家庭菜園の栽培、野菜の育て方、野菜の種まき

家庭菜園の栽培、野菜の育て方、野菜の種まき

家庭菜園ではプチトマトやゴーヤなど育てやすい野菜を育てるのが人気です。ですが、冬野菜でもある大根の栽培でも、手軽にすることができます。大根の種まきは、「春まき」「夏まき」「秋まき」と3回することができます。中でも、害虫がいちばん少なくなっている「秋まき」が一番おすすめです。

大根の育て方

大根の育て方ですが、根まで地中深く入っていく野菜です。そのなかで石や塊があると、たこ足になったり曲がってしまったりすることがあります。ですので、大根の育て方で最も重要なことは、土をしっかりと耕しておくことです。

さらに、最初から元肥として鶏ふんや堆肥、米ぬかなどを入れますが、大根の実に触れてしまうとたこ足の原因になりますので、直接触れない位置に入れておきます。大根の種まきは、60センチの幅で畝を立ててまいていきます。スペースの関係で狭い庭で育てようとするならば、

30センチメートル間隔で4~5粒の種をまいていきます。このように、大根は根が40センチメートル以上になり、そして地中に張る野菜のため庭で育てていくことが必要になります。しかし、品種によってはプランターで育てることができる大根もあります。

こちらの大根の育て方はもっと詳しく記載しております♪

大根の品種

たとえば、辛味大根のような短めの品種や、中国で広く栽培されている紅芯大根のような品種ですと、短めに育ちますのでプランターでの栽培が可能です。さらには、品種改良によって葉ダイコンという葉を食べるための品種ですと狭い範囲でも栽培できます。

カイワレダイコンのようにキッチンで栽培できる品種もありますし、家庭菜園でよく見ることのあるラディッシュも、大根と同じ品種です。大根の種まきをしてから発芽までは、だいたい3日程度、遅くても1週間程度かかります。双葉が発芽してきますが、それがカイワレダイコンです。

ミズナの育て方もかなり参考になります♪

大根の栽培時の注意点

そうすると、1回目の間引きを行います。本葉が7から8枚になったら2回目の間引きを行います。その後二週間ほどたったら3回目の間引きを行います。収穫までに何度か間引きを行うことで、最終的に30センチメートルに1本くらいの間隔になるようにします。

間引きをしている葉は、炒めものにしたりして食べることができます。種をまいてからだいたい70日ほどで収穫できるようになります。葉が横へ広がってきたら収穫します。大根は日がたつと固くなったり、秋まき大根ならば気温が10度以下になると生育しなくなりますので、その前に収穫することが必要です。

このように、大根は冬以外には1年間を通して春まき、夏まき、秋まきというように何度かまくことができますので、比較的手軽に育てていくことができます。たとえば大根ならラディッシュのような小さくてかわいい品種もあります。子どもと一緒に育ててもよいです。

こちらのブロッコリーの育て方もかなり参考になります♪

pixta_junberi

ジューンベリーの育て方

ジューンベリーの原産と生息地は北アメリカ北東部です。アメリカザイフリボクのザイフリボクというのは漢字で書くと采振木となり...

pixta_crockas

クロッカスの育て方

地中海沿岸から西アジアを生息地とする多年草の球根植物であるクロッカスは、世界に約80種類の園芸品種があるとされ、チューリ...

pixta_potentexia

ポテンティラ・メガランタの育て方

ポテンティラ・メガランタは別名をハナイチゴや西洋キンバイといいます。葉がイチゴのものに似ていて愛らしい黄色の花を咲かせま...

pixta_rikunisubisukaria

リクニス・ビスカリアの育て方

リクニス・ビスカリアの歴史はそれほど解明されていません。実際語源はどこから来ているのかははっきりしていませんが、属名のリ...

pixta_ringo15

リンゴの育て方

リンゴの特徴として、種類はバラ目、バラ科、サクラ亜科になります。確かに花を見るとサクラとよく似ています。可愛らしい小さい...

pixta_repttes

レプトテスの育て方

この花はラン科になります。園芸上においても通常は草花などとなりますが、ランの場合はランに分類されるぐらい特別な存在になり...

pixta_kyuuri

キュウリの育て方について

キュウリは、夏を代表する野菜であり、カリウム・ビタミンC・カロチンなどの栄養素が豊富に含まれた野菜です。浅漬けにしたり、...

pixta_kyabetsu_01

キャベツの育て方

キャベツの原産地は、ヨーロッパといわれており、地中海沿岸からアジア方面を生息地としていました。最初に栽培されたのは数千年...

pixta_figerius

フィゲリウスの育て方

フィゲリウスはゴマノハグサ科に属している植物です。また別名をケープフクシアといいますが、花の形は他の植物と少し変わってお...

pixta_uramurasaki

ウラムラサキの育て方

ウラムラサキの歴史に関しては、ミャンマーやタイが原産地となっています。現在でもこれらの地域が生息地となっています。ミャン...

スポンサーリンク

pixta_shikuramen

植物の育て方について...

世の中に動物を家で飼っている人は多くいます。犬や猫、爬虫...

pixta_soapwart

サポナリアの育て方

サポナリアの科名は、ナデシコ科で属名は、シャボンソウ属(...

pixta_suika01

主婦の間で密かなブー...

現在、主婦の間で密かなブームとなっているのが、お金のかか...

pixta_kanenonaruki

女の子に人気の多肉植...

最近、女の子を中心に人気の多肉植物という植物があります。...