自宅で植物をうまく育てるには

自宅で植物をうまく育てるには

自宅、特にアパートなどで一人暮らしをしていると、部屋の中の潤いが不足しがちになります。そこで植物などを部屋の中に置いてみると、緑の色彩が目に優しいですし、何より生き物がそこにあるという感覚が、心を和ませてくれるのです。

しかし、植物というのはただの無機的なインテリアではなく、生きているので、育て方に注意して、しっかりと育てることが必要です。あまりの元気のないものよりも、元気なものの方が、見ていても気持ちのよいものですし、精神的な効果も期待できます。

植物の育て方の注意する点

植物の育て方には、その種類によって注意する点があります。本来は自然の中で育つものなので、部屋の中では環境が大きく異なります。そこで、水やりの回数や量、あるいは明るさや温度管理などに気をつけなければなりません。

この点では、自分の部屋の環境になるべく適した種類を選ぶのがよいでしょう。それだけ、特別な注意をする必要が少なくなります。また、同じ種類でも、栽培の仕方によって育て方が違うこともあります。

具体的には、植木鉢で育てるかプランターで育てるか、いくつかの種類を一緒のプランターなどで育てるか別々に育てるかといったことです。これも、広い意味では、育てる環境ということになります。

植物の栽培時のポイント

一方、このような環境づくりとは別に気を配るべきポイントがあります。それは、こまめに様子を見るということです。植物も生き物なので、同じように育てていても、そのときの状態は時々刻々と変化しますし、病気になったりもします。

環境を整えるだけでは、これらの変化に対応することは出来ません。もちろん、動物の様に、その変化は急速なものではありません。そこで、一日のうちに時間を決めて、一日一回でも多少丁寧に様子を観察することが大切なのです。

もちろん、専門家ではないのでぱっと見て調子の良し悪しを判断するのは簡単ではありません。しかし、昨日とはなんとなく違うところを見つけることはそれほど難しいことではないのです。このような違いの中に、状態の悪化や病気の発生を見つけることが出来るかもしれません。

前にも書きましたが植物の栽培、育て方のコツはこちら♪

植物を育てる楽しさ

また、このような違いは、病気などの悪い変化だけではなく、植物の成長の様子を観察することにもなります。その時々の状態を楽しむこともよいものですが、生き物として成長する様子を観察して楽しむことも、植物を育てる上での醍醐味なのです。

このように、気を配ることと楽しむことを両立させることで、適切な育て方を継続して行うことができるようになるのです。最初のうちは、不慣れなこともあり、気を配ることに手間を覚えるかも知れませんが、あえてそれを継続することで、次第に楽しみを発見することが出来るようになるのです。

前にも書きましたが植物栽培の楽しみ方についてはこちら♪

pixta_nefurorepisu

ネフロレピスの育て方

ネフロレピスはシダの仲間に属する植物で、亜熱帯地方や熱帯地域を主な生息地として世界中に分布しています。中米を原産とし、現...

pixta_shoujoubakama

ショウジョウバカマの育て方

ショウジョウバカマは日本から南千島、サハリン南部を原産地とするユリ科ショウジョウバカマ属の多年草です。北は北海道から南は...

pixta_janohige

ジャノヒゲの育て方

ジャノヒゲはユリ科ジャノヒゲ属の多年草植物です。アジアが原産で、日本を含む東アジアに生息地が多く分布しています。亜熱帯気...

pixta_blackberry

ブラックベリーの育て方

ブラックベリーの始まりは古代ギリシャ時代までさかのぼることができるほど古いです。このブラックベリーは人々から野生種として...

pixta_sawagikyou

洋種サワギキョウの育て方

キキョウは日本で古くから好まれている花の一つです。生息地としては日本だけではなくて中国大陸や朝鮮半島などで、この地域が原...

pixta_porishasu

ポリシャスの育て方

特徴としてはまずはウコギ科になります。その中のタイワンモミジ属になります。原産地、生息地においては2メートルから8メート...

pixta_tomato02

家庭菜園で甘くておいしいトマトを作る方法

家庭菜園を始める際、どんな野菜を作りたいかと聞けば、トマトと答える人は多いようです。トマトは見た目もかわいく、野菜なのに...

pixta_sakuranbo

サクランボの育て方

栽培の歴史はヨーロッパでは紀元前から栽培されており、中国に記述が残っていて3000年前には栽培されていました。日本には江...

pixta_inutuge

イヌツゲの育て方

イヌツゲはモチノキ科のモチノキ属の常緑性の木です。一般的には庭木に活用されていることが多いため、低木で知られていますが、...

pixta_sentporia

セントポーリアの育て方

セントポーリアの原産はアフリカです。アフリカに進出していたドイツが、現在のタンザニアあたりを生息地としていた花を見つけた...

スポンサーリンク

pixta_tubaki

ツバキの育て方

ツバキ属は科の1属で、生息地は日本や中華人民共和国、東南...

pixta_yorugao

ヨルガオの育て方

ヨルガオというものは朝顔の仲間でもあるもので、熱帯アメリ...

pixta_brakikam

ブラキカムの育て方

ブラキガムは、キク科、ヒメコスモス属(ブラキスコメ属)に...

pixta_nusubitohagi

ヌスビトハギの育て方

ヌスビトハギの仲間はいろいろ実在していて、種類ごとに持っ...