黄花セツブンソウの育て方

黄花セツブンソウの育て方

キバナセツブンソウはキンポウゲ科セツブンソウ属ということで、名前の通り黄色い花が咲きます。この植物はエランシスとも呼ばれていて、一般的にも販売されていてもいます。小さな丸っこい、黄色い、かわいい花が咲きます。原産地はヨーロッパやアジアの暖かい地方で、生息地も同じ地域になりますが、種類としては、他に大黄花セツブンソウ、西洋セツブンソウなどがあり、このエランシスという名称は、春の花という意味があるそうです。

育てる環境について

小さな花ですので、この植物自体も5センチから10センチぐらいです。花が小さいので、このくらいなのでしょう。ですので鉢植えでも育てやすいということになります。また増えてくると、黄色い絨毯のようになり、見事な美しさを演出してくれます。特に癒し系の美しい花ではないかという感じもします。

また日本で主に栽培されているキバナセツブンソウは、ヨウシュセツブンソウだそうで、海外のセツブンソウ同士の交配種ということだそうです。育てやすくなっているということなのでしょう。また花の萼片は花弁状で5~8枚になります。また種を蒔く場合には、秋に蒔くと春には目を出しますが、花が咲くまでには2年から3年はかかるので、待ちきれない場合は咲いたものを購入して育てたほうが良いかもしれません。

鉢植えなどでも販売されています。また土ですが、培養土は軽い川砂を多めにします。水はけを良くするためです。そしてこれに赤玉土、腐葉土などを少量加えます。出来るだけ排水の良い状態にしたいということです。そして夏は球根を乾燥させます。繁殖は分球か種まきということになります。

このように初心者でもあまり難しくないので、普通に育てることができる植物ということになりますし、長持ちもしますので、広がったり大きくなったりする姿を楽しむという観賞用に適した植物になります。また寒さには強いので、日本での越冬も大丈夫です。そして日当たりの良いところが好きですが、夏はできるだけ日陰に置いてあげると良いようです。

種付けや水やり、肥料について

害虫は発生が少ないので、心配ないようですが、根が入り組んで絡んできた時には分球して、別に育てると良いようです。また花が開いている間は短いので、その点は見逃さないようにします。それも自然の営みなので、そのことも楽しみのうちということで楽しむのが良いということになります。また冬に強い植物ですので、冬の間も根だけは成長しています。

ですので肥料も注意して、土の中の栄養が、なくならないようにしておくということが必要になります。また種子の保存ですが、乾燥しないように培養土と一緒にビニール袋などで保管しておくと発芽率も良くなるようです。また日本の白い花の節分草は、日本原産ですので、日本の気候自体は環境的には適しているということになろうかということですが、

後は適した環境で成長を促しながら育てていくと、よく育つということになります。また自生している日本の節分草は、冬の寒い中で芽を出して育つという非常に寒さに強い植物なので、その点は育てやすいのですが、地上に姿を表しているのが1年のうちで3ヶ月程度ということなので、それ以外は地中で過ごしているということですから、

栽培用でも肥料も与え続けないといけないということですが、枯れたと考えないようにするということも必要になるということです。春に花が咲いた後は休眠に入ります。そして夏をやり過ごすということになります。ですので育てる場合には肥料を絶やさないようにするということが必要になります。見えない期間が長いので忘れないように育てるということになります。

増やし方や害虫について

山野草を育てるということでは、日本の環境では、地域が細長くなっているので、それぞれの環境で育て方も違ってくるのが現実だろうということですが、山野草などのガーデニングでも育てるということでも、なかなか育てるのが難しくて、枯らせてしまうということがよくあり、同じ日本なのにどうして、自生まで出来る植物を庭で育てられないのかということがあるようです。

その原因は、シェードガーデンがあるのではないかということでした。都会は特に家が隣り合っていて、風通しも悪くなり、日当たりも悪くなってしまう場合も多いということで、そのような場合には、半日陰ということになってしまうということです。枯れてしまうのは、育っている環境と違うので枯れますから、まずは自分の庭の理解をしてから、

山野草でも選ばないと、なかなか育てられないということになります。また育てる難易度が高い植物は、特にその環境に気をつけるということが必要になるので、やはり難易度が高い植物では、枯れてしまうということが多くなるだろうということになります。例えば育て方には半日陰とあっても、日本の夏の場合には、どのくらいが半日陰なのか、

湿度と温度の関係などはどうかということを、自分の庭で栽培ということから理解していないと難しいということになります。それで育てるのにも失敗してしまうということですが、育てる植物でも、できるだけ詳細な情報を集めておき、できれば動画や画像で、育て方を見ることができるように、インターネットなどでも探しておくと良いということになります。その点も注意点です。

黄花セツブンソウの歴史

ガーデニングでは楽しんでいる人たちも多いということですが、その中でも色々な草花に興味をもつ人がいるということで、インターネットでも様々な栽培用の植物が販売されています。その中でも最近は山野草なども人気で、苗木を購入して挑戦している人たちも多いようですが、現実的にはうまくいっていない場合も多いようで、育てていても枯れてしまうという場合も多いということも聞いたりします。

最近ではインターネットでも栽培方法を探すことができ、色々な写真などや動画なども含めて、丁寧に教えている植物もありますが、簡単に育てられる植物と、教えられた通りに栽培してみても、なかなか育たないというような植物もあるようです。そのような場合には栽培用に交配された品種で楽しむという方法もあります。

そうすると育てやすくなっているので、山野草と同じ楽しみ方ができるということになります。例えば黄花セツブンソウなどもそうで、日本でも自生しているセツブンソウの仲間ですが、ヨーロッパ原産のセツブンソウです。セツブンソウの由来は漢字で書くとわかりますが、節分草ですので、節分の頃花が咲くので節分草と名付けられたということです。

この花は黄色ではなく白い花ですが、昔から親しまれている日本の節分草ということになります。またこの日本の植物を参考に育てれば良いのではないかとも考えますが、キバナセツブンソウはキンポウゲ科セツブンソウ属ということで、名前の通り黄色い花が咲きます。

黄花セツブンソウの特徴

この植物はエランシスとも呼ばれていて、一般的にも販売されていてもいます。小さな丸っこい、黄色い、かわいい花が咲きます。原産地はヨーロッパやアジアの暖かい地方で、生息地も同じ地域になりますが、種類としては、他に大黄花セツブンソウ、西洋セツブンソウなどがあり、このエランシスという名称は、春の花という意味があるそうです。

花の大きさは、1センチから3センチぐらいが標準ですので、鉢植えなどで育てたほうが、身近で鑑賞できるので良いかもしれません。地植えの場合には木の根もとあたりに、まとめて植えると、花が咲いた時にも見た目が良いように感じます。この植物にも毒があるそうですが、さすがに食べる人はいないでしょうから問題はないということです。

また面白い特徴としては葉ですが、全く無いように見えます。しかし花の裏にガクのように伸びているのが葉ということで、総苞葉というそうですが、非常に目立たない葉です。基本情報といては、開花期は2月から3月で、春の花と言われているとおりに、春に花が咲きます。また多年草で球根です。植え時は9月下旬~12月末ということのようです。

また栽培方法としては、極端な日陰以外ならば場所を選びませんし、毎年増えていくので、その点も育てていくうちに見応えがある黄色い花になっていきます。鉢植えでもよく育つので、室内の観葉植物やベランダでのガーデニングでも最適でしょう。花が咲き出すと春がきたということで、色も鮮やかな黄色なので、目立ちますから気分も良くなります。

pixta_soramame_01

そら豆の育て方

そら豆は祖先種ももともとの生息地も、まだはっきりしていません。 原産地についてはエジプト説、ペルシャ説、カスピ海南部説な...

pixta_tamanegi_01

玉ねぎの育て方

中央アジアが原産といわれていますが、野生種は確認されておらずこの地域がもともとの生息地であったかどうかも定かではありませ...

pixta_purimurapowansa

プリムラ・ポリアンサの育て方

プリムラ・ポリアンサは、ヨーロッパを原産でクリンザクラとも呼ばれています。17世紀には、プリムラの野生種から幾つかの品種...

pixta_hedexikium

ヘディキウムの育て方

ヘディキウムは東南アジアを中心に約50種類が分布されています。花が美しいものが多く、種間交雑により育成された品種もありま...

pixta_riguraria

リグラリアの育て方

リグラリアは菊科の植物で、原産は東アジアの広い地域を生息地にしています。日本においても、かなり古くからある植物で、中国と...

pixta_sisirintium

シシリンチウムの育て方

シシリンチウムは原産地が北アメリカの常緑多年草となっています。この名前ではピンとこない人でも、庭石菖(ニワゼキショウ)と...

pixta_kumamosou

サルビア・レウカンサの育て方

サルビア・レウカンサの原産地はメキシコや中央アメリカです。別名を「メキシカンブッシュセージ」「アメジストセージ」といい、...

pixta_siso11

シソの栽培と育て方プラス収穫後の楽しみ

日本人の好むシソは香草であり、料理の添え物や天ぷら、薬味、漬物などに使用されています。大きく分けると青シソと赤シソの2種...

pixta_yagurumagiku

ヤグルマギクの育て方

この花の特徴としてはまずは菊の種類であることです。キク目キク科の花になります。野生の状態で青色の状態になっています。です...

pixta_skteraria

スクテラリアの育て方

この花については、シソ科に該当します。花の大きさとしては20センチぐらいから1メートルぐらいになることもあります。花が咲...

スポンサーリンク

pixta_benijium

ベニジウムの育て方

ベニジウムは南アフリカ原産の一年草です。分類としてはキク...

pixta_yamabuki

ヤマブキの育て方

春の花が咲き終わる頃になると、濃い黄色の小花をたくさん咲...

pixta_skteraria

スクテラリアの育て方

この花については、シソ科に該当します。花の大きさとしては...

pixta_orearia

オレアリアの育て方

意外と感じますがキク科の植物になるので、日本にも適用する...