ハクチョウゲの育て方

ハクチョウゲの育て方

ハクチョウゲの特徴は、何と言っても小さくて可愛らしい花を咲かせる事ではないでしょうか。生長が早い植物ですが、刈り込みもきくのでとても便利です。また、常緑低木で大変育てやすくなっています。冬には葉が半分以上落ちてしまいます。また、比較的耐寒性もあります。芽吹く力も力強く、日当たりを好みますが半日陰でも育てることが出来る植物です。

育てる環境について

このハクチョウゲは、比較的耐陰性があるので日当たりを好みますが、半日陰でも育てる事が出来ます。ただしあまりにも日当たりが悪い場所で育ててしまうと、花つきが悪くなってしまう場合もあります。その為、出来るだけたくさん花を咲かせたいのであれば日当たりのよい環境で育てた方が良いでしょう。

生長が早い植物ですが、それほど大きくならない植物なのであまり生長していないように感じてしまうかもしれません。小さな苗ではなかなか大きくなるまでに時間がかかってしまうので、最初から大きな株を植えておくと早く花を咲かせる事が出来るでしょう。関東であればほとんどが越冬する事が可能ですが、小さなときに寒風に当ててしまうと、

落葉してしまい枝枯れを起こしてしまう場合があるので注意が必要です。こnハクチョウゲは、日あたりの良さや風通し、土壌などそれほど選ばない植物なので、初心者の方でも安心して育てる事が出来るでしょう。また、それほど水はけも気にしない植物です。特に肥大な場所でなくてもしっかり育てる事が出来るので便利です。

ある態度の場所であれば庭先に植えるだけで、しっかり生長してくれます。日当たりさえ良い場所に植え付けを行えば、たくさんきれいな白色の花を咲かせてくれるでしょう。出来るだけ明るい場所で育てて、花付きを良くしていきましょう。そうする事で見応えたっぷりに生長してくれます。是非たくさん花を咲かせて、そのきれいな花を楽しみましょう。

種付けや水やり、肥料について

植え付けを行う場合は、春から秋の成長期であればいつでも植え付けする事が可能です。根付きやすく育てやすい植物です。根の張りが少々粗めなのが特徴です。枝葉が多い物を植え付けする場合は、少し短く切り詰めてから植え付けを行うと良いでしょう。そうすることで余分な水分がいくのを抑えることが出来、根付きが良くなります。

植え付けを行う場所は、出来るだけ広く掘り起こして堆肥を多く混ぜてあげましょう。また、その場所に水をたっぷり与えておき、十分に湿らせておくとしっかり根付く事が出来ます。芽吹く力は大変力強く、枝分かれも十分です。刈込に比較的強いので、刈込時期を間違えて行っても枯れる心配はありません。

刈り込む場合は、春から秋にかけて、枝が伸びすぎてしまった場合適度に行うと良いでしょう。それほど手入れがいらない植物なので、育てやすくなっています。水やりも基本的に自然の雨だけでも大丈夫ですが、夏の乾燥が激しい時期だけは土が乾いてきたらたっぷりと水をあげるようにしましょう。それほど水やりを気にしなくても良いので育てやすくなっています。

肥料をあげる場合は2月頃に根本に寒肥をあげるようにしましょう。根の周辺に穴を掘って肥料をあげていきますが、多少根に傷をつけても平気な植物です。その為、特に注意深く土を掘る必要はありません。土壌もそれほど選らばず、どんな土壌でも育てる事が出来ますが、あまりにも水はけの悪い場所で育ててしまう根ぐされを起こしてしまう場合があるので注意しましょう。

増やし方や害虫について

繁殖をおこなう場合は、挿し木や株分けで行う事が出来ます。10年くらいで寿命が来てしまうので、その前に挿し木などで増やしていくと良いでしょう。挿し木を行う際は、刈り込みを行った際に切り落とした枝を10cm程度の長さにカットし、赤玉土に挿していきます。また、少し太めの枝をそのまま地面に挿しても大丈夫です。

増やし方も比較的簡単です。またそれほど害虫もつかない植物です。ただし春先に、アブラムシが発生する場合があるのでその際は見つけ次第駆除しておく必要があります。水で洗い流すか、歯ブラシなどで落としておくと良いでしょう。薬剤を使用するまではそれほど害虫が付かない植物です。きれいな花を咲かせるハクチョウゲは大変美しい植物です。

小さな丸い葉と星型のきれいな花がなんとも言えない美しさです。庭先にあるだけで、庭の印象を変えてくれる植物です。どことなく清楚で、華麗な印象を与えてくれる植物ではないでしょうか。小さな花をたくさん咲かせ、人々の目を十分に楽しませてくれます。ただし、木自体の寿命が10年と短いのが少々残念ではありますが、

もっと楽しみたいのであれば挿し木などで事前に増やす事が可能です。増やし方も簡単ですし、是非長く楽しんでみましょう。それほど手をかけて育てる必要もありませんし、そのまま放置していても自然と花を咲かせてくれます。是非そんなハクチョウゲを育ててみましょう。きっときれいな花をたくさん咲かせてくれるでしょう。

