるかわいらしい赤い実を多くつけるセイヨウヒイラギの花言葉は「神を信じます」「将来の見通し」「不...

pixta_asagao11

植物の栽培について アサガオの育て方

育てやすい植物の代表として挙げられるのがアサガオです。最近は色や模様も様々なものが登場しています。アサガオの育て方は比較...

pixta_seiyouninjinboku

セイヨウニンジンボクの育て方

学名はビテックス・アグヌス・カストゥスといいます。シソ科の植物で、原産地や生息地は南ヨーロッパや西アジアなどです。 ...

pixta_yuri

ゆりの育て方

ゆりは日本国であれば古代の時期から存在していました。有名な古事記には神武天皇がゆりを摘んでいた娘に一目惚れして妻にしたと...

pixta_midorinokaten

緑のカーテンの育て方

緑のカーテンの特徴としては、つる性の植物であることです。主に育てるところとしては窓の外から壁などにはわせるように育てるこ...

スポンサーリンク

pixta_kuri

クリ(栗)の育て方

クリの歴史は非常に古いものであり、縄文時代の遺跡である三...

pixta_madagasukarujasumin

マダガスカルジャスミ...

一般的なジャスミンはモクセイ科になります。キンモクセイな...

pixta_ginura

ギヌラの育て方

ギヌラは、アフリカからマレー半島にかけてが主な生息地とす...

pixta_kannyou01

植物の上手な育て方を...

生活の中に植物を取り入れることで、とても豊な気持ちになれ...