花の栽培を通して喜びを感じる

花の栽培を通して喜びを感じる

手作りの物を口にしたり、目の保養をする事ができたら、こんなに素晴らしい事はないと考えている人は多く、実際に実行に移す人の多くは、ベランダや手短な場所で短期間に作物や花などを育てています。作物や花の栽培は、大々的な収穫を望まなければほんの一握りの場所があれば可能です。

花の育て方 種まき

まずは、花の種まきから始めてみると良さが良く分かります。一言で花の種まきと言っても、初心者向きの花もあれば、高度な技術を必要とする花もあり、その選定には気をつける必要があります。まず、花の育て方には幾通りかの種まきの仕方があります。


こちらのサギゴケの育て方も凄く参考になります♪

土質や肥料を選び

種まきには、その花に適した土質や肥料を選び、種が育ちやすくする事が大切です。又、種を播く前日に種を水に付けて発芽しやすい状態にしておく事も大切な事なので、忘れないで行う様にしましょう。種まきの後には、水遣りを忘れない事です。

水遣り

土の乾燥を防ぐ事で、発芽を促す効果があるので、忘れずに行うと良いでしょう。種まきが済んだら、毎日水遣りを忘れずに大切に見守る事が大切です。愛情を持って育てる事で、花が咲いた時に喜びが倍増するからです。

花の育て方 日差しや風通しの重要性

花の生育に必要な事は、勿論日差しが大切でありますが、それよりも風通しには充分気を付ける必要があります。風通しが悪いと根腐れを起こしたり、病害虫の標的になってしまう事があるからです。

花の育て方 その他の注意点

勿論、土の表面が乾いたら充分な水遣りは必要ですが、水の与えすぎも根腐れを起こす危険性があるので、水遣りの回数や量には注意する事です。茎が成長した頃を見計らって、追肥を行った方が良い場合がありますが、中には肥料を余り必要としていない品種もあるので、全て同じ方法での栽培は大変危険な事です。

一つ一つの品種にあった栽培方法を見つけ、実践して行くと成果は大きく違ってきます。でも、一番良い方法は栽培方法の同じ花の種を選び、育てて行く事が一番簡単で確実な方法です。様々な花があるとそれだけ趣きがあり、面白さも倍増するかも知れませんが、初心者には余計な注意が必要になってくる事から、避けた方が懸命かも知れません。

その様に育てた花は、必ず美しい花となって自宅やベランダを飾ってくれる事は間違いのない事です。又、自分で育てた花を見ると翌年はもっと素晴らしい花を育ててみたい。と、思う様になり、もっと難しいと言われている花に挑戦してみたくなるから、植物の栽培はとても興味深い事の一つであると言えるのです。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
ローズマリーの育て方
コキアの育て方

pixta_herikusam

ヘリクリサムの育て方

このヘリクリサム、ホワイトフェアリーの一番の特徴は何といってもその触り心地です。ドライフラワーかと思うような花がたくさん...

pixta_stroberycan

ストロベリーキャンドルの育て方

ストロベリーキャンドルは、ヨーロッパ・西アジアが原産の植物で、自生していました。一年草とされ、蜜を取るためや肥料として、...

pixta_siroyamabuki

シロヤマブキの育て方

バラ科ヤマブキ属、シロヤマブキ属のような区別がなかった時代には、それが白山吹のことを示すのか、山吹のことを示すのかはわか...

pixta_karakorotas

カロコルタスの育て方

カロコルタスは、別名をバタフライチューリップと呼ばれていて、花の色も色とりどりにあります。ユリ科としての上品さと大きく派...

pixta_dokudami

ドクダミの育て方

ドクダミは、ドクダミ科ドクダミ族の多年草であり、ギョウセイソウやジゴクソバ、ドクダメとも呼ばれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミヤマハナシノブの育て方

この花はナス目に該当する花になります。ハナシノブ科、ハナシノブ属に属します。高山などをメインに咲く山野草で、多年草です。...

pixta_shakobasaboten

シャコバサボテンの育て方

現在観葉植物として流通しているシャコバサボテンはブラジルのリオデジャネイロを原産地とする観葉植物であり、標高1000~1...

tomato01

トマトの育て方

トマトは和・洋・中のあらゆる料理に使用され、生でも加熱しても使用される万能野菜です。またその栄養価も非常に高い野菜でもあ...

pixta_himarayasugi

ヒマラヤスギの仲間の育て方

ヒマラヤスギはヒンドゥー教では、古来から聖なる樹として崇拝の対象とされてきました。ヒマラヤスギの集まる森のことをDaru...

pixta_nira

ニラの育て方

東アジア原産で、中国西部から東アジアにかけての地域が生息地と考えられます。中国では紀元前から栽培されており、モンゴル、イ...

スポンサーリンク

pixta_rupinas

ルピナスの育て方

特徴の1つは寒さに強く、暑さに弱い事があります。具体的に...

pixta_rakkyou

ラッキョウの育て方

ラッキョウの生息地や原産地は中国のヒマラヤ地方といわれ、...

pixta_karendyura

カレンデュラの育て方

カレンデュラは、キク科カレンデュラ属またはキンセンカ属の...

pixta_uramurasaki

ウラムラサキの育て方

ウラムラサキの歴史に関しては、ミャンマーやタイが原産地と...