ハイドロカルチャーの育て方

ハイドロカルチャーの育て方

土を使わず、ハイドロボールと呼ばれる素焼きの石や、炭、砂等に植物を植えて育てる水耕栽培の植物栽培方法です。ちょっとした観葉植物などを食卓などに飾りたい時、虫や土を気にせず衛生的に緑を加える事ができます。

ハイドロカルチャーの栽培

色々な種類の植物をハイドロカルチャーにすることができますが、初心者にはもともと丈夫でよく増えるような物がお勧めです。例えばポトスやパキラアイビー、テーブルヤシ、コーヒーの木、クワズイモ等が育てやすい種類です。

ハイドロカルチャーの栽培は特に難しくありません。ホームセンター等で既にハイドロカルチャー用に栽培されている苗を買ってお好みの容器に植え替えるのが一番簡単です。また、百円均一等で売っている土に植えてある植物も、ハイドロカルチャーに利用することができます。

その場合、まず苗に付いている土を水で丁寧に落として、ハイドロボールや炭を入れた入れ物に植え、全体の三分の一程度の水を入れます。この時、可能であればイオン交換樹脂やミリオンA等の土壌改良剤を底に入れておくと、栄養や水質をある程度調整してくれて管理が楽になります。

初めて行う場合は透明なガラスのコップ等、水の量が目で見える入れ物で行う方が水分量の管理が簡単です。中身が見えない場合は水位計という物を使ってどのあたりまで水が入っているか確認する必要があります。

こちらのクワズイモの育て方も詳しくて参考になります♪

ハイドロカルチャーの重要な事

ハイドロカルチャーの育て方で一番重要な事はこの水位管理です。水が多い方が良いと思いがちですが、実際は一度の水やりに容器の三分の一程度しか水を入れる必要はありません。

一度は水がカラカラになるまで乾かしてから水をやるくらいが調度良く、水やりも週に一度位で大丈夫です。あまり水を与えすぎると、根が腐ってしまう要因になります。

土の苗から植え替えた場合は土用の根から水耕栽培用の根が出てくるまで、1、2週間かかります。その間特に肥料は必要ありません。大きく育てるというよりは、小さな観葉植物を楽しむために利用するのが一般的です。

種からのハイドロカルチャー

種からハイドロカルチャーをする方法もあります。観葉植物等は難しいですが、バジル等の葉野菜やスプラウト等は水だけで育てる事ができます。その場合の種まきはハイドロコーンや炭等に直接種をまくのではなく、脱脂綿やロックウール等の上にまく必要があります。

種が流れてしまわないように、上からではなく容器全体に水を入れるようにし、定期的に水を新しくする必要があります。水換えがしやすい栽培キット等も売っているので、そちらを利用すると便利です。

ハイドロカルチャーはしばらく育てていると苔が生えて緑色っぽくなる事があります。気になる場合は一度苗を容器から出して容器を綺麗に洗い、苔のついたハイドロコーン等も洗うか新しい物を入れることでより清潔に楽しむ事ができます。植え替えが簡単な事もハイドロカルチャーの魅力なので、好きな容器で楽しめます。

こちらのサギゴケの育て方も凄く参考になります♪

pixta_ginyouakasia

ギンヨウアカシアの育て方

ギンヨウアカシアの原産地はオーストラリアで、南半球の熱帯や亜熱帯を主な生息地としています。ハナアカシア、ミモザ、ミモザア...

tomato01

トマトの育て方

トマトは和・洋・中のあらゆる料理に使用され、生でも加熱しても使用される万能野菜です。またその栄養価も非常に高い野菜でもあ...

pixta_masaki

マサキの育て方

マサキは日本、中国を原産とする常緑の広葉樹で、ニシキギ科ニシキギ属の常緑低木です。学名はEuonymusjaponicu...

pixta_sekishou

セキショウの育て方

元々はサトイモ科に属していました。しかし実際の姿とサトイモの姿とを想像してみても分かる様に、全くサトイモとは性質が違いま...

pixta_zeranium

ゼラニウムについての説明と育て方

フウロウソウ科であるゼラニウムは、南アフリカに自生する温帯性の宿根草であり、欧米ではベランダや窓辺の花として最も多く目に...

pixta_miakurufurut

ミラクルフルーツの育て方

小さな赤い果実のミラクルフルーツは、あまり甘くなく、食した後、しばらくは、酸味のあるものを食べると、甘く感じ、とてもおい...

pixta_kiwano

キワーノの育て方

キワーノはウリ科でつる性の植物です。名前については企業の商標登録によってつけられたものですのでこれが正式な名称ではないよ...

pixta_mube

ムベの育て方

植物の種類としては、キンポウゲ目、アケビ科となります。園芸をする上でどのように分類されているかですが、まずは庭木であった...

pixta_watermashroom

ウォーターマッシュルームの育て方

ウォーターマッシュルームは本来ウチワゼニクサという名前になります。生息地は湿地や河川などの水の多い場所で育つ特徴がありま...

pixta_rinaria

リナリアの育て方

リナリアの名前の由来は生物学者だったリンネが提唱していた一つ一つの生物につけられた名前で、ギリシャ語でアマという意味があ...

スポンサーリンク

pixta_mokuren

モクレンの育て方

中国南西部が原産地である”モクレン”。日本が原産地だと思...

pixta_asidansera

アシダンセラの育て方

花の特徴としてはアヤメ科になります。草の大きさとしては6...

pixta_renankyurasu

レナンキュラスの育て...

レナンキュラスはキンポウゲ科・キンポウゲ属に分類され、R...

pixta_yamabudou

ヤマブドウの育て方

ヤマブドウは低木落葉樹です。日本では、古くからエビカズラ...