ミズナの育て方

ミズナの育て方

水菜の発祥地は静岡県小山町阿多野といわれており、JR御殿場線、駿河小山駅近くに水菜発祥の地を記した石碑が立っています。静岡県御殿場市屋富士宮市、山梨県の富士吉田市といった富士山麓では富士山の雪解け水による湧き水が豊富で澄んだ地下水は年間を通じて13度前後をキープしていることから水菜の栽培が盛んにおこなわれています。

栽培方法としての畑の準備

種付けの2週間前から準備を始め石灰を混ぜてよく耕しておきます。更に1週間前には、肥料を入れてもう一度よく耕しておきます。水菜は、畑に種付けをしてそのまま育てることもできますが、一度苗床で苗を作って植え替えをすることでより大きな株を作ることが出来ます。

種付けを行う場所の土壌は中性に近い弱酸性の土が好ましく数値ではpH6.0からpH6.5の土壌にする必要があります。このため酸性に傾いている場合は、苦土石灰などを混ぜ込んで中和する必要があります。

水だけで栽培したことから水菜という名がついたと言われていますが、元肥は、必要ですので必ず施しておいた方がよいでしょう。また、アブラナ科の作物を1年以内に栽培していない土地を選ぶことは根こぶ病の連鎖発生を防ぐために必ず守る必要があります。

水菜の種付け

前述のとおり畑に種付けをしてそのまま育てるか苗を作って植え替えるかで株の成長具合が変わってきますのでどちらにするか決めて種付け方法を選択する必要があります。大きな株に育てる場合は、株間をしっかりと取り一株一株に十分な養分を確保してやる必要があります。

一株4~5キロの大きな株にしたい場合は、秋冬の栽培が向いています。種付けは、9月中旬ごろに行うのが最適で、幅60㎝ほどの畝を作りそこに株間30~40の間隔を取って7~8粒の種をまきます。

また、プランターなどに種をばら蒔きし苗を作って一株、二株単位で育てることで大きく育てることが出来ます。小さな株にしたい場合は、すじ蒔きを行い株の様子を見ながら間引き収穫を行います。

育て方

生育中の管理方法は、基本的には間引きや追肥などを行いながら育てていきます。また、水菜は感想を嫌いますので乾燥しているときにはたっぷりと与える必要があります。苗を作って植え替え栽培をしている育て方の場合は間引きをする必要はありませんが、畑に直接種付けをしてそのまま育てる場合は、間引きをします。

種まき後、3~4日で、発芽してきます。その後、7日ぐらいで双葉が開き、本場が出始めたら、3~4㎝間隔で間引きをします。間引きした後には、軽く土を寄せておきます。水菜は株間が3~4㎝でも十分育てることが出来ますが、夏の高温期には間延びすることが多く、本葉が3~4枚のころにもう一度間引きをして株の大きさを確保するようにします。

追肥に関しては本場が5枚程度になって大きさが15㎝ぐらいに育ったころに様子を見ながら行います。その後は土の状態や天候によって違ってきますので様子を見ながら追肥するようにします。

水菜の収穫

水菜の収穫は、根から抜くのではなく株元を切り取ったり、外側からかき取ることで長く収穫することが出来ます。葉が込み合ってくると風通しが悪くなりますので順次抜き取って収穫します。

間引き収穫をして株の混みを解消してそうでない場合は刈り取ったり一部を切り取って収穫します。このように状況に応じて収穫することによって水菜を長く楽しむことが出来ます。

刈り取って収穫する場合は茎を5センチほど残して切り取ることで、暫くした後、元通りに成長してきます。また、株の外側の葉をかぎ取った場合は、元の株より大きくなって再生されます。このように収穫方法を適宜変えることによって水菜をより大きく長く栽培する育て方にもなります。

水菜の食べ方

そのシャキシャキとした歯ごたえと、癖のない淡白な味わいが、どのような料理にもマッチする特徴です。まさに火を通しても生でも、漬物にしても人気の食材といえます。 栄養的にも優れていて鉄分、カルシウム、ビタミンCといった冬の風邪予防にはうってつけです。

荷崩れしにくく臭みを取る効果から鍋物によく利用されます。その他水菜に含まれるポリフェノールは美肌効果が高くビタミンCと合わせて効果的に摂取するためには、火を通さないサラダや漬物の調理方法が向いています。

最近ではインターネットの普及で水菜の調理方法も数多く知ることが出来ます。育て方の簡単な水菜をプランターなどで育てて収穫した後は、様々な調理方法を楽しむことが出来ます。また、水菜は一度栽培すると収穫が長くできるという特徴がありますので季節に合わせた他の食材と合わせた新しい調理方法を自分で楽しむこともできます。

保存方法

そのシャキシャキとした歯ごたえと、癖のない淡白な味わいが、どのような料理にもマッチする特徴です。まさに火を通しても生でも、漬物にしても人気の食材といえます。 栄養的にも優れていて鉄分、カルシウム、ビタミンCといった冬の風邪予防にはうってつけです。

荷崩れしにくく臭みを取る効果から鍋物によく利用されます。その他水菜に含まれるポリフェノールは美肌効果が高くビタミンCと合わせて効果的に摂取するためには、火を通さないサラダや漬物の調理方法が向いています。

最近ではインターネットの普及で水菜の調理方法も数多く知ることが出来ます。育て方の簡単な水菜をプランターなどで育てて収穫した後は、様々な調理方法を楽しむことが出来ます。また、水菜は一度栽培すると収穫が長くできるという特徴がありますので季節に合わせた他の食材と合わせた新しい調理方法を自分で楽しむこともできます。

水菜の歴史

水菜の発祥地は静岡県小山町阿多野といわれており、JR御殿場線、駿河小山駅近くに水菜発祥の地を記した石碑が立っています。静岡県御殿場市屋富士宮市、山梨県の富士吉田市といった富士山麓では富士山の雪解け水による湧き水が豊富で澄んだ地下水は年間を通じて13度前後をキープしていることから水菜の栽培が盛んにおこなわれています。

稲刈りが終わった10月頃には、水田に引き込んだ湧き水で保温し水菜の栽培がおこなわれています。日本原産のアブラナ科であるこの野菜は、平安時代にはすでに京都周辺で栽培されており江戸時代の記録によると、水菜は蕪の葉より旨く、その種からとった油は刀剣に塗ると錆びないと記されています。

現在では、農林水産省の統計によると水菜の出荷量第一位は茨城県となっていて、次いで福岡県、3位に埼玉県と続き京菜といわれる通り京都原産のイメージが強いのですが、京都の出荷量は4位となっています。

最初はやはり京都が一番の出荷量を誇っていたのですが、京都府の販売拡大を目的とした野菜のブランド化のために改良を加えたのがきっかけで全国に知られるようになり、その普及が他県での栽培の取り組みに拍車をかけることになってしまいました。

水菜の特徴

生息地は、山沿いの平地から海抜2000m以上の高知までの湧き水の豊富な岸壁などに群生しています。一般的な呼び名と違って関東圏では、京都の葉野菜ということで京菜と呼ばれることが多くその他には葉のぎざぎざを柊に見立てて柊菜とか株の部分からの枝分かれが多いことから千筋菜などと呼ばれています。

葉や軸の部分は薄い緑色で細長く葉の密度も高く深い切れ込みがあるのが特徴です。大きさは周囲が1メートルになる株もあります。茎は歯ごたえがよいにもかかわらず葉は柔らかくサラダなどの食感を楽しむ料理に向いています。また、煮物などにも荷崩れしにくく、さらに肉の臭みを取る効果があることから鍋物の食材としても最適です。

また、寒さにも強く霜に当たったものはかえって柔らかくなり美味しくなります。 その他、葉物野菜に含まれる葉緑素も豊富でこの葉緑素により血中の有害物質を体外に排出するデトックス効果も期待できます。

タバコや飲酒によるアルコールの分解によってできるニコチンやアセトアルデヒドといったものから、酸化物質でもある尿酸といった有害な物質を葉緑素の解毒作用によって細胞を守る効果があると言われています。

野菜の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:漬け菜類の育て方

pixta_gabera

ガーベラの育て方について

ガーベラは、キク科の花であり、毎年花を咲かせる多年草です。園芸では、鉢花や切り花などに広く利用され、多数の園芸品種が存在...

pixta_penstemon

ペンステモンの育て方

ペンステモンが文献に初めて登場したのは1748年のことでした。その文献を書いたのはジョン・ミッチェル氏でした。その当時の...

pixta_natuhaze

ナツハゼの育て方

ナツハゼはジャパニーズブルーベリーや山の黒真珠と呼ばれており、原産や生息地は東アジアです。日本はもちろん朝鮮半島や中国な...

pixta_chokokosmos

チョコレートコスモスの育て方

チョコレートコスモスは、キク科 コスモス属の常緑多年草です。原産地はメキシコで、18世紀末にスペインマドリードの植物園に...

pixta_bifurenaria

ビフレナリアの育て方

花についてはラン科になります。園芸上の分類もランになります。ランについては多くは多年草です。しかし育て方が難しいのでずっ...

pixta_daikon_01

大根の栽培方法を教えます。

日本人の食卓に欠かせない大根は、酢漬けや煮物などで美味しく食べる事が出来ます。特に大根の漬漬けには数多くのバリエーション...

pixta_ginbaika

ギンバイカ(マートル)の育て方

ギンバイカはフトモモ科ギンバイカ属の低木常緑樹です。ギンバイカは和名になり、漢字では「銀梅花」と書きます。これは開ききる...

pixta_begonia

エラチオール・ベゴニアの育て方

エラチオール・ベゴニアは、日本でもポピュラーな園芸植物のひとつで、鉢植えにして室内で楽しむ植物としても高い人気を誇ります...

pixta_isutakakutasu

イースターカクタスの育て方

ブラジル原産の多肉性植物で、4月初旬の頃のイースター(春分後の最初の満月の後の日曜日)に開花するカクタス(サボテン科)で...

pixta_pangy

パンジーの育てかたについて

スミレ科のパンジーは、寒さには強いのですが、暑さに弱く、5月前後に枯れてしまいます。ガーデニング初心者の方には、向いてい...

スポンサーリンク

pixta_pangy

パンジーの育てかたに...

スミレ科のパンジーは、寒さには強いのですが、暑さに弱く、...

pixta_agabe

アガベ(観葉植物)の...

アガベとは、別名・リュウゼツラン(竜舌蘭)とも呼ばれ、リ...

pixta_heriasans

ヘリアンサスの育て方

特徴としてはまずどの種類に属するかがあります。キク科のヘ...

pixta_kongiku

コンギクの育て方

この品種の分類はキク科のシオン属であり、学名では「アスタ...