メカルドニアの育て方

メカルドニアの育て方

メカルドニアはオオバコ科の植物で原産地は北アメリカや南アメリカですので、比較的暖かいところで栽培されていた植物です。だから育て方も寒いところよりも暖かいところが適しています。

育てる環境について

メカルドニアは日当たりがいいところで育てることがいいです。日当たりのいい場所で育てるようにします。そして冬になってくるとどうしても冬の寒さには弱いですので、鉢植えの場合は室内で越冬をさせてあげたりするといいです。霜にあてないように注意をしてあげるといいです。育てるときには、暑さには強いですが、寒さには弱いということをしっかりと覚えておいて寒い時期になったら対策をしてあげるといいです。

そして水はあまり与えすぎには気をつけてあげて、庭で植える場合は日照りが続いているとき以外はほとんど放置でかまわないです。そして鉢植えの場合に関しては土の表面が乾いてきたら、乾いた状態のときにたっぷりと水を与えてあげるといいです。そして肥料に関しては特に頻繁に与える必要はなく、

花の咲く時期などに適量の液肥を与えてあげると花の時期を長く楽しむことができます。そして植え替えに関しては、毎年春に植え替えてあげます。そのときの土も水はけのいいもので通常の土でかまわないです。とても早く伸びていく匍匐性の植物です。

だからどんどん伸びてしまって形があまりよくない状態になってきてしまったりします。そのときはカットをしてあげて形を整えてあげるといいです。そして形を整えてあげて見た目もすっきりとしますし、密集してしまうと水やりのたびに蒸れてしまって病気や害虫の原因になってきてしまうので、密集してきたらカットをこまめにしてあげることがおすすめです。

種付けや水やり、肥料について

メカルドニアの水やりに関しては、あまり水をたくさん与えすぎないようにします。土が乾いた状態になったら、たっぷりの水を与えてあげます。あまり与えすぎてしまったりすると、過湿になってしまったりして、根ぐされの原因になってしまいます。鉢植えの場合は鉢の中の土の表面に白く乾いた状態になったら与えてあげます。

そして花壇の場合は特に水やりをする必要はなくそのままほっておいてもいいですが、あまり雨が降らない状態で乾いてしまった場合は少し水やりをして湿らせてあげるといいです。肥料に関しては特にたくさん与える必要はないです。はじめに植えるときに土に混ぜる肥料で十分ですが、定期的に液肥をあたるといいです。

その代わり花が咲く時期になった場合は液肥を与えてあげるほうがきれいな花がたくさん咲いてくれます。開花の時期も長いですので、長い間花の時期を楽しみたいという場合はその時期には肥料を与えるようにしておけばそれ以外の時期にはそんなに与えなくてもいいです。丈夫でどんどん成長をしてくれる植物ですので、蒸れてしまったりしないように、

増えすぎたらカットをして整えてあげるといいです。横に長く伸びていきますので、根元の蒸れには気をつけてあげるといいです。そして、水やりの際に根元が密集していると茎が水で腐ってしまったりすることがあるので、風通しをしっかりとして蒸れないように水やりの頻度を考えてあげるといいです。与えすぎはよくないです。

増やし方や害虫について

メカルドニアは害虫に関しては特に気をつけるものはないです。そして病気に関しても気をつけなくてもいいので楽です。しかし蒸れてしまったり、葉っぱが乾燥してしまったりした場合は病気になったり、害虫の被害にあったりする場合がでてきます。ですのでそういった場合は早めの対策をしてあげるといいですし、また蒸れてしまったりしないように、風通しをよくしてあげるといいです。

特に病気や害虫に対して予防をしておく必要のない植物です。そして増やし方に関しては、挿し木や株分けによって簡単に増やすことが可能です。挿し木に関しては、簡単に増やすことができるので容易に増やすことができます。挿し木をする時期に関しては、春ならば5月から6月ごろが最適で、秋の場合は9月ごろがいいです。

挿す土は清潔なものにして、挿しておくだけで簡単に増やすことが可能になっています。もしその挿し木したものを庭に植える場合は植えつけて気温の変化で枯れてしまうことがあったりしますので、越冬させて春に植え付けてもいいです。そして株分けをする場合も簡単に増やすことができます。

時期的には植え替えをするときに同時に行ないます。植え替えをするときに、大きく成長した株を適当な大きさに分けて別々に植えることによって新しい株が増えます。さし木も簡単ですが、増やすのに失敗しないで育てることが出来るのは、株分けをしたほうが枯らすことなく、そのまま簡単に成長させていくことができます。

メカルドニアの歴史

メカルドニアはオオバコ科の植物で原産地は北アメリカや南アメリカですので、比較的暖かいところで栽培されていた植物です。だから育て方も寒いところよりも暖かいところが適しています。生息地も暖かい場所で育てられてることが多いです。匍匐性多年草ですので、どんどん横に伸びていってしまってかなり根元あたりが密集してきてしまうので、蒸れなどに気をつけて、

増えすぎてしまったりした場合はカットをしてすっきりとさせるといいです。寒さにはやや弱く、暑さには強い植物です。ですから日当たりを好み、寒くなってきたら霜にあたらないように気をつけてあげるといいです。そして冬は寒くなってくると、屋外で育てるよりも室内に移動させたほうがいいです。最近ではメカルドニアは横に伸びて這っていく特徴からハンギングにして吊り下げたり、

また寄せ植えにして他の植物と一緒に育てたりする方も増えてきています。花も黄色い小さな花が次々と咲いてくれて、時期も長く楽しむことができます。垂れてくれるので、立体的に楽しむことができます。庭植えをして伸ばしていくのもいいでし、またどんどん垂らして鉢植えで楽しむなどさまざまな方法で楽しむことができる植物です。

背丈はそんなに高く育つことはなく、這っていくので低い位置で増えていきます。ですから庭で植えたりしていると、じゅうたんのように敷き詰めた状態になって生えていきます。そして黄色い小さな花がたくさん咲いてくれます。

メカルドニアの特徴

メカルドニアは春4月ぐらいに植えて、花の時期は初夏から開きに掛けて長い期間楽しむことができます。6月ぐらいから10月ぐらいまで黄色い小さな花をつぎつぎ咲かせてくれます。庭植えの場合は寒さに弱い植物になるので、冬になると枯れてしまったりします。そして寄せ植えなどに使われることも多く、背が低いので前のほうに這わせて使われることも多いです。

夏の花は少なくなってきますので、そういったときに重宝する植物がメカルドニアです。植える場所は水はけのいい土に植えてあげます。そして日当たりのいい場所にできるだけ植えてあげて、比較的夏の湿気や暑さなどにも負けることなく、夏の植える場所を考える必要もほとんどないので、どうしても夏は植物が減ってしまう時期なので重宝する植物になってきます。

夏の暑い場所でも育って這って花を咲かせてくれますので夏の庭のグランドカバーの役目を果たしてくれたりします。花の大きさは小さいものですが、たくさん咲いてくれるので、肥料をしっかりと花の時期に与えてあげると長い期間たくさんの花を楽しむことが可能になっています。

そしてほとんど管理することなく、放置をしておいても育ってくれますが、枯れた葉や花など多くなってくるとあまりいい状態ではないです。ですから時々は取り除いておきます。花は小さいので花がら摘みをしなくてもいいですが、カットのときに取り除いておくといいです。伸びすぎてしまっても形を整えてあげます。

pixta_sarasenia

サラセニアの育て方

サラセニアは北アメリカ大陸原産の食虫植物です。葉が筒のような形に伸びており、その中へ虫を落として食べることで有名です。生...

pixta_fuyou

フヨウの育て方

原産地は中国で、日本には室町時代に鑑賞の記録が残っています。そのことから、古くから栽培されていたのではないかと考えられて...

pixta_sweetpi

スイートピーの育て方

スイートピーは西暦一六九五年に、カトリックの修道僧で植物学者でもあったフランシス・クパーニによってイタリアのシシリー島に...

pixta_amejiseji

アメジストセージの育て方

紫色の美しい花を咲かせるアメジストセージの原産地は、通説によりメキシコと言われております。そのため「サルビアレウカンサ」...

pixta_hanabisisou

ハナビシソウの育て方

盃のように大きく開いた花の形で、鮮やかなオレンジ色の花を咲かせます。カリフォルニア原産の小型種で淡い黄色の花がたくさん咲...

pixta_nasu11

失敗しない植物の育て方または野菜の栽培の方法

植物や野菜の育て方は、難しいと思われがちですが、植物や野菜の栽培が初心者だという人には、家庭菜園をお勧めします。プランタ...

pixta_jiniarineasu

ジニア・リネアリス(ホソバヒャクニチソウ)の育て方

ジニア・リネアリス(ホソバヒャクニチソウ)は和名を細葉百日草といい、原産地はメキシコを中心とした南北アメリカです。リネア...

pixta_nashi

ナシの育て方

ナシの歴史は、中国の西部から南西部を中心として、世界中に広がりました。原産地となる中国から、東に伝わって品種改良が進んだ...

pixta_miyakowasure

ミヤコワスレの育て方

ミヤコワスレ日本に広く生息している花ですが、もともとはミヤマヨメナという植物を指しています。日本では広く分布している植物...

pixta_biwa

ビワの育て方

ビワは中国原産のバラ科の常緑高木で、淡いオレンジ色の果実をつけます。肉厚で甘みのある果実は生のまま食べてもいいですし、お...

スポンサーリンク

pixta_kodemari

ゴーヤの栽培こでまり...

種物屋さんに行くといろいろ知識の豊富な方がいらっしゃいま...

pixta_ajiantam

アジアンタムの育て方

アジアンタムはワラビ科の観葉植物ですが、そのほかにも造花...

pixta_osiroibana

オシロイバナの育て方

日本に入ってきたのは江戸時代に鑑賞用として輸入されたと言...

pixta_hebiuri

ヘビウリの育て方

インド原産のウリ科の多年草で、別名を「セイロン瓜」といい...