カラント類の育て方

カラント類の育て方

カラント類は、ヨーロッパが原産です。フサスグリ全般のことをトータルで、英語ではカラントと呼んでいます。カラント類は真っ赤な身をつけているレッドカラントや、白いカラーの実をつけている ホワイトカラントもあります。

育てる環境について

カラント類の育て方で、栽培する環境を考えるのであれば、日あたりや温度も考えてあげると良いです。朝からお昼くらいの午前は、できるだけお日様がよく当たる場所ゲイいです。午後に入ってきたら、明るさはありながらも、ほどよく木陰になるようなゾーンを選びましょう。

太陽はゆっくり動いていきますから、午前と午後で影の位置も変わってきます。そんな一日の太陽の動きもチェックして、カラント類にとってベストなポジションを見つけてあげると良いです。フサスグリの場合は耐寒性には強いです。その反面、暑さには弱いのも特徴的です。

暖地での栽培の場合には、花芽の月にも影響があり、あまりよい付きにはならないため、環境的にも気温が高めであるのであれば、やはり半日陰になる場所を探して植えることです。ヨーロッパを原産とする落葉低木は、気候的にも涼しい土地が環境としても育て易さがあります。

地域によっては成長させて、生垣に利用させることもあります。日本ではあまり馴染みがあるとは言えなきものの、欧米においてはとても身近な果樹のひとつです。環境を整えて巣立てることによって、カラント類というのは成長して大株になっていきます。

適した環境で成長していけば、可愛らしい可憐な花も付けますし、キュートで印象的な、小さな実も鈴なりに付けて、見る者を楽しませてくれます。愛らしい花や実をつけることができるように、お日様の光のあたり具合や、涼しさなどにも気をつけてあげると良いです。

種付けや水やり、肥料について

植え替えや植え付けに適した時期は、気温も低いシーズンの12月から2月にかけてになります。通気性をよく快適にするためにも、根津まり対策をするためにも、植物の植え替え作業は行いましょう。だいたい2年間のうちに、1回は植え替え作業はするようにします。

用土についてですが、水はけが良いながらも、水もちも良いというのが、重要ポイントにもなります。市販されている用土を使うのであれば、酸度未調整のピートモスと、赤玉土小粒などの配合土を使うと良いです。カラント類も、元気に成長させるために、適度な水槍作業をしましょう。

土の具合をチェックしてみて、土の表面がひろっぽく乾いてきたな、と感じたら水をあげましょう。鉢植えやプランターの場合なら、封土が乾いたら水分を与えて、底に空いている穴から水が少し、流れ出てくるくらい水を上げて良いです。土が白っぽく乾燥をしたら、

水分はたっぷりと与えてあげましょう。ブランター類は水分たっぷりで、庭に植えた場合も、土の状態を見て判断をします。土の質であったり、品種によっても多少の差はありますが、まなtのシーズンなどは、特に植物類も気をつけてあげたいところです。

雨が降らない日が続いたりすれば、植物にとっても大変な時です。カラカラに土が乾いてしまえば、植物の育ちにもマイナスの影響オワタ得てしまいます、日照りが続いたり、雨が少ない真夏などは、気をつけていて、たっぷりと庭のカラント類にも水をあげましょう。

増やし方や害虫について

カラント類を育てていくにあたって、気をつけたい害虫は、カイガラムシ類です。カラント類は育て易さがある植物ではありますが、カイガラムシ類には注意が必要です。カイガラムシを対峙するためには、方法もいくつかありますから、しっかりと対策をしていきたいものです。

動き回るカイガラムシもいますが、固着するタイプもいます。その場合は、薬剤を使用する前に、もう使わなくなった歯ブラシを用意して、擦り落としてしまう方法もあります。カイガラムシの成虫は、すでに脚の部分が退化しているので再び固着しないので、退治するにも効果的です。

冬のシーズンは植物も休眠の状態ですから、庭の植物にも強めの薬剤を使うことができます。マシン油乳剤であったり、石灰硫黄合剤などは、冬の時期にもよく使われてきた薬剤です。病気では、斑点病やうどんこ病には注意が必要です。もしうどんこ病であったり、

斑点病といった発生が多めである場合は、防除することも考えなくてはなりません。カラント類の増やし方ですが、株分けをするか、さし木などで増やしていくことができます。シーズン的に適しているのは、2月の半ば頃から、下旬にかけてあたりに作業をするのが良いでしょう。

春先に行うとり木は、春の時期に盛土をしておきます。としの早いうちに行うのは株分けの方法が向いていて、2月くらいに掘ってみると良いです。土の中のゾーンに根が生えているようなら、下からカットして、プランターや鉢に植え付ける作業をします。

カラント類の歴史

カラント類は、ヨーロッパが原産です。フサスグリ全般のことをトータルで、英語ではカラントと呼んでいます。カラント類は真っ赤な身をつけているレッドカラントや、白いカラーの実をつけている ホワイトカラントもあります。カラント類には、クロスグリやフサスグリがあります。

フサスグリはレッドカラント、 クロスグリはカシスやクロフサスグリなどです。これらはどれも、酸味が強いのが得チョイ的です。カナダやニュージーランド、北欧などといった、比較的涼しいい地域を生息地としているのは、カシスなどです。

ヨーロッパにおいてはレッドカラントは、栽培も盛んに行われています。日本国内においてもシーズンが到来した時には、食料品売り場で販売されることもありますが、それ以外は、それほどポピュラーには店頭に並ぶものではないです。日本では、長野県など、

限定されたエリアのみで栽培がされているくらいで、全国的な広い範囲で育てているといったものでもありません。一般的なスーパーにはあまり出回ることはないですが、レストランなどの飲食店への卸などでは利用されています。カラント類の中でも赤スグリの収穫の時期は、

夏のはじめころから真夏にかけてが旬になります。スーパーでは見かける機会も少ないものの、ヨーロッパやフランスで栽培されたものが、冷凍されて輸入されています。カナダやアメリカからは、夏頃に新鮮なものが輸入されてくる時期です。冬はチリ産などが入っていきます。

カラント類の特徴

カラント類の特徴は、なんといっても、あの小粒のキュートな実をいくつもつけていることでしょう。見た目にも可愛らしく、ほとんどの場合が無農薬での栽培が可能です。特に赤い実を付けるレッドカラントなどは、その可愛らしい姿からも、観賞用として、

鉢植えで育てられることも多いです。また、稼働用に切花で使われることもあります。小さな果実のみは、真っ赤なタイプはよく知られていますが、ほかにも、ホワイトであったり、ピンク色であったり、意外とカラーにもタイプがあります。クロスグリもフサスグリも、

とても可愛いですが酸味の強さもしっかりと持っています。そのため、生のまま食べるのには向いていません。生では食べないものの、加工して、ゼリーやジャムにして食べることは多いです。また、果実酒にも利用されることが多く、加工するものには向いています。

冷涼地向きのタイプですから、比較的涼しい場所は得意であり、暑い場所になると途端に弱さを見せ始めます。自家結実性であるため、1本だけでも実を付けます。そのため、品種混植はしなくても大丈夫です。ヨーロッパを原産とした低木であり、草丈としては1m暗いから1.5mくらいです。

栽培に当たっての作業では、選定をするケースもあります。選定するなら、12月から2月の終わりくらいのあいだに作業をします。枝のかなりした部分まで花芽はついていることもあり、剪定は半分のラインくらいまで切り詰めてしまっても大丈夫です。

pixta_sinenesuepisodo

シネンシス・エピソードの育て方

シネンシス・エピソードがきんぽうげ科ヒエンソウ属ということです。シネンシス・エピソードという淡い紫色の花があり、とても美...

pixta_aronsoa

アロンソアの育て方

この花については、ゴマノハグサ科、ベニコチョウ属になります。多年草になります。生息地である中南米においては多年草として知...

pixta_iresine

イレシネの育て方

イレシネは、熱帯アメリカやオーストラリア、ブラジル南部、エクアドルなどを中心に温帯地方に約40~70種類ほど自生している...

pixta_coffenoki

コーヒーノキ(Coffea arabica)の育て方

コーヒーノキには栽培品種ごとに年代や経路が異なっていることや、栽培されている過程での突然変異等によって作られた品種が数多...

pixta_tumerenge

イワレンゲの仲間の育て方

イワレンゲの仲間は、ツメレンゲやコモチレンゲなど、葉っぱが多肉状態で、サボテンと育て方と同じ配慮で育てれば、毎年美しい花...

pixta_ansulium

アンスリウムの育て方

アンスリウムは、熱帯アメリカ・西インド諸島原産で、日本には明治の中頃に渡来してきた歴史ある植物です。木の枝などに着生する...

pixta_begonia

球根ベゴニアの育て方

ベゴニアの原種は、オーストラリア大陸を除いたほぼ世界中の熱帯や亜熱帯地域に分布しています。ベゴニア自体は日本でも原種が存...

pixta_karant

カラント類の育て方

カラント類は、ヨーロッパが原産です。フサスグリ全般のことをトータルで、英語ではカラントと呼んでいます。カラント類は真っ赤...

pixta_sanshou

サンショウ(実)の育て方

学術的な系統では、ミカン科サンショウ属ということで、柑橘類に所属しているということも面白いですが、香料関係の植物は、この...

pixta_dragonfurut

ドラゴンフルーツの育て方

サンカクサボテンの実の事を総称してピタヤと呼びます。ピタヤはベトナムから輸出する時の商品名であり、日本に輸入される時には...

スポンサーリンク

pixta_porikisena

ポリキセナの育て方

この花の特徴としては、ヒアシンス科になります。種から植え...

pixta_tyuriparajin

チューリップ(アラジ...

チューリップにおいては日本に来たのは江戸時代とされていま...

pixta_amarisu

アマリリスの育て方

アマリリスが世の中に知られたのは17世紀の後半。ヨーロッ...

pixta_meranpojiumu

メランポジウムの育て...

メランポジウムはメキシコや中央アメリカを原産としていて、...