花の栽培を通して喜びを感じる

花の栽培を通して喜びを感じる

手作りの物を口にしたり、目の保養をする事ができたら、こんなに素晴らしい事はないと考えている人は多く、実際に実行に移す人の多くは、ベランダや手短な場所で短期間に作物や花などを育てています。作物や花の栽培は、大々的な収穫を望まなければほんの一握りの場所があれば可能です。

花の育て方 種まき

まずは、花の種まきから始めてみると良さが良く分かります。一言で花の種まきと言っても、初心者向きの花もあれば、高度な技術を必要とする花もあり、その選定には気をつける必要があります。まず、花の育て方には幾通りかの種まきの仕方があります。


こちらのサギゴケの育て方も凄く参考になります♪

土質や肥料を選び

種まきには、その花に適した土質や肥料を選び、種が育ちやすくする事が大切です。又、種を播く前日に種を水に付けて発芽しやすい状態にしておく事も大切な事なので、忘れないで行う様にしましょう。種まきの後には、水遣りを忘れない事です。

水遣り

土の乾燥を防ぐ事で、発芽を促す効果があるので、忘れずに行うと良いでしょう。種まきが済んだら、毎日水遣りを忘れずに大切に見守る事が大切です。愛情を持って育てる事で、花が咲いた時に喜びが倍増するからです。

花の育て方 日差しや風通しの重要性

花の生育に必要な事は、勿論日差しが大切でありますが、それよりも風通しには充分気を付ける必要があります。風通しが悪いと根腐れを起こしたり、病害虫の標的になってしまう事があるからです。

花の育て方 その他の注意点

勿論、土の表面が乾いたら充分な水遣りは必要ですが、水の与えすぎも根腐れを起こす危険性があるので、水遣りの回数や量には注意する事です。茎が成長した頃を見計らって、追肥を行った方が良い場合がありますが、中には肥料を余り必要としていない品種もあるので、全て同じ方法での栽培は大変危険な事です。

一つ一つの品種にあった栽培方法を見つけ、実践して行くと成果は大きく違ってきます。でも、一番良い方法は栽培方法の同じ花の種を選び、育てて行く事が一番簡単で確実な方法です。様々な花があるとそれだけ趣きがあり、面白さも倍増するかも知れませんが、初心者には余計な注意が必要になってくる事から、避けた方が懸命かも知れません。

その様に育てた花は、必ず美しい花となって自宅やベランダを飾ってくれる事は間違いのない事です。又、自分で育てた花を見ると翌年はもっと素晴らしい花を育ててみたい。と、思う様になり、もっと難しいと言われている花に挑戦してみたくなるから、植物の栽培はとても興味深い事の一つであると言えるのです。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
ローズマリーの育て方
コキアの育て方

pixta_kurukuma

クルクマの育て方

クルクマは歴史の古い植物です。原産としての生息地がどこなのかが分かっていないのは、歴史が古すぎるからだと言えるでしょう。...

pixta_barerina

バラ(バレリーナ)の育て方

バレリーナの特徴としてはまずはつる性で伸びていくタイプになります。自立してどんどん増えるタイプではありません。ガーデニン...

pixta_nemunoki

ネムノキの育て方

ネムノキは原産地が広く、日本や朝鮮半島、中国、台湾、ヒマラヤ、インドなどが代表的なものとなっています。このほかにもイラン...

pixta_mint

お洒落なハーブの育て方

お洒落なハーブを自分で育てることが素敵だと思いませんか?最近はお家でハーブを育てている人が多くなっています。ハーブと聞く...

pixta_ptivel

プチヴェールの育て方

プチヴェールは、1990年に開発された、歴史の新しい野菜です。フランス語で「小さな緑」と意味の言葉です。アブラナ科である...

pixta_ojigisou

オジギソウの育て方

オジギソウは非常に昔から日本人に好かれてきた植物です。そもそものオジギソウの名前の由来を見ると、触ると葉を閉じてしまって...

pixta_zefiransasu

ゼフィランサスの育て方

ゼフィランサスについては、ヒガンバナ科(クロンキスト体系ではユリ科)タマスダレ属の植物のことをまとめてそう名づけられてい...

pixta_hakusanitige

ハクサンイチゲの育て方

花の高さは約15センチから30センチで、上記でも述べたように大群落をつくります。その姿は絨毯を敷き詰めたようで圧巻です。...

pixta_manetteia

マネッティアの育て方

マネッティアの特長としては、花は濃いオレンジ色になっており強いオレンジ色というよりも、優しさにあふれる色になっているので...

pixta_heriotop

ヘリオトロープの育て方

ヘリオトロープは属名”ヘリオトロピウム”と呼ばれ、はギリシア語の”ヘリオス(太陽)”と”トロペ(回転)”から来ています。...

スポンサーリンク

pixta_meranpojiumu

メランポジウムの育て...

メランポジウムはメキシコや中央アメリカを原産としていて、...

pixta_tyurip02

春の風物詩 チューリ...

桜の花に次いで春の風物詩となる植物がチューリップです。独...

pixta_pimerea

ピメレアの育て方

ピメレアは育てるのに、簡単で丈夫な植物になりますが、どう...

pixta_ringo15

リンゴの育て方

リンゴの特徴として、種類はバラ目、バラ科、サクラ亜科にな...