家庭菜園で野菜を育てると収穫の喜びを味わう事ができます

家庭菜園で野菜を育てると収穫の喜びを味わう事ができます

毎日何気ない一日を過ごしていると、何かを始めてみたくなる事は誰でも経験する事です。そんな時にお勧めな事として、自宅で家庭菜園がお勧めです。家庭菜園を始めてみると思わぬ発見をする事があります。と、言うと少し大げさに感じてしまうかも知れませんが、自宅の空き地やベランダなどを利用して手軽に簡単に自分で丹精込めた野菜を作り、家族全員で味わう事ができるので、趣味と実益を兼ねた事なのです。

種まきから始める

まず、難しく考えず簡単に考えてから始めるのが良い方法です。最初から難しい事をせずに手軽に手に入る花やハーブなどの種まきをしてみます。種から芽が出てだんだん植物が育って行く様を見る事は、とても楽しい事です。

種から育てられるものとして花やハーブだけでなく、野菜もあります。勿論、手軽に楽しみたい人は種から育てるのではなく、野菜の苗を購入し育てて行く事の方が確実かも知れません。何故なら野菜の栽培は種を蒔く時期が場所によって大きく異なる上、時間も掛かる事から病害虫に悩まされる事もあるからです。

野菜の育て方の注意点

この様な事から野菜の育て方は野菜の苗を量販店などで購入し、その植物に合った土と肥料を充分に与え育てると良いのです。主に野菜の栽培は夏の時期に集中しているので、天候との兼ね合いも重要になってきます。野菜によっては雨が当たらない様に管理する必要のある物もあり、雨除けの対策が必要になり、全て同じ様に育てれば良いと言う物ではありません。

それに、同じ種類の野菜は連作できないなどの制約もあり、注意が必要です。例えば、トマトは何年も続けて同じ場所に植え付けると、身のつき方が悪くなる上、生育も遅れてしまうのです。又、トマトと同じ仲間であるナスなども何年も続けて同じ場所に植え付けないなどの注意が必要になってきます。

野菜を栽培する楽しさ

この様に同じ野菜でもたくさんの違いがある事を充分に注意して、その野菜に合った育て方を実践する必要があると言えるでしょう。でも、種から野菜を育ててみる事も収穫の喜びを直に味わう事のできる方法としてお勧めです。

何故なら野菜の種まきをして、芽が出て葉が伸びて行くと言う様に、実際に成長の様を観察する事によって得られる喜びも大きいからです。又、種から育てた野菜は生育期間が長いので、その分、収穫時期を待っている時間もあります。その待っている時間もとても楽しく嬉しい気持ちになって行くのです。

野菜の栽培を通じて収穫の喜びや育てている間の充実感も感じる事ができるので、家庭菜園で野菜の育て方を実践し、収穫できた時の美味しさを味わう事はとても楽しい事であります。各植物の特性を良く理解し、それに合った生育方を実践する事で、充実した日々を送る事ができます。

pixta_inutade

イヌタデの育て方

イヌタデの特徴としては、タデ科の植物であり色のついた花がゆらゆらと揺れているのが特徴の一つとして挙げられるでしょう。上記...

pixta_simotuke

シモツケの育て方

シモツケ/学名:Spiraea japonica/和名:シモツケ、下野/バラ科・シモツケ属、シモツケ属は約70種が北半球...

pixta_oyamarindou

オヤマリンドウの育て方

オヤマリンドウの特徴は名前の由来にもなっておりますように、ある程度標高の高い亜高山や高山に咲くことが大きな特徴です。そし...

pixta_yuri

ユリ(百合)の育て方

ユリに関しては、北半球のアジアを中心に広く分布しているとされています。亜熱帯から温帯、亜寒帯にかけても分布されている花に...

pixta_petorea

ペトレアの育て方

ペトレア属はクマツヅラ科の植物で、一口にペトレアといっても様々な種類があります。およそ30種類ほどあり、その中でも日本で...

pixta_faseria

ファセリアの育て方

ファセリアはハゼリソウ科の植物で双子葉植物として分類されていて280種ほどが世界中で栽培されていて、南北アメリカ大陸を生...

SONY DSC

エパクリスの育て方

エパクリス属と呼ばれる花は、なんと31属もあり、種類に関しましては、400種類程度あります。原産地は主にオーストラリアに...

pixta_sidekobusi

シデコブシの育て方

シデコブシはモクレン科の植物です。そして原産国は日本の植物で生息地などは愛知県や岐阜県または三重県の一部の東海地方を中心...

pixta_asidansera

アシダンセラの育て方

花の特徴としてはアヤメ科になります。草の大きさとしては60センチぐらいから90センチぐらいになります。花が開花するのは秋...

pixta_sentorea

セントーレアの育て方

セントーレアの歴史は、古くやギリシャ時代にまでさかのぼります。今現在、一般的に使われているセントーレアという属名は、ギリ...

スポンサーリンク

pixta_pabonia

パボニアの育て方

パボニアはブラジルが原産の植物で、赤い苞が鮮やかな低木の...

pixta_edamame_03

園芸初心者でもできる...

枝豆の育て方のポイントは以下のようになります。枝豆の生育...

pixta_porishasu

ポリシャスの育て方

特徴としてはまずはウコギ科になります。その中のタイワンモ...

pixta_koruderine

コルディリネ(Cor...

屋内で育てる場合には鉢植えになりますが、葉の色彩を落とさ...