きゅうりの育て方を学びましょう。

きゅうりの育て方を学びましょう。

今回はきゅうりの育て方について説明していきます。ウリ科であるきゅうりは水分を多く含み、それでいて水はけの良い土壌を好みます。また、ウリ科同士を同じ場所で作り続けると、土壌中の病原菌が増える可能性があるので避けた方がよいでしょう。

きゅうりの育て方

きゅうりは雌花が咲いてから10日前後で収穫が出来ますが、収穫時期が短いため、品種を変えて3回ほど時期をずらして種をまくと夏中収穫する事が出来ます。きゅうりの栽培の時期ですが、品種や地方にもよりますが一般的には3月中旬から7月中旬までにきゅうりの種まきをおこないます。

そして育て方には、支柱を立てて育てる立ち性の方法と、支柱を立てない地ばいの方法とあります。今回は一般的な育て方である立ち性の方法を説明していきます。立ち性の場合、株間は40センチ~50センチほど必要です。次に種の降ろす場所に、直径15センチ位の円形に草を刈り、

表土を薄くはいで軽く手のひらで押えて平らにしてから種を4粒程度降ろしていきます。そして種が隠れるくらいに覆土して、再び手のひらで軽く押えた後、周囲の細かい草を刈ってからその上にぱらっと薄く被せておきます。そうする事で、乾燥を未然に防ぐ事が出来るので灌水の必要がなくなります。

こちらのきゅうりの育て方もかなり参考になります♪

きゅうりの栽培時の注意点

次に発芽時期と間引きの方法について説明します。きゅうりは、種を降ろしてから約5~6日ほどで発芽します。乾燥対策で被せた草が絡まって成長に影響するようであれば、その部分をそっと取り除きます。幼苗の本葉が重なってきたら、丈夫で健康そうなものを1~2本程度残して、ハサミで切り間引きしていきましょう。

次に支柱の立て方について説明します。支柱は、竹などを利用して作ります。支柱を用意したら、三角に組んで1.5メートルほどの高さの所で横に竹を置いていきます。そして、倒れないように麻ひもなどで、支柱と横に置いた竹の交わっている部分をしっかり結んで組んでいきます。

きゅうりのつるは、節ごとに出る巻きヒゲがつかまる所を察知して、くるくると巻き付きながら伸びていくので、枝のたくさんついている竹を苗ごとに立てていったり、支柱に横ひもを何段にも渡したりして、巻きヒゲがつかまりやすいように細工をしてやります。また、きゅうりの茎は折れやすいので、ひもは8の字に緩く巻くと安定します。

きゅうりの育て方 成長と収穫

最後に成長と収穫ですが、気温が上がるにつれて周りの草の勢いが増してきます。しかし、そのおかげで乾燥から守ってくれているので、一気に草刈りをせず周りの様子を確かめながら草を刈りましょう。きゅうりの苗が草に覆われ、

太陽の光が当たらない場合や風通しが悪い場合などにその周りの草を刈りましょう。また、栽培途中で摘心をせずに自然に任せる事によって親株が弱らず長い期間、収穫を楽しむ事が出来るようです。きゅうりを育てるのは非常に難しいと思いますが、是非きゅうり栽培にチャレンジしてみましょう。

pixta_kabotya111

カボチャの育て方

カボチャは、日本国内の分類では「日本カボチャ」と「西洋カボチャ」と「ペポカボチャ」との3つがある野菜です。特に日本・西洋...

pixta_hannemania

ハンネマニアの育て方

ハンネマニアはケシ科ハンネマニア属の多年草です。別名、メキシカンチューリップポピーとも呼ばれています。名前からも分かると...

pixta_sumomo

スモモの育て方

スモモにはいくつかの種類があり、日本、ヨーロッパ、アメリカの3つに分類されます。ヨーロッパではカスピ海沿岸が生息地だった...

pixta_kannyou01

植物の上手な育て方を知る

生活の中に植物を取り入れることで、とても豊な気持ちになれます。また、癒しの効果もあって、育てていく過程も楽しめます。キレ...

pixta_iceplant

アイスプラントの育て方

元々アイスプラントが日本に取り入れられた理由はこの植物にしかない特徴のためです。その特徴とは塩分、つまりミネラルを吸収す...

pixta_ebine

エビネの育て方

エビネは古くから日本に自生するランの仲間です。北海道、東北から本州、四国、九州と幅広く自生しているため日本人にも古くから...

pixta_aroe

アロエの育て方

日本でも薬草として人気のあるアロエはアフリカ大陸南部からマダガスカルが原産地とされており、現在ではアメリカのテキサス州や...

pixta_turukokemomo

ツルコケモモの育て方

原産地は北アメリカ、東部で、果樹・庭木・花木として植えられることが多いです。耐寒性は強いですが、耐暑性は弱いです。ツルコ...

pixta_momobagikyou

モモバギキョウの育て方

この花の特徴としては、キキョウ科、ホタルブクロ属となっています。園芸においては山野草、草花としての利用が多くなります。形...

pixta_tupidannsasu

ツピダンサス(Schefflera pueckleri)の育...

ツピダンサスの原産地はインド、マレー半島などの熱帯アジア地域になります。「ツピダンサス・カリプトラツス(Tupidant...

スポンサーリンク

pixta_tiriayame

チリアヤメの育て方

チリアヤメ(チリ菖蒲/知里菖蒲 Herbertia la...

pixta_epidendoram

エピデンドラムの育て...

エピデンドラムはラン科の植物であり、日本においては観葉植...

pixta_masaki

マサキの育て方

マサキは日本、中国を原産とする常緑の広葉樹で、ニシキギ科...

pixta_karatati

カラタチの育て方

今から約1300年前に伝来していて、和名の由来はからたち...