植物の育て方について述べる

植物の育て方について述べる

世の中に動物を家で飼っている人は多くいます。犬や猫、爬虫類などを飼って家族と同然の扱いをして、愛情深く飼育している場合があります。中には、植物を多く育てていたり、野菜を栽培している場合などもあります。

植物の育て方の基本

植物の育て方としては、種類によって水遣りのやり方、陽に照らすやり方が違ってきますので、これを十分に把握する事が重要です。色とりどりの花がつく植物、苗などの場合には、多くの自然な光を当ててあげて、それぞれの種類にあった水遣りを実施すると、よく花を咲かせてくれます。

育てる場所によっては、陽が余り当たらない場合がありますが、この場合には、ベランダに出してあげたり、栄養を少し加えてあげると、花を咲かせてくれます。特に、パンジーなどの場合には、冬場でもよく花を咲かせてくれる種類として、一般にも利用される事が多くなっています。パンジーをベランダの塀などに引っ掛けるタイプのプランターで育てる事もあります。

こちらの植物の栽培に必要な土と水と光が参考になります♪

パンジーの育て方

この場合でも、パンジー用の100円位の肥料を撒いて苗を植え、毎日の水遣りを行うと、冬場から春先にかけてたくさんの花を咲かせてくれます。一方、観葉植物の中の、葉などが肉厚なものについては、育て方のコツとして、水を与え過ぎない事が重要なポイントになります。ご存知の方がいるかもしれませんが、葉が肉厚になっているのは、そこに水分を保管しているからです。

パンジーの育て方について

サボテンの育て方

砂漠などにおける植物は、いつ水分が得られるかわからない、常に乾燥状態の中で育つ事になります。水分を葉に貯めておいて、ゆっくり水分補給をするという特性をもっています。そのため、水分があるにも関わらず、一般の色とりどりの花をつける苗と同じ様に毎日の水遣りを行ってしまうと、水分が多すぎて枯れてしまう場合が多くなります。

葉の状態などを観察しながら、土が乾燥した状態になってから、水遣りをやる様にすると育ち易くなります。乾燥地帯に見られる植物の場合には、日光をよく好みますので、できるだけ日の光に当てて育ててあげると成長を促してあげれます。

シクラメンの育て方

例えば、冬場などには、鉢に植えている場合、周囲を新聞紙などで囲ってあげて、更にビニールなどに空気の切れ目を入れて上から被せてあげると、越冬できます。

年末になると、シクラメンなどを購入す人も多くありますが、外で育てて、寒くなると部屋の中に入れる人も見受けられます。シクラメンの場合には、寒さなどを余り気にせず、外ならずっと外で、室内なら室内のままにしておくのが良い育て方だとされています。大事にして環境を変えない方がいいという事です。

雪などが余り降らない地域において降雪などが見られた場合には、雪は避けてあげた方が植物のためには被害が少なくて済みますので、その程度の注意はしてあげる様にしてください。

こちらのスイセンとシクラメンの育て方についてが参考になります♪

pixta_oyamarindou

オヤマリンドウの育て方

オヤマリンドウの特徴は名前の由来にもなっておりますように、ある程度標高の高い亜高山や高山に咲くことが大きな特徴です。そし...

pixta_hasucup

ハスカップの育て方

ハスカップは青紫色の実をつける植物で、スイカズラ科スイカズラ属です。落葉低木と言う事からも、庭木など観賞用で育てたいと言...

pixta_tuwabuki

ツワブキの育て方

ツワブキは海沿いの草原や崖、林の縁などを生息地としている常緑の多年草です。原産は日本・中国・台湾・朝鮮半島で、日本国内で...

pixta_iigiri

イイギリの育て方

イイギリは日本原産の落葉高木です。昔から人々に親しまれてきた木ですが、それはイイギリという名称からもわかります。別名とし...

pixta_guzumania

グズマニアの育て方

パイナップル科グズマニア属の観葉植物です。常緑性で、熱帯アメリカが原産です。背丈は25〜50cmほどで、横幅は35〜60...

pixta_misohagi

ミソハギの育て方

種類としては、バラ亜綱、フトモモ目、ミソハギ科となります。水生植物、山野草として分類されるようになっています。花は多年草...

pixta_misebaya

ミセバヤの育て方

特徴として、バラの種類であることがわかっています。バラ亜綱、バラ目、ベンケイソウ科、ムラサキベンケイソウ属になります。園...

pixta_sisirinkiumu

シシリンキウム・ロスラツムの育て方

北アメリカを原産地として日本には明治時代の1890年ごろに渡来してきました。鑑賞用として入ってきたのですが、繁殖力が強い...

pixta_kaneshon

いろんなものを栽培する喜び。

趣味としてのガーデニングについては本当に多くの人が注目している分野です。長年仕事をしてきて、退職の時期を迎えると、多くの...

pixta_rikorisu

リコリスの育て方

種類としては、クサスギカズラ目、ヒガンバナ科、ヒガンバナ亜科、ヒガンバナ連、ヒガンバナ属になります。園芸上の分類としては...

スポンサーリンク

pixta_gairarudia

ガイラルディアの育て...

ガイラルディアは、北アメリカおよび南アメリカを原産地とし...

pixta_tyounosukesou

チョウノスケソウの育...

植物の特徴としては、被子植物、双子葉植物綱になります。バ...

pixta_koruderine

コルディリネ(Cor...

屋内で育てる場合には鉢植えになりますが、葉の色彩を落とさ...

pixta_tanpopo

タンポポの育て方

道端などで春先に良くみかける”タンポポ”。キク科タンポポ...