ハクチョウゲの歴史

原産地が中国や台湾の”ハクチョウゲ”。このハクチョウゲは日本では江戸時代から生け垣または植え込みなどとして庭園などで利用されてきた植物です。生長がとても早く、細かな枝葉をたくさんつけて夏にかけて白い星の形の様な小さな花を咲かせるのが特徴です。常緑性の低木になり、アカネ科の植物で、日本で栽培する場合は関東~沖縄となっています。

属名はハクチョウゲ属で、学名はSerissafoetidaです。別名”白丁花””白鳥花”となっており、このハクチョウゲの花は白い色をしており、花の形が”丁字”に似ていることから、”白い””丁字”で”ハクチョウゲ”と呼ばれるようになったと言われています。鳥の”白鳥”とは関係のないようです。高さも1m程とそれほど高くならない植物です。

小さな白い花を一斉に咲かせるととてもきれいな花になります。花はとても良い香りがするので、香りも楽しむ事が出来る花になります。生け垣だけではなく、盆栽としても仕立てられることも多くあります。観賞用としても見応えがする花ではないでしょうか。この植物の花言葉は純愛です。

まさにその真っ白できれいな色を象徴しているかのような花言葉ではないでしょうか。緑の生け垣に、多数の小さな花を咲かせるハクチョウゲは、その花の季節になるとパッと人目を引く様な植物です。また、とても丈夫な花になるので、比較的育て方も簡単です。是非お家の生け垣として育ててみましょう。

ハクチョウゲの特徴

ハクチョウゲの特徴は、何と言っても小さくて可愛らしい花を咲かせる事ではないでしょうか。生長が早い植物ですが、刈り込みもきくのでとても便利です。また、常緑低木で大変育てやすくなっています。冬には葉が半分以上落ちてしまいます。また、比較的耐寒性もあります。芽吹く力も力強く、日当たりを好みますが半日陰でも育てることが出来る植物です。

また、庭木でありながら10年程で株自体の寿命をきてしまうという特徴があります。その際は、挿し木や株分けで、更新していきましょう。また、ハクチョウゲの他に、斑入りハクチョウゲというものもあります。葉に白い斑が入っており、花もとてもきれいです。また、ハクチョウゲの花期は5月から7月にかけてです。

花の大きさは約1cmくらいで白色またはピンク色の小さな花をたくさん咲かせます。葉自体はタマゴ型をしており、長さ1cmから3cmほどです。肉厚でハクチョウゲの白いきれいな花の色に大変似合う形をしているのが特徴です。比較的刈込にも強い傾向にあり、良く分枝します。庭にとても映える植物ではないでしょうか。

日向を生息地とし、ぐんぐん生長する植物です。花もたくさん咲かせてくれるので、見応えがあり、一斉に咲いているのを見ると大変見事です。花の先が少しぎざぎざとしているのも特徴です。なんとも言えない可愛らしい花の姿が人々を魅了する花ではないでしょうか。是非そんな見応えたっぷりのこの植物を育ててみましょう。

pixta_marou

マロウの育て方

マロウは、アオイ科のゼニアオイ属になります。マロウはヨーロッパが原産地だと言われています。生息地としては、南ヨーロッパが...

pixta_heraoobako

へらおおばこの育て方

へらおおばこは我が国に在来しているプラントのオオバコの仲間であり、またオオバコに似ているとされていますが、へらおおばこは...

pixta_akannsasu

アカンサスの育て方

アカンサスはキツネノマゴ科アカンサス属またはハアザミ属の植物で、別名をギザギザの葉がアザミの葉に似ていることから和名を葉...

pixta_rippia

リッピアの育て方

リッピアとは日本名で姫岩垂草(ヒメイワダレソウ)とも呼ばれている多年生植物です。大きく白い花を咲かせるものとピンクの花を...

pixta_sidareume

しだれ梅の育て方

しだれ梅は原産が中国であり、古くから観賞用として親しまれている木のひとつです。しだれ海の原産は中国ですが、現在では日本で...

pixta_taniutugi

タニウツギの育て方

タニウツギはスイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木です。スイカズラ科の多くは木本で一部はつる性や草本です。タニウツギは田植...

pixta_kuretimasu

クレマチス ネリー・モーサーの育て方

この花についての特徴としては、まずはキンポウゲ目、キンポウゲ科、キンポウゲ亜科の種類となります。さらにセンニンソウ属に属...

pixta_tiranjia

チランジアの育て方

チランジアは中央アメリカや南アフリカ、西インド諸島などを生息地とする植物です。銘々はカール・フォン・リンネです。リンネは...

pixta_iberisu

イベリス・センパーヴィレンスの育て方

イベリスには2種類があり、1年草と多年草になります。イベリス・センパーヴィレンスは多年草にあたります。アブラナ科で別名は...

pixta_kokerui

コケ類の育て方

特徴としては乾燥にも強く様々な環境の中で生きていく力が他の植物よりも強いところがあげられます。光と水だけで育成できること...

スポンサーリンク

pixta_riatoris

リアトリスの育て方

北アメリカが原産の”リアトリス”。日本には、大正時代に観...

pixta_abokado

アボカドの育て方・楽...

栄養価も高く、ねっとりとした口当たりが人気のアボカド。森...

pixta_noasagao

ノアサガオの育て方

ノアサガオなどの朝顔の原産地や生息地はアメリカ大陸で、ヒ...

pixta_nioihiba

ニオイヒバの育て方

ニオイヒバはヒノキ科 の ネズコ属に属する樹木です。原産...