ホトトギスの育て方

ホトトギスの育て方

ホトトギスは、ユリ科の花になります。原産地は日本になり、特産主として、主に太平洋側に自生する、多年草になります。主な生息地は、日陰のやや湿った斜面や崖、岩場などに見られますので、公園などの身近な所ではあまり見かけないかもしれません。日陰でも十分に育てることができるということから、初心者でも安心して育てることができる花として、有名です。

育てる環境について

初心者向けの花として、大変有名なホトトギスですが、育て方で気をつけなくてはいけない事とは、一体何なのでしょうか。それは、あまりにも直射日光が当たるような場所では育てないという事です。鉢植えや庭植えなど、色々な場所で育てても、あまり影響はありませんが、よく風が通る所で、且つ日陰が最適です。

ですので、お庭が広々としていて、太陽の光がよく当たるという事であれば、鉢植えにして、日陰の場所を選んで育ててあげるようにしましょう。そして、葉を傷めないように、空中の湿度を適度に保ってあげる事も大切です。できる限り、50%から60%を保てるようにしてあげましょう。あまりにも空気が乾燥しすぎるような所で育ててしまいますと、

葉が傷んでしまう可能性がありますので、注意が必要です。ですので、乾燥しやすい所で育てる場合には、逆に風が当たりすぎ無いように防いであげる必要があります。そして、周囲に人工芝を引いてあげて、その人工芝に打ち水をしてあげると、乾燥しやすい所ではあったとしても、適度に湿度を保つ事ができますので、大変おすすめですよ。

また、庭に植えて育てる場合には、土を少し盛り上げてあげると良いでしょう。そして、水やりをするときは、あげすぎに注意です。庭植えの場合には、よほど晴天が続かない限りは、水やりをしなくても十分です。しっかりと毎日、花の様子を観察して、水のあげすぎや乾燥に気をつけてあげて下さい。そうすれば、綺麗な花を咲かせてくれます。

種付けや水やり、肥料について

ホトトギスは、初心者でも育てやすい花ではありますが、水やりや肥料など、それでも気をつけなくてはいけない事は沢山あります。まず、水やりで気をつけなくてはいけないポイントとは、一体なんなのでしょうか。鉢植えで育てる場合には、表土が乾いてきましたら、十分に与えてあげなくてはいけません。

ですが、庭植えで育てた場合には、特別に毎日水をあげる必要はありませんので、覚えておきましょう。先ほども述べました通り、庭植えの場合には、よほどの晴天が続かない限りには、特別に水やりをする必要はありません。そして、肥料に関しましては、植え替えるときに、元肥として、リン酸の多い暖効性の化成肥料を施してあげましょう。

量は、4号程度の鉢植えで、ひとつまみ程度になります。また、3月から5月にかけて、親指大の固形の油かすを月に1度施してあげましょう。そして、6月から10月にかけて、リン酸が多めの液体肥料を週に1度施してあげると良いでしょう。その際に、原液をそのまま施してあげるのではなく、2000倍に薄めたものを用意してあげる事が重要です。

ですが、普通のホトトギスではなく、小型の品種を育てる場合には、上記の量を与えてしまっては、肥料の与えすぎになってしまいます。ですので、その場合には、書かれている量の半分程度を意識して、施してあげるようにして下さい。特に、肥料を沢山施してあげる花になります。ですので、育てる際には、きちんと育て方を考えてあげましょう。

増やし方や害虫について

せっかく育っているホトトギスを、沢山増やしたいといった場合には、どうすれば良いのでしょうか。沢山の方法がありますので、自分に合った方法を探してみましょう。まず、株分けになります。植え替えをする際に、自然に分かれている部分を選んで、そのまま分けてあげて下さい。大きな芽であれば、1本にしてしまっても十分です。

次はさし木になります。5月から6月にかけて、茎を3から5節つけて切ってあげましょう。そして、清潔な用土を用意して、さしてあげれば完璧です。川砂や赤玉土、鹿沼土、バーミキューライトなどを用意してあげれば、十分ですよ。そして、次はタネをまくという方法です。ホトトギスのタネは、11月から12月の上旬あたりに出来ます。

ですので、タネを取りましたら、乾燥させて保存しておきましょう。実際にまく季節は、2月から3月になります。その時に用意する用土は、特別に何かを用意しておく必要はありません。親株のものと同じで十分です。まいたタネが、順調に成長しますと、タネをまいた年の秋に開花する事ができます。ですが、ホトトギスは病気や害虫に侵されやすい花になりますので、注意が必要です。

特に、5月から9月に関しましては、白絹病に掛かる可能性があります。気付かないまま放置してしまいますと、毎年発生してしまう可能性があります。また、ナメクジやカタツムリもつきやすい花になりますので気をつけて下さい。柔らかい新芽や若葉が食べられてしまう可能性がありますので、梅雨の時期はしっかりと鉢裏などをチェックしてあげて下さい。

ホトトギスの歴史

ホトトギスは、ユリ科の花になります。原産地は日本になり、特産主として、主に太平洋側に自生する、多年草になります。主な生息地は、日陰のやや湿った斜面や崖、岩場などに見られますので、公園などの身近な所ではあまり見かけないかもしれません。日陰でも十分に育てることができるということから、初心者でも安心して育てることができる花として、有名です。

ですので、何かガーデニングを始めてみたいと思っている人は、是非、ホトトギスを育ててみることをおすすめ致します。ですが、庭などにたくさんの花と混じって育ててしまいますと、育ちが悪く、枯れてしまう可能性があります。他の植物との競争に弱いタイプのものもありますので、育てる際には、初心者でも簡単に育てることができるからといって、

何も調べないで適当に育てるのではなく、きちんと育て方を理解してから栽培するようにしましょう。ホトトギスは、葉の脇に直径2センチから3センチ程度の紫色の斑点のある花を、1から3輪上向きに咲かせる大変可愛らしい花です。茎は、普通に枝分かれせずに、真っ直ぐか斜めに伸びるといった特徴があります。

場所や地域によっては、弓なりに垂れることがありますので、環境によって左右される事を覚えておきましょう。園芸店に行けば、昔から馴染みのある種類の花もあれば、まだら模様の園芸品種など、様々な種類のホトトギスを見かける事ができるでしょう。是非、育てる際には、自分の好みに合わせて、花を購入するようにしてください。

ホトトギスの特徴

ホトトギスの特徴は、なんと言いましても、環境に左右されるという事です。先ほども述べました通り、地域や場所によっては、花の形が異なります。茎が普通に枝分かれしないといった事から、育てる際には、十分に注意が必要です。ですので、育てる際には、きちんと支柱を添えてあげて、茎が変な方向に行かないように、しっかりと配慮してあげましょう。

ですが、茎が丈夫なタイワンホトトギスと呼ばれる園芸品種であれば、支柱がなくても十分に育てる事が可能です。また、その系統の園芸品種であれば、同様に支柱はいりませんので、自分がどの園芸品種の花を購入したのかというのは、きちんとチェックしておく事ようにしましょう。そして、ホトトギスは、大変初心者でも育てやすい花だという事で、大変有名です。

その理由としてあげられるのが、水はけさえ良い土を用意してあげれば、十分に育てる事が可能だからです。ですので、細かくこういった用土を用意しなくてはいけないといった事はありません。水はけの良さに注意して、土を用意してあげましょう。育てている上で、もしかしたら土が乾いているかもしれないと感じましたら、

軽石の配分を減らすなどをして、調節してあげましょう。滅多な事が無い限りは、正しく育てる事で枯れる事はありません。ですが、いくら簡単で初心者向けの花だとは言いましても、花は生きておりますので、適当に育てるという事はやめましょう。ガーデニングをする際には、きちんと準備を整えて、育て方を理解する事が大切です。

pixta_itirinsou

イチリンソウの育て方

イチリンソウは日本の山などに自生している多年生の野草でキンポウゲ科イチリンソウ属の植物です。元々日本でも自生している植物...

pixta_horihokku

ホリホックの育て方

この花については、アオイ木、アオイ科、ビロードアオイ属になります。見た目からも一般的な葵の花と非常に似ているのがわかりま...

pixta_karumia

カルミアの育て方

カルミアはツツジ科に属している植物のことで約7種類が世界で認められています。北アメリカやキューバが原産とされていて、主に...

pixta_rabenda

ラベンダーの育て方

ラベンダーはシソ科の植物で、精油などにもよく使われています。実はこのラベンダーの精油はなんと古代ローマ時代から使われてい...

pixta_erisimamu

エリシマムの育て方

エリシマムはユーラシア大陸からアジア全般に向けた広大な地域に生息している植物であり、比較的温暖な地域に生息する多年草とな...

pixta_enisida

エニシダの育て方

エニシダはギリシャ語のクローヴァーや詰草といった意味の言葉に由来していると言われています。ヒトツバエニシダ属 が、和名の...

pixta_serinsemayoru

セリンセ・マヨールの育て方

セリンセ・マヨールは、セリンセの園芸品種です。セリンセはムラサキ科キバナルリソウ属の一年生です。「黄花瑠璃草」という和名...

pixta_furijia

フリージアの育て方

フリージアは南アフリカ原産のアヤメ科の植物です。ケープ地方に10種類あまりが分布していますが、現在よく栽培されているもの...

pixta_dikusonia

植物の育て方や栽培方法についてのコツとは

老後の趣味やインテリアの一環として観葉植物を育てる方が増えており、それに比例して園芸店なども人気が上昇中となっています。...

pixta_bindesu

ビデンスの育て方

アメリカを主とし世界じゅうを生息地としていて、日本でもセンダングサなど6種類のビデンスが自生しています。世界中での種類は...

スポンサーリンク

pixta_kodatiaroe

コダチアロエの育て方

アロエの種類は約300種類にものぼり、大変種類が多い植物...

pixta_tyorogi

チョロギの育て方

チョロギはシソ科の植物です。中国が原産の植物です、日本に...

pixta_matu

マツの育て方

マツ属はマツ科の属の一つで、原産はインドネシアから北側は...

pixta_primuramarakoi

プリムラ・マラコイデ...

プリムラは、原産は中国雲南省です。花形からもどこか中国か...