ゴーヤ(にがうり)の育て方

ゴーヤ(にがうり)の育て方

ゴーヤの育て方、別名にがうりとも呼ばれています。ゴーヤ栽培は比較的簡単にでき、地植えやプランターでも気軽に出来て、緑のカーテンになり夏は日の当たりをカットしてくれて、緑の涼しい感じがするのでゴーヤ栽培は人気を集めております。

ゴーヤの育て方

プランターでも地植えでも栽培方法はほとんど変わりません。ベランダでも集合住宅でもできるプランターの栽培方法で進めて行きます。時期は種からの栽培は4月頃から、苗からの栽培は5月頃がベストですですが、ゴーヤの種まきからではなく苗からの方が手軽に出来ますので苗からの育てかたで進めます。

収穫は7月から8月です。用意するものは、プランター長くて、深めのがお勧めです。土、肥料、棒、ひもがあれば出来ます。プランターに土を入れます。約7文目くらいでいいと思います。それから肥料も入れておきます。

プランターの土に穴を掘ります、苗が入るくらいの大きさであんまり深く植えなくて大丈夫です。同じプランターで植える場合は最低でも20センチは離したほうが良いです。植えたら土を根元に集めて倒れないようにしておきます。

こちらのゴーヤーの育て方も凄く参考になります♪

ゴーヤの育て方 棒の組み方

それから棒を土にさして苗と棒をひもで縛りますがあんまり強くしばると苗が傷ついてしまうので軽くて良いです。これで棒が1本立ちましたが、他にも4本から5本くらい、プランターの大きさにもよりますが、棒を立てます。

それから横棒も5本から6本くらい縦棒とひもで結び組み合わせて行きます。縦棒は好みによりますが自分が届く範囲で良いです。横棒はプランターの幅くらいで良いです。完成したら水を最初はたくさんあげて下さい。勢いよく水やりをすると土が掘り返るので注意してください。

ゴーヤの栽培時の注意点

毎日観察しながら土の表面が乾いたら水やりを忘れないであげて下さい。真夏は1日2回くらい水をあげます。そのうち葉も大きくなりツルも伸びて棒にからみついてきます。2週間に一度くらいは追肥もして栄養分を与えて下さいね。

ゴーヤはみるみるうちに伸びますので、伸びてきたら細い茎や小さい葉を切ります。切らないと栄養がいらない葉や茎にまでいってしまいます。棒の上の方までのびた、茎も切って良いです。それ以上のばしても、下や横にどんどんのびていき絡みついてお手入れが大変になります。

そのうち黄色いお花が咲いてきて、きれいです。お花が散って小さいゴーヤが出てきます。すごく小さいですがすでにゴーヤの形をしています。大きくなるのも早いので観察は毎日していき収穫のタイミングをみて下さい。

タイミングは表面のいぼいぼが出て来て売ってるゴーヤを同じになれば収穫して下さい。収穫のタイミングが遅れると黄色くなりフニャフニャにます。その中に種が入ってるので来年のために取っておくの良いと思います。

下記のサイトも詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
ルコウソウの育て方

pixta_siratamanoki

シラタマノキの育て方

シラタマノキは学名をGaultheriamiquelianaといい、ツツジ科のシラタマノキ属になります。漢字にすると「白...

pixta_fukujusou

フクジュソウの育て方

雪に覆われたり、冬の間は殺風景な庭に、どんな花よりも早く顔を出して春の訪れを知らせてくれる、それがフクジュソウです。フク...

pixta_himeryukinka

ヒメリュウキンカの育て方

ヒメリュウキンカの原産はイギリスで、生息地は山野の湿った草原や川沿いの林床などです。原産はイギリスではありますが、自生地...

pixta_sanshou

サンショウ(実)の育て方

学術的な系統では、ミカン科サンショウ属ということで、柑橘類に所属しているということも面白いですが、香料関係の植物は、この...

pixta_senninsou

センニンソウの育て方

センニンソウの特徴は、扁桃腺治療などに用いられる薬草としての役割も多いのですが、仙人の由来ともなった、仙人のヒゲのような...

pixta_simobasira

シモバシラの育て方

学名はKeiskeaJaponicaであり、シソ科シモバシラ属に分類される宿根草がシモバシラと呼ばれる山野草であり、別名...

pixta_adromiskusu

アドロミスクスの育て方

アドロミスクスの特徴といえばやはり豊富な形とフォルムでしょう。特に華やかな花が咲くわけではありませんが、肉厚の葉がとても...

pixta_sanbitaria

サンビタリアの育て方

サンビタリアは北アメリカの南から中南米を中心にした地域に自生していて、現在発見されているものは7種類であるとされています...

pixta_iresine

イレシネの育て方

イレシネは、熱帯アメリカやオーストラリア、ブラジル南部、エクアドルなどを中心に温帯地方に約40~70種類ほど自生している...

pixta_niseakasia

ニセアカシアの育て方

ニセアカシアは北米原産のマメ科ハリエンジュ属の落葉高木です。北アメリカを生息地としていますが、ヨーロッパや日本など世界各...

スポンサーリンク

pixta_natuhaze

ナツハゼの育て方

ナツハゼはジャパニーズブルーベリーや山の黒真珠と呼ばれて...

pixta_nettaisuiren

熱帯スイレンの育て方

スイレンは18世紀以前から多くの人に愛されてきました。古...

pixta_asidansera

アシダンセラの育て方

花の特徴としてはアヤメ科になります。草の大きさとしては6...

pixta_yanagiran

ヤナギランの育て方

花の特徴としては、まずはフトモモ目、アカバナ科、ヤナギラ...