オクラの育て方について

オクラの育て方について

夏になれば栄養満点のオクラの栽培方法のコツです。オクラは北海道など一部の地域を除きかなり育てやすい野菜の一つです。スーパーで数本ネットに入って数百円で売っていますが家で育てたほうがかなりお得です。

オクラの育て方

オクラの育て方ですが特に注意することはありません。春になると土に肥料を与え芽が育つのを待つだけです。ただ連作はあまりできないと聞きます。オクラの種まきは1か月おきくらいに行うといいです。3月くらいから徐々に種まきをしないと夏にいっぺんにできます。

オクラは1本の茎から数十本できます。よってスーパーで売っている一ネットは3本くらい植えればできます。オクラを育てるにあたり難しいことが一つだけあります。それは収穫です。オクラは素晴らしい生命力があるため少々水を忘れたりしても大丈夫です。

こちらのオクラの育て方も凄く理解できる内容になってます♪

オクラの育てるにあたっての注意点

ただ肥料を与え、水あげを欠かさないとかなり大きな茎ができます。収穫は朝晩する必要があります。雨等でどちらかでの収穫を忘れると市販のものの倍以上の大きさになり、皮も硬くなります。うまい時期に収穫するとおいしいオクラができますが、

取り忘れをしてしまうと大きくおいしくないオクラになります。2日間忘れたものは種にするしかないです。オクラの栽培には今の時期から用意するのであれば、土づくりです。土に肥料を混ぜて少しなじませるだけでいいです。

ハーブ類やアジサイのようによほどでない限りPHなど気にすることはありません。今の時期であれば少し温いときには微生物が活発に動き回っているため食べ物を土に混ぜても比較的すぐに分解され、栄養分となります。

3月になれば種まきをし始める時期です。3月はまだ寒いためなかなか成長しません。種まきはゴールデンウィーク前までに行うとちょうど8月くらいに収穫できるようになります。

こちらのあじさいの育て方も詳しく書いてありますので、参考になります♪

オクラの水やりや管理

初めのうちは水やりは1日1回でいいですが、夏になると土が乾きやすくなるため1日2回行ったほうがよく育ちます。オクラの花は黄色くきれいですが、すぐに落ちてすぐ実ができ始めます。家で植木鉢に数本であれば管理できますが、

畑で育てると管理できなくなるためこの花がいつどこの茎に咲いたのかをチェックしておくことにより取り忘れを防ぐことができます。来年も育てたいのであれば種を作る必要があります。オクラは1つの実から種がかなり多くできるためわざわざ残す必要はなく、取り忘れで十分です。

固くなって食べれなくなってから茶色くなり種になるまでおおよそ1か月程度かかります。この間はほとんど違いがないですが、種が固くなり食べることはできません。オクラは収穫したならば、うっすらと毛が生えています。これが新鮮な証拠でもあるため、スーパーで買われるときはこの産毛を参考にするといいです。

pixta_brokkori

ブロッコリーの育て方

サラダやスープ、炒めものにも使えて、非常に栄養価の高い万能野菜であるブロッコリーは、地中海沿岸が生息地といわれています。...

pixta_himeodorikosou

ヒメオドリコソウの育て方

春先の3月から5月頃にかけて花を咲かせるヨーロッパ原産のシソ科の草花である”ヒメオドリコソウ”。学名をLamiumpur...

pixta_fritiraria

フリチラリアの育て方

フリチラリアはユリ科の植物でフリチラリア属に属します。生息地は北半球独自の品種であることから、地中海沿岸地方から日本、カ...

pixta_daikondora

ダイコンドラ(ディコンドラ)の育て方

ダイコンドラ(ディコンドラ)は、アオイゴケ(ダイコンドラ・ミクランサ)と言った別名を持ち、ヒルガオ科のダイコンドラ属(ア...

pixta_itirinsou

イチリンソウの育て方

イチリンソウは日本の山などに自生している多年生の野草でキンポウゲ科イチリンソウ属の植物です。元々日本でも自生している植物...

pixta_yamamomo

ヤマモモの育て方

ヤマモモの特徴としては、まずは雄木と雌木が別々になっている木として知られています。ですからこの木を一本だけ植えたとしても...

pixta_kurematisu

クレマチス(四季咲き)の育て方

クレマチスは、キンポウゲ科センニンソウ属(クレマチス属)のこといい、このセンニンソウ属というのは野生種である原種が約30...

pixta_zeranium

ゼラニウムについての説明と育て方

フウロウソウ科であるゼラニウムは、南アフリカに自生する温帯性の宿根草であり、欧米ではベランダや窓辺の花として最も多く目に...

pixta_turubakia

ツルバキアの育て方

ツルバキアは、原産、生息地共に南アフリカのものが多くあり、主に24種類が自生しています。ユリ科のツルバキア属に属していま...

pixta_santrina

サントリナの育て方

種類はキク科になります。除虫菊と同じ仲間なので、そのことからも虫をあまり寄せ付けないのかもしれません。草丈は大きいものだ...

スポンサーリンク

pixta_korizema

コリゼマの育て方

オーストラリア原産の”コリゼマ”。まだ日本に入ってきて間...

pixta_shuukaidou

シュウカイドウの育て...

シュウカイドウは中国を自然の生息地とする植物で、多年生の...

pixta_dikkia

ディッキアの育て方

まだまだ我々日本人にとって馴染み深いとは言えない植物、デ...

pixta_miyamahotarukazura_01

ミヤマホタルカズラの...

ミヤマホタルカズラはヨーロッパの南西部、フランス西部から...