レーマンニアの育て方

レーマンニアの育て方

観賞用として栽培されているエラータは葉っぱの形が楕円のような形をしていて、5月ぐらいか暑いシーズンになると、花茎が長い花を咲かせると言われています。こういう花の形はまるでキツネノテブクロとも呼ばれているジキタリスというプラントに酷似しているとされています。高さは1メートル程度であり、花が咲くシーズンには次々と咲いてくるとされています。

育てる環境について

育て方として、観賞用のエラータの場合は前の段落で書いたように温暖なところでも丈夫に生育しますが、温度が高く、湿り気が大いにあるところを苦手としているので育てる場合には風通しが良好で気温が低いところで育てるのがベターだとされています。暑さには弱いと言われている反面、寒さに強い特質を持っていますが、小さい苗の場合は寒いところだと傷んでしまう場合があるので、注意深く栽培するのが大切です。

使用する土は排水の機能に秀でていて、有機質に富んでいる土がベターだとされています。種子を植える場合は少し気を付けておかなければならない事項があり、種子の大きさが小さいので、植える際には土に埋めないでおくか、ほんの少し埋めるだけが適切だと言われています。

漢方薬の材料として使われている和名がアカヤジオウグルティノサの場合はエラータより栽培が難しいとされていて、育てていると知らない間に枯れてしまっているというケースも実在しているそうです。また和名がアカヤジオウのグルティノサは収穫量が少ないとされているので、国内総生産第2位の国では品種改良が行なわれるようになりました。

また、某製薬関連のカンパニーでアカヤジオウとカイケイジオウと呼ばれているプラントを交雑させたプラントを漢方薬として利用したケースも実在していますが、今のトレンドとしては、学名の一部にグルティノサが付けられているカイケイジオウがメインとして使われているそうです。

種付けや水やり、肥料について

レーマンニアエラータの育て方を見ていきますが、種子をまくシーズンは秋または春であり、そういうシーズンに済ませておくのが賢明です。また発芽するための温度も決まっていて摂氏15度から摂氏20度弱が適しているので、秋にまく場合には気温が低下しがちになるので気を付けておくのが大切です。

まき方については、前述に書いたように小さな種であるので土に埋めないようにしてまくか、埋めるとしてもミリ単位で埋めて種子をまくのがベターです。違う場所で植えかえるのであれば苗が手でつまめるほどの大きさにしてから行なうのが最も適しているタイミングです。水やりに関しては鉢植えでの栽培は、少し乾燥した様子にしておいて表面部分が乾いてきたら与えるようにしておきます。

地植えで栽培している場合には乾ききったら水を与えるようにするのが適しているとされています。肥料は過度に与えなくとも構いませんが、植え付けた後、または芽が生長するシーズンに与えるようにし、生長が盛んに行なわれている場合には10日に1度の頻度で肥料を与えるようにします。

日当たり、または少し日陰になっている場所を好むので、そういったところで育てるのがベターですが暑さ、湿気があるところを嫌うので暑いシーズンになれば少し日陰になっていて涼しいところに置くのが適しています。冬の管理ですが、寒さに強い特質を持っているので、暖かい地域で栽培している場合は外で越冬させるのも可能です。

増やし方や害虫について

繁殖の仕方としては種子をまいて育てる以外にも株分けという手段も実在しています。害虫に関してですが、基本的に害虫による被害は小さいとされていますが、気を付けておきたいのはナメクジなどされています。ナメクジはレーマンニアエラータだけではなく、そういった品種のプラント以外の園芸用のプラント、野菜に害を及ぼすとされていて、

殻はないですがカタツムリなどの巻貝の仲間に分類されています。我が国で見られるナメクジは我が国を原産としているナメクジだけではなく、外国から渡ってきた外来種のナメクジも棲息しています。ナメクジは栽培しているプラントを食い荒らしますが、駆除をする際には、疾患のもととなる菌を持っているので素手で触らないようにするのがベターです。

駆除をする手段はいくつか実在していて、例に出して言うならば、缶ビールの残りを置いておくという手段、塩または砂糖などを振りかけるという手段、駆除用の薬剤をかけるという手段などが列挙されています。缶ビールの残りを置くのが適切であるという訳は、ビールのにおいがナメクジを誘引して、缶に落ちて死亡するからだとされています。

ビールのにおいに強いナメクジも実在していますが、そういう場合に備えてビールに塩などを加えるのが有効だとされています。なお、ソーセージの国ではビールによるナメクジの退治法がメジャーだとされています。またガスバーナーの火を使って退治するという手段も実在しています。

レーマンニアの歴史

レーマンニアというプラントは国内総生産第2位の国を原産とするプラントであり、またそういうところに生息地としています。こういう名前を聞くと地黄という漢方薬をイメージする者もいるそうですが、漢方薬として使われているプラントはレーマンニアグルティノサという学名を持つアカヤジオウという品種のプラントであり、

観賞用として栽培されている品種はレーマンニアエラータという品種のプラントだとされています。エラータの方はどうやら薬として使用するのが不可能だそうです。なお、グルティノサは前に述べたように昔から漢方薬として使用されてきたプラントであり、使われている漢方薬としては八味地黄丸、六味地黄丸、炙甘草湯などが列挙されています。

紀元1世紀から3世紀にわたって成立した国内総生産第2位の国の文献にもそういうプラントを使った漢方薬に関する事項が記載されています。なお、14世紀後半から17世紀ぐらいまでの国内総生産第2位の国で出版された文献ではニラ、ネギといった野菜と一緒に摂取するのはタブーだと言われています。八味地黄丸の材料にして、服用した場合の効能は、

尿が頻繁に出てくるという症状、足腰が痛むという症状などを改善させると言われており、炙甘草湯の材料にして、服用した場合は動悸、息切れなどの症状に効果があるとされています。グルティノサのほうも主に血液の流れを改善させたり、鼻血などの出血を抑えたりする効果を持っています。

レーマンニアの特徴

観賞用として栽培されているエラータは葉っぱの形が楕円のような形をしていて、5月ぐらいか暑いシーズンになると、花茎が長い花を咲かせると言われています。こういう花の形はまるでキツネノテブクロとも呼ばれているジキタリスというプラントに酷似しているとされています。高さは1メートル程度であり、花が咲くシーズンには次々と咲いてくるとされています。

なお、寒さにやや強い特質を持っていますが、暑さに弱いところもあり、また湿度が高いところも嫌うと言われていますが、温暖なところでは育つとされています。アカヤジオウの和名を持っているグルティノサのほうは草の高さが20センチか、30センチ程度であり、エラータより低いとされていて、花の色も薄いピンク色をしています。

なお、エラータは濃いピンク色をしています。また茎などには毛が生えていて、地下茎と呼ばれている部分は太く、赤っぽい褐色をしていて横へと這っていくという特質を持っています。実にも少し変わった特質を持っていて、熟していくと下の部分が破れていって、実に実在している種子がばらまかれるという特質です。

前に記述しているようにグルティノサは薬用をメインとして栽培されていますが、和名としての名前の由来は根っこの色、あるいは国内総生産第2位の国の大陸で使われていた土が黄色を帯びていたという由来から名づけられたとされていますが、仲間のプラントであるシロヤジオウと区別する為に名づけられたとも言われています。なお、シロヤジオウも学名の一部にグルティノサが付けられています。

pixta_vanila

バニラ(Vanilla planifolia)の育て方

バニラは古くから香料として用いられていました。現在でもアイスクリームの香料などに用いられていますが、その歴史は非常に古い...

pixta_hourensou_01

プランターで栽培できるほうれん草

ほうれん草の生育適温は15~20°Cで、低温には強く0°C以下でも育成できますが、育ちが悪くなってしまうので注意が必要で...

pixta_prektransas

プレクトランサス(観葉植物)の育て方

プレクトランサスは、シソ科、ケサヤバナ属となります。プレクトランサスの生息地はアジア・アフリカ・オーストラリアの熱帯や亜...

pixta_naitofurokusu

ナイトフロックスの育て方

ナイトフロックス(nightphlox)とは属名に「ザルジアンスキア」という名前を持ったゴマノハグサ科の植物です。原産国...

pixta_risimakia

リシマキアの育て方

リシマキアは育て方も簡単に行なうことができて、栽培しやすい植物になっています。それに原産国は北半球です。そしてサクラソウ...

pixta_farenopusisu

ファレノプシス(コチョウラン)の育て方

学名はファレノプシスですが、和名をコチョウランとも言い、日本でランと言えば、胡蝶蘭を思い浮かべるくらい有名で、人気がある...

pixta_tyanoki

チャノキの育て方

そのように非常に日本でも親しまれているチャノキですが、元々は熱帯地方の植物で、ツバキ科ツバキ属の常緑樹ということですから...

pixta_okahijiki

オカヒジキの育て方

オカヒジキの原産地は日本や中国、シベリア、ヨーロッパ南西部です。「ヒジキ」と言いますが海藻ではなく海辺の砂地などを生息地...

pixta_himeougizuisen

ヒメヒオウギの育て方

現在の日本国内で「ヒメヒオウギ」と呼ばれる植物は、正式名称を「ヒメヒオウギズイセン」と言います。漢字では姫の檜の扇と書き...

pixta_komatsuna

小松菜の栽培に挑戦してみよう。

今回は、小松菜の育て方について説明していきます。プラナ科である小松菜は、土壌を選ばず寒さや暑さにも強いので、とても作りや...

スポンサーリンク

pixta_gajumaru

観葉植物を育ててみよ...

初めての人でも比較的簡単に栽培することが出来る観葉植物の...

pixta_hatuyukikazura

ハツユキカズラの育て...

ハツユキカズラはキョウチクトウ科テイカズラ属で、日本の本...

pixta_hotarubyukuro

ホタルブクロの育て方

ホタルブクロの特徴として、まずはキキョウ目、キキョウ科で...

pixta_snapendou

スナップエンドウの育...

スナップエンドウは若くてみずみずしい食感を楽しませてくれ